kisetsunokazeni

ときには空を見上げて深呼吸。無駄と思える時間も必要な時がある。

難聴

2016-10-31 14:44:06 | 介護
母は

もうずいぶん前から耳が遠い

テレビの音量もわりと大きめ

でも

会話は相手を見ながら話せば

話の内容や相手の表情などでおおよそ理解できており

普通の声で十分通用する

でも

先日実家に行った時

たまたま母が家の外の道を掃除していて

私の車が母のすぐ後ろを通過したにもかかわらず

全く気付かなかった

もちろんわたしの車は

ハイブリッドとか電気とかじゃない

普通にエンジン音がする車

それが

後ろを向いていた、というだけで

気配も何も感じなかったようだ


難聴については母も気にしていて

以前何度か耳鼻科の受診もしたことがある



その都度医師に補聴器を勧められたのだが

全くそれが気に入らない

なぜなら

母はしょっちゅう物をなくすから

お医者さんの勧める

ひとつ〇十万円もする補聴器を

なくしたらたまったものじゃない

たぶんそんな判断で

手を出しかねている

でも

先日の事で

私はちょっと不安

ただでさえ転びやすいのに

すぐ後ろの車にぎりぎりまで気づかなかったら

大きな事故になる可能性があるから

母は足の調子が悪くなってからは

かかりつけ医に近くをちょくちょく散歩するようすすめられている

それはとても大切

でも

近くのわかりきった道は

辺りへの注意もそこそこ

とにかく転倒しないようにするのが精いっぱい

そういうとき

きっと事故は起こるような気がする

娘としては

”頑張って歩いて、でも事故には重々気をつけて”

としか言えない

補聴器買ってあげる、って言ったって

きっと拒否されるのは分かってる

そういう点、母はとってもきっぱりしている

なので

とりあえず口酸っぱく注意を促して

様子を見守る

それでいつか本人が納得したら

補聴器のお世話になる日が来るかも


年々いろんな心配が出てくるけど

事故だけは本当に気をつけてもらいたい

そして

母らしい生活ができるだけ長く続くよう

娘にできることは

祈ることだけ

悩ましいことがどんどん積み重なってく

介護生活なのでした~
コメント

やっぱり実家はイイ!

