都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



1993 Europe日記
1993.3.11 Thu Venezia

 サン・マルコ広場(Piazza San Marco)に到着。

サン・マルコ寺院の前から、サン・マルコ広場

 L字型をした広場はルネッサンス期に整備されたものだそうだ。遠近感を効果的にするため、寺院側が広い台形の広場空間が造られており、寺院の前から広場を眺めると、実際よりも奥行きがあるように感じられる。

 右側が旧行政館(Procuratie Vecchie)、左側が新行政館(Procuratie Nuove)、そして正面がナポレオン翼(Ala Napoleonica)だそうだ。

サン・マルコ広場 - Wikipedia  サン・マルコ寺院 - Wikipedia
サン・マルコ小広場からサン・マルコ寺院

 サン・マルコ寺院(Basilica di San Marco)を拝観。この寺院は、古典的な教会建築様式であるビザンチン様式で造られており、大ドームの周りをやや小さなドームが取り囲む集中ドーム式で建てられている。教会というと、ついゴシック様式の尖塔や細長く天井の高い堂内を思い浮かべがちで、サン・マルコ寺院のように大小のドームが林立する教会は日本ではあまり馴染みがないが、もともとのキリスト教の堂はこのようなものが多かったそうだ。
 シーズンオフのためか、文化財の類があちこちで修復中だったのはちょっと残念。

サン・マルコ寺院内部

 堂内のモザイクタイルが金色に輝き美しい。ビザンチン様式の教会ではドームを中心として正方形に近い平面形をとることが多く、細長い十字架型をしたバシリカ形式にはなっていない。参列者席が何列も並ぶ奥に内陣や祭壇が並ぶ形式ではなく、建物内に入って割合すぐにドーム直下の祭壇に至る。後々、多くの教会を訪ねてビザンチン様式にも慣れたが、最初のうちはちょっと不思議に思うことがしばしばだった。

 階上のバルコニー部分まで上り、広場を見下ろす。

バルコニーからサン・マルコ小広場方向

 左側がドゥカーレ宮殿(Palazzo Ducale)、右側はサン・マルコ図書館(Biblioteca Marciana)、中央の二つの塔は、有翼の獅子像と聖テオドーロ像。

 サン・マルコ広場には海側にサン・マルコ小広場という広場があり、これが一体となってL字型の広場になっている。寺院のバルコニーから見ると、小広場の方は海に向かって開いており、両側に壮麗な建築物が並び、二つの塔が海から広場へのゲートのように立っているのが非常に印象的だ。

ドゥカーレ宮殿 - Wikipedia  Biblioteca Marciana - Wikipedia(en) 
#古い建物 海外  #ヴィスタ  #海・川・池 
#教会  #広場 

ヨーロッパ旅行記 1993.2.28〜3.21
Google Map 1993.03 Europe


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1993 Europe日記
1993.3.11 Thu Venezia

06:40 車掌に「次はVeneziaだよ」と起こされる。パスポートなどを返して貰う。

07:03 少し遅れて到着。朝のVeneziaは濃霧だった。ほんの少し先も見えない状態。やはり朝は寒い。

07:20 駅の両替所に行ってみたが、始まっていなかった。現地通貨リラが無いので、何もできない。両替所は8時からだというので、その間に今夜の宿を探しつつ、駅周辺で待つことにする。Youth Hostelに泊まるという女性達に出会う。

08:30 両替所で5万円を両替。100リラ≒11〜12円。
 ガイドブックで選んだホテルをK氏と交代で探す。2軒目のホテルは案外簡単に見つかる。その帰りに駅前の三つ星ホテルの前で、大学の同期でI研究室に所属していたSさんを偶然見掛ける。ただSさんはお母様とそのいいホテルに入っていった。トホホ。

09:00 Hotel Hesperiaというホテルにチェックインする。おやじさんは愛想が良く、気持ちよく泊まれそうだ。3Fの206号室に案内して貰う。ツイン、シーズンオフ料金で70,000Lira。一人約3,500円弱と安いが、感じのいい部屋。Tel付き、洗面付き。シャワー、トイレは共同だが、こちらもとてもきれいだし良い。

 10:00まで休んでから、荷物を置いて出掛ける。朝食を食べていなかったので、駅前のパン屋で野菜サンドとアップルデニッシュを買って、運河沿いの教会の前の階段で食べる。とてもおいしい。

 ベネチアの道は細く、迷路のように繋がっている。ホテルで簡単な地図を貰ったが、異常なほどややこしい小路網に参る。建物の壁に付けられたサインを頼りに裏道をめちゃくちゃに廻り、リアルト橋にたどりつく。

