海人川人 やっさん(安田明彦)の釣って食って楽しんで

海釣り、川釣り問わずいろいろなジャンルの釣りを楽しみ、仕留めた魚をおいしく食べるためにさまざまな料理を作る

渓流解禁

2010-02-28 21:19:30 | 釣り
明日は、渓流解禁。

いい雨が降ったと思っていたら、けっこう降っていたようで、増水気味。

でも行く渓は、水が引くのも早い。

行けるんではないかと思う。

それに、あの場所では、ふきのとうも取れるし。

アマゴのフライに、ふきのとうの天ぷら。

これで一気に春を満喫。

はたして、釣れるのか。取れるのか。

取らぬタヌキの皮算用とは、このことかも。
コメント

平和卓也祝賀会

2010-02-27 14:07:25 | 釣り
第25回シマノジャパンカップ磯(グレ)全国大会の優勝は、ピースこと平和卓也さんでした。

その祝賀会が、今日、堂島ホテルで開かれます。

このような、祝賀会にお声が掛かったことがないので、どんなものなのか知らないので、行ってきます。

というより、平和さんとは「まいど」。「どうも」の仲です。

年末に会ったときには、ハグし合って、お祝いした仲なんですよ、実は。

夕方からなので、朝から釣りの取材してきました。一眠りしてから、出かけてきます。
コメント (2)

ぎょうさん買うたろう商品券!

2010-02-26 08:23:20 | その他もろもろ
めったにないという、15パーセントのおまけがついた、商品券。

それが、「ぎょうさん買(こ)うたろう商品券」。



だが、売れ行きが悪かったとかで、売れ残り。

再販売した、たまたま行ったスーパーで買いました。

売れ残りの原因は、たぶん使える期間ではないか。

3月11日まで。

そう、もう2週間もない。

使い切れないかも…、が、大阪の人たちの財布を緩ませなかったのではないか。

一番使う米を買うために、買った。

30キロなんて、約1カ月で使い切るからね。

いざというときは、米で使い切るという意見で、我が家は一致し、商品券を買(こ)うたった。
コメント

ビッグフィッシングもメバル

2010-02-25 08:47:42 | 釣り
本日放送の、ビッグフィッシングも、昨日、ブログで書いた明石は丸松乗合船のメバルです。

ほんまに、よー釣れましたわ。



なかなかない、5本バリ仕掛けにフォースです。

今シーズンの最高釣果ですね。

丸松特製サビキのおかげです。



大きいサイズの数が違うでしょ。左は相棒、近藤さんの、最初から特製サビキ。右は僕の釣果。エサと自作のサビキで、朝一の違いが出た感じです。

サビキ自体を映してはいないので、メバルの口元の映ったサビキをよく見ていてください。

どんなのか、わかればいいんですが。

わからなければ、船に乗船してみてください。

エサよりすごいサビキを体感したのは、これで2度目です。

今回は、シラサエビよりサビキに軍配が上がったということです。

前は、マアジのときです。オキアミより、サビキ(?)が勝利しました。

サビキ(?)の話は、いずれシーズンが来れば、書くと思います。

とにかく、今日のサビキのメバル釣りを、見ていて損はないと思います。

午後10時、サンテレビにチャンネルを合わせてください。
コメント (2)

明石のメバル

2010-02-24 13:18:37 | 釣り
本日発売のデイリースポーツ。

明石の乗合船、丸松乗合船に乗船してのメバル釣りです。

珍しく特製自作仕掛けをこしらえていきました。

丸松乗合船でも、特製サビキがあるんです。

ちょっと勝負してみたかったんですね。

でも、常々、僕はその船オリジナルの仕掛けがあるのなら、それが一番だと思っています。

だって、常日頃から研究し尽くした仕掛けなんですから。

でも、自分で作った仕掛けも試したい気持ちはアリアリなので、やってみたわけです。

「2回やって食わんかったら、変えてや」と松本船長から釘を刺されての試です。

相棒の近藤さんがそのバロメーター。

3回目の流し。1尾対0、次の流し、1尾対1尾。でも、釣れてくるサイズが違った。





明らかにサビキの違いか?

