都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



1993 Europe日記
1993.3.10 Wed Bern

 旧市街のランドマーク建物

 市庁舎(Rathaus)は15世紀に建てられたものだという。想像していたよりかなり小ぶりな建物で、川を背にしてやや狭い道の突き当たりに建っている。前を横切る道もアーケードのある通りだが、市庁舎前に大きな広場などがあるわけでもない。歴史のある建物ではあるがおとなしい佇まいで、それが不思議な感じでもあり印象的だ。

 カトリック教会は規模はさほど大きくないが、ゴシックの尖った鐘塔が街並みの中から突き出していて、これもランドマークになっている。

ベルン大聖堂(Berner Münster)

 ベルン大聖堂は1421年に建設が始められたが、完成したのは約470年後の1893年。ゴシック様式の大聖堂で尖塔の高さは100.6m。これは教会の塔としてはスイスで最も高いものという。

 訪れた時は尖塔の正面側上部の修理が行われていて、空中に足場が架けられていた。長い時間を掛けて造られた大きな教会堂はそれだけで、心に残るものだった。

大聖堂正面玄関の装飾

 ゴシックアーチの中の人物像は砂岩で造られているが、20世紀の大気汚染で傷んだため、現在はレプリカに差し替えられているというが、壮麗な装飾はやはり見る者を圧倒する。

Kirchenfeldbrückeから、ベルン大聖堂と旧市街

 大聖堂は約100mの尖塔だけでなく、聖堂全体も街なかの一般の建物群よりひとまわり高い。アーレ川に架かる橋や川の対岸から旧市街の街並みを見ると、大聖堂はひときわ高くそびえており、街並みスカイラインに求心性を与えるものになっている。

ヨーロッパ旅行記 1993.2.28〜3.21
Google Map 1993.03 Europe

#古い建物 海外  #街並み 海外  #眺望 
#海・川・池  #教会  #塔 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1993 Europe日記
1993.3.10 Wed Bern

Nydeggbrückeから大聖堂方面

 ベルンの旧市街は舌状の高台上にあり、アーレ川がその周囲を流れているので、川をわたって反対側の高台へ行くと、街の全景を見ることができる。まちなかの建物の多くは4〜5階建てで、屋根は赤茶色の瓦葺きが多く、高さやスタイルが概ね揃っていて、整ったスカイラインを形作っている。そしてそのところどころにランドマークとなる教会などの建物が建ち、街並みにアクセントを与えている。

Nydeggbrückeから、IntertorbrückeとNydeggkirche

 Intertorbrückeは旧市街から坂道を下ったところにあり、谷地に近い場所にある橋。アーレ川には旧市街周辺だけで7つの橋が架かっているが、鉄橋、石橋と、様々な橋がある。

Grosser Muristaldenそばの展望台から旧市街

 高い尖塔は大聖堂、その左側のドームが連邦議事堂、左端の橋はKirchenfeldbrücke、大聖堂右側の尖塔はカトリック教会。

 14:00頃 市内を見渡す高台で、パン、チーズ、チョコを食べる。今回のヨーロッパの旅はこの3つが主食のようになってしまった。でもおいしいからこれでも良い。暖かい日射しの中、隣のベンチでは赤ん坊連れの奥さんが昼寝をしていた。

展望台から、NydeggbrückeとNydeggkirche

 Nydeggbrückeは中央が大きい三連アーチの石橋。周辺の家屋群と比べても、かなり大きなアーチ橋だ。大きな街ではないが、立派な橋がたくさんある街だ。

Englische Anlagenから旧市街

 多くの家屋が地形に沿って、ずらっと並ぶ姿は壮観。

ヨーロッパ旅行記 1993.2.28〜3.21
Google Map 1993.03 Europe

#街並み 海外  #パノラマ  #眺望  #海・川・池 
#教会  #橋  #塔 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1993 Europe日記
1993.3.10 Wed Bern

 総延長6km以上に及ぶアーケード街は見事。中世の街並みを部分的に残す近世の街並みだそうで、「ベルン旧市街」として世界遺産にも登録されている。

アーケードのある街並み

 一つの建物が延々と続いているわけではなく、多くの建物が若干のデザインの違いは持ちながら、それなりの統一感を持って建ち並ぶ。1階前面部分が歩廊として提供されているため、見た目より広い幅の交通空間が確保されているのも興味深い。

