kisetsunokazeni

ときには空を見上げて深呼吸。無駄と思える時間も必要な時がある。

病気との向き合い方

2017-02-07 12:37:15 | 健康管理
年々

多くの方々が病気にかかり

しかもその多くが

完治しない病気と闘い続けている

症状や治療がつらいものだったり

期間が長くなっていくと

気持ちが疲弊して

病気に飲みこまれそうになる

でもね

病気は自分の一部で

全部じゃない

だから

自分らしさを保てるような考え方を見つけるのが

けっこう大切

「闘う」という気持ちで前向きになれる方もいれば

「病気も自分の一部だから、共に生きていく」っていう考えもいいし

「これは子供」と思ってあやしたり抱きしめたりしながら前に進むのもいい

病気の多くは

自分のせいではなくて

たまたまそうなってしまったもの

だから

自分を責めたり叱咤するのではなくて

自分は悪くないってことをちゃんと認識したうえで

これからどのように生きていくのかを考えるのが大切

それには

家族や友人の助けも必要だし

頼りになるお医者さんていうのも重要

お医者さんの選び方はいろいろあると思うけど

要は自分にあっている人かどうかが一番大切だって思う

だって

そのお医者さんがほかのお医者さんより優れているかどうかは

比べないとわからないけどそうはできないし

患者の立場では

頭脳明晰で高い技術を持った忙しい医師より

毎日自分の様子を見に来てくれる医師のほうが頼りになる気がする、っていうのもある

だからよっぽど特殊な技術が必要な手術をする、とかでなければ

とりあえずかかってみて

お話を聞いて納得できたり

こちらの話をよく聞いて自分に合った治療を見つけてくれるひとかどうか確かめてみよう

ただただ自分の言い分を通そうとしたり

怒鳴ったりする医師は問題外

知識・経験・技術が十分ある人は

医師に限らず心に余裕があるから

いつも穏やかで相手の話を十分聞いて

たくさんあるポケットから相手に一番いい答えを探し出してくれる

とにもかくにも自分の命を預ける人だから

まいっか、でやり過ごしてはいけない

この人ならば、と思える医師を見つけるのは

人生を決めるくらい重要だって思う

(迷ったらセカンドオピニオン、っていう手もある)

病気は自分のことだけど

自分の力だけではどうにもならない

この先いい人生を生きていくために

前向きになれる心の持ち方とともに

「いい人たち」と歩んでいく

それが病気と向き合う第一歩になるんじゃないかと思う

皆さんはどう思いますか?
コメント

解熱剤の内服の仕方

2016-08-31 11:58:05 | 健康管理
ようやく一番暑い時期が過ぎ去り

少しずつ秋に近付いている

今日この頃

気温が徐々に下がって

夜に少し冷えたり

今年はポケモンGOも流行って

暑い中長時間外で頑張っちゃったりして

今体調を崩してる方が

けっこう多いよう

そこで

発熱した時の

お薬の飲み方

意外に知らない方が多いので

お伝えします


高熱が出る時は

大体寒気がしますが

これは体の中のウイルスをやっつけようと(ウイルスは熱に弱いので)

体が頑張ってる証拠

だから

こういう時に薬飲んで熱下げちゃうと

せっかくの努力とエネルギーがすべて無駄になる

なので

寒気がする時は

毛布にくるまるなど暖かくして

熱くなるまで待ってください

そして

体が熱くなって汗が出てきたら

解熱剤を内服しましょう

クーリング(体をアイスノンなどで冷やす)もここからスタート

相当汗をかいて熱が下がったら

体力があれば軽くシャワーを浴びて(無理なら乾いたタオルでよく体を拭いて)

乾いた服に着替え

水分・塩分をたくさん摂取

その後はちゃんと体を休めてください

食事はたべられるだけ摂ってOK

でも

発熱を繰り返すようなら

他に原因があるはずなので

早めに病院に行ってくださいね

よくならないのに家で同じこと繰り返すのは

体力と時間の無駄になります


それと

熱がすごく高くて早く冷やしたいときは

小さいペットボトルに水半分くらい入れて凍らしたのとか

保冷剤を

タオルかハンカチにくるんで

両脇の下や

両足のつけね(仰向けになったときの胴体と脚の境目)に

当ててください

そこには大きな動脈が通っていて(強めに押すと脈拍がドックンドックンしてます)

勢いのある血液を冷やすと

その冷たくなった血液が全身を回って冷やしてくれるという

大変効率的な方法です

ただし

冷たいのが苦手な方もいるので

本人が大丈夫な場合に限りますが・・・


ちょっと体調を崩した方は

必要ならば試してみてくださいね
コメント

風邪の華

2016-05-22 20:47:34 | 健康管理
だんだん暖かくなって

気持ちのいい季節

でも

体は日々上がっていく気温と戦って

ちょっとお疲れモード

だってね

ちょっと着る服間違えたり

掛ける布団間違えたりすると

暑かったり寒かったり

そんな時ひょこっと出てくるのが

この”風邪の華”

口唇ヘルペスのことで

別名”熱の華”

