きままに・・ 風便り

気の向くまま、足の向くままに日々を綴ります。

リベンジ花桃街道

2016年04月19日 | 国内旅行
「 昼神温泉郷の花桃景色 」

4月16日(土)
昼神温泉(長野県)の昼食付日帰り温泉にでかけてきました。
暖冬のせいで花桃は1週間程早い開花らしいとの情報を得、急遽スケジュール調整。
中央道の園原インターをおりて昼神温泉着は11時50分。
なんとか、ランチタイム開始時間にギリギリセーフ。
会席料理を1時間半ほど費やして完食。
満腹状態で温泉へ、、、(
(本当は昼食前に入浴を済ませたほうが健康的かと思います)
どうして慌てているかと云うと、日帰り温泉は午後2時半がタイムリミット。
週末なのに温泉は貸切状態である。内湯と露天風呂を独り占めして堪能~ 
朝湯ではないから、、、庄助さんほどのバチは当たらないよね。。。


↑ 露天風呂

☆ 花桃情報
4月16日、昼神温泉街内の花桃は満開を迎え見ごろです。

↑ホテル駐車場の源平花桃。
1本の木に赤と白の花を咲かせる為に源氏と平氏の名前が付いたのか?
では、赤と白どちらが源氏か?平氏か?
上の写真では白が優勢なので白が源氏となるのかな?


☆ 花桃の里情報
目当ての花桃、ほんの一部のみ開花。
それよりも、桜が未だ見ごろ状態で花桃と桜の素敵なコラボを見れたのです。
ソメイヨシノ、枝垂れ桜、山桜など




↑ 月川温泉入口の枝垂れ桜





↑ 流れる川は「阿智川」。



☆ 花桃街道情報


帰路は、桜吹雪の花桃街道(256号線)を走り、南木曽、妻籠を経て19号線を走行し中津川市へ。
花桃は標高の低い地域の一部のみ開花、標高の高い場所は花桃姿を見せず。
でも、古木の枝垂れ桜の満開を道路沿いに何本も見ました。
夕刻になり、門限時間が迫ってきてゆっくり見れなかったのが残念無念なり。
これから行かれる方、花桃街道の枝垂れ桜は一見の価値有りですよ。
来年は、是非とも桜の季節の花桃街道を走りたい。と、日記に書いておこう~♪



昨年の5月20日、桜も花桃も終わったあとの花桃街道を走りました。
一年間待って写してきました。
コメント (4)

祝・開通

2016年02月12日 | 国内旅行
2月13日(土)
難攻工事の為、開通が遅れていた新東名。
午後3時に開通の運びとなりました。

さっそく走ってみたくて、、、
ガソリン(久しぶりの¥100)を満タンにして、インター付近で待機していました。
午後3時近くになり、そろそろかなぁと思って国道に出ましたが、、、
すでに、インターに入る手前の国道から渋滞が始まっています。
一応渋滞の列には並びましたが、、、
今日の門限は午後5時、時間がよめない高速道路にはのれません。
あきらめて帰宅しました。
帰宅後、ネットで道路状況を調べてみると、土曜と日曜はひどい渋滞とのこと。
後日、空いているときにでかけてみます~   


↑ 16時30分

コメント

初雪

2016年01月19日 | 国内旅行
☆1月18日から三重県は鳥羽への旅行中、今シーズンの初雪を見ました。
晴れて青空が見えるのに雪が舞うのです。

・ 鳥羽湾
ホテルの部屋からの眺望です。
オーシャンビューの部屋ですが北向きの為に朝日と夕日は見れませんでした。





☆1月19日(火)
朝から雪が降りましたが積もる程ではありません。
二見ケ浦と伊勢神宮に立ち寄りました。

・ 二見ケ浦
波が遊歩道まで打ち寄せ飛びます。


・ 伊勢神宮
お伊勢参りの後、おかげ横町を歩きました。
和紙のお店、地酒屋さん、ろうそくのお店、布屋さん、山野草店etc.

コメント (2)

西伊豆の旅 その2

2015年11月08日 | 国内旅行
「 宿から見える海 」

土肥温泉から富士山は見えません。
でも、美しい海があります。お天気に恵まれ静かな海です。


↑午前7時半頃

凪の海には数隻の船が浮かび、手前の防波堤では海鳥たちが朝日に当たり体を温めています。
静かな朝を迎えました。
が、午前9時20分出航のカーフェリーに乗船予定。
朝風呂もままならぬ慌ただしい朝になりました。

 カーフエェリーからの風景

中央の赤い建物が宿泊した宿です。
女性客にはパンジーのお花のお嬉しい土産付き。
帰宅して寄せ植えにしましたので春が楽しみ~♪



 カーフェリーからの富士山

↑ 午前9時27分 チラッと見えた富士山の姿に心臓がドキッ!
どこから見ても、雪がなくても、私を魅了してやまない富士山です。












↑ 午前10時12分 船上から最後の一枚。


 県道223号線 今回初めて知った海上の県道です。
土肥港~清水港間を駿河湾カーフェリー富士が走ります。


船上では、美しい富士山と可愛い標識が人気で写真を撮る場所取りが困難なのです。
じっと、我慢の子が肝心です。





↑ 船の軌跡が目に見える県道223ライン♪ 遠景は霞む伊豆半島。
    さようなら伊豆半島~ でも、また行きます~  と、書いておこう~♪

※反省:いつも伊豆半島では食が進みます、今回3キロ増。ダイエットに励まねば。
コメント

西伊豆の旅

2015年11月07日 | 国内旅行
「 三津浜からの富士山 十一月四日午後六時 」

2泊3日の温泉三昧旅は三津浜と土肥温泉。
出発時間が予定より遅れて、到着したのは日も暮れた午後6時頃。
初日の富士山は夜の帳の落ちた時刻の一枚のみでした。

11月5日(木) 
三津浜(みとはま)では太宰治で有名な安田屋さんの斜め前の宿。
松濤館さんからの富士山をUPします。

↑ 午前6時13分



↑ 午前6時22分



↑ 午前8時19分
手前の島は無人島の淡島ですが水族館があります。
昔、この湾には大きな船が逗留していました。
海沿いの狭い道路を走ってきてカーブを曲がると、いきなり白い綺麗な船が現れたのです。
驚きながらも見とれてしまいました。



↑ 午前9時37分
朝食後の九時半過ぎ、部屋に戻ると富士山は雲隠れ。
雲一つない青空なのに、富士山の前の雲は1日中居座りました。

二日目につづく
コメント (2)