勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

オデッセイ(3D) / The Martian

2016年02月07日 | 洋画(アメリカ系)
アンディ・ウィアーのベストセラー『火星の人』の映画化。第73回ゴールデングローブ賞で作品賞と主演男優賞(マット・デイモン)を受賞。第88回アカデミー賞では、作品賞、主演男優賞(マット・デイモン)、脚色賞、美術賞、視覚効果賞、録音賞、音響効果賞の7部門にノミネート。

そもそも『火星の人』のヒットに至るエピソードが面白いです。作者のアンディ・ウィアーが、元々無料で自分のウェブサイトで公開し始めたことに話は始まっています。連載という形態で少しづつ物語を進めていた所、「まとめて読みたい!」と言う読者の要望が有ったことから、Kindleで99セント(Kindleが無料に対応していなかったために付けた最低価格)で販売した所、大ヒット。そのことから、今回の映画化につながっています。

この映画にはもう一つ面白いところがあって、アカデミー賞の前哨戦とも言われる第73回ゴールデングローブ賞で、“ミュージカル・コメディ部門”で作品賞と主演男優賞(マット・デイモン)を受賞しています。そもそも、ゴールデングローブ賞のドラマ部門は競争が激しいのですが、ミュージカル・コメディ部門ではそれほどでも無いとも言われ、賞受賞を確実とすべくミュージカル・コメディ部門でエントリーしたという噂も。またその理由が、『火星で植物を栽培するなど、コメディ以外の何物でもない』とも言ったとか、言わないとか(どっちだ!)。

比較的原作に忠実に作られている感じです。とは言っても、アレス4のMAVに近づく時の困難な出来事や、ヘルメス号への補給が失敗した場合のコンティンジェンシープランとしてベス・ヨハンセンが指定生存者に命じられていた事は省かれていますし、最後にマークをヘルメス号に回収する件は、原作とは違いますよね。あと決定的に原作と違うのは、後日譚の追加ですかね。有ってもいいけど、無くてもいいかと。

この作品で、NASAの苦難に手を差し伸べるのが中国というのが、時代ですかねぇ。一昔前なら、旧ソ連とかあるいはヨーロッパとかだと思うんですが、今の時代、中国を外すわけには行かないと言う事ですね。なお、撮影に際してはNASAが全面的に協力しています。

今回は、3Dで鑑賞しましたが、この作品は3Dで無くても良いかな。まぁ、火星の雄大な光景を3Dで見るのもありなのかもしれませんが。

最後ですが、この作品も“邦題が酷い”地獄に囚われてしまっていますね。原作の『火星の人』の方が、より内容を正しく表現していると思うんですけどね。だって、放浪していないじゃん。

タイトル オデッセイ / 原題 The Martian

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2015年/アメリカ
監督 リドリー・スコット
原作 アンディ・ウィアー『火星の人』
出演 マット・デイモン(マーク・ワトニー/アレス3ミッションクルー、エンジニア・植物学者)、ジェシカ・チャステイン(メリッサ・ルイス/アレス3ミッション指揮官、地質学者)、クリステン・ウィグ(アニー・モントローズ/NASA広報統括責任者)、ジェフ・ダニエルズ(テディ・サンダース/NASA長官)、マイケル・ペーニャ(リック・マルティネス/アレス3ミッションクルー、操縦士、少佐)、ショーン・ビーン(ミッチ・ヘンダーソン/アレス3ミッションフライトディレクタ)、ケイト・マーラ(ベス・ヨハンセン/アレス3ミッションクルー、システムオペレータ・原子炉技術者)、セバスチャン・スタン(クリス・ベック/アレス3ミッションクルー、医師)、アクセル・ヘニー(アレックス・フォーゲル/アレス3ミッションクルー、天体物理学者、ドイツ人)、キウェテル・イジョフォー(ビンセント・カプーア/NASA火星探査ミッション統括責任者)、マッケンジー・デイヴィス(ミンディ・パーク/NASA衛星制御エンジニア)、ドナルド・グローヴァー(リッチ・パーネル/JPL科学者、リッチ・パーネル・マニューバ考案者)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニューヨーク 眺めのいい部屋売... | トップ | スティーブ・ジョブズ / Steve Jobs »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
原作者 (もののはじめのiina)
2016-02-25 09:50:27
原作『火星の人』は、ウェブサイトで少しずつ公開して日の目を見たというのが、現代らしいです。
そうはいっても、ヒットするのは一握りでしょうし、作者はプログラマーだったわけで、小説は素人ですからこんな逸話は嬉しいですね。

