kisetsunokazeni

ときには空を見上げて深呼吸。無駄と思える時間も必要な時がある。

こんな危険も・・・

2018-10-15 18:24:27 | 日記
今年9月に

愛知県の民家のカーポートの屋根に落ちた石が

隕石だったそう

宇宙のはるか彼方からやってきた星のかけらが

わが家に落ちてきたら・・・

って、一瞬すごいロマン感じるけど

いやいや、これは危険な事故

今回は駐車場だったからよかったけど

あと1~2mずれていれば家に落ちたし

たとえ10cm、550g程度の石でも

想像もできないくらい遠くから落ちてきたなら

ものすごいスピードだから

家だって簡単に破壊できるし

人に当たったらいのちのことになってたかもしれない

そう考えるとかなり危険

この隕石、日本では52個目で

その前は15年前で広島だったそうだけど

それって発見されたのが52個目だったわけで

見つかってない隕石はもっともっとたくさんあるのかもしれない

地球上では日本は小さい島国だから

隕石堕ちるなんて海か大陸じゃない?って思いがちだけど

最近は世界のあちこちで火の玉も目撃されているから

日本にもけっこうな確率で落ちてきてるかも・・・

まあそれでも宝くじよりはずっと低いだろうけど

一生懸命生きてきて

ある日隕石が当たって残念なことになっちゃったら

どこに不満ぶつけていいかわからない  まあいのちのことになっちゃったら、不満も何もないんですけどね・・・


近年は地震や噴火、洪水などで全く気が抜けないし

身を守るための対策も大変なのに

更に空から不意に隕石降ってきた日には

どうすればいいの・・・

仕事もプライベートもとってもタイトになってる今

時々空を見る以外の対策なんて無理

って思ったらもう仕方ないから

結局運は天に任せちゃおう、って結論になった

わたしなのでした~

今まで空は気持ちよく眺めてたけど

これからは不安で眺めるようになるのかしら・・・



遊びに来てくださって、ありがとうございました
コメント

思い込んでた・・・

2018-10-14 18:49:12 | 日記
車のナンバーって

わたしは全然こだわりがなかったけれど

ある時うちの近くの葬儀屋さんの霊柩車のナンバーが

4が四つ並んでて(44-44)

あら、やっぱり4四つは人気がないから

こういう業界に優先的につけるのかしら?なんて思ってた

だって

他の数字の4つ並びはたまに見るけど

4四つって見たことなかったから

それに

わたしもナンバーの中に4が二つくらい入ってても全然気にならないけど

4四つどうですか?って言われると

ちょっと考えるかも  でも他の数字でも四つだったら考えるかな・・・

なので

そんな業界あるあるみたいなことになってるかもって思ってた

ところが

今日車を走らせてたら

わたしの左横を走ってた車のナンバーが

4四つ

えっ?と思って車を見たらおしゃれな高級車で

普通にご家族が乗ってた

なので

えっ、あっ、そうよね、

だって4がラッキーナンバーって人もたくさんいるだろうし、時代も変わってるから・・・って

慌てて今までの考えを訂正

もちろんその方が希望してそのナンバーにしたのか

それともたまたまそのナンバーになったのかはわからないけど

全然問題なし、ってことですもんね

ってことで

長年思い込んでたけど

そうじゃなかったらしいことが判明した

車のナンバーのお話

でも

同じ数字並びは意外と目立つから

できればばらばらの数字がいいかなって

今頃ちょっとばかりこだわりができたわたしなのでした~

もし運転がものすごく上手だったら

ナンバーにも前向きなこだわりが出てくるのかしら・・・?



遊びに来てくださって、ありがとうございました
コメント (4)

ロマンしかない

2018-10-13 19:16:21 | 日記
みなさん、「きぼう」もう見ました?

夢と希望の希望じゃなく

国際宇宙ステーション(ISS)の最大実験棟の

きぼう

日本が初めて作った有人実験施設で

船内実験棟と船外実験プラットフォームから成っているそう

これがあるから日本も宇宙飛行士が

何人も宇宙へ出かけて様々な実験することができるんですね

その「きぼう」が、というか実際はISSが

いま日本から見えるところの軌道を通っているそうで

しかも夕方なのでちょうど見えやすいらしい

ってことで

昨日の夕方情報通り18時37分に

うちのちっさな庭から

切り取られた空を見上げてみると

南南西の空を北西から南東に向かって

ゆっくり移動するやや弱めの光を発見

この辺の飛行機の航路とは全然違うので

たぶんあれがISSと確信

そう思ったらなんだかうれしくなって

じっと観察

お天気はそれほど悪くなかったけど

たぶんかなり高いところに雲があったのか

光は1分ほどで消えてしまったけれど

とってもワクワクして楽しかった

だって

あの光の中でわたしが想像もできないあんな実験やこんな実験が  ってどんな・・・?

