kisetsunokazeni

ときには空を見上げて深呼吸。無駄と思える時間も必要な時がある。

我慢しすぎない介護

2018-09-20 20:27:07 | 介護
うちはまだ介護は入り口くらいだけど

うまく続けていくコツは

お互い我慢しすぎないことだって思う

・・・まあうちは性格的に

すべて我慢するのは難しいってこともあるかもしれないけど・・・

いったいいつ終わるかわからない介護生活の中で

お互い我慢してたら

それこそ介護が終わる前に

お互いがどうにかなってしまうかもしれない

なので

わたしと母は

けっこう言いたいことを言う(悪いことばかりじゃないですよ!)

でもそれがちょっとした口論みたいになっても

母の物忘れも手伝って

しばらくすると普通に戻るから

心配することもない

でも、一つだけ気をつけているのは

最後別れるときには

悪い雰囲気を引きずらないってこと

お互い言うべきことを言ったら

できれば笑顔で

そうじゃなくても穏やかに

「じゃあね!また来週」


普通に考えたら

母は高齢で足が悪く認知症もあり

かばわなければならない存在だから

わたしがそこを理解して我慢すればいいってことになるかも

でもね

それが仕事ならまだしも

家族で気を使わない存在だから

母がかわいそうだと言って我慢してると

いつ終わるかわからに介護生活に疲れ果て

そのうち我慢も限界が来て爆発し

その先一緒にやっていけなくなるかもしれないし

実際そういう方々を何人か見てきた

距離ができるならまだしも

介護鬱になってしまう方もいる

それは相手に我慢ができなくなるってことだけじゃなく

介護する側も

大切な家族がどんどんだめになっていくのをそばで見ているのは

本当につらいものだから

そして

場合によってはそれが自分のせいと思ってしまう人もいるから

もちろんその点はちゃんと割り切って

病気や老化の進行は誰のせいでもないと理解しないといけないけれど・・・


そんなこんなの想いもあり

一部都合のいい解釈もして

「我慢しない介護」実践中

でもね

一度病院の待合室で母がとんでもないことを言い出し

「ちょっと強めではっきりめの意見交換」をしたところ

先生から「喧嘩はだめですよ~」とやんわり注意されたので

病院では穏やかめにしております・・・



遊びに来てくださって、ありがとうございました
コメント