刺激をうけてWEBに描こうかしらん・・・。(^^ゞ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

46 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
オデッセイ (Akira's VOICE)
安心してください。生きてますよ。  
オデッセイ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 主人公の持ち前の明るさが仇となり取り残された恐怖が
オデッセイ (あーうぃ だにぇっと)
オデッセイ@よみうりホール
映画『オデッセイ』★火星から生還する知恵と勇気(有機?)(^_-)-☆ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/168108/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   火星に、ひとり置き去りになった飛行士は はたして地球に帰れるのか !?   火星とか宇宙とかいうと...
映画:オデッセイ The Martian  シビアなはずの「サバイバルSF」が妙にポジティブ =実は「音楽」映画?  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ストーリーは超シンプル過ぎるくらいの「一発物」 (火星に探査に行ったクルーのうち、一人だけ取り残され=写真、孤軍奮闘した結果、遂には帰還に成功?) なので、正直どうか?!と事前は思っていた。 ところが見終わって、最初に思ったのは… 「流石、リドリー...
[映画] オデッセイ (12時間Blog)
「オデッセイ」を川崎109シネマズにて観て来ました 探査中の事故により、たった1人で火星に取り残されてしまう~という展開はSF版「ロビンソン・クルーソー」といった趣でしたが、従僕のフライデーどころか周りには天然の恵み的な水や空気すら存在しないというとんでもな...
オデッセイ~火星でもゼログラかよ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Martian。アンディ・ウィアー原作、リドリー・スコット監督。マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、キウェテル・イジョフォー、ジ ...
オデッセイ ~ 火星でD.I.Y. (まぜごはん)
「オデッセイ」観てきました。 公式HP 火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、...
映画『オデッセイ』2D字幕版 観た~ (よくばりアンテナ)
面白かった~~(*´∀`人 ♪ 火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、ワ...
『オデッセイ』 (こねたみっくす)
希望と絶望の狭間で揺れる振り子に、科学を武器に戦うヒューマンドラマがここにある。 何と生命力に溢れた映画なのだろうか。これが79歳の監督が撮る映画なのだろうか。 意外や意 ...
【映画】マット・デイモンが火星にぼっち映画『オデッセイ』が面白すぎる (アリスのさすらい映画館)
オデッセイ(2015)アメリカ原題:The Martian監督:リドリー・スコット出演:マット・デイモン/ ジェシカ・チャステイン/ ジェフ・ダニエルズ / マイケル・ペーニャ/ ケイト・マーラ/キウェテル・イジョフォー/ ショーン・ビーン /&#1...
[映画『オデッセイ』を観た(短評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・『オデッセイ』を観てきました。 『ゼロ・グラビティ』や『インターステラー』の後追い企画ではあろうけど、面白かった。 エンドクレジットでリドリー・スコット監督と知り驚いた次第。 確かに、少なからずの男臭さがありました。 まあ、火星に置き去りになっ...
オデッセイ (花ごよみ)
アンディ・ウィアー作の小説 「火星の人」を映画化。 火星にたった一人だけ残された宇宙飛行士、 マーク・ワトニー。 マット・デイモンが 主人公のマーク・ワトニーを演じます。 監督はリドリー・スコット。 火星からの帰還を願い 極限状態の中でも、 いつもユーモ....
「オデッセイ」レッツポジティブ(^^;! (シネマ親父の“日々是妄言”)
 地球のお隣の惑星、火星。その火星にたった1人で取り残されたら…。「オデッセイ」(20世紀フォックス)。究極のスペース・サバイバル・ムービーなんですが、何故だか微笑ましいんですよね~。  人類による3度目の有人火星探査ミッション“アレス3”は、6人の...
オデッセイ/火星で独りになっちゃった! (映画感想 * FRAGILE)
オデッセイThe Martian/監督:リドリー・スコット/2015年/アメリカ 秀才ポジティブ最強です。 飛行機内で鑑賞。公開は2月5日です。 あらすじ:火星でひとりきりです。 火星探索をしていたマーク(マット・デイモン)は砂嵐に遭ってギャー死ぬ。って言ってる...
オデッセイ (to Heart)
