たか爺のワンダースクール通信

「センス・オブ・ワンダー」をキーワードにした野遊び教室「自然体感塾ワンダースクール」の活動記録とお花中心のブログです。

ソシンロウバイ~昭和記念公園~

2020年01月17日 | みんなの花図鑑

 1月13日(月)の昭和記念公園の続きです。


 タイトルは「蝋梅」にしようかと思いましたが、公園発行の資料には「ソシンロウバイ」と明記されていたのでそうしておきます!? 普通に見られる「蝋梅」はほとんど園芸種のソシンロウバイですよね。


 それならこの木は?


 マンゲツロウバイ?


 この木だけでしたが、実生から作られるソシンロウバイは花にも変化が多いようです。


 マンゲツロウバイは、ソシンロウバイの実生から選ばれて作られた品種になるようですね。


 公園の資料には「マンゲツロウバイ」の記載はありませんでした。


 まあ、品種名にはあまりこだわらない性質なので、どっちでもいいか!?


 ついでに、ソシンロウバイをバックにしたジョウビタキも。


 もう少し花がにぎやかな枝にとまってくれるとよかったのですが…。

セツブンソウ~昭和記念公園~

2020年01月17日 | みんなの花図鑑

 1月13日(月)は昭和記念公園へ。
 ワンダースクールとしては里山体験プログラム「天然氷のスケートリンク」の予定でしたが、台風19号の被害で上サスケート場の今年度の営業は中止となりました…。


 でも、いいお天気だし、セツブンソウも開花したとなると行くしかないかぁ~。


 本当はそんな時間なんてないはずなんだけれども、まあいいか!?


 昭和記念公園へは5年ぶりです。


 当時はNHK「ニュースウオッチ9」の気象キャスターだった井田寛子さんとの「葉っぱでデート!?」以来ですね。


 しばらくは近くの公園で楽しませてもらって、2月下旬には今年も小鹿野町の自生地まで行ってこないとねぇ~。
 でもその前に、来年度の準備だけはやっておかないと…。

ちょこっとさいたま水族館へも

2020年01月15日 | 加須市大越昆虫館

 1月12日(日)は加須市大越昆虫館の「冬の昆虫・植物観察会」のあと、ちょこっとさいたま水族館へも。羽生ICまでの帰り道にありますからね。


 荒川水系の70種類の生きもの展示が中心の水族館となっています。


 親子連れでにぎわっていたので写真はあまり撮れませんでしたが、以下、ノンストロボでも撮らせてくれた生きものたちを載せておきます。


 たか爺の両手とカメラも写っちゃったけど…。


 解説板も。撮っていたものはいっしょに載せておきますね。





アカザ

ホトケドジョウ

ギバチ

トウヨシノボリ

ヌマチチブ



 カワムツはワンダースクールでは最もポピュラーな川の魚だし、ヌマムツはつたえ農場の用水路に多い魚なので覚えておいてくださいね。


 水生昆虫の展示方法はこんな感じ。


 タガメです。
 もう少しいろいろと展示してあるのかと思ったら、種類的にはちょっとさびしかったですねぇ…。

ナマズ


 ひげの長さだけでは難しいよなぁ…。

ベンケイガニ

クロベンケイガニ

ウナギ



 これはお外のニシキゴイ池にて。
 加須市大越昆虫館の自然教室に参加される際には、ぜひお立ち寄りください。たか爺も今度来た時には羽生水郷公園のほうも歩いてみようかと思っています。

埼玉の淡水魚図鑑
知来 要,斉藤 裕也
さわらび舎

 最後にたか爺の推薦図書を。この図鑑とさいたま水族館、あとはひたすらフィールドワークで君も淡水魚博士になれるかも!?

加須市大越昆虫館「冬の昆虫・植物観察会」

2020年01月14日 | 加須市大越昆虫館

 1月12日(日)は加須市大越昆虫館へ。自然教室「冬の昆虫・植物観察会」にワンダースクールの1家族2名といっしょに参加してきました。虫が苦手な方は閲覧注意ですよ!?


