やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

談話は、俳句喫茶店・つぶやく堂へお越しください。

背広着て出づる用あり鵙日和 宮武章之

2016年10月15日 | 俳句
71
宮武章之
背広着て出づる用あり鵙日和
定年退職してから背広に手を通すことが無くなった。周囲の小さな社会も老人会その他ラフなスタイルで済むことばかりである。こうしたジーンズの着っぱなしの日々が続く中でふいにホテルで会合の案内があって背広着用の事とある。まあ目出度い席でもあるし型の古くなった上下を引っ張り出してのお出かけとなった。そんな今日だから革靴を履きネクタイまで絞めているのである。折しも鵙が高鳴いて良きお日柄と相なった。雄山閣「新版・俳句歳時記」(2001)所載。:やんま記
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木の葉髪無位無冠にてやや多... | トップ | 雁渡る胸痛ければ胸のこゑ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事