都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



1993 Europe日記
1993.3.12 Fri Venezia

サンマルコ寺院と鐘楼

 15:30 サンマルコ広場に戻る。ベネチアの政庁を見ようとしたが、既に閉館。イタリアの見学先はやけに閉館が早い。仕方がないので、近辺でもういちど土産物を物色。土産物はなんだかんだ言っても本島の方がなぜか安かったりする。

傾いてしまっている塔
サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ聖堂 - Wikipedia

 18時頃まで島内を散策。店を見たり、街を見たり、傾いた塔に驚いたり。

陽が傾き、大運河も茜色に染まる
路地は相変わらず賑やか。狭い道沿いにも店が並ぶ。

18:00 疲れてVenezia St. Lucia駅に到着。

18:06 本土側のVenezia Mestreに鉄道で向かう。腹が減ったこと、高いものを間違って買いそうになったこと、疲れたことなどで少し滅入る。

18:17 Venezia Mestre着。イタリアの普通の街はこんなものなのかと思わせられた。何の変哲もない駅前。歩いていくと自動車販売店があったり、中華料理屋があっただけ。疲れていたのですぐ引き返すことにする。

18:36 Mestre〜St. Luciaのローカル線に乗る。2輌だけで混んでいた。たった10分程度だったのに、体調が悪く疲れていたためか寝てしまう。

19:00 駅近くの宝飾店で結局Venezian Glassのブローチを買う。とりあえず気になっていたものを買ってほっと一息。22,000Lire+ケースが2,000Lire。というわけで2,400円。結局大したものではない。

ホテル近くの広場に開かれた市場の夜景も魅力的

20:00 駅近くのレストランで夕食。夜遅くの列車なので、ここで休憩しながら時間をつぶす。
21:30 長居をしたレストランを出てホテルに戻り、預けていた荷物をとって出る。最後まで愛想がよい宿だった。

22:00 駅にたどりつき、列車を確認し、待合室で待つ。
22:50 Couchettに乗車。車掌にパスポートとユーレイルパスを預ける。
23:35 ローマ行きの列車が出発。
24:30 キャビン内で2人でくつろいでいたら、途中駅から他の客が乗車してきて、6人部屋が一杯になってしまう。女性も1人。疲れていたのでそのまま就寝。

#街並み 海外  #海・川・池  #教会  #塔 
#夕景・夜景  #路地  #広場 

ヨーロッパ旅行記 1993.2.28〜3.21
Google Map 1993.03 Europe


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 TABICAというサービスが開催する街歩きイベントで、11月12日(土)に、愛宕・六本木界隈の階段を巡ることになりました。
 今回は都心の愛宕神社男坂などの有名階段を含む階段街巡りになっております。
 詳細情報、お申し込みは下記からどうぞ。

開催日 11月12日(土)
時間  13:00〜15:30(最大16:00)
経路等 JR新橋駅〜愛宕神社〜西久保八幡神社〜我善坊谷
     〜東京メトロ日比谷線・都営大江戸線 六本木駅

 階段で高台に上ったり谷地へ下りたりしながら約6km程度を歩いていきます。

 有料のツアーですが、御関心のある方は是非。
 詳細とお申し込みは下記を御覧下さいませ。

階段研究家と愛宕・六本木界隈の街と階段を巡る


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1993 Europe日記
1993.3.12 Fri Venezia

 13:00 サンマルコ広場に戻って、No.5の水上バスで Murano島へ行く。片道2,200Lire

 1,500Lireのサンドウィッチをかじりながらベネチアングラスを物色。しかしやはりみな高価。安いと思って店内に入り、19,000Lire、約1,900円のつもりで買ったら、一桁違っていて¥19,000−で、「わお! 間違ってました! 買えませ〜ん! ごめんなさい! さようなら〜!」と、店を出たりする。いやはや参った。

ガラス工房

 14:50 結局、何も買わずに島を出てしまう。K氏もすりガラスの綺麗なビン¥8,600−を買わずに戻る。バックパッカーにはガラスのビンは危険だ。日本に着く頃には粉々になっている可能性がある。

ヨーロッパ旅行記 1993.2.28〜3.21
Google Map 1993.03 Europe


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 新宿区立角筈図書館が企画したイベントで、今年も講義とまちあるきをすることになりました。
 角筈・十二社界隈の概要をお話しした後、周辺をあるきます。


角筈・街の専門家と歩く「角筈まちあるき」

【日時】  10月29日(土)午後1時~4時
【会場】  角筈地域センター7階会議室A ルート:角筈周辺
【内容】  「角筈」の街を専門家と一緒に歩き、歴史的風景から普段見慣れている街を見直してみませんか? 新しい発見を探しに行きましょう!
【定員】  先着20名(要予約)
【申込み】 10月7日(金)から、角筈図書館カウンターまたはお電話にて受付。
【問合せ】 角筈図書館 03-5371-0010


 最初に地域センターの会議室で街の簡単な概要説明をしてから出発。十二社、西新宿6丁目、成子天神、淀橋、北新宿・蜀江坂などを経て、JR大久保駅で解散予定です。

 角筈のエリアは、この角筈図書館のあるあたりから西口の超高層ビル街、そして東口のビックロあたりまでですが、昨年、超高層ビル街周辺を実施したので、今回はまた方向を変えて北新宿方面へ向かう予定です。

 というわけで、角筈まちあるきと言いながら、十二社、淀橋、柏木あたりになりそうですが、ご関心のある方はまたどうぞ。

新宿区内の図書館が実施するイベント一覧




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1993 Europe日記
1993.3.12 Fri Venezia

 11:30 寺院内部はシンプルなのが割合に多い。ただ石造の寺院内は寒い。K氏は、処刑されたキリスト像がグロテスクだといたくお気に入り。200円相当を払って鐘塔に上る。

サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会 鐘塔の鐘
サン・ジョルジョ・マッジョーレ聖堂 - Wikipedia

 12:00 正午になると、鐘がすぐそばでガンガン鳴った。9つある鐘の内、正午には2つが鳴っていた。時刻によって鳴らす鐘が違ったりするのだろうか? 鐘の近くにいると話し声も聞こえなくなるぐらいの大きな音でたまらないが、鐘突きが動いて鐘が左右に振られて鳴らされているのを間近で見られたのはおもしろかった。

鐘塔から、ジュデッカ運河とサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂
手前は、サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会のドーム
ジュデッカ運河 - Wikipedia

 12:30 塔の上にいたら寒くなってきたので下に降り、教会の周囲を回ってみる。

サン・ジョルジョ島から、カナル・グランデと鐘楼、造幣局(左)、
サン・マルコ寺院(中央奥)、ドゥカーレ宮殿(右)
サン・ジョルジョ島から、同じくサン・マルコ広場方面

 昼頃になってもまだ霞が掛かったような景色だったが、それはそれで幻想的で印象的だった。

#街並み 海外  #眺望  #海・川・池  #教会  #塔  #船 

ヨーロッパ旅行記 1993.2.28〜3.21
Google Map 1993.03 Europe


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