 自然教室は奥の古民家にて開催。


 この日のスケジュールです。


 加須市大越昆虫館を運営する埼玉昆虫談話会会長の江村さんがご挨拶中ですね。


 今回のメイン講師は荻島さんです。


 「冬の生きもの観察」という配布資料は15ページもあって画像も多く、かなり充実した内容でした。
 オオムラサキ・ゴマダラチョウ・アカボシゴマダラの幼虫、ニレ科の御三家(ケヤキ・エノキ・ムクノキ)とクスノキの樹形や樹皮、オオムラサキの幼虫の見つけ方、カマキリの卵鞘いろいろ、アゲハの蛹、葉痕と冬芽の顔模様、ひっつき虫、フユシャク等々についてレクチャーしてもらいました。


 オオムラサキの幼虫たちです。


 背中の突起は4つ。



 かわいい顔をしているでしょ!?


 ゴマダラチョウの幼虫たちはどこが違うかわかりますか?


 背中の突起はオオムラサキの幼虫と同じく4つありますが、頭側から2番目の突起がかなり小さいです。


 ジャコウアゲハの蛹たち。


 キアゲハの蛹たちです。



 阿部さんからもフユシャクのお話など。



 室内でのレクチャーや、講師の方たちが持参された幼虫や蛹、冬芽などの観察のあと屋外へ。



 エノキの根元で幼虫探しです。


 ゴマダラチョウの幼虫はすぐに見つかっていました。
 これは一見背中の突起が3つに見える個体ですね。


 利根川の土手の上では、ギシギシの葉っぱをめくってベニシジミの幼虫も探してみます。


 河川敷へ下りて。


 利根川の水辺まで近づけるルートが見つかったようです。


 台風19号の痕跡ですねぇ…。


 タヌキでしょうか?


 ガサガサはできなくて残念…。


 この水たまりは期待できるかな。


 スジエビの子? ヨコエビの仲間は多数。秋ヶ瀬公園の池のものとは違う種類のようです。


 ツチフキも見つかりましたね。


 昆虫館へ戻ったらお汁粉タイム!?
 リンゴも用意されていました。


 江村会長が作ってくれたお汁粉はおいしくって、たか爺は毎年楽しみにしております。


 お汁粉のあとに何ですが…。
 終了後古民家の庭で見つけたモズのはやにえです。カミキリムシの仲間の幼虫ですが、モズもアカゲラやアオゲラのように朽木の中の幼虫の居場所がわかるのかな? あっ、そういえば、カミキリムシの幼虫は昆虫食では人気№1でございます。


 お口直しに駐車場の片隅に咲いていたホトケノザを!?


 ナズナですね。

 現在ワンダースクールの来年度の年間予定を作成中ですが、昨年3月にて閉館したおごせ昆虫と自然の館の際とは違い、午後はよしざわ自然農園さんで川遊びや川の生きもの探しというわけにはいかないので、昆虫館のプログラムは来年度も年間予定には入れず、毎月会員の方へご案内だけはして直接参加してもらうことにしました。参加希望者がいればたか爺も参加する予定でいます。でも、まだ昆虫館のほうの年間予定が出ていないため、日程が合わなかった場合にはご容赦ください。