リアルト橋付近

 リアルト橋(Ponte di Rialto)は、橋上の両側に店舗が並ぶ石造アーチ橋で、ベネチアの名所。日本ではほとんど見当たらないタイプの橋だ。長さ48m、幅22m、水面からの高さ7.5mで、1591年に完成したという。

リアルト橋 - Wikipedia

 周辺は土産物屋で埋め尽くされていて、昔の仮面舞踏会にちなんだお面の細工なども売られている。この他には、ベネチアングラスのお店や、革細工の店が多い。革製の眼鏡ケースを買う。15,000L(約1,400円)。

リアルト橋の階段

 橋の中央の通路部分の幅は7〜8m程度だろうか。アーチ橋なので、通路は太鼓橋状に階段になっている。ベネチアは水辺の街なので、歩き回っても丘や高台からの眺望はないが、橋の上からはときどき見通しが効いて、ちょっと先を見下ろすことができるのが楽しい。橋上の両側に土産物屋などがずらっと軒を並べているため、橋の中央を通っていると通りの延長のようでもある。

#街並み 海外  #海・川・池  #橋  #階段・坂 海外 

ヨーロッパ旅行記 1993.2.28〜3.21
Google Map 1993.03 Europe


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1993 Europe日記
1993.3.10 Wed Bern〜Venezia

 17:20 観光客がふらりと入って軽食・喫茶を短時間で済ませられるような店は意外に見当たらず、結局またMcDonald'sに入る。土産物屋で小さな鐘(カウベル)と絵はがきを買い、駅でトイレに行く。

 イタリアへの列車は出発が20時過ぎの夜行で、まだしばらく時間があったので、今度は夜景を見に行く。

駅前広場から聖霊教会(Heiliggeistkirche)
Spitalgasseから聖霊教会夕景

 西欧の古い都市は道路沿いに石造りの建物が建ち並んでおり、街灯が建物壁面からの架空線に吊り下げられていることがある。路面電車の架線も同様で、旧市街地内には電柱や架線柱はあまりない。歴史的街並みでは建物が建て替えられることもほとんどないし、地震や台風なども少ないので、こういうことができるのだろう。

 日本の場合もビル街などならやれないことはないかもしれない。どこかの街で交差点の真ん中に信号機が吊されている例もあったはずだ。ただ、地震や強風時の落下が気になるので、そうは広まらないだろうな。も電線の地下埋設だけで十分で、街灯柱まで無くす必要はないかもしれない。

Marktgasseから牢獄塔

 少しずつ日が暮れて、夕空も赤みが失われ、青から黒へ近づいていく。

 ベルンは首都だが、さほど大きな都市ではない。観光客も夕食をとったりホテルに戻ったり、街を離れたりするので、日没とともにまちなかの人通りはかなり少なくなる。

アーケード内のディスプレイ

 連続アーチのアーケード(歩廊)は、建物の1階部分をセットバックして歩行者に空間を提供しているものなので、場所によっては車道との間にディスプレイショーケースが置かれている。写真奥のアーチは、道路反対側の歩廊のもの。

 連続アーチのアーケード。写真左側が車道で、右側が店舗。車が走るそばを歩く必要がなく、ゆったりした歩行空間が確保されている。ウィンドウディスプレイを見ながらの散策も楽しい。

 20:00 Bernの駅でケーキを食べ、コーヒーを飲む。サンドイッチを買い込む。

 20:18 ジュネーブ空港(Geneve Airport)行きの列車に乗る。1st Classは快適。でも手紙を書いていたら、少し乗り物酔いしてしまった。それとやはり風邪が治っておらず熱っぽい。顔が火照ったようなのは、一昨日のスキーによる雪焼けのせいか、風邪の熱のためなのか自分でもよく分からなかった。少し寒気もするような気もしたが、本当に外気温が寒かっただけなのかもしれない。後でK氏と比較したが、彼も風邪なのであてにならないのだった。

 22:02 ジュネーブ(Geneve)着。外に少し出て、郵便局まで歩き、絵はがきを出す。

 22:58 K氏がジュネーブでは現れなかったため、ベネチア サンタルチア(Venezia St Lucia)行きの夜行列車に一人で乗る。

 23:40 ローザンヌ(Lausanne)着、発。ここでもK氏は現れず。検札の車掌が来たので、少し尋ねてみたが要領を得ず。1st ClassのNon Smoking Areaに乗っていて、体調も悪いのでやや落ち着かなかった。

