『今日の出来心』

シンガーソングライター&作詞家“久保田洋司”の365日書き下ろし公開日記です
since 2000.3.7

2009年11月30日(月)

2009年11月30日 00時00分01秒 | Weblog
西向く侍で、11月も今日で終わり。
11月らしい、というのか、少し冷たい雨である。

僕も、先日の大阪ライブの楽しい思い出を、
胸に、
西を向く。

今度は、年末のソロライブに向けて、
リハーサルを開始。

2009年12月29日(火)
久保田洋司Live 2009 Final
「2009にThank You」
◆会場:東京・新宿ミノトール2
(新宿区新宿5-11-4 龍生堂ビル地下1F/TEL 03-3341-2655)  
◆開場:17:00/開演:18:00(二部構成)  
◆料金:前売券¥4,000(税込/1drink込)*当日券¥4,500(税込/1drink込) 
◆出演:久保田洋司
◆チケット:MMRecords&オーシャンオフィスの独占販売
(*プレイガイドでのチケット販売はありません)

チケット入手法は、こちらをご覧ください。

ライブタイトル、
「2009にThank You」、
Thank Youは、センキューと発音するつもりです。

新宿で、お会いしましょう。

洋司
コメント

2009年11月29日(日)

2009年11月29日 00時00分01秒 | Weblog
昨日の、大阪ライブ、
楽しく終えることが出来ました。
ありがとうございました。

演奏的には、主に僕のギターが、
ダメダメなところが多々あったんですが、
皆さんに盛り上げていただき、
最後まで、心から楽しむことができました。

興奮の状態は、今まででも、
だいぶ高いと思いました。

アメリカから帰ってきたばかりの清水くん、
工藤探偵事務所かと思いきや、
マイケル、という、黒の帽子が似合ってました。

楽器がさらに増えた大池くん、
それをやりたかったのか、の「ういっしゅ」で、
黒の革手袋が、似合ってました。

会場一杯の皆さんの笑顔や声援、
大変嬉しかったです。

また、行きたいと、思います。

洋司
コメント (8)

2009年11月28日(土)

2009年11月28日 00時00分01秒 | Weblog
本日は、大阪、 心斎橋FANJ にて、
夜、19時スタートで、ライブをやっています。

もし、偶然、ここを覗かれたなら、
もし、夕方から、心斎橋にいらっしゃるなら、
是非、会場へ。

お待ちしていますよ。

本日は、オープニング・アクトに、
元スイート・ショップの近藤くんと今井くんが、
演奏してくれます。

スイート・ショップは、
大池くんが、以前、制作にかかわっていたバンドで、
近藤くんとは、僕も、共演させてもらったことがあります。
近藤くんは、V6などに、楽曲提供しているそう。

本日は、大池くん、清水くんが、二人の演奏に参加して、
スイート・シャーペーに、なるそう。

なんだか、きゅんとくる名前ですね。

そして、The東南西北は、たっぷり演奏します。

昨晩、軽く全体をリハーサルし、
ギターの弦もすでに張り替え、
さ、出かけます。

洋司
コメント (1)

2009年11月27日(金)

2009年11月27日 00時00分01秒 | Weblog
明日、大阪にうかがいます。
バンドの今年の目標でもありました大阪を、
心から楽しんでこようと思っています。

洋司

**********
The東南西北ライブ 胸騒ぎの同窓会 大阪~秋の陣~

【出演】
The東南西北(久保田洋司、清水伸吾、大池茂文)

【日時】
2009年11月28日(土)
OPEN18:30/START19:00

【会場】
大阪 心斎橋Fan-J

【チケット】
当日¥4,500(税込)
※入場の際、ドリンク代別途¥500必要
コメント (4)

2009年11月26日(木)

2009年11月26日 00時00分01秒 | Weblog
大阪のライブも、明後日に迫り、
昨日も、深夜まで、
リハーサルであった。

発声を思いっきりするのが、
気持ち良い。

口を大きく開けて、
表情としては、ものすごい。

それを、鏡に映したりなどして、
わざと、というぐらいに、
表情豊かである。

この鏡の向こうに、監視用のカメラが、
隠されていたりしたら、と、
思うことが、時々ある。

足元のエフェクター、
時々、違うスイッチを踏んで、
意図しない音になることがある。

だいぶ慣れたはずなのであるが、
だからこそ、気をつけなくてはならないのである。

帰宅後も、やや興奮状態であるから、
なかなか、寝付けず、読みかけの本が、
進むことである。

一夜明け、
今朝は、落ち葉を踏みしめながら、
万葉集の講座に、出かけてきた。

枕詞について、いろいろお話があり、
楽しいことであった。

洋司
コメント (2)