たか爺のワンダースクール通信

「センス・オブ・ワンダー」をキーワードにした野遊び教室「自然体感塾ワンダースクール」の活動記録とお花中心のブログです。

オオクワガタの産卵セット

2018年08月10日 | 夜の森探検隊


 7月30日(月)の「夜の森探検隊」の際に見つかったオオクワガタ♀です。すでに交尾済みで産卵してくれるといいんだけどなぁ~。



 産卵木だけ専用のものにすれば、あとは普通に売られているものでもOKということでしたが、面倒なのでオオクワガタ産卵セットをケースごと購入。8月5日(日)の帰宅後にお引越しです。ちょっとマットを入れすぎたかも…。


 
 もぐりこんだまま滅多に出てこないので、まあいいかぁ…。さて、どうなりますかね!?

夜の森探検隊-3~ワンダーキッズ~

2018年08月02日 | 夜の森探検隊
 8月1日(水)の「小物釣りと川遊び」にて、たか爺はこの夏休み最初の山場をどうにか乗り越えました…。ブログのほうは写真の整理をしながらボチボチいきます。
 今週末は風布川と越辺川での川遊び、来週は9日から12日まで「カブトムシの森探検」と続きますが、そのあとそろそろ9月の「自然観察を楽しむアート展」用の作品づくりに取りかからないといけません。愛犬のくん爺の具合も今一つなので、今年はお気に入りの湯ノ丸・鹿沢高原のお花見には行けそうもないかなぁ…。



 7月30日(月)もワンダーキッズの「夜の森探検隊」。



 1名が体調不良でお休みとなり、参加者は4名です。
 樹液に来ているモンスズメバチと、木の根元にいることが多いマムシには要注意ですね。



 カラスウリの花を観察中。



 子どもたちが見上げているのは?



 この木です。
 スズメガも飛んできていますね。



 モンスズメバチたちはカブトムシたちよりも上のほうだけだったので、チャレンジさせてみました。


 
 二人ともキープ成功です。



 次から次へと。



 カブトムシは出てきます。



 最後にリリースするつもりでも。



 とりあえずは捕まえておきたいみたいですね。


 
 この子は、ノコギリクワガタ♂の小歯型を見つけていました。



 これが最後の木だったかな。



 何だかケースの中がものすごいことになっております…。
 あとは適当にリリースしておいてくださいね。



 ショウリョウバッタと遊ぶのは、別に夜じゃなくても…。



 木登り中だったアブラゼミの幼虫です。



 羽化を始めていたアブラゼミを観察中ですね。



 すでに翅がたたまれていたアブラゼミもおりました。



 低い位置でよかったですね。



 今年の「夜の森探検隊」はこれにて無事終了。このあと公園管理事務所のポストへゲートの鍵を返却して、帰途につきました。今年も本当に助かりましたね。いつもありがとうございます!
 キッズ会員だけだった頃はたか爺も若かったので、ワンダーキッズ月曜から金曜まで+サタデースクールの6日間連続だったりした年もありました。でも、もう前夜調査も含めて4日間が限界だなぁ…。


 
 そう言いながらも、子どもたちを送り届けてから所沢までもうひとっ走り。汗かきついで蚊に刺されついでです!?



 残念ながら、やっぱりカブトムシだらけでクワガタの姿はまったく見当たらず…。


 
 オスのノコギリクワガタ狙いだったのですが、このメス1頭のみ。
 写真だけ撮らせてもらっておきました。



 カキバトモエです。



 ミヤマカミキリですね。



 これは帰宅後に撮影。
 「夜の森探検隊」の1本目の木でたか爺が捕まえておいた大きなメスのクワガタは、やっぱりオオクワガタでしたねぇ~。たか爺は昔この公園でオスを捕まえたことがあります。冬にメスが出てきたこともありましたね。ワンダースクールを始めた頃からの知人KIMさんは、今年の5月にペアで捕まえておりました。ブリーダーの放したものが定着しつつあるのかな!?