アーケード内  左が道路側、右が道路沿いの建物・店舗側

 冬場の日中なので、アーケード内にも日光が差し込み、明るく気持ちよい。道路南側のアーケードは暗くなってしまうが・・・。

 建物1階を提供したアーケードだが、建物の境目で途切れることはなく、街区単位で幅も高さも共通でつながっている。

アーレ川から旧市街の高台へ上るカーブした坂道

 商店の軒看板。小さくしか写っていないのでよく分からないが、中央にはパレットと木槌がデザインされているようだ。その周りには鳥、リス、カタツムリ、葉、木の実があしらわれている。画材などを扱うデザイン系の店舗かなにかだろうか。

 屋根には小窓や暖炉の煙突が並ぶ。写真右下の楕円の窓もおもしろい。

ヨーロッパ旅行記 1993.2.28〜3.21
Google Map 1993.03 Europe

#古い建物 海外  #街並み 海外  #商業系  #道 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1993 Europe日記
1993.3.10 Wed Bern

Kramgasseから時計塔

 旧市街の中心部にある時計塔は、13世紀に町を囲む外壁の西門として建てられたもの。Wikipedia等によれば、1256年まではここが市の門だったそうで、1405年に大火にあったが、その後、1530年にぜんまい式の時計が付けられたのだという。時計塔には時計、鐘の他に、仕掛け、天文時計が設置されている。ヨーロッパでは古くからこのようなからくり付きの時計塔が街なかにあって、それがランドマークになっていることも多い。

時計塔(Zeitglockenturm)

 メインの時計の下にあるのが天文時計で、右側がからくり部分。天文時計は中央のリングが偏心していて針も複数あって、かなり複雑なもののようだ。恐らく相当ゆっくり動作しているのだろう。立ち止まって見ていても当然、動きは分からない。数日間滞在していれば変化に気付くのだろうが、残念ながら長くは滞在できないのだった。

Kornhausplatzから時計塔

 東西両面に時計が付いているが、両者は文字盤のデザインなどが異なっている。
 当時はフィルムカメラだったので、たくさん写真を撮れなかった。今思えば、もっとディテールを撮っておけば良かった。

ヨーロッパ旅行記 1993.2.28〜3.21
Google Map 1993.03 Europe

#古い建物 海外  #塔  #モニュメント 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1993 Europe日記
1993.3.10 Wed Bern

Kornhausbrückeから、Aare川とLorrainebrücke

 ベルンの旧市街は、蛇行するアーレ川(Aare川)によってU字型に取り囲まれた高台上に位置する。川は西側に開いたU字型をしているため、旧市街から西方向以外の、北、南、東へ向かうと、いずれの場合も川に突き当たり、橋で川を越えていくことになる。

 高台と川面や川沿いの低地との間にはかなりの高低差があり、橋の上からは谷を覗き込んで見渡すような景色が広がるのが印象的だ。一方の高台上は比較的平坦で、台地を川が浸食してできた地形であることがはっきりと分かる。

アーレ川畔から高台上の旧市街、中央はカトリック教会と市庁舎

 橋のそばに川沿いへ下る道があったので下りてみる。予想以上の高低差があって、また上って戻らねばならなくなったことを若干後悔したが、川沿いからの景色も良い。

 川面から50m近い高さに架けられた、上路式の美しいアーチ橋(Kornhausbrücke)の上をトラムが走っていく。

アーレ川畔からKornhausbrücke

Kornhausbrückeは、1898年完成で、長さ382m、最大径間は115m、幅12.6m、アーレ川の水面からの最大高さ48m。橋名は、橋(brücke)のそばに穀物倉庫(Kornhaus)があったことが由来のようだ。

 1898年というと日本では明治31年。その頃の日本でこういう橋は架けられていただろうか? まちなかにこういう美しい橋が昔からあるのは羨ましい。

ヨーロッパ旅行記 1993.2.28〜3.21
Google Map 1993.03 Europe

#街並み 海外  #海・川・池  #橋  #鉄道 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