 00:02 モントルー(Montreux)着。K氏はホームを走っていた。私も一時下車してK氏に落ち合い、改めて302号車に乗り込む。乗務員にパスポートとユーレイルパスを預け、入国申請書を書いて寝る。夜中はときどき揺れる車内で若干寝苦しかったが、先日よりは少し楽。6人一部屋のCouchettは結局私たち2人だけだったので、荷物の安全面なども気楽だった。

 K氏はジュネーブはあまり面白くなかったと言っていた。レマン湖の噴水を見て、ローザンヌでぼんやりした後、駅にいたが、雰囲気が今ひとつ良くなかったので、モントルーに移動したのだと言っていた。

ヨーロッパ旅行記 1993.2.28〜3.21
Google Map 1993.03 Europe

#古い建物 海外  #街並み 海外  #夕景・夜景  #教会 
#商業系  #道


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1993 Europe日記
1993.3.10 Wed Bern

Kirchenfeldbrückeから、アーレ川、連邦議事堂と旧市街

 連邦議事堂も市庁舎も川を背にして建てられており、街の中心にどーんとそびえるのではなく、どちらかというと繁華な街の中心からひとつ退いた場所にあるような気がしていたのだが、橋の上や対岸からだと、これらの建物が高台のキワにあって手前に遮るものがないため、その全景と街並みを合わせて見ることができる。

 意図的にそのような配置にしたのかどうかは分からないが、結果的に絵になる風景がそこかしこに出来ているのは羨ましい。

 連邦議事堂裏手の川沿いの高台に立つと、遠くにはユングフラウ、アイガーなどを含むアルプスの山々が霞んで見えた。

公園で野外チェスをする人々

 天気が良く、冬場にしては比較的暖かい日だったため、公園では多くの人々がのんびりしていた。公園で大きな駒を使ってチェスをするおじさんたちもいれば、金属の持ち玉をフィールドに放って遊ぶペタンクをやっている人たちもいた。本を読んだり、編み物をしたり、ベンチで話をしたり、幼児をあやしたりしながらひなたぼっこをしたり、多くの市民が思い思いに街を楽しんでいる。

 イギリスでもフランスでも、バタバタ観光地、名所巡りをしてしまっていたので、人々の生活の一端に触れたり、ゆっくり景色を楽しむことがあまり無かった。

 しかしベルンは大きな街ではなく、観光客もロンドンやパリに比べるとかなり少ないこともあって、時間がゆったり流れているような感じで、訪れた私も少しじっくりと街を見物できたのは面白かった。単独行動になって、マイペースで歩いたり休んだりしながら、街を味わうことができたのも良かったのかもしれない。

ヨーロッパ旅行記 1993.2.28〜3.21
Google Map 1993.03 Europe

#街並み 海外  #眺望  #公園 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1993 Europe日記
1993.3.10 Wed Bern

 旧市街のランドマーク建物

 市庁舎(Rathaus)は15世紀に建てられたものだという。想像していたよりかなり小ぶりな建物で、川を背にしてやや狭い道の突き当たりに建っている。前を横切る道もアーケードのある通りだが、市庁舎前に大きな広場などがあるわけでもない。歴史のある建物ではあるがおとなしい佇まいで、それが不思議な感じでもあり印象的だ。

 カトリック教会は規模はさほど大きくないが、ゴシックの尖った鐘塔が街並みの中から突き出していて、これもランドマークになっている。

ベルン大聖堂(Berner Münster)

 ベルン大聖堂は1421年に建設が始められたが、完成したのは約470年後の1893年。ゴシック様式の大聖堂で尖塔の高さは100.6m。これは教会の塔としてはスイスで最も高いものという。

 訪れた時は尖塔の正面側上部の修理が行われていて、空中に足場が架けられていた。長い時間を掛けて造られた大きな教会堂はそれだけで、心に残るものだった。

大聖堂正面玄関の装飾

 ゴシックアーチの中の人物像は砂岩で造られているが、20世紀の大気汚染で傷んだため、現在はレプリカに差し替えられているというが、壮麗な装飾はやはり見る者を圧倒する。

Kirchenfeldbrückeから、ベルン大聖堂と旧市街

 大聖堂は約100mの尖塔だけでなく、聖堂全体も街なかの一般の建物群よりひとまわり高い。アーレ川に架かる橋や川の対岸から旧市街の街並みを見ると、大聖堂はひときわ高くそびえており、街並みスカイラインに求心性を与えるものになっている。

ヨーロッパ旅行記 1993.2.28〜3.21
Google Map 1993.03 Europe

#古い建物 海外  #街並み 海外  #眺望 
#海・川・池  #教会  #塔 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