夜の森探検隊-2~親子でワンダー~

2018年07月31日 | 夜の森探検隊

photo by masapapa

 7月29日(日)は、親子でワンダーの「夜の森探検隊」です。
 台風12号の雨による冠水を心配しましたが、無事開催できてよかったですね。


photo by masapapa

 定員20名のところ8家族25名が参加予定でしたが、お子様の体調不良により2家族がキャンセルとなり、参加者は6家族17名。キャンセル待ちのままご参加いただけなかった2家族には、「ごめんなさい!」をしておきます…。



 カラスウリの花を見てもらっているところです。



 写真はまともに撮れたことがないけど…。



 どこに何がいるかわかりますか? 
 1本目の木からさっそくマムシがご登場です…。まあ、見られてラッキーだったかも!? たか爺よりも先に気づいた子は目がいい子ですよねぇ~。
 


 2本目の木へ。
 そうそう、木に近づくときにはマムシやモンスズメバチがいないか、まずは周囲の状況をよく見てくださいね。



 5本目の木も藪の中です。



 カブトムシが来ておりました。


photo by masapapa

 これはコクワガタをキープしたときだったかな。


photo by masapapa

 モンスズメバチが多い木を見てもらっているところですね。


photo by masapapa

 ここには、たか爺でも押さえきれず奥へ奥へと潜りこまれてしまったヒラタクワガタ♂がおりました…。あきらめきれない子どもたちがピンセットでチャレンジ中です。大きさからいくと、もしかするとオオクワガタだった可能性もありますね!? 翌30日にも覗いてみましたが、姿は見当たりませんでした。



 アブラゼミの幼虫が木登り中だったかな。



 高い場所に樹液が出ていて、クワガタたちが集まる木です。



 秘密兵器の出番ですね!



 コクワガタのキープ成功です。
 みんなにぎやかだったので、勝手に落ちてきてくれたコクワガタもおりました!?



 こちらもキープできたのかな?


photo by masapapa
 
 またしてもヒラタクワガタ! 今度はキープできました。
 たか爺が何年か前につかまえた木と同じ木でしたねぇ~。



 右の前肢と左の後肢が欠損していますが、そこそこのサイズです。



 同じ木でメスを見つけた子もおりました。



 カブトムシをキープ中。



 それはまあにぎやかな夜の森となりましたが、お約束事はちゃんと守ってくれる子どもたちで助かりましたねぇ~。



 開催時間前に木登りを始めていたアブラゼミの幼虫です。



 上まで登らずに羽化を始めておりました。



 観察中です。
 写真は撮れていませんでしたが、何頭か見られてよかったですね。



 クワガタが欲しかったのに1頭も捕まえていなかった子には、最後におみやげタイムです。あとはもう、コクワガタしか残っていませんけれどもねぇ…。

 いよいよWindows7のパソコンが壊れそうなので、以前購入しておいた10のほうを使い始めたら、万事が万事使い勝手が悪すぎて最近イライラし通しです…。そのうち慣れるのかなぁ…。
 古ぅ~いまんまのホームページも更新できなくなってしまったので、10のほうに移行させようとしたら、これはパソコンではなく古ぅ~いバージョンのホームページビルダーのほうの問題だったようです…。まあ、ワンダースクールもそろそろ潮時かもね!?

夜の森探検隊-1~キッズ&ファミリー~

2018年07月29日 | 夜の森探検隊


 7月27日(金)、19時前の夕焼けです。
 今年の「夜の森探検隊」の初日は3組7名が参加予定でしたが、当日になって1家族4名がキャンセルとなりました…。参加者はキッズ送迎1名+ファミリー現地1家族2名の3名です。



 これはやらせ写真!?
 もうカブトムシはいらない子どもたちだったので、とりあえず写真だけですねぇ…。カブトムシは、夜の森でお会いした親子にプレゼントしておきました。



 毎年、高い場所にクワガタがいる木です。
 でも、あれっ? 左上に魚とり網のようなものが浮かんでいるぞぉ…。一瞬、心霊写真かと思ってしまいましたねぇ…。善い霊が子どものフォローをしてくれているような!?



 子どもでは届かない場所だったので、参加者のパパにバトンタッチしたら、浮遊していた網は消えました!



 なんだぁ~。このパパがフォローしてくれていただけだったのかぁ…。コクワガタは無事キープできましたよ。



 またもや心霊写真? 参加者は大人1名・子ども2名の3名だけなのに、他にも木へと伸びている大人の腕が1本!?