ねりま遊遊スクール「魔法の小枝でキーホルダーづくり」のご案内

2020年01月13日 | ご案内

子どもと楽しむネイチャー=アート研究会主催
練馬区教育委員会委託講座「ねりま遊遊スクール」
魔法の小枝でキーホルダーづくり

 ミニクワガタ・簡単テントウ・香りのエンピツ・ハートの木などの材料を使って、木の枝のキーホルダーやペンダントをいくつか作ってもらいます。

■日時:令和2年3月14日(土) 午前10時-12時
■会場:光が丘図書館・第一会議室
■対象:4歳児~小学生親子
■定員:親子で20名
■講師:自然体感塾ワンダースクール主宰 たか爺
■参加費:500円/1名 ※保護者の方も必要です
■持物:マジックセット(水性顔料インク)・雑巾・持ち帰り用の入れものなど
■申込:3月1日よりメールにて
s.o.wonderschool@coffee.ocn.ne.jp まで
〒・ご住所・連絡先の電話番号・参加者全員の氏名・お子様の学年または年齢をお知らせください。
▲フライングのメールは受けつけません。ご了解ください。


 昨年参加されたご家族の作品です。


 オリジナル作品にもチャレンジしてみてください。


 キーホルダーではありませんが、昨年パパが作っていた傑作です!

 以下は昨年の参加者の作品から。









※自然体感塾ワンダースクールの2020年度ファミリー会員の追加募集は、2月中旬頃からの予定です。

ちょっとだけ光が丘公園へ

2020年01月12日 | みんなの花図鑑

 1月8日(水)は光が丘図書館へ。3月のねりま遊遊スクール「魔法の小枝でキーホルダーづくり」で利用する会議室の予約に行ってきました。残念ながら、今年は視聴覚室がとれませんでしたねぇ…。
 1時間までは駐車料金も変わらないので、ついでにちょっとだけ光が丘公園です。


 サザンカはお気に入りのフィルターをかけて。


 花壇の隅に咲き残っていたホトトギスです。


 ハボタンにもフィルターを。


 スイセンはねぇ…。


 品種名まではよくわかりませんが、ペーパーホワイトとかになるのかな?


 木曽路の松花堂弁当です。これに茶碗蒸しも付いて1.200円はリーズナブルですね。
 10日(金)は週1回の鎌倉詣で。87歳でようやく免許は返納してくれましたが、1人で外食には行けなくなってしまったため、お昼は外でいっしょに食べることにしています。おふくろも天ぷら以外はすべて平らげておりました。家の中でも杖なしには歩けなくなってきているので、もういい加減たか爺ンちに来てもらいたいところなのですが、相変わらず強情でねぇ…。息子が鬱になる前に老いては子に従えよなぁ…。まあ、たか爺も万が一長生きしてしまった場合は同じかも!?

お花も少々

2020年01月11日 | みんなの花図鑑
 1月6日(月)に武蔵丘陵森林公園で撮っていたお花も少々。


 午前中の冒険アスレチック終了後、子どもたちとお弁当を食べたベンチの近くに咲いていたタネツケバナです。



 モリ森ボールで遊んだ西口ひろばの片隅にはセイヨウタンポポ。


 むさしキッズドームの生垣のボケはこんな感じの花ばかりでした…。花びらが凍って傷んじゃったのかな?


 一番きれいだった花ですね。

冒険アスレチックとむさしキッズドーム②~キッズ冬休み~

2020年01月10日 | 武蔵丘陵森林公園

photo by sachibaa

 1月6日(月)の続きです。
 お弁当の後は西口ひろばへ。


photo by takajii

 大きなモリ森ボールからスタートですね。


photo by takajii

 注意事項はよく読んでおいてください。
 子どもはどうしてもボールの上に乗りたがるけど、乗っていいのは絶対にケガをしない子だけ!?


photo by sachibaa

 さっそく走り回りますかぁ~。爺さんにはついていけません…。


photo by sachibaa

 西口ひろばは、たか爺の息子たちが子どもの頃には大きなプールがあった場所なので、かなり広いです。毎年夏には何回も遊びに来ていましたが、芋洗い状態の豊島園のプールよりもすいていたからなくなっちゃったのかぁ…。スライダーや流れるプールもあって、子どもたちもお気に入りだったんですけどね。