THE MARTIAN 上映時間 142分 原作 アンディ・ウィアー 『火星の人』(早川書房刊) 脚本 ドリュー・ゴダード 監督 リドリー・スコット 音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ 出演 マット・デイモン/ジェシカ・チャステイン/クリステン・ウィグ/ジェフ・ダニエルズ/マ...
オデッセイ/THE MARTIAN (我想一個人映画美的女人blog)
リドリー・スコット×マット・デイモン初タッグ 原作は、新人作家アンディ・ウィアーによる驚異的なベストセラー小説『火星の人』 脚本は「クローバーフィールド」「キャビン」「ワールドウォーZ」の脚本家、ドリュー・ゴダード。 この人のって「キャビン」...
オデッセイ  (心のままに映画の風景)
人類3度目となる火星の有人探査計画“アレス3”は、猛烈な砂嵐に見舞われミッションを中止するが、撤収作業中に吹き飛ばされ行方不明になった植物学者の宇宙飛行士マーク・ワトニー(マット・デイモン)の生存が絶望視され、船長のメリッサ・ルイス(ジェシカ・チャステ...
『オデッセイ』('16初鑑賞14・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 2月6日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 16:25の回を鑑賞。
オデッセイ  (Break Time)
今日は、若干 北風が有ったものの・・・
オデッセイ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE MARTIAN】 2016/02/05公開 アメリカ 142分監督:リドリー・スコット出演:マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・ペーニャ、ケイト・マーラ、ショーン・ビーン、セバスチャン・スタン、アクセル・ヘニー、....
オデッセイ (そーれりぽーと)
火星に一人ぼっち。 『オデッセイ』を観てきました。 ★★★★★ 月で一人ぼっちの主人公をトリック仕立てで描いた『月に囚われた男』とは対極的な映画。 くよくよしていたって何も変わらないし、希望を失ってしまったら生きていけないからと直ぐに切り替え、何とかして...
オデッセイ (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:SF映画 一般 「オッデセイ」 原題:Martian 監督:リドリー・スコット 2015年 アメリカ映画 142分 キャスト:マット・デイモン      ジェスカ・チャスティン      クリステン・ウィグ      ジェフ・ダニエルズ   ...
映画「オデッセイ(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『オデッセイ(2D・日本語字幕版)』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー 宇宙飛行士で植物学者のマーク・ワトニーは、火星での有人探査中に嵐に巻...
劇場鑑賞「オデッセイ」 (日々“是”精進! ver.F)
まずは、“始めること”が大切… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201602050000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【輸入盤】マーティン・デラックス・サウンドトラック [ ...価格:3,240円(税込、送料込) ...
"火星の砂の色"『オデッセイ(The Martian)』リドリー・スコット監督、マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、マイケル・ペーニャ... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『オデッセイ』The Martian原作:アンディ・ウィアー 監督:リドリー・スコット脚本:ドリュー・ゴダード出演 : マット・デイモンジェシカ・チャステイン、マイケル・
『オデッセイ』 (時間の無駄と言わないで)
この手のSFは最近良くも悪くも深刻なのばっかりだったから、たまにはこういう悲壮感の無い明るいSFもイイよね。 2時間半もあるけど最後まで楽しめた。 出てくる人たちみんな良い ...
オデッセイ  監督/リドリー・スコット (西京極 紫の館)
【出演】  マット・デイモン  ジェシカ・チャステイン  キウェテル・イジョフォー 【ストーリー】 火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、...
スターマン/火星の人~『オデッセイ』 (真紅のthinkingdays)
 THE MARTIAN  NASAの有人火星探査計画 「アレス3」 のクルーたちは嵐に襲われ、ミッ ションを中断し地球へ帰還する。しかしクルーの一人で植物学者のマーク・ワ トニー(マット・デイモン)は、事故に遭い火星に一人取り残されてしまう。  マッ...
オデッセイ (映画好きパパの鑑賞日記)
 火星にたった一人取り残されても、決してあきらめずにユーモア交じりで生き残りをかける。最新の科学の知見も交えて、人間の生きる力をみせつける傑作でした。やはり、あきらめてはそこで終わりなんですよね。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:リドリー・スコッ...
