勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

海賊とよばれた男

2016年12月11日 | 邦画
永遠の0』の岡田准一主演×山崎貴監督のタッグで、はやり『永遠の0』と同じ原作者の百田尚樹の同名の小説の映画化。出光興産創業者の出光佐三がモデル。

いやぁ、途中、二度ほど泣かされそうになりました。原作も中々ですが、やっぱり岡田くんの演技がすごい。まだ30代半ばですが、すっかり60代の国岡鐵造になりきっていましたからね。小林薫とか國村隼、堤真一なんて、年上の先輩俳優ですが、全然負けていませんでした。

それと、出番が少なかったですが、紅一点の綾瀬はるかが凄い!あまりセリフも無かったんですが、男ばかりの画面にパッと花が咲いたような存在感、良かったです。そしてねぇ、愛するが故のね。物語の本当に最後の最後、黒木華が出てきた所、泣きそうになりました。

実はね、むかし出光のガソリンは、あんまり好きじゃなかったんですよねぇ。なんか、ガソリンが薄い気がして。そんな事は無いはずなんですがね。でも、この原作を読んで以降、『日本のことを想って、ここまでした会社は残さなければならない。もっと大事にしないと』と逆にシンパに(苦笑)。

そう言う意味では、本物の出光興産がメジャーの一社シェルとの経営統合に関して、創業家と揉めているときに公開って、ねぇ。会社側に取ってみると、このタイミングでの公開は、いやぁな気分になるんじゃないですかね。だって、この映画を見ると、やっぱり『メジャーに魂は渡さん!』と言う気になってしまいます。

タイトル 海賊とよばれた男

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2016年/日本
監督 山崎貴
原作 百田尚樹『海賊とよばれた男』
出演 岡田准一(国岡鐡造)、小林薫(甲賀治作)、野間口徹(柏井耕一)、吉岡秀隆(東雲忠司)、染谷将太(長谷部喜雄)、ピエール瀧(藤本壮平)、鈴木亮平(武知甲太郎)、國村隼(鳥川卓巳/石油配給統制会社社長)、綾瀬はるか(ユキ/鐵造の妻)、光石研(国岡万亀男/鐵造の兄)、堤真一(盛田辰郎/日承丸船長)、近藤正臣(木田章太郎/鐵造の恩人、初期の国岡商店への援助者)、黒木華(小川初美)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノーマ東京 世界一のレスト... | トップ | ヒトラーの忘れもの / Under ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (もののはじめのiina)
2016-12-21 09:34:36
>最後の最後、黒木華が出てきた所、泣きそうになりました。
男の物語りなので、紅一点配置した効果はあったと思います。

katte_cinemaさんも、大方のブロガー同様にコメント王党派苦手のようです。

Unknown (atts1964)
2016-12-21 12:15:29
岡田准一の踏ん張りは凄かったですね。ただもっと時間をかけて、こういう作品こそ前後編に最低でもして、個々の登場人物にもっとスポットを当てられたらよかったと思いましたが。
こちらからもTBお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

