都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



 タカシマヤタイムズスクエアそばの旅館は昨年取り壊されたようだ。

桂屋旅館
所在地:新宿区新宿4-1-8
構造・階数:木2
備考 :2007年に解体
Photo 1996.12.9

 屋根上に高く組まれた鉄骨組広告塔が取り付けられ「桂屋旅館」という赤いネオンサインが妙に目立って異彩を放っていた。昼間はまわりの派手でキラキラした建物の中で木造二階の建物は埋もれてしまっているのだが、夕方から夜になると、そこだけ暗く沈み込んで見える一角の中に赤いネオンサインが浮かび上がり、妙に目立つ。タカシマヤからの買い物帰りのカップルなどがたまに気づいて「ねぇあれ何?、なぜこんなところに旅館があるの?、かなり怪しいよね。」と話しているのも時々見掛けた。

Photo 2005.12.24

 10年近くが経っても状況はあまり変わっていなかったが、いつのまにか屋根上の広告塔は撤去されていた。その一方で前面の塀の一部が切り取られ、そこに飲料の自販機が設置された。周辺の通行量の増大に伴う変化であろう。

Photo 2006.5.1

 隣地にはマクドナルドの大看板が立ち、スターバックスもでき、周囲はどんどん賑やかになっていった。右奥の家屋も建て替えられてショップになり、杉の木もなくなった。それでも昨年まではまだ旅館はちゃんと営業していた。

 だが、昨年秋に通りかかったら現地は更地になっていた。現在、跡地では鉄骨5階建ての商業ビルが建設されている。

 新宿駅新南口近くの新宿4丁目は、昔は商人宿と呼ばれていた低料金の旅館や、ビジネスホテルなどが建ち並ぶエリアである。新宿でホテルと聞くと、昔のいわゆる連れ込み旅館的なものを想像する向きもあろうが、ここのエリアのホテルや旅館の大半はどうやらそういうものではない。もちろん連れ込み旅館に端を発するものもあるのかもしれないが、この界隈のホテルはいつしかその系統のものではなくなった。

 そのへんの変化は、戦前から戦後、平成に至る新宿の繁華街・盛り場の盛衰や、その中心地の移動とおそらく関係があると思われる。

 戦前から現在に至るまで、新宿の繁華街の中心は新宿通りだ。ただその重心は多少移動したりしているし、繁華街のエリアや建物規模は劇的に拡大・大型化している。だいたい、戦前には靖国通りはまだ完成しておらず、戦後歌舞伎町となった場所などは女学校のある普通の住宅地だった。

 新宿駅には甲州街道口(現在の南口)が大正期には既にあったが、駅の表口は明らかに東口だった。マイシティ(現ルミネエスト)に建て替えられる前の、大正14年竣工の三代目駅舎や駅前広場は、新宿通りを正面としており、駅からの人の流れはまず新宿通りへと流れ、そこから南北に入り込んでいた。昔の新宿4丁目は、3丁目の新宿通りの南側地区の更に「奥」だったので、人々が流れ着く先とも言える場所だったことが想像される。

 ところが1964年にマイシティが完成し、側面にタクシー乗降場が造られ、中央口と称されるようになると、建前上、新宿3丁目全域は駅の東側正面になり、新宿通りの南側の地区は裏側とか駅から離れた場所ではなくなった。また、歌舞伎町が巨大歓楽街化して、新宿の裏側とか奥というものを一手に引き受けてしまったため、3丁目の歓楽街的な要素は、新宿の中では相対的に小さなものになっていった。

 更に、甲州街道口が南口としてルミネなどとともに整備され、裏口的だった場所が新たに晴れやかな表の空間になり、新宿駅は東口、西口、南口と3方向に正面を持つ巨大駅に変貌した。新宿4丁目は新たに整備された南口のそばとなり、裏口っぽい寂れた雰囲気だった場所は徐々に晴れやかな空間に代わっていく。

 近年の最大の変化は1996年のタカシマヤタイムズスクエアのオープンだろう。この後、この界隈を訪れる人は一挙に増えた。JRの東南口、新南口も整備されて、周辺にはスポーツ用品店のビルなどが次々とできた。東南口のあたりには、私が上京した頃までは木造の飲み屋などがあったのだが、それも今では全く想像が付かない。