日々行われてるんですよ

で、もしかしたら人類初の大発見があるかもしれない・・・

もう想像しただけで楽しさMAX!!  って、想像しかできないんですけど・・・

もちろんわたしにはまったく縁のない世界だけど

宇宙っていくつになっても憧れるし

謎も多くてミステリアスだし

何だかため息出ちゃう・・・

もうロマンしかない世界

でも実際行ってみたいかっていうとそうでもなくて

やっぱりロマンはロマンとして取っておきたい感じだけど

宇宙の実験っていうのは

見てみたい・・・

だから

「きぼう」には夢とか期待がいっぱい

永く上手に運用してがんばってもらいたい、って思います

なので

ただ眺めるだけだったけど

とっても楽しませてもらった1分間

みなさんももうご覧になりましたか?

明日まではお天気次第で見られるそうなので

チャンスがあったらご覧ください



ロマンでワクワクが終わった後は

現実の世界に戻っておとうと犬のご飯介助

・・・毎日大苦戦だけどがんばります・・・



遊びに来てくださって、ありがとうございました
コメント (2)

今さら思うこと

2018-10-12 15:36:26 | 
おにいちゃん犬が亡くなってから

早や2か月余り

でもまだお骨もあって毎日お水供えたり

おとうと犬との会話にはいつもおにいちゃん犬が出てくるので

さみしくてたまらない、ってことはそれほどないけれど

こうしてあげればよかったな、ってことはいくつも出てくる

その中でも一番は

もっといろいろおいしいもの食べさせてあげればよかった、ってこと

おにいちゃん犬は本当に食いしん坊で

おとうと犬が来てからは

ものすごく調子が悪いとき以外は  おなか壊したのがほんの数回ほど・・・

恐ろしいくらい食欲旺盛で

しかも

それが何かわかって食べてる?って思うくらい

差し出した瞬間に「マッハ食い」

だから

むしろ食べすぎを恐れてこっちが量を管理しなくちゃならないほど

本当によく食べてくれたし

好き嫌いもなかったから

あまりご飯の工夫ってこともなかった

でも

今おとうと犬があまり食べてくれず

(仕方なく)あれこれ工夫した手料理を作ると

やっぱり「おにいちゃん犬にも食べさせてあげたかったな」って思いが

ふつふつとわいてくる

なんでも食べるからって安心せずに

もっとおいしいものいっぱい食べさせて

もっともっと幸せな気持ちにさせてあげたかったって

・・・もう遅いけど・・・

それに

フルーツを食べるときは

1個をおとうと犬と分けるには量が多すぎる

かと言って半分にして残りを冷蔵すると

色が変わったり水分が抜けたりして

もうおいしくない

もちろんおにいちゃん犬にはそんなにたくさんあげられないけど

ひとりと2匹でちょうどよかったんだねって

今さら思う

いや

残飯整理ってことじゃないですよ・・・

まあ体重管理のことがあって

彼が十分満足するほどはあげられなかったけど

世の中にはもっといろいろおいしいものがあるんだよって

教えてあげればよかったなって

それでその時のうれしいお顔が見たかったな~って

思います・・・

できることはやってきたと思ってるけど

どうしても

後からいろんな思いがこみ上げてくるのは

きっと仕方ないことだと思うけれど・・・

なので

2か月たった今でも

おにいちゃん犬には

「ごめんね。ありがとう」

この先はおにいちゃん犬亡きあとのおもしろ楽しい日々の物語をいっぱい貯めて

いつか向こうの世界でまた会ったときに

一つ一つ話して聞かせたいなって思います

えっ?それって地獄・・・?!



遊びに来てくださって、ありがとうございました
コメント (2)

考え方ひとつで

2018-10-11 19:42:49 | 日記
落ち着きそうで落ち着かない

更年期症状

気温とか季節とかが関係するのかどうかわからないけど

夏の間ちょっと落ち着いてたのが

最近またひょこっと顔を出してきた

そうなると気持ちはややブルー

まあずっとじゃなくて時々出てくるくらいだから

つらいって程でもないんだけど

静かに座ってるだけなのにいきなり暑くなって

服を脱いだり着たり忙しいし

原因不明の鼻炎も日に数回出現して

ティッシュも手放せないとけっこう鬱陶しいし

またぁ~?!ってげんなり

これがまだまだ続くかと思うと

心も重たくなってくる

でもね

この間ふと思ったんだけど

これって正しい変化なんですよね(正しい老化って書くと別のストレスになるので)

それに

今までそういう事にならなかったのは

女性ホルモンがちゃーんと働いてくれてたから

それって

ものすごい有難いことだったって気づいたらなんだかうれしくって・・・

それにね

他の分泌液と違って(例えば唾液とか胃液は一日1~1.5リットルです)

ホルモンはとても少量なのに(ちなみに女性ホルモンは一生でティースプーン1杯くらいです)

こんなに長い間体の調子を整えてくれていたなんて

すごいことじゃないですか?

あらためて一生懸命頑張ってくれた自分の体に感謝

そして

今また必死で頑張っている体に感謝

そう思ったら

むしろうれしくなっちゃいました

要は考え方ひとつ、ってことなんでしょうね

まあこれは病気ではなく

体の変化に伴った反応とか改善だから

慣れるまでもうちょっと時間が必要ってことで

いつ終わるかはわからないけど

うまくやっていこうかなって気になりました

って

案外乗せられやすい性格かもって今頃気づいた

更年期症状のお話、でした

まあ、症状自体は全然うれしくないんですけどね・・・



遊びに来てくださって、ありがとうございました
コメント (4)