34 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
海賊とよばれた男 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
百田尚樹の一大ベストセラーを「永遠の0」に続いて山崎貴監督、岡田准一主演で映画化した大作ドラマ。若くして石油業に乗り出し、欧米石油メジャーに果敢に立ち向かって激動の時......
海賊とよばれた男 (あーうぃ だにぇっと)
海賊とよばれた男@東京国際フォーラム
『海賊とよばれた男』 2016年11月14日 東京国際フォーラムAホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『海賊とよばれた男』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 舞台挨拶は男が多くて華が無い  岡田准一、綾瀬はるか、 吉岡秀隆、染谷将太、野間口徹、鈴木亮平、ピエール瀧、  堤......
海賊とよばれた男 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(P) 戦中、戦後の日本のドラマはこの黄金トリオにお任せあれ~!(笑)
海賊とよばれた男〜偉大なる時代錯誤 (佐藤秀の徒然幻視録)
今や外堀埋められた大坂城のような出光 公式サイト。百田尚樹原作、山崎貴監督。岡田准一、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、野間口徹、ピエール瀧、須田邦裕、飯田基祐、小林隆、......
劇場鑑賞「海賊とよばれた男」 (日々“是”精進! ver.F)
石油は日本の血液… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201612100000/ 海賊とよばれた男(上) [ 百田尚樹 ] 海賊とよばれた男(下) [ 百田尚樹 ]
海賊とよばれた男 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:山崎貴 出演:岡田准一、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、野間口徹、ピエール瀧、須田邦裕、飯田基祐、小林隆、矢島健一、黒木華、浅野和之、光石研、綾瀬はるか、堤真一、......
映画『海賊とよばれた男』 (よくばりアンテナ)
原作小説を買っておいたんだけど、未読。 『永遠の0』と同じく、山崎貴監督・岡田准一主演。 原作は百田尚樹2013年の本屋大賞受賞作。 出光の創業者である出光佐三をモデル......
『海賊とよばれた男』 (こねたみっくす)
海賊とよばれた男、國岡鐡造。士魂商才で日本の未来を信じ、礎を築いた男。 改めて日本人としての誇りを感じさせる、何とも日本的で和の心に満ち溢れた作品なのか。 出光興産株......
海賊とよばれた男 完成披露試写会 (風に吹かれて)
士魂商才 公式サイト http://kaizoku-movie.jp12月10日公開 原作: 海賊とよばれた男 (百田尚樹著/講談社文庫)監督: 山崎貴  「ALWAYS 三丁目の夕日」 「永遠の0」
海賊とよばれた男 監督/山崎 貴 (西京極 紫の館)
【出演】  岡田 准一  吉岡 秀隆  染谷 将太 【ストーリー】 敗戦後の1945年、東京。石油会社・国岡商店を率いる国岡鐡造は、日本人としての誇りを持ち復興に向け突き進もうと従......
「海賊とよばれた男」☆店主ラブ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
一見、大手石油会社を興した一人の男のサクセスストーリーのように思えるこの作品。 実は描かれていたのは、社員を家族の様に大事にしていた店主の事を、社員全員が好きで好きで......
『海賊とよばれた男』 (京の昼寝~♪)
□オフィシャルサイト 「海賊とよばれた男」□監督・脚本 山崎 貴□原作 百田尚樹□キャスト 岡田准一、小林 薫、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、野間口 徹       ......
映画 「海賊と呼ばれた男」 (徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”)
この映画は実話に基づくフィクションなのだそうです。つまり、登場人物には実在の人物もいるが、モデルにない人物もいます。限りなくノンフイクションに近いフィクションなのです......
『海賊とよばれた男』 (時間の無駄と言わないで)
原作はイイ話なんだろうなぁというのは解る。 でも2時間の映画にしてみるとどうも散漫な感じで。 登場人物もエピソードも多いのなんの。 もうちょっと厳選するなり、2部作にす......
『海賊とよばれた男』をトーホーシネマズ日劇1で観て、役者はいいけどダイジェスト感...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲そう言えば吉岡くんは『三丁目の夕陽』と演技変わらんな。 ちなみに主役は版権の都合で写真が映画サイトに降りてこないV6の岡田くん。 五つ星評価で【★★★何でこんなに ......