オデッセイ (映画的・絵画的・音楽的)
 『オデッセイ』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)前回に引き続きSF物ながら、マット・デイモンが主演であり、なおかつアカデミー賞作品賞などにノミネートされているとのことで(注1)、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、荒涼とした火星の風景が映し....
「オデッセイ」:文系はサバイバルできない (大江戸時夫の東京温度)
映画『オデッセイ』は、2時間22分なのに4時間ぐらいに感じられました。それだけ主
オデッセイ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
火星に一人残された宇宙飛行士が科学の力で生存期間を伸ばす。NASAの全面協力を得て詳細なやり取りは現実的だ。現在の宇宙開発の現状に即した描写はリアリティに富んでいる。スペースアクションの新時代を切り開いた。是非映画館で観るべきだ。
【cinema】『オデッセイ』 (・*・ etoile ・*・)
2016.02.10 『オデッセイ』鑑賞@TOHOシネマズ日本橋 これ見たくて試写会応募しまくったけどハズレということで、レディースデイに自腹で見てきた。まぁ普通のことですが(o´ェ`o)ゞ ということで、楽しみに行ってきた~ ネタバレありです! 結末にも触れ...
映画『オデッセイ』 THE MARTIAN ネタバレでお節介な解説 (グドすぴBlog)
(ネタバレはストーリー紹介等の後、「以下ネタバレ注意」注意書き以降から) 面白かった!この映画大好き! 絶望的なサバイバルが最新科学技術や現実に基づいたリアリティ重視で描かれるにも関わらず、この地に足の着いたエンターテイメントが観客に示してみせる...
オデッセイ (♪HAVE A NICE DAY♪)
火星で砂嵐にあって吹き飛ばされ 死んだだろうと判断され取り残されたマーク・マトニー(マット・デイモン) 助かっても火星に一人・・・ 生きる気力は絶対なくなると思うのに 精神力が強いなあ~ そして今度、火星にクルーがやってくるのは4年後・・・ それまで生き...
「オデッセイ」 (或る日の出来事)
前向き、ポジティブにつらぬかれた感動。
オデッセイ (とりあえず、コメントです)
アンディ・ウィアー著の「火星の人」をリドリー・スコット監督がマット・デイモン主演で描いた作品です。 予告編を観て、火星でサバイバルって何が出来る?と気になっていました。 ポジティブな主人公のキャラクターに引き込まれるように、ワクワクしながらスクリーンを見...
『オデッセイ』 宇宙でひとりぼっち、再び (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『エイリアン』『ブレードランナー』などのリドリー・スコットの最新作。  アカデミー賞には作品賞・主演男優賞を含む7部門にノミネートされている。  原作はアンディ・ウィアーが自分のサイトで連載していたという『火星の人(The Martian)』。  事故で...
映画「オデッセイ」 (FREE TIME)
映画「オデッセイ」を鑑賞しました。
「オデッセイ」☆ザ!鉄腕ダッシュ星 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
もはや本業が何なのか判らなくなりつつあるTOKIOのメンバーたちが、華やかな芸能界とかけ離れた離島で、おえっ!となりつつ井戸の掃除をしたり、うへーっ!といいながら正体の分からないものを料理したりしても、ちっとも辛そうでないのは(本当は辛いのかもだけど)、プ...
オデッセイ (もののはじめblog)
探査中の事故により、たった1人が火星に取り残されてしまう。ひとりぽっちになりがらもマット・デイモン飛行士が、決して絶望せずに前向きに生き延びようとする物語。 はじめ「ロビンソン・クルーソー」かという印象を抱いたが、・・・そこはSF映画。 絶望の中を、何....
『オデッセイ』 (ラムの大通り)
「こんなに星が写らない宇宙ものも珍しい『オデッセイ』。 よく引き合いに出される『ゼロ・グラビティ』よりは好きかな。 主人公に悲愴感があまり漂わないところが、 なるほど宇宙飛行士になる人は器が違うわと…。 あとよく問題となる邦題。付けた人の気持ちも分かる。 ...
「オデッセイ」 (ここなつ映画レビュー)
気の利いた事を書こうと思ってここまで来てしまいました。でも、結局気の利いた事なんて書けない。メールでもLINEでもそうだけれど、読んだ瞬間「了解しました!」とか「又後日!」と何も考えずに送るのが良いというのが私の持論だ。気の利いた返事を書こうなんて思ったら...
「オデッセイ」 課題の本質を見極める (はらやんの映画徒然草)
オリジナルのタイトルは「The Martian」。 これは直訳すれば「火星人」で
オデッセイ (C’est joli ここちいい毎日を♪)
オデッセイ '15:米 ◆原題:THE MARTIAN ◆監督:リドリー・スコット「エクソダス:神と王」「アメリカン・ギャングスター」「ハンニバル」 ◆主演:マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・ペーニャ、ケイ...