空をみながら

 地球規模、宇宙規模で考える。死角のない視野の獲得。憲法9条を守ろう。平和のための最高の武器だと思う。

国意識は無駄といいつつ

2016年11月12日 11時33分02秒 | 思考試行

トランプ大統領が誕生すれば、どうなるのか。選挙の時の言葉がそのまま実行されるとすれば、日本は同盟国ではなくなり、自分の国の防衛は自分でやる他なくなる。軍備を拡張しなければ、国防ができなくなる、そう言い出す人が増えるだろう。

いちいちアメリカの顔色を伺う必要がなくなって、尖閣も竹島もきちんと守るとなる、北方4島も力ずくでも取り返しに行くことが、国として当然となるかもしれない。国としての主張を曲げないのなら、論理的にそうなるだろう。

だが、それがいいのか悪いのかといえば、混乱が始まり、人命、財産の毀損は免れ難く、憎しみが憎しみを呼び、ロクなことにならない。

わかっていても、その方向へと国としては、なだれ込んでいくかもしれない。アメリカのおもしがとれれば、充分に予想できるところである。

それで、よろこぶのは軍需産業だろうし、武器産業である。人殺しのための技術を伸ばし、それが経済活動と結びつく。一旦そうなれば、簡単にこの流れは止まらない。生産活動を止めないためには、紛争が常に起こっていなくてはなならない。意図的な紛争が起こる可能性がある。ロクでもない事態が待っている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプは「市民ケーン」に... | トップ | 理不尽はあたりまえの時代に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。