単純ヘルペスというウイルスは

多くの方が持っていて

免疫力が低下すると

唇に水疱つくったりする

悪性ではなく

大概は自然治癒

でも

何度も繰り返す


そんな子が

私のところに来ちゃってます

痛いとかかゆいとかはないけど

唇がぶつぶつしてるので

なんだか気になる

でもこれは

自分でも気付かないうちに

ちょっと疲れてるよ、の合図

だからこういうときは

できるだけ無理しないように

心がける

風邪とか

帯状疱疹とか(これは帯状疱疹ヘルペスというウイルスが原因)

こういった病気は

体調悪化のお知らせ役

これを無視してると

体調がどんどん悪化して

そのうちもっと大きな病気にかかったりするから

要注意

どんな病気でも嫌だけど

こういったお知らせは

むしろありがたい

早めの対処で

早期治療

それで元気になったら

ご飯もおいしいし

仕事も趣味も楽しい

いいことづくめ

伝令さん

お役目ごくろうさま

今日はちょっと

早めに寝ます
コメント

カラダのゆらぎ

2016-02-22 20:19:16 | 健康管理
加齢に伴うふらつきとかのお話じゃありません・・・



リラクゼーションの講習会で

人はみなリラックスすると

自分の波長で体を揺らすとのことで

実際に座って

深呼吸などをしてリラックス状態を作り

どんな揺らぎが出るか学んだ

気持ちが落ち着いてくると

周りの方々は

次第に体を前後左右に揺らし始め

それを見ていた私も

だんだん揺れていったけど

それが本物の揺らぎなのか

周りに影響されて自分でゆすっているのか

判断がつかなかった

家でやってみても揺らぎは出ず

そのまま忘れてた

でも

最近パソコンの前に座っていると

ときどき体が揺れる

かなり微妙な揺らぎなので

最初は地震かと思った

でも

そうじゃないらしい

一点をじっと見てると

かすかに前後に揺れてる

それで

昔のこと思い出した

「やっぱりあれ、本当だったんだ・・・」

うん十年もたって

ようやく確信

疑って申し訳ありませんでした・・・


揺らぎが出ているときは

リラックス状態に入ってるときなので

そのままにしてる

でもね

自分では自覚がないところがミソ

体勢もそんなに良くないし・・・

まあそれでも

確かに緊張はしてない

その時している作業が

脳に心地いいのか?

理由は分からないけど

パソコンとは仲良しになれたようで

うれしいような・・・

だからどうということはないけど

カラダの揺らぎ

皆さんは感じているのでしょうか?
コメント

夜中の悲劇

2016-02-06 13:05:17 | 健康管理
1年で一番寒い時期となり

お布団の恋しい季節

わが家のわんこたちも

お布団にもぐって寝るようになって

もう押さえつけられる心配なし

こうなったら

睡眠を楽しむしかないって

もしかして

1日で一番幸せな時間かも、と

思わず笑顔も出る

お休みタイム

ところが・・・

どんどん気温が下がっていく夜更け

一番気持ちいいはずの時間に

なぜか目が覚めてくる

・・・あ~トイレ行きたい・・・

でも寒い

相当尿意と戦った挙句

仕方なくトイレへ

ほっと一息ついて

水分摂取して

お布団へGO

わたしがいない間も

わんこたちがあっためておいてくれるから

いきなりぬくぬく

”あ~これでぐっすりだ”

と思ったのもつかの間

もっと寒くなった時間に

また尿意

え~、また・・・

仕方なくトイレへ

そんなこと

結局一晩に3回繰り返し

気持ちいいはずのお休みの時間は

寝不足・・・


これって明らかな

頻尿

病気?

冷え?

やっぱ年だから・・・と

いろいろ考えた挙句

ふと気付く

そういえば最近

夜の水分摂取が多い

不思議なことに

日中は動いてても

あまりのどが乾かない

なのに

お夕飯のころから

なぜだか水分がとりたくなる

たしかに

むかしからのどが弱いので

加湿の意味もあって

夜にハニーレモンなどをいただくことも多いけど

おさ湯やお茶を

けっこう飲む

たぶん日中の2~3倍

これじゃあトイレも多くなるわけだ

改善のためには

日中水分多めにするしかない

でも

この年になってくると

一気に飲めないし

飲みたくないときに水分取るって

けっこう難しい

お年寄りには

「お手元にいつもお湯のみかペットボトルを置いて

 ちょこちょこ飲むのがいいですよ」

なんて言ってるくせに

自分はできてない

まずはやっぱり

人のことより

自分の世話だよね・・・

まあ

日中飲めたからって

夜飲まないかどうかはわからないけど

とりあえず試してみなければ

それでだめなら

病院に行くしかない


・・・やっぱり私も中高年

多少のおからだの変調は

仕方ないかも

せいぜいこの先は注意して

おとうと犬みたいに

尿漏れにならないようにしないと・・・

わが家にも

いやおうなく押し寄せてくる

高齢化の波

出来ればビッグウエイブじゃなくって

さざ波でお願いします・・・
コメント