映画「海賊とよばれた男」 (FREE TIME)
映画「海賊とよばれた男」を鑑賞しました。
海賊と呼ばれた男 (もののはじめblog)
2013年に「本屋大賞」を受賞した小説の映画化。たまたま8月に読んでいたが、まさか映画化が進んでいたとは知らなかった。 読後の興奮がまだ覚めてなく、家族と一緒に映画を観に行......
海賊とよばれた男 (映画的・絵画的・音楽的)
 『海賊とよばれた男』を吉祥寺のオデヲン座で見ました。 (1)原作が本屋大賞を受けているので面白いかなと思い、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「inspired by t......
「海賊とよばれた男」、出光興産 出光佐三の一生を描いた小説の映画化。 (ひろの映画見たまま)
おすすめ度 ☆☆☆★ 百田尚樹原作の小説の映画化。 石油王、国岡鉄蔵の一代記。 冒頭、太平洋戦争末期、米軍機が焼夷弾を投下するシーンから映画は始まる。 第二次世界大戦は......
[映画] 海賊とよばれた男 (12時間Blog)
「海賊とよばれた男」を109シネマズ木場にて観て来ました オレは百田尚樹の原作小説は読んでいないんですが、イブニングで須本壮一が手がけているマンガ版の方を読んでるので(丁......
海賊とよばれた男 (atts1964の映像雑記)
2016年作品、山崎貴監督、岡田准一主演。 1945年(昭和20年)8月15日。 世界中を敵に回した、日本の戦争は終わった。 東京をはじめとした主要都市は徹底的に爆撃されて瓦礫の......
海賊とよばれた男 (映画好きパパの鑑賞日記)
 戦後日本の復興を石油で支えた出光興産の出光佐一をモデルにした百田尚樹のベストセラーを映画化。日本の近現代史をささえた男たちの行動に熱くなる一方、2時間半近くあっても......
海賊とよばれた男 (2016) 145分 (極私的映画論+α)
 海賊の妻(笑)
「海賊とよばれた男」苦境に立った先にみた海賊とよばれた男の決断力と挑戦は日本の戦...... (オールマイティにコメンテート)
「海賊とよばれた男」は百田尚樹の小説で出光興産創業者の出光佐三をモデルにした作品で、戦後石油を求めて世界と戦った男がここまで戦ってきた生き様を描いたストーリーである。......
海賊とよばれた男 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2016/12/10公開 日本 145分監督:山崎貴出演:岡田准一、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、野間口徹、ピエール瀧、光石研、綾瀬はるか、堤真一、國村隼、小林薫 戦う理由は、未来にある......
映画「海賊と呼ばれた男」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2016/12/16、109シネマズ木場。 観客層は結構年齢高目。 * 岡田准一、染谷将太、小林薫、吉岡秀隆、綾瀬はるか、 近藤正臣、野間口徹、国村隼、堤真一。 *** 昭......
「海賊とよばれた男」:岡田准一×特殊メイクの実験 (大江戸時夫の東京温度)
映画『海賊とよばれた男』は、2時間25分の岡田准一ワンマンショーですね。主人公・
海賊とよばれた男 (そーれりぽーと)
『永遠の0』が心に響いた、百田尚樹原作の『海賊とよばれた男』を観てきました。 ★★★ 国岡鐡造のモデルとなった出光佐三のダイナミックな半生を描きながら、『永遠の0』同様......
海賊とよばれた男 (とりあえず、コメントです)
百田尚樹著の同名小説を山崎貴監督が岡田准一主演で映画化したドラマです。 原作を読んでいたので、あの物語がどんな映像になるのだろうと気になっていました。 戦後の難しい状況......
岡田くん、頑張ってます!~「海賊と呼ばれた男」~ (ペバーミントの魔術師)
すいません、いきなりパロディで。(爆)この「結局やらされた男」がちらついてちらついて。あはははは。ジャニ系の方が主演するとポスターがNGだったりするので持って帰ってきた ......
海賊とよばれた男 (ピカールのネコライオンな日記)
表題映画を観賞したので感想: やっと観賞しました。 本作は出光興産の創業者(店主)・出光佐三をモチーフにした同名小説の映画化作品です。 正確な時期は思い出せませんが、 数......
「海賊とよばれた男」 (ここなつ映画レビュー)
鑑賞中、私はのめり込み、笑い、涙し、共感し、今の自分の生活が先人の築いた土台の上に乗っていることをしみじみとありがたく思い、…していたのだが、誤解を恐れずに言うと、こ......
<「海賊とよばれた男」 試写会> (夢色)
完成披露試写会ではちょっと斜めからの映像だったのが見辛かったので、今回は正面から観てきました(笑)いつもの試写会よりも、男性たちが多かったよ!会社員とか、OBくらいの年齢......