 実は、わざわざ千葉からアカアシオオアオカミキリの採集に来たという昆虫青年が、子どもたちにコクワガタを採ってくれているところでございます。ありがとね! この森は初めてとのことだったので、藪の中の木へもご案内しておきましたよ。



 この木はカブトムシばっかり…。
 でも、他の木ではコクワガタもけっこう見つかりましたよね。



 セミの羽化も見てもらえてよかったぁ~。



 アブラゼミの羽化のピークは過ぎた感じです。
 


 ここでも羽化していました。
 
 駐車場に戻ると、車がもう1台。カブトムシ採りに来ていた親子は自転車だったし、昆虫青年は20時頃に最寄り駅まで歩いて帰っていったし、いったい誰の車? でも、じきに閉まっているはずの公園の出入り口の方向へ走っていったので、公園関係者の車だったのかな。
 と思っていたら、なんと駐車場に車を停めて居眠りしている間にゲートが閉まり、園内に閉じ込められちゃった方でございました…。ワンダースクールの「夜の森探検隊」の日でよかったですね!? 普通の日だったら午前5時まで公園から出られませんので…。 

「夜の森探検隊」前夜調査

2018年07月28日 | 夜の森探検隊


 7月26日(木)の「夜の森探検隊」前夜調査は、まだ明るいうちから3周して20時には切り上げました。



 たか爺はこの公園でこれまでいろいろと見てきてしまっているので、1人だとやっぱり怖いです。霊感は決して強いほうではないと思うし、どちらかというとこれまでいつもいい霊に助けられてきた感じ!? でも、何だかざわざわするんだよなぁ…。



 モンスズメバチやマムシも多い森なので、万が一の際には自力でどうにかするしかないんだけれども、それ以前に年々いつどこで自分の体に異変が起きてもおかしくない歳にもなっていくわけですからねぇ…。



 木登りを始めていたアブラゼミの幼虫です。



 ホバリングしながら樹液を吸うベニスズメ。



 コシロシタバの左下には、樹液の滲出に重要な役割を果たしているらしいボクトウガの幼虫も写っています。



 ウスバカミキリも増えてきました。



 夜の樹液酒場は、今年もアカアシオオアオカミキリだらけでしたねぇ~。19時20分すぎにはもうこんな状況に。
 左下の3頭はクルマスズメです。



 モンスズメバチも飛来しました。



 これは別の木。



 カブトムシのオス同士の争いです。



 だいぶスレてしまっていますが、フクラスズメ。



 ムクゲコノハです。



 カキバトモエは今季初見かな。
 なかなかシックできれいなガしょ!?



 カラスウリの花ですね。



 アブラゼミの羽化はやはり早かったようで、例年鈴なりになる木でもこの1頭のみ。



 これは別の木です。
 とりあえず、今年も一通りは見てもらうことができそうでひと安心。あとは例によって、行き当たりばったりでたか爺も楽しませてもらいますよ!?

前夜調査の前にちょこっとお花見も

2018年07月27日 | 夜の森探検隊
 7月26日(木)は、この19年間「夜の森探検隊」で使わせてもらっている公園の管理事務所まで。ここ数年、夕方に公園出入り口のゲートの鍵をお借りしてから、ついでに前夜調査もしておくというパターンになっています。
 ワンダースクールを始めた頃は21時まで開園していましたが、現在は19時まで。突然の雷雨に見舞われることもある時期なので、園内の駐車場に車を停めたままにできると本当に助かりますよねぇ~。いつもありがとうございます!



 ゴマダラチョウです。
 まだ16時なので、ひとまず他の森の様子も見にいってきました。



 アカボシゴマダラが3頭…。



 きれいなチョウですが、「特定外来生物」に指定されました。



 キタテハです。



 ウラギンシジミですね。



 ヤブキリ♀も。



 オオスズメバチです。
 樹液が出ている木は6本確認できましたが、残念ながらクワガタの姿は0でございました…。



 ニイニイゼミはさくら草公園にて。
 ついでにちょこっとお花見もね…。



 クサギです。



 それにしても、葉っぱが臭いからといって「臭木」とは…。
 花は甘くていい香りなのにねぇ~。



 メドハギです。



 これはオカトラノオ属までにしておいたほうが無難かな?



