勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

2010年05月30日 | 邦画
将来を嘱望されていたエリートサラリーマンが、母親の病気や同期の事故などに直面し、これまでの自分の人生を見つめ直して、子供の頃からの夢の「一畑電車の運転手」になると言う話。

物語の舞台となっている一畑電車ですが、島根県出雲市を営業エリアとする鉄道会社です。劇中では、ひなびた地域を二両編成の電車でゆっくりと走る典型的なローカル線として描かれていますが、実際には特急も走っている路線です。まぁ、ローカル線であるのは間違いないですし、経営的に厳しいのも間違いないとは思いますが、画面から得られる雰囲気だけだと、若干誤解してしまいそうです。

主演の中井貴一や本仮屋ユイカなど、演技派が揃っているだけあって、中々見せる内容になっています。唯一難点を上げれば、この作品がデビュー作となった、三浦友和・山口百恵夫妻の次男三浦貴大ですかねぇ。演技が固いと言うか、演技しきれていないと言うか、何と言うか。終盤の野球のノックシーンではいい感じでしたが(笑)。まぁ、デビュー作なんで仕方ないのかもしれませんが、今後の研鑽に期待します。それと、ポスターなどから得られた印象だと、筒井と宮田の絡みがもっとあるのかと思ったんですが、意外に少なかったですね。

宮崎美子は、筒井の母の介護士と言う微妙な微妙な位置付けの配役なんですが、意外な存在感を示しています。彼女の笑顔が、優しい介護士と言う雰囲気を醸し出していて、良いのかもしれませんね。宮崎が演じる森山を見ていた筒井の娘の倖が、職業として介護士を選択するのは、必然だったのだと思います。

電車の車両的な話で言うと、筒井が乗務する車両にデハニ50系が結構使われています。物語的に、話が作れるので仕方ないのかもしれませんが、この車両は既に引退して、保存されているんですよね。映画の撮影のため、2009年8月末に本線を久しぶりに走行しましたが、8月末で車両の法定検査の期限が切れると言うギリギリのタイミングの中、わずか二日の撮影で、何とか撮りきったそうです。

中々いい映画だと思うのですが、もう少し「こうなれば」と思うところも有ります。一つは、先にも記しましたが、筒井と宮田の絡みですね。「自分の夢を追求する」筒井に触発され、宮田も野球に再挑戦するのかと思いきや、そうでも無く肩透かし。期待する雰囲気もあったので、どうかなと思います。また、筒井がいきなり会社を辞めても、妻の由紀子は「夢を追えば良い」と、あまりにも物分りが良すぎる点と、物語の終盤、由紀子も自分の夢を叶えていて、お互い、東京と島根という別れた生活というのも、物語の描き方としては、もう少し別の描き方が有ったのではないかとも思います。ヘタをしたら物語を破綻させかねないですからね。

物語の筋は、上記の様に微妙なところは有りますが、セリフは結構言葉を選んで書かれています。特に、物語終盤の「ちゃんと終点まで乗って行ってくれよな。」と、肇が由紀子にかけた言葉は、文字通りの意味と、人生最後まで一緒にいようと言う、二重の意味があったと思うんですが、どうでしょうか?

物語の特性上、観客はやはり40~50代がほとんど。現代サラリーマンには有りがちなテーマで、その世代には響く話ですからね。ストーリー的には予想通り、最後の方には思わずホロリとさせられてしまうシーンがあります。私も思わず、グッときてしまいました(苦笑)。物語が微妙なところが有ったり、時間がちょっと長くて、冗長かなぁとも思いますが、全般的にはいい作品だと思います。

タイトル RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語
日本公開年 2010年
製作年/製作国 2010年/日本
監督 錦織良成
出演 中井貴一(筒井肇)、高島礼子(筒井由紀子/肇の妻)、本仮屋ユイカ(筒井倖/肇の娘)、三浦貴大(宮田大吾/肇の同僚の新人運転士)、奈良岡朋子(筒井絹代/肇の母)、橋爪功(大沢悟郎/一畑電車社長)、佐野史郎(石川伸生/一畑電車運輸営業部長)、宮崎美子(森山亜紀子/絹代の介護士)、遠藤憲一(川平吉樹/京陽電器工場長・肇の同期)、中本賢(西田了/肇の同級生)、甲本雅裕(福島昇/一畑電車運転士・肇の指導係)、 渡辺哲(高橋晴男/一畑電車車両課長)、緒形幹太(薮内正行/一畑電車運転士)、石井正則(田窪俊和/一畑電車運転司令)、笑福亭松之助(長岡豊造/絹代の同級生)

[2010/05/30]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グリーン・ゾーン / Green Zone | トップ | セックス・アンド・ザ・シテ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (michi)
2010-06-02 13:15:57
>ちゃんと終点まで乗って行ってくれよな