2016-10-30 16:01:58 | 
毎回母のところに行く時は

もれなくついてくる

わんこたち

これはわんこ達が行きたいのもあるけど

母がわんこ達に会いたがるっていうのもある

だって

おにいちゃん犬が10歳を超えたころまでは

ふたりとも平日は実家にいたんだから

わんこ達にとっても実家だし

母はわんこ達の育ての親



今日もいつも通り

おふたりを乗せていく

実家に着くと

勝手知ったる何とかで

おにいちゃん犬はやりたい放題

おとうと犬は早速母に抱かれて”いいこ”される

なので安心して母にふたりを任せ

掃除など一通りの事を片づけて戻ってみると

母「ちょっと、この子(おにいちゃん犬)うん〇したわよ!」

私「えっ、どこで?」

母「窓際のカーペットのところ

  すごく立派だったわ~」

そこは以前ペットシートが敷いてあったところで

興奮のあまりお腹の調子がよくなり

以前トイレがあったところで

失礼したらしい・・・

でもおにいちゃん犬は

ふだんはわたしが出してあげないとできない

自分でできたことは喜んでいいけど

カーペットの上っていうのはどうか・・・

なーんて考えてると

超ニコニコの母

母「お腹の調子はいいのねぇ、安心したわ

  えらいね、よくやった」

・・・まあ母がそう言うならいいか

実家にいたころは

こんな感じで大甘に育てられていたおふたり

母がこんなことは簡単に許してくれるって

きっとわかってる

もう母が満面の笑みなので

わたしもつられて笑顔になる

私「よかったね、やってるところ発見して

  じゃないと、ミートボールが落ちてると勘違いしたかも」

母「いくら私だってそれくらいの区別はつくわよ」

こんな感じで

わんこの事はほとんど笑って終わっちゃう

うちのやり方とは大違い

だからね

おふたりはきっとこう思ってる

”やっぱ、実家はイイ”
コメント

政治のトップがゆらいでる

2016-10-29 19:40:30 | 日記
長い歴史の中で

進化し生活を豊かにしてきたわたしたち

でも

その頂上は過ぎて

世界中どこへ行っても

みんな日々不安や苦しさの中で

過ごしてる

そうした気持ちが判断に影響するのか

各国の政治のトップが

なんだかざわついてる

フィリピンのドゥテルテ大統領は

あちこちの国のトップとけんかしたと思ったら

すぐ態度を翻し

ただ見てるだけなら

八方美人のようだし

韓国の朴大統領は

国の内部資料を

仲良しのお友達に見せて

意見をうかがってたそう

なんだか

占い師に傾倒してるだれかさんみたい

そんなんで国の行く先を左右されたら

たまったものじゃない

ってことで

今検察が強制捜査中とのこと

それから

これはほんとにどうかと思うけど

アメリカの次期大統領候補クリントンさんの

メール問題

いったん収まったかと思ったら

選挙前のこの大事な時期に

また新たに捜査が開始されてる


だいたい

将来大統領を目指そうと思ったら

最初っから襟を正して

後ろめたいことが何もないようにしないとね

政治家になる前から

身辺をきれいにしておかないと

政治どころではなくなってしまう

実力はあるようだから

余計残念

それに

今の世の中

女性の大統領がこんなことで躓いてたら

”やっぱり女性は詰めがあまい”ってなっちゃう

今後女性がもっと活躍するべき日本では

他国のことでも

さらに残念な気がする


今回のメールの件で

もし次期大統領がトランプさんになったら

アメリカはどうなるんだろう

まあ

周りにたくさんサポートする人がいるから

大混乱にはならないだろうけど

あれだけ言動が激しいと

他国との摩擦は避けられず

今のアメリカの地位は

相当崩れていくかもしれない

今回のアメリカの大統領候補は

これでよかったんだろうか・・・

なんか

アメリカもいろいろあって混乱してるのかなって

お気の毒な気持ちになる


世界中に立ちこめてる閉そく感と

人々の不安やイライラ

わたしたちはこの先

どこへ行くんだろう

もう今から待ったなしに今後の事真剣に考えないと

だめになっていきそう

こんな時こそみんな冷静になって

目立たなくても真剣に将来を考える人を

選ばないとね

一時の感情に流されないで

わたしたちの

この手で
コメント

スイーツ事件簿:デコレーションケーキ篇

2016-10-28 12:43:04 | 日記
ずいぶん涼しくなって

お料理とかお菓子作りが楽しい季節

キウイがたくさんあるので

そのまま以外に何か食べ方ないかな~って

レシピ見てたら

ケーキ

スポンジケーキはほとんど作ったことないけど

”ぜったいふくらむ”とか”失敗しない”とか書いてあると

なんとなくできるような気がして

さっそく挑戦

ほぼ初回なので

15センチの小型でやってみる

材料は5つだけ

でもポイントがいくつかあって

ちゃんと湯煎で温めながら泡だてて

お粉も数回に分けて入れ

大きく掬うように混ぜる



型に入れて焼いてみる

ここまではまあまあの出来で

あとはちゃんと焼けて膨らむかが問題

でも・・・

思いのほかうまくいって

できあがり

すぐにひっくり返してケーキクーラーに乗せ

冷めたら上下を元に戻す

・・・ちゃんとできてる

あれ?事件は?

いやいや、これこそ事件

初回でちゃんとできるなんてありえないから・・・

でもまてよ、ちゃんと焼けてる?



半分にスライスするけど

ふわふわできれいに焼けてる・・・

へぇ~、やればできるんだ・・・

思えば、あれは中学生の時

家庭科実習でデコレーションケーキを作ったけど

ケーキがパサパサ通り越して硬くて

すごくまずかった

それで

デコレーションケーキは家で作っちゃいけないって思って

それから手を出してなかった

そんなこと決めずにやってみればよかった

なんてこと考えつつ

いい感じに熟したキウイを切る

そうしておいて生クリームを泡立て

デコレーションすると

クリームの段階はけっこういい出来

じゃ、仕上げのキウイを乗せて・・・と思ったら

キウイが熟してたので

薄くスライスしたキウイが

手で持ったら千切れまくり

・・・原形とどめず

真ん中に挟むキウイはいいけど

上に飾るのが、すごいことになっちゃった

やっぱり

皆さんの期待を裏切らないワタクシ

やっちゃいました~

しかも

冷蔵庫で冷やそうと思ったら

デコレーションでちょっと高くなった分で

冷蔵庫にぎりぎり入るか入らないかってことになり

クリームが上の棚にくっつきそうなので

仕方なくラップをかける

なので

食べようとしてラップをはがすと

デコレーション台無し

やっぱり

事件起こった

それでも

お味はまあまあ

ほぼ初回にしてはいい感じ

今後はもう少し薄めに焼いて

熟したフルーツは厚切りにしようと反省した

わたしなのでした~

いつかは人様に出せるようなの作りたいな~


それにしても

失敗しすぎると

全然くじけない人間に育つんだね~

周りの言葉も気にしないようになったり・・・

なんだか

自分見て若手育成の勉強になりました・・・
コメント

運転はゆとりを持って

2016-10-27 14:49:10 | 日記
車で出かけた時のこと

T字路にさしかかり

わたしの道は先がつきあたりなので

一旦停止

そこに横断歩道があって

左右見て出ようとしたら

妊婦さんが来たので

横断が済むまで待ってると

タイミング悪く

また次の歩行者

・・・が行って

さあ、進もうと思ったら

また歩行者

なのでまた停止

すると

後ろの車がクラクション鳴らす

でもね

日本はどこ行ったって

歩行者優先

いるのわかってて停止しなかったら

違反ですから

ようやく歩行者が過ぎたと思ったら

今度は左右から車が来て

動けない・・・

これだって直進車優先ですから

しょうがない

すると・・・

後ろの車が

あり得なくらいに接近してる~

・・・ここで事故起こしたいんだろうか?

でもちょっと心配になって

わたしも少しずつ前に出る

だって

怖いおじさん、ってこともあるし・・・

そしたら

直進の車が止まってくれて

わたしの車を通してくれた

ほんとはルールどおりじゃないけど

ごめんなさい

ありがとう

その間たぶん1分くらい

わたし一人だったら

全然道が空くまで待ってられるけど

後ろの人はそうじゃなかったみたい

この後も付いてこられると・・・って思ったけど

その車は反対方向に走っていった様子

はぁ、よかった


最近は車の事故がすごく多くて

どこかしらで見かける

理由は様々だろうけど

たとえ時間に追われてあせってても

事故したら台無し

もっと気持ちに余裕を持って

周りをよくみて走らないとね

大切な命

いつだって守る側にいたいから

どんなときでも

運転は冷静に

お願いします
コメント