 シロバナサクラタデももう開花していました。



 「夜の森探検隊」の森に戻ってから、まずはひと回り。



 ソクズですね。

 今日はこれから「夜の森探検隊」へ。台風12号接近中のため、明日28日(土)の里山体験プログラム「夜間採集・観察会」は中止することにしました。おごせ昆虫と自然の館も臨時休館予定とのこと。29日(日)・30日(月)の「夜の森探検隊」は開催できるといいのですが、台風12号による雨量次第では公園が冠水して閉鎖されることもあるからなぁ…。

クロカナブン、ハグルマトモエ、ミヤマカミキリなど

2018年07月26日 | 夜の森探検隊


 クロカナブンとカナブンです。
 7月25日(水)は17時から所沢方面へ。知る人ぞ知る丸秘スポットの近くで、新たにいい木を見つけました。クロカナブンは、クワガタやカブトムシなんかよりもかなりレアものですよ!? この木だけで5頭確認できましたね。



 アカボシゴマダラも来ていました。



 いつもの木にはヒメスズメバチたち。
 そういえば、今年はあまり見ていなかったかも。



 ノコギリクワガタ♀もいましたが、♀はもう採りませんよ。現在飼育中のものも最後にリリース予定です。来年も楽しませてもらいたいですからね!?



 ハグルマトモエも今季初見。



 これは狭山のほうだったかな。
 アカアシオオアオカミキリたちもいますね。



 所沢に戻っていつもの木。クルマスズメも写っています。
 カブトムシは裏にもいて、この木だけで12頭来ておりました…。



 いずこももうカブトムシだらけです…。



 ミヤマカミキリも今季初見になりますね。



 結局、このノコギリクワガタ♂3頭とコクワガタ6頭のみキープしておきました。所沢のポイントでは、仕事帰りに寄られた地元の方でヒラタ狙いの方と情報交換ができて楽しかったですね。 

「夜の森探検隊」事前調査

2018年07月25日 | 夜の森探検隊


 夜には歩きたくない感じ!? 空梅雨だったのにやぶ蚊も多いし…。
 7月24日(火)は夕方ちょっと「夜の森探検隊」の事前調査へ。車の温度計の外気温は40℃です…。OS-1は24本入りを箱買い。2時間で1本は飲んでしまいますからね。あとは、首に巻いた極冷iceタオルが頼みの綱です…。



 ルリタテハの下方にはサシガメも隠れていました。
 


 樹液の出が良くなってきた木にはゴマダラチョウ。



 もう1頭飛んできました。



 別の木にも。
 アカボシゴマダラも飛んでいましたが、この日の樹液にはなぜかゴマダラチョウばかり来ていましたね。



 かなりボロボロだったキタテハです。



 あらぁ…。夜を待たずにマムシもご出勤!?
 「夜のクワガタさがし」のフィールドと違って、マムシやモンスズメバチが多い森だからなぁ…。今年も気が抜けませんねぇ…。



 セリの花です。



 虫たちにも人気がありますね。



 ノカンゾウもまだ咲いています。



 コクワガタ♀。



 この木の裂目に♂♀の2頭隠れていました。



 大きなカブトムシでしたが、横からモンスズメバチが近づいてきて。
 


 こうなります…。
 マムシも木の根元にいることが多いので、お約束を守れずにすぐに手が出る子には今年も要注意ですねぇ…。



 毎年白い花が咲いているかのように、アブラゼミが羽化しているハンノキです。当日羽化シーンも見られるといいのですが、今年はすでにこんな状態になっておりました。

 たか爺はこれからちょっとハードスケジュールで、明日の前夜調査から5日間は夜勤務!? そのあと「セミの抜殻しらべ」、「小物釣りと川遊び」と続きます。ブログのほうもボチボチいくか、あとでまとめていくかになっちゃうかなぁ…。台風12号の進路次第で、土日のお天気も心配になってきましたね。

