“科学技術書・理工学書”読書室―SBR―                 科学技術研究者   勝 未来

科学技術書・科学書・技術書・理工学書/ブックレビュー・書評/新刊情報/科学技術ニュース   

★科学技術ニュース★茨城大学、中性子回折による金属材料の集合組織高速測定システムを開発

2016-11-08 11:11:04 |    物理

 茨城大学フロンティア応用原子科学研究センターの小貫 祐介 助教らの研究グループは、中性子回折によって金属材料の集合組織を高速に測定できるシステムを開発した。

 定量的な集合組織解析が難しく、通常のX線回折では相分率を正確に定めることも困難な二相ステンレス鋼を用いて、これらの情報を定量的に、かつ数分という短時間の測定で求めることができるようになった。

 これは大強度陽子加速器施設・J-PARC(茨城県東海村)に茨城県が設置した「茨城県材料構造解析装置(iMATERIA)」を用いて確立した技術で、試料を回転させる必要のない同方法は、金属材料の集合組織を高速に測定するシステムとしては世界最速のレベルであるといる。

 今回の成果は、自動車のフレームに用いられる高張力鋼板や、モーターの高効率化に重要な電磁鋼板の高性能化に役立つと期待される。また、これまで電池関連分野が中心だった「iMATERIA」の産業利用の裾野を、金属材料分野にまで大きく拡大するものだといえる。

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ●科学技術書<新刊情報>●「... | トップ | ★炭素ニュース★「パリ協定」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

   物理」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。