photo by takajii

photo by takajii

 奥の白いシートがかかった場所は、春にはネモフィラのお花畑です。


photo by takajii

photo by takajii

photo by takajii

photo by sachibaa

photo by sachibaa


photo by takajii

 むさしキッズドームへ移動します。
 幼児から小学校低学年向きの50種類の複合遊具ですが、中高学年の子どもたちは鬼ごっこがしたいみたいですね。


photo by sachibaa

 でも、鬼ごっこが始まってしまうと写真は撮れません…。


photo by sachibaa

 誰がどこにいるのかさえわからない…。


photo by sachibaa

 見つかったと思ったら、またすぐにどこかへ消えちゃうし…。


photo by sachibaa

 他の子どもたちや親子も鬼ごっこで走り回っているしねぇ…。


photo by sachibaa

photo by sachibaa

photo by sachibaa

 鬼待ち!?


photo by sachibaa

 鬼さんでございます。


photo by takajii


photo by sachibaa

photo by sachibaa

photo by sachibaa

 追い詰めましたね。


photo by sachibaa

 これにて第1ラウンド終了です。
 このあともう少しだけ遊んでから、帰りにはお年玉代わりのお年ソフトを!? それにしても、あれだけ動きまくっていたので帰りの車の中ではバタンキューかと思ったら眠りもせずに、やたらと元気な子どもたちでしたねぇ~。

冒険アスレチックとむさしキッズドーム①~キッズ冬休み~

2020年01月09日 | 武蔵丘陵森林公園

photo by sachibaa

 1月6日(月)は武蔵丘陵森林公園へ。


photo by takajii

 キッズ冬休み「冒険アスレチックとむさしキッズドーム」です。キッズ企画は今年度にて終了することにしたので、今回で最後になるかもしれません。午前中は、雑木林の中に作られた1周約1時間のアスレチックコースで遊んでもらいました。


photo by takajii

 まずは注意事項から。例によって画像が多くなってしまうので、午前と午後の2回に分けます。


photo by takajii

1.げんきもりもりごう
 参加者は3名。内2名は昨年も参加してくれていましたね。しかも、内2名は昨年末のキッズ冬休み「化石発掘体験」の午後にも冒険アスレチックだったり、現在キッズアシスタントとしても活躍してくれていたり!? 今年もよろしく!


photo by sachibaa
 
 ほんとうは上に並んでもらってまずは記念撮影の予定だったのですが、まあいいかぁ…。


photo by sachibaa

photo by sachibaa

photo by takajii


photo by sachibaa

 次に行きましょうかね。


photo by sachibaa

2.すべりだい


photo by takajii

photo by takajii

photo by takajii


photo by takajii

3.ステップかいだん


photo by takajii

4.まるたつりばし


photo by takajii

5.ロープばし


photo by takajii

6.さんかくばし(向こう側)
7.くさりばし


photo by takajii

photo by sachibaa

8.ターザンかっしゃ


photo by takajii

9.ネットマウンテン


photo by sachibaa

10.へいきんだい


photo by sachibaa

11.ピラミッドロープ


photo by sachibaa

photo by sachibaa

 ちょっと時間をとって鬼ごっこも。


photo by takajii

12.くうちゅうさんぽ


photo by takajii

photo by takajii

photo by sachibaa

photo by takajii

photo by takajii

photo by takajii

photo by sachibaa

photo by takajii

photo by takajii

photo by takajii

photo by takajii

photo by sachibaa

 今回は3名ともクリアーしておりました。


photo by sachibaa

14.かべのぼり
13.ぴょんぴょんとびは撮っていなかったかぁ…。


photo by sachibaa

 登るのは簡単なので、ワンダースクールでは横にひと回りする遊具となっております!?


photo by sachibaa

 角を回りこむのが大変みたいですね。


photo by takajii

15.グラグラえんばんも撮っていなかったので、代わりに霜を!?