夜のクワガタさがし-3~親子でワンダー追加日程~

2018年07月18日 | 夜の森探検隊


 今年の「夜のクワガタさがし」もいよいよ最終回。
 7月15日(日)は親子でワンダーの追加日程です。定員20名のところ参加者は8家族21名。キャンセル待ちも0になりました。



 交尾中だったヒグラシです。
 本当はクワガタやカブトムシよりも、滅多に見られないレアなシーンだったんですけれどもねぇ…。



 たか爺が見つけたこのノコギリクワガタ♂は、「ほしい! ほしい! ほしい~!!」と大騒ぎしなかった子のものとなりました!?
 ワンダースクールでは子どもたちだけをお預かりしていた大昔から、「ほしい」や「ちょうだい」は禁句です! 「ほしい」生きものは自分で見つけて捕まえるのが基本となっております。



 カブトムシです。



 それにしても、この日の夜の森はクワガタよりも懐中電灯の明かりの数のほうが多かったかも!?
 まあ、カブトムシは次から次へと飛んでくるのでタイミング次第だし、たか爺としては、夜の森に子どもたちを虫とりに連れてきてあげるような親子が増えることは、本当にうれしい限りですけれどもねぇ~。


photo by rei

 メインの木は当然知っている人も多いわけで、すでに先を越されておりました…。



 それならばということで、丸秘の木までちょっと足をのばします。「キッズ夜遊び」の際にしか使っていない木です。これでもうワンダースクール以外の人たちにもバレちゃいましたけれどもねぇ…。
 前日の帰りにも同じような状況でしたが、カブトムシが6頭来ていました。


photo by rei

 子どもたちでも手が届く場所です。



 あとは順番に。



 ぎりぎりセーフ!?



 パパが抱っこしてくれればまだ大丈夫でした。
 やっぱり子どもたち自身の手で捕まえてみてほしいですからねぇ~。



 いいですねぇ~。
 木の枝に飛んできたカブトムシをジャンプして採ろうとしていた子です。



 これは別の木。
 手前の子の網にはカブトムシがくっついております。



 クワガタもいたのかな?



 なんと、たか爺も知らなかったこんな木を見つけてくれた子もいました。


photo by masapapa

 カブトムシは10頭以上いましたね。



 大手柄です!
 カブトムシが女の子の帽子にとまっております…。


photo by rei

 交尾中だったカブトムシには誰も手を出さず。


photo by masapapa

 これだけ捕まったら、もういいよね!?



 お手柄だった子は、ナナフシモドキやコフキコガネも見つけてくれました。おみやげ用のノコギリクワガタ大型♂はこの子で決まりです。本当に虫が大好きな子は目もいいですよねぇ~。



 この子もナナフシモドキを見つけていました。

 集合場所へ戻ってからおみやげタイム。まだノコギリクワガタ小型♂や♀、コクワガタは残っていてよかったぁ…。
 予想どおり早くも「カブトムシの森探検」となってしまった3日間の「夜のクワガタさがし」も、これにて無事終了。このあとも、7月下旬には他のフィールドで「夜の森探検隊」、8月中旬にはまた「カブトムシの森探検」と夜の虫シリーズが続きます。毎日こう暑くてはまいりますが、西日本豪雨で被災された方やボランティアの方たちのことを思うと、これぐらいは我慢がまん…。

夜のクワガタさがし-2~親子でワンダー~

2018年07月17日 | 夜の森探検隊


 7月14日(土)も親子でワンダーの「夜のクワガタさがし」。
 参加者は7家族21名です。定員20名のところ、年間予約ではキャンセル待ち11家族にまでなってしまったため、早めに追加日程も設けました。最終的にキャンセル待ちも0になって何よりですね。



 早々にノコギリクワガタ♀2頭を見つけていた親子です。



 この木にもノコギリクワガタ♀。



 もちろんカブトムシも。



 この木は大変ですねぇ…。



 肩車作戦でいきますか!?



 この木でも。



 カブトムシはキープしておりました。



 騎馬戦を彷彿とさせる肩車戦!?



 虫とり網を使ってでも、子どもたちが自分で採れる高さだといいんですけれどもねぇ…。それでもたか爺としては、参加者が20名いてもみんなで観察することができたり、虫が採りたい子どもたちを応援したりできるこんな木はありがたいです。



 キープ成功!



