kisetsunokazeni

ときには空を見上げて深呼吸。無駄と思える時間も必要な時がある。

それでも・・・

2016-12-31 19:04:37 | ひとこと
今年が


 行ってしまう


やり残した仕事と


想いを残して


みんなが


 行ってしまう


何も変われなかった


わたしを残して


年々


 足りなくなる時間と


年々


 増えていく 「しなければならないこと」の狭間で


他を迎合し


自分を見失いかけ


自己嫌悪に押しつぶされそうになりながら


いまを生きるのに


 精いっぱい


でも


決めたんだ


もう自分を嫌いたくないから


 もっと素敵な私になりたいから


そのたった一つの思いが


背中を押す


そうして


明日への扉を開く


”ナンバーワンにならなくていい”


ただ


わたしが


 わたしらしく輝いたなら


それがすべて



これまでの苦しみも悲しみも喜びも


ぜんぶ連れて


さあ行こう


 2017へ


何が待っているかは


運にまかせて・・・




あっという間に 一年が過ぎました

つたない文字の羅列を

読んでくださった皆様に

心よりお礼申し上げます

来年がみなさまにとって

よい年になりますように・・・
コメント

後悔先に立たず

2016-12-30 19:13:36 | 日記
今年もまたやってまいりました

晦日の実家大掃除

結構前から必要物品はそろえてあって

今年は久しぶりに(!)障子の張替もするから  ほんとは毎年するべきですけど・・・

順番はあれしてこれして、と

予定も立てて

いざ出発

高齢者二人のおうちなので

お手入れは全く行き届いておらず

お掃除が好きなら

やりたい放題にできる

だがしかし

あいにく私はそういった才能は持ってなかった

なので

しかたなく

一番汚いところから・・・と思ったら

高齢者にはいろいろ準備があるらしく

空いてる部屋から順にお掃除

上から下への手順通り

まずはたきをかけていくけど

・・・どうやら去年見落としたところがあったらしく

今年もまたものすごいボタン雪サイズのほこりが降ってくる

もうね

レミオロメン熱唱したくなった

「ぼた~ん雪~」(あ、あれはこな~ゆき~、か・・・)

マスク全然役に立たないし

鼻水とまらないし

目もごろごろして

これ、どうやったらやり通せるのかわからない気持ちでいっぱい

なので

よろよろの足で必死に掃除手伝ってる母と

つまらない冗談言いながら

なんとかクリア

トイレもお風呂も終わって

さて、障子の張替え

でもね

これが誤算だった

ものすごい久しぶりにやってみたら

相当難しい・・・

障子紙を切ろうとするとしわが寄っちゃったり

それでも必死で切ったらサイズが短すぎとか

障子に糊塗ってたら下のシートに流れて

次の障子紙置いたら糊でべたべたになったりとか

はがした障子のサンがきれいに拭けてなくて

張るのがうまくいかなくてずらしたら糊のところが黄色くなっちゃったりとか

もう

えぇ~!!!の連続

ほんとは16枚貼るところ

半分しかできなかった~

だって今日はそのあとお買い物

慌てて行ったけど駐車場がものすごい渋滞で

入れなかった

だから仕方なく別のスーパーへ

めったに行かないところだから

何がどこにあるかわからず右往左往

歩き回った割に大した物も買えず

疲れ切って実家へ戻る

ほんとはそのあと車洗ってお墓掃除しようと思ったけど

キャンセルして帰宅

うちのおふたりのご飯とお散歩が

夕方の最優先事項なので・・・

ちょっと長めのお留守番で不機嫌なおふたりを何とかなだめつつ

ごはんとお散歩

はぁ~

これでも今日は自分のことまだ何もしてない

気づいたらご飯も食べてなかった

朝あわただしかったので

お水1杯飲んだきり

なんだかもうおなか空いてるんだかどうかもわからない

でもまあいいか


いや待てよ、よくない

だって障子の張替え済んでないし・・・

明日はわんこのカットやシャンプーとうちの用事で

実家には行けないし

しまった!

年越しちゃう

しかもこんなに気の重い仕事を残すとは

不覚


来年は

つらい年明けになりそうです・・・
コメント (2)

走る、お兄さん

2016-12-29 12:22:00 | 日記
これはおにいちゃん犬のことではなく

人間のお兄さん

今朝おにいちゃん犬と散歩してたら

作業着を着て箒と塵取りもって

ダッシュするお兄さん発見

やっぱり師も走る年末だから

皆さんお忙しいのかしら・・・なんて思ってたら

ゴミ収集車のお兄さんだった

ごみの収集場所が50~100メートルごとにあるから

いちいち車に乗るよりは

走っちゃったほうが早い、ってわけ

それにしてもとってもさわやかな走りで

スマートな体が風を切って

場所と服装が違えば

年明けの駅伝かって思うくらい颯爽としてる

声をかけると

笑顔も素敵

昔”北の国から”で純くんが

「においがとれないんだよ」って言ってて

その頃は臭くて汚い仕事だったかもしれないけど

今は既定のビニール袋に入れられて

大概においも感じないし表面は汚れてもおらず

それをひょいっと車の後ろに放り投げるわけだから

全然不潔感なし

(それを焼却場に捨てるときとか、収集車を洗うときはちょっと大変なのかもしれないけど・・・)