船長の言うように、仕掛けを変えた。そしたらどうだ、ブルン、と小さめのアタリながら、そこそこサイズのメバル。

圧巻だったのは、淡路島へ移動してから。

3隻が集まっていた。15mほどの間隔で、同じポイントを流す。

当然先に流している船が有利。

でも、こちら、特製サビキを使っている2人は、入れ食い状態。

ダブル、トリプル、フォースと、まるで魔法の仕掛けを使っているかのよう。

先に流す、左舷の釣り人が、立ち上がってこちらを見ている。

左舷の釣り人が釣っていないのに、こちら2人が入れ食いだからだ。



松本船長に聞けば、いろいろ試行錯誤して、作ったサビキ仕掛けなんだという。

実物を見せられないのが残念。

この実力の差を、体験したければ、丸松乗合船に、乗船してみてください。

やっさんが使った特製サビキ仕掛け、といってもらえれば、わかると思います。

でも、まとめ買いはできませんよ。作るのにけっこう暇がかかるみたいですから。
コメント

亀田ロール

2010-02-23 06:47:05 | 食べ物関連
デイリーのお土産にいただいた、手提げの袋。

大きく「K」と書かれていたが、中身は不明。

家に帰って、開けると、亀田ロール。



あの、ボクシングの亀田がプロデュースしたロールケーキなんだそう。

タイミングよく、夜の番組でも紹介されていた。

上はメロンパンの生地がそのまんまのっている。

スポンジとの相性がいまいちで、ペロリンとはがれる。

でもスポンジは、ほかになく黄色く、おいしい。

昨年いただいた、堂島ロールと比べると、堂島のほうがおいしいが、4人中3人いて判定勝ちした。

チャンピオンも、我が家ではノックアウトに近い負けだった。
コメント

またまた芳賀さんが…

2010-02-22 08:28:51 | その他もろもろ
デイリースポーツの釣りデスクの芳賀さんです。

身長190センチ近く、また、横もそれなりに。



パーティーの最後に、来ました。

恒例ともいえる、最後のスピーチ。

デイリースポーツのパーティー会場は、阪神さんの影響もあるのですが、すごく和やかな雰囲気なんですよね。

それは、担当者にとっては、うれしいことなんです。

僕もかつて、週刊釣りサンデーの指定店会の担当を6、7年やっていましたから、その苦労はよくわかります。

ググググッと、今年も来まして、言葉が詰まったんですね。

そしてそして…。

これ以上は触れないでおきましょう。
コメント (4)

デイリーのパーティー

2010-02-21 08:18:57 | その他もろもろ
デイリースポーツのパーティーに現れたのが、とある男女のコンビ。

余興の一つだ。

女性はアコーディオンを弾きながら、歌を。

男性はカラーチューブに入った針金を歌にあわせながら、形作っていく。

なかなか、異色の表現。パフォーマンスだ。

ニューヨークの大道芸大会?に出たいとかで、その飛行機代にと、会場に集まった会員さんや僕たちからチップをいただき、何とか、1人の片道分ができたとか。

隣にいた永田まりさんと「ええ、ギャラやん」で、意見は一致。

この日は、まだまだ、いろいろなことがありまして。

まだまだアップは、ポチポチと続きます。
コメント

どこ行った?八海山

2010-02-20 07:55:05 | 食べ物関連
海昨年の夏、新潟まで行ったときに買った、お酒。

八海山を釣具部屋にい置いていたのだが、行へ不明。

あれやこれやと、探していたら、やっと出てきた。(どんな部屋やねん!)



釣具は、こんなことしょっちゅうだが、お酒は、先に飲まれたかと思っていたのが、出てきて一安心。

ジャコエビのから揚げをしたときに栓を開けた。

のみやすく、なかなかいい。

さすが、お酒好きのビッグフィッシングの今井さんが、八海山なら間違いないよ、といっていただけのことはある。

まだ残っている。

次においしい魚が入る予定は、いつか。

そんときまで、残っていればいいんだが。
コメント

バンクーバー五輪

2010-02-19 21:11:21 | その他もろもろ
ちょっと話題を変えますわ。

やっぱり、今は、オリンピックでしょ。

期待しているのは、浅田真央でもなく、銅メダルを取った高橋大輔でもなく、スピードスケートの15歳中学生、高木美帆ちゃん。

中学生で、オリンピックでっせ。

俺が、確か、15歳のころ~、なんて歌いながらのアフロのおっちゃん、いてましたっけ。

岡崎朋美が38歳で、高木美帆のおかあちゃんといっても、ぜんぜんおかしくない年。

15歳がえらいのか、38歳がえらいのか。

いやいや、どちらもえらすぎちゃいませんか。

38歳でも、世界で戦える体造り。しんどいと思いますわ。

15歳で、本当に戦える体を作り上げた美帆ちゃん。

すごいわ。

釣りに行って、足腰いたい~、なんていうてたらあきませんね。

あ~、腰痛いよ~
コメント