 子どもでも手が届く木は、小さな子どもたちに譲ってあげてください。



 この日は幼児3名も夜の森にチャレンジしてくれましたが、みんな最後まで自分で歩けておりました。



 集合場所に戻ってからも肩車作戦。パパは大変ですよねぇ…。
 ワンダースクールに連れて来てくれるだけでも感謝しないと!?


photo by masapapa

 最後に、あやしい夜店の開店です…。


photo by masapapa

 ノコギリクワガタの大型♂はこの日で在庫0匹となったため、帰りには高速を使わずに所沢の丸秘スポットにも寄りました。残念ながら、大型♂1・小型♂1・♀2の4頭のみでしたけれどもね。

夜のクワガタさがし-1~キッズ&ファミリー~

2018年07月16日 | 夜の森探検隊

photo by sachibaa

 7月13日(金)からは、いよいよ「夜のクワガタさがし」の3連ちゃん…。たか爺は前夜調査も含めて4日間の夜勤務でございます!?


photo by sachibaa

 注意事項は念入りに! 13日(金)の参加者は、キッズ1名+ファミリー3家族6名の7名。アシスタントはさち婆です。


photo by sachibaa

 クワガタは樹液が出ていない木にとまっていることもあるので、他の木もチェックしながら樹液ポイントを回ります。



 ノコギリカミキリを見つけた子です。
 「シュッ、シュッ」という鳴き声を出す仕組みが他のカミキリとは違いますが、夜だからなぁ…。


photo by sachibaa

 普通の虫とり網だと…。今年も高い場所が多くてねぇ…。



 伸縮性の網なら届くかな?



 さらに秘密兵器も登場しました。



 4~5mは伸びますが、網は小さいのでピンポイントで確実に狙わないと。
 お見事!


photo by sachibaa

 カブトムシのキープ成功です。



 アブラゼミの幼虫ですね。


photo by sachibaa

 カブトムシは飛んで逃げられないように、上から網をかぶせてズルズルと手が届くところまで。この木は普通の網でも大丈夫です。


photo by sachibaa

 ここは厳しいぞぉ…。


photo by sachibaa

 かなり上のほうですが、真ん中にカブトムシ2頭とコクワガタ1頭、その右側にコクワガタ2頭が写っていますね。



 カブトムシはキープできましたが…。


photo by sachibaa

 この木のコクワガタたちは、下からちょんとつついたぐらいではポロリと網の中に落ちてはくれません…。


photo by sachibaa

 最後はパパが妙技を披露してくれました!?
 すばらしい身体能力で、見事にコクワガタをキープしていましたねぇ~。


photo by sachibaa

 ノコギリクワガタのメスもおりました。
 この子はカブトムシには目もくれずクワガタ狙い。うしろでパパが体を支えてくれています。


photo by sachibaa

 杭の上でカブトムシ相撲!?
 もうカブトムシはいいやねぇ…。自分の手で捕まえてはみたいようなので、あとは適当にリリースしておいてください。



 トビナナフシを見つけていた子もいました。


photo by sachibaa

 最後におみやげタイム。
 変なじじいがあやしい夜店を開いているわけじゃないからね!?


photo by sachibaa

 ノコギリクワガタの大型♂を1頭ずつお持ち帰りいただきました。いつもはコクワガタのみですが、平日はお得になっております!?

「夜のクワガタさがし」前夜調査

2018年07月15日 | 夜の森探検隊
 7月12日(木)も「夜のクワガタさがし」の前夜調査です。子どもたちのおみやげ用のクワガタも、もう少し集めてこないといけませんねぇ…。


 所沢の丸秘スポットでは、前回とは別の木にチャイロスズメバチ。
 かつては「幻のスズメバチ」と言われていましたが、ワンダースクールで使っているフィールドではかなり目にするようになりました。何だかなつかしい旧「ワンダースクール通信」の記事もリンクしておきますね。