しかも

道路にこぼれたごみを丁寧に箒と塵取りで拾って

道路もピカピカ

ついでにごみにかけてある網もささっとたたんで

効率よく作業してる

ゴミってお休みだろうが絶対なくならないから

こういうお仕事してくださる方には

本当に感謝

捨てる立場の人間として

作業しやすいように捨てようとか

分別をきっちりしよう、なんてことを

自分に再確認

お兄さんには

「お体にお気をつけて」と声をかけて

会釈


例えばトイレ掃除とかごみ収集とか

あまりうれしい気持ちにならないことを

お仕事でされる方、結構いると思うけど

声かけしなくても

いつもとても感謝していること

知ってほしいな

いやそれより

今日からはできるだけ声かけしようと決めた

新年の3日前なのでした~

・・・もっと早くそうすればよかったのに・・・
コメント

振り返りざまの転倒

2016-12-28 18:59:57 | 日記
こう書くと

ああ、高齢者の、と思われるかもしれませんが

高齢者だけでなく

若い方々も結構あるんです

しかも最近話題になったわけではなく

数年前から

増えている、と言われています

若い方になぜ多いかは

以前から上げ底の靴が流行ってたし

栄養の偏りで

若くして骨粗しょう症の人が

増えているから



振り返りざま、というのは

バランスを崩しやすい体勢だから


骨折の部位は様々だけど

転ぶとき最初に手をついたら手を骨折するし

肋骨の方もあれば

高齢者で多いのは

足の付け根の骨折

これで二度と歩けなくなる方が

とても多い

ほんとに危険です

それでね

私は知ってる方に道端などでお会いした場合

その方が後ろ向きだったり

私に気づいていないときは

声はかけません

不意の声かけで慌てて体を動かそうとすると

転倒のリスクが高まるから

実際

わたしの母もそれで何度か転倒しているし

私のせいでどなたかが転倒し

骨折ってなったら

自分を許せなくなるから

もしその方に声をかける必要があるなら

その方の前に回ってから

声かけしてる

そんなやり方で

特にこのこと宣伝しなくても

苦情とかお付き合いに影響が出るってこともなく

いまのところ問題なし

ご近所は高齢者の方が年々増えているので

「振り返る時は気を付けましょう」みたいな話もしてる

自分としては

”思いやりのあるお付き合い”の方法は

人それぞれでいいのではないか、って思ってます


この辺は雪はほとんど降らないけど

これからの季節

雪でさらに転倒のリスクが高まる地域も多い

楽しい年末年始のためにも

皆様

どうかお気を付けください

振り返るときは、ゆっくりと・・・
コメント

スイーツ事件簿:モンブラン崩れのマロンケーキ篇

2016-12-27 14:56:11 | 日記
タイトル見て何となくわかった方

ご名答!


今年最後のケーキは

モンブランがいいかな、って思って

材料をそろえた

だってね

実は私

ちょっと進化したんです

今まで全くと言っていいほどうまくいかなかったケーキ作り

それがあるとき

下のほうに熱がうまく回ってないんじゃないかって気づき

今までは天板使ってたのを

外してみた

そしたらなんと

うまく焼けること・・・

今までの失敗は何だったかってくらい

いい焼き上がり  まあ気づくのが遅すぎたっていう話もありますが

もちろん1回で成功したわけじゃなくて

火の通り加減を見るのに2~3回必要だったけど

おかげで

パウンドケーキもアップルパイもカステラも問題なし

なんだかもう失敗する気がしない、ってことで

モンブランに挑戦、ってなったんです

でもスポンジ焼いてクリームで飾り付けって

ちょっと私にはハードルが高い仕事

なので

2日に分けてみた

昨日はスポンジケーキ作り

どうもお砂糖多めは口に合わないので

そこだけちょっと調整したけど

うん、まあまあの出来

やっぱりちゃんと焼けるって

大切

で、今日は飾り付け

でも荒れ荒れの天気のせいか

ちょっと気が重い

それでも賞味期限もあることだし、と重い腰を上げて

キッチンに立つ

まずは生クリームホイップして

スポンジに塗りたくる

そこにみじん切りの栗を散らして

見えないようにまたクリームを塗る

すると・・・

少ない生クリーム買ってきたけど

結構余ってる

なので、これをマロンクリームにも使ってみることに

マロンペーストをクリームに混ぜると

なかなか栗の味がしない

って、そうだよね

レシピにはマロンペーストに泡立てない生クリームを少し混ぜるだけって書いてある

でももうしょうがない

ある程度ペーストを入れて

絞り袋に詰めて

さあ、モンブランに挑戦

やっぱりモンブランというと

細いクリームがいっぱいかかったやつ

を、思いっきり想像しながら絞ると・・・

あれ

なんかぶっといクリームになってる・・・

どうやらクリームが柔らかすぎて

4つの穴から出てくるクリームが

合体してるらしい

でももう直せない

仕方なく、ぶっといクリームのまま絞り続け

なんだかわけのわからないケーキになっちゃった

もうモンブランとも呼べず

マロンケーキ・・・

一応上に栗を飾ってみたけど

・・・これじゃない感、満載

しかも

失敗作は自分で食べるしかないっていう

特典付き


やっぱり

ケーキはレシピ通りが大切

わかってるのに

つい自分アレンジする私が全部悪い

はぁ~

今年最後のケーキだったのに

やっぱり事件になっちゃった

わたしなのでした~

いや、来年こそはきっと・・・

たぶん・・・

どうかな・・・

無理かも~
コメント