私も、二重の意味があると感じました。
華麗なる?転職が前面に押し出された宣伝になって
展開も都合よく進んでいきましたが 笑、
物語の根底には、人との繋がりや思いやりの大切さが描かれていたと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
RAILWAYS 宍道湖の夕日 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。錦織良成監督、中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子、甲本雅裕、遠藤憲一、橋爪功、佐野史郎、宮崎美子、笑福亭松之助。公式タイトル「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」が長すぎるので勝手に改題。宍道湖と言えば、美しい...
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (花ごよみ)
ストーリーはというと、 50歳をすぐ目前にして、 仕事に追われる毎日を、 送っていた49歳の男が、 あるきっかけから、 今までの生き方を、 思いめぐらした結果、 子供の頃にあこがれていた、 電車の運転士の夢を、 実現することになる。   監督はこの映画の舞台と...
映画「RAILWAYS 49歳で電車の運... (masalaの辛口映画館)
 客入りは1階席は満席、2階席は7~8割くらい、客年齢は高い。 RAILWAYSオリジナル・サウンドトラック 映画の話 大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしなが...
映画 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」 (ようこそMr.G)
映画 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (あーうぃ だにぇっと)
4月23日(金)@よみうりホールで鑑賞。
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (だらだら無気力ブログ)
仕事に打ち込み、順調に出世をしてきたエリートサラリーマンが、母親の 病気などをきっかけに、50歳目前にして少年の頃の夢だった電車の運転士に なる姿を描いた感動ドラマ。 主演は『鳳凰 わが愛』の中井貴一、妻役は『犬と私の10の約束』の 高島礼子、娘役は『ス...
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (LOVE Cinemas 調布)
東京の一流企業に勤めるエリートサラリーマンが50歳を目前に、幼い頃からの自分の夢だった「“一畑電車”の運転士になる」を実行に移す姿を中心に、家族の絆、人との触れあいを描いた人間ドラマだ。主演は『ザ・マジックアワー』の中井貴一、共演に『ドロップ』の本仮屋...
『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』 (つれづれなるままに)
HTB映画試写会 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』 に
「RAILWAYS」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
序盤から、涙腺決壊な演出が。決して突出した箇所があるとか、そんな出来ではないですが、地味にじーんと来る、久しぶりの良質な出来具合の邦画でした。「人生、49歳からでもやり...
『RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の物語』 (Mooovingな日々)
錦織良成監督、中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子 筒井肇は、一流企業のエリートで取締役昇進も決まり自分の会社での地盤は確立した。 しかし家庭を顧みず家族から離れる中、母が倒れ久々に帰った実家で人生を見つめ始める。 そして自分の夢に...
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  中井貴一演ずるところの主人公・筒井肇は、大手家電メーカーでバリバリ働き、次期取締役を約束されていた。ところがある事件をきっかけに、会社を辞めてしまう。 そして母の入院で故郷に戻り、少年時代にあこがれていた、地元ローカル線の運転士に志願する...
映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」 (FREE TIME)
映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」を鑑賞しました。
「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」自らリストラし夢だった運転士になった先に待っていた地元の人たちの愛 (オールマイティにコメンテート)
5月29日公開の映画 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」を観賞した。 この映画はエリート街道を歩いてきた 49歳の男がリストラ処理を任され、 工場を閉鎖と人員削減を任され、 母親の病気、友人の死などを契機に自らをリストラして 長年の夢だっ...
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語/中井貴一 (カノンな日々)
もしかしてROBOTの制作だから『ALWAYS 三丁目の夕日』を真似てこの題名になったのでしょうか?何となく気になってwikiediaで調べたら仮題は『BATADEN』だったそうです。監督された錦織良成監督の島根3部作の最終作に位置づけられる作品なんだそうですが、残念ながらその前...
RAILWAYS (中井貴一さん) (yanajun)
中井貴一さんは、現在公開中の映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』に筒井肇 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (to Heart)
大人が夢見ても、いいんですね。 上映時間 130分 監督 錦織良成 脚本 錦織良成/ブラジリィー・アン・山田/小林弘利 音楽 吉村龍太 主題歌 松任谷由実『ダンスのように抱き寄せた...
『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」□監督・脚本 錦織良成 □脚本 ブラジリィー・アン・山田、小林弘利 □キャスト 中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子、橋爪 功、佐野史郎、宮崎美子、笑福亭...
RAILWAYS-レイルウェイズ-49歳で電車の運転士になった男の物語 (みすずりんりん放送局)
 『RAILWAYS-レイルウェイズ-49歳で電車の運転士になった男の物語』を観た。  【ストーリー】  49歳の筒井肇(中井...
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (いい加減社長の映画日記)
またも、1週間遅れ^^; 最初予告編を観たときは地味な印象で、パスしようかと思ったんだけど。 なんとなく雰囲気が良さそうな感じを受けたので、土曜日の朝一で「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」を鑑賞。「UCとしまえん」は、土曜日としては少なめか...
「RAILWAYS49歳で電車の運転手に... (狂人ブログ ~旅立ち~)
 「ALWAYS三丁目の夕日」のROBOT企画・制作。一流企業に勤めていた49歳のエリート会社員が、ある事をきっかけに幼い頃からの夢だったバタ電の運転手になろうと決意す...
「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物... (再出発日記)
しみじみよかった。真正面、真面目に作っている。最初あまりにもあっさり仕事を辞めるので大丈夫かなあ、と思ったが、ちゃんとフォローしているし、むしろ転職してからのことをしっ...
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (単館系)
大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしながら仕事に追われる日々を送る肇(中井貴一)。一人暮らしの母が倒れたのをきっか...
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[RAILWAYS] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年40本目(38作品)です。 【あらすじ】 大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、順風満帆なサラリーマン生活を送る筒井肇(中井貴一)は、一人暮らしの母が倒れたの...
mini review 10505「RAILWAYS」★★★☆☆☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
仕事に追われ、家族を省みることのなかった50歳目前の男が、ふと人生を振り返り、幼いころの夢を追い求め始める感動ストーリー。監督は『白い船』などで知られる島根出身の錦織良成。主人公の男を『亡国のイージス...
railways 49歳で電車の運転士になった男の物語 (のほほん便り)
偶然、「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」を見たことから、実は最初の作品が評判良くて作られたパート2だと知り、いつか見てみたいなぁ…と思ってただけに、見ることができて嬉しかったです。 これも、じつに佳作! 映画が夢物語だとしたら、そういうう意味で...