 きれいなアカカブもおりました。


 ここからは「夜のクワガタさがし」開催場所ですが、滅多に使わない丸秘エリアの木です。他の木で早々にノコギリクワガタ♂2頭をキープしてから、コクワガタとしては大きなオスを見つけたのでとっさに指を突っこんだら、たか爺危機一髪! 中から慌てて出てきたのはモンスズメバチでしたねぇ…。
 コクワガタには右端の裂目に逃げこまれてしまいました。2頭いるけどわかるかな? 子どもたちにはいつも注意するように言っているのに、自分でやっちゃったらねぇ…。危なかったぁ…。コクワガタのほうは、帰りにピンセットで格闘してキープしておきました。 


 ベニスズメも出てきましたね。


 こんなきれいなピンク色をしたガもいるんですよ。


 ナナフシモドキです。


 「夜のクワガタさがし」とはいっても、もう完全にカブトムシモード…。
 オオクシヒゲコメツキもいますね。


 この木には6頭。


 この木には10頭…。
 飛んできたガはコシロシタバです。


 羽化していたニイニイゼミ。
 アブラゼミの幼虫もいましたが、すでにかなり上まで登っておりました。


 めずらしく撮らせてもくれたノコギリクワガタです!?


 9日と同様に、ノコギリクワガタは♂3・♀1の4頭をキープ。


 右隅の1頭が写っていませんが、コクワガタは♂8・♀2の10頭です。


 帰りにも立ち寄った所沢の丸秘スポットでは、なんと3本の木でノコギリクワガタのみ♂6・♀5の11頭でした! 今度また昼間にちょっと周辺のポイント探しにも行ってくるかな!? 

「夜のクワガタさがし」事前調査

2018年07月14日 | 夜の森探検隊
 7月9日(月)は夕方から、子どもたちのおみやげ用のクワガタ採りも兼ねて「夜のクワガタさがし」の事前調査です。


 17時頃、まずは所沢の丸秘スポットへ。
 カブトムシ♀・チャイロスズメバチ・モンスズメバチの3ショット!? と思ったら、カブトムシの下にヨツボシケシキスイも隠れていましたね。モンスズメバチは、チャイロスズメバチの女王蜂に乗っ取られた巣の働き蜂だと思います。仲良く並んでお食事中でした。


 18時半には、「夜のクワガタさがし」開催場所へと到着。
 まだ明るいうちにひと回りします。昔のように樹液ポイントになる木が集中していないため、毎年どんなルートにするか考えてしまいますが、昨年と同じような感じで大丈夫そうかな。藪漕ぎの木や丸秘エリアにも寄れるかどうかは、当日の状況次第ですね。


 ヤブキリ♀です。


 たか爺の大好きなムクゲコノハも出ていました。
 ここからはふた回り目。


 今年も高い場所が多くて大変です…。


 モンスズメバチは少な目でしたが、高い場所のクワガタやカブトムシを採ろうとしてネットに入られてしまうと、危ないですねぇ…。いっしょに写っているガはオオシマカラスヨトウです。


 コシロシタバですね。


 オニベニシタバ。


 ムクゲコノハとカブトムシの2ショットです。


 22時20分、帰りにはまた所沢の丸秘スポットへ。


 アカアシオオアオカミキリも増えてきました。



 そうそう肝心のクワガタのほうは、見つけたら撮る前に採らないとポロリと落ちて逃げられちゃうので、ノコギリクワガタ♂3・♀1・コクワガタ♂1のこの写真だけね…。他にも小さなコクワガタ♂6・♀4もキープしておきました。
 当日の連絡ではおみやげは用意しないことにしておきましたが、前夜調査の際にもう少し集めておきたいところですね。

夜の森探検隊-3~ワンダーキッズ~

2017年07月25日 | 夜の森探検隊


 7月24日(月)は、ワンダーキッズ月曜コースの「夜の森探検隊」。
 1名お休みで、参加者は4名です。



 土日ともに、モンスズメバチしか来ていなかった駐車場脇の樹液には、小さなカブトムシのメスが来ていました。



 コクワガタ2頭がめくれから出てきていましたが、この木は大人でもむずかしいですねぇ…。



 ちょっと無理があるかなぁ…。
 まあ、助けあう姿勢だけは良しとしておきましょうか!?