 今年2月には、JR東日本が新南口の位置に33F建てのオフィスビル(下層階は商業施設)を建てる計画を公表した。

 写真の東側のエリアにはビジネスホテルが現在も複数営業している。だがそこでも木造旅館街の風景は急速に失われつつある。改めて東京、新宿の変化は速いものだと思う。

Tokyo Lost Architecture   #失われた建物 新宿区  #夕景・夜景 


コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )


« 渋谷マークシ... 短信 »
 
コメント
 
 
 
桂屋旅館 (大久保日記)
2008-03-08 16:49:32
桂屋旅館の写真、見ました。絵本「ちいさなおうち」みたいですね。昔からそこにあったのに周りがあまりにも変わってしまったのですね。なくなってしまい残念です。駅前旅館は都内にまだ他に残っています。興味がありましたら筑摩文庫の「駅前旅館に泊まるローカル線の旅」大穂耕一郎著をオススメします。都内の駅前旅館事情にもふれていたと思います。本郷三丁目の交差点にある三菱UFJニコスの隣りに2階立の建物があり、これもかなり古そうです。以前「船満」という中華屋さんが営業していました。正月に車で前を通った時、まだありました。写真をお見せできないのが残念です。文春ビジュアル文庫「B級グルメの冒険」(品切れ)に昔、載ったお店の建物です。
 
 
 
Unknown (asabata)
2008-03-09 00:52:32
ご紹介頂いた、筑摩文庫も文春ビジュアル文庫の方も、以前に見たことがあります。
興味の方向性がやや違ったので、ちょっと立ち読みしただけで両方とも買いませんでしたが・・・。

余談ですが、ちいさなおうち的な風景は、拙ブログ、2006.04.08の記事中写真がまさしくその状況になっております。
 
 
 
昨日確認 (ぺん太)
2008-03-09 18:21:55
「頑張っているなぁ」と思っていたのですが、ブログを拝見してついになくなってしまったことを知り残念に思いました。昨日タイムズスクエアに用があったため、工事中で歩きにくくなったこの界隈をトボトボと確認しましたが、建設のための幕が張られており建築計画も出ていました。その場でメモを取ろうとも思いましたが、立ち止まって建築計画を見ているだけでも道行く人に不審な目で見られたためやめてしまいました。
さてこの手の旅館はつい最近(のような気がするけど実際は10年くらい経っているかも?)まで近所に並んで2軒ありました。桂屋旅館のように雰囲気のある建物ではありませんでしたが、屋根の上に同じような看板がついていたと記憶しています。駅前でもなく、交通の便も悪い地域の中で営業しており、一体どういう用途で使われているのか不思議に思っていました。
すっかり住宅街になってしまったわたしの住むまちも少し前までは町工場や中小の運輸業が多い所でした。清掃事業に車を出している数事業所が並んでおり朝早くからの配車や夜遅く帰庫する仕事もあるようです。そんななかで工場や事業所の従業員に使われていたのだろうか、などと考えています。最近はその旅館ではなく別のビジネス旅館が2軒ほど営業しています。ちらりと外から覗いた雰囲気は飯場のような感じです。
 
 
 
都内にはまだまだあるらしい。 (asabata)
2008-03-14 00:30:54
ペン太様
跡地には鉄骨5階建ての商業ビルが建てられています。
今年9月の完成予定。
木造のビジネス旅館はまだ都内各所に残っていますね。
どちらかというと下町に多いかも。
日雇いのお仕事をしている人々を相手にしたり、
最近は外国からの旅行者を受け入れたりもしているようです。
新宿4丁目でも、明治通りの東側、天龍寺裏のエリアには、
二段ベッドが置かれ、一部屋を四人でシェアするタイプの木造二階旅館が
まだあるのではないかと思います。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2009-02-11 10:47:33
旧旭町ですね。連れ込みと言うより、肉体労働で汗を流した労働者達の歴史が沢山詰まっています。
 
 
 
実は桂屋旅館は (としや)
2010-05-19 22:50:39
僕は泊った事は有りません。それはいいとして実はこの旅館の旦那が今はもう放送してませんがウルトラクイズの優勝者なんです。これ知ってる人は知ってます。
 
 
 
それは知りませんでした。 (asabata)
2010-05-22 00:10:23
としや様
コメント有難うございます。
そんな逸話があったのは知りませんでした。
ほんとに知る人ぞ知るですね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。