 たか爺が木の脇を通過中にスズメバチの羽音が聞こえたので、子どもたちはストップさせて写真を撮っておきました。そしたら、木の根元の裂目の左側に、樹液に飛来したモンスズメバチが写っていましたねぇ…。



 クワガタが隠れていることもあるこの木の洞は、この日もヤマトゴキブリだらけ…。



 こちらは相変わらずものすごいことになっております。



 この木にはモンスズメバチがいなかったので、アカアシオオアオカミキリをつかんだあとの指の匂いもかいでみてもらいました。どうだったかな? 「レモン」じゃないと思うけど、決して厭な匂いではありません。



 土曜日と同じくカブトムシが3頭来ていた木です。



 モンスズメバチも飛来したため、カブトムシたちはたか爺がキープして木の裏側へと移動してもらいました。



 持ち帰りたい子は順番に、自分の手でつかまえてみてくださいね。



 とりあえず3頭ともキープ成功です。



 これは別の木。



 裏側では、ニイニイゼミが羽化していましたね。



 すでにこの状態でした。



 またカブトムシ。



 ヤブキリもご登場です。



 コクワガタが2頭いましたが、1頭は落として、1頭はめくれの中へ…。



 落としたほうはすぐに見つかってよかったですね。

 そういえば、「落としもの大将」は夜の森でもやってくれちゃいました…。入れものの置忘れにはすぐに気づいていましたが、何も言わずに1人で取りに戻るという行為は絶対にNGですよ! そのあとにもまた落としもの…。みんなで探しに戻ったりして15分はタイムロスさせたんだから、見つかったあとみんなに一言あってもよかったんじゃないの!?



 アブラゼミも羽化しています。



 観察中ですね。



 ここでも。



 まだこの状態のものもいましたね。

 今年の「夜の森探検隊」はこれにて無事終了。ワンダースクールには小さな子どもたちもいるし、突然の雷雨にみまわれることもある季節なので、今年もゲートの鍵をお借りすることができて助かりましたね。公園管理者の方たちには改めて感謝です! 最後に、以前少しは真面目に書いた「夜の森探検隊」もご参考までに。
 例年よりも暑くはなく、やぶ蚊も少なくて助かりましたが、ホッとした途端に夏風邪かなぁ…。まあ、汗びっしょりになったあと車の冷房にあたりながら帰宅する日が続くと、毎年なんだか調子悪くなっちゃいます。幸い熱は出ていないものの咳と鼻水が酷いので、本日リハビリのついでに薬だけはもらってきましたけれどもねぇ…。 

夜の森探検隊-2~親子でワンダー~

2017年07月24日 | 夜の森探検隊

photo by masapapa

 7月23日(日)も「夜の森探検隊」です。



 当日1家族4名のキャンセルが出て、参加者は3家族7名。
 アシスタントはまさパパですね。



 この夏初見のスズキベッコウハナアブ。
 大昔の「ワンダースクール通信№745」もご参考までに!?



 ヤマトゴキブリたちの観察中です…。



 アカアシオオアオカミキリ祭じゃ!?
 この日もものすごいことになっておりました。



 モンスズメバチたちも来ているので、ライトはたか爺のみ。
 参加者の方たちにはライトを消してもらって見てもらいます。



 大物です!



 木登り中のアブラゼミの幼虫を見つけたところですね。



 ノコギリクワガタもご登場!
 たか爺1人のときだって、ポケットからカメラを出そうとしただけでポトリと落ちちゃうクワガタですが、めずらしく撮らせてくれました。



 この子がキープします。写真はピンボケで残念…。



 このカブトムシも大きかったですね。


photo by masapapa

 この子がキープしました。



 キシタバは翅を開いてくれなくて…。まあ、襟飾りもチャームポイントかな!?



 「4歳以上が無難」でご案内していますが、今回は2歳児もチャレンジしてくれました。お兄ちゃんと一緒にけっこう歩いていましたね。



 このカブトムシも大きかったです。



 イナバウアー!? ニイニイゼミも羽化していました。



 低い場所で羽化してくれるので、子どもたちも観察しやすいセミですね。



 アブラゼミも。



 アブラゼミの花が咲く木です!?
 この日は予定どおり20時半には終了。前日はパスした木を回っても、少人数だと待ち時間も少なくなるからなんでしょうね。