photo by sachibaa

16.まるたブランコ

photo by sachibaa
photo by takajii

17.しゃめんジャンプだい


photo by sachibaa

18.ゆらゆらうんてい


photo by sachibaa


photo by sachibaa

 前回はパスしていましたが、女子たちに先を越されたらチャレンジするしかない!? やればできるのにね。


photo by sachibaa

19.ぶらさがりロープ


photo by sachibaa

20.ターザンジャンプ


photo by takajii

21.ブランコかっしゃ
22.くさりのぼりも撮っていませんでした…。


photo by sachibaa

23.ネットくぐり


photo by takajii

photo by takajii

24.ローラーすべりだいはリニューアルのため撤去されています。


photo by sachibaa

 最初のげんきもりもりごうまで戻って、周りのベンチでお弁当タイムです。午後へと続く。

凧あげと土手の初すべり~親子でワンダー~

2020年01月07日 | 冬はやっぱり土手すべり

photo by takajii

 1月5日(日)は快晴の彩湖道満グリーンパークへ。
 土手の上から見た富士山です。


photo by takajii

 彩湖道満グリーンパークは台風19号のあと全面閉鎖状態が続いていましたが、昨年12月28日(土)から一部開園となりました。この写真に写っている場所はすべて水没してしまったので、復旧作業も大変だったと思います。


photo by sachibaa

 参加者は9家族30名。例年どおり、ワンダースクールの遊び始めは親子でワンダー「凧あげと土手の初すべり」です。


photo by sachibaa

 まずは、荒川第一調整池としての役割をもつ彩湖道満グリーンパークに関しての話を少々。そのあと、子どもたちが新年早々ケガをしたりさせたりしないように注意事項も。


photo by sachibaa

 あとは凧あげでも土手すべりでも両方ともでも、親子で楽しんでもらえればOKですね。


photo by sachibaa

 以下、かなり多くなってしまいますが、例によって画像のみダダぁ~っと載せておきます…。


photo by sachibaa

 この日のベストショットかも!?


photo by sachibaa

photo by takajii

photo by sachibaa

photo by sachibaa

photo by sachibaa


photo by takajii

 凧あげも。
 撮っていた時間順に載せているので、土手すべりだったり凧あげだったりごちゃまぜになってしまいますがご容赦を…。


photo by sachibaa

 今年一番かっこよかった凧です。
 たか爺も来年はまた猛禽の凧を買いたくなりました。


photo by takajii

photo by takajii

photo by sachibaa

photo by sachibaa

photo by takajii

 いい風が吹いていて、今年は凧あげ日和でしたねぇ~。


photo by takajii

photo by chika

photo by takajii

photo by takajii


photo by sachibaa

 たか爺に出来ることは、初めてソリを使う子に乗り方を教えてあげることぐらいだなぁ…。


photo by takajii

 すぐにすべれるようになっていましたね。


photo by sachibaa

photo by chika

photo by takajii

photo by takajii


photo by sachibaa

 この子はずっと凧あげでした。


photo by sachibaa


photo by takajii

 富士山をバックに。


photo by takajii

photo by takajii

photo by takajii

photo by sachibaa

photo by chika

photo by sachibaa

photo by takajii

photo by takajii

photo by chika

photo by sachibaa

photo by sachibaa

photo by sachibaa

photo by sachibaa

photo by chika


photo by chika

 ノビル掘りも。


photo by sachibaa

 今年は念のため、台風19号の際に冠水しなかった土手の上のほうで群生している場所を見つけておきました。


photo by takajii

 たか爺が愛用のバールを使って掘ったノビルです。


photo by sachibaa

photo by sachibaa

photo by sachibaa

photo by sachibaa

photo by sachibaa

 かなり掘れましたね。
 ヨモギも摘んでいかれた方も。


photo by sachibaa

photo by chika

photo by sachibaa

 「凧あげと土手の初すべり」は12時にて終了。お天気にも恵まれ、事故もなく開催できてよかったぁ~。今年も子どもたちのたくさんの笑顔に出会えそうです。雨天や台風被害で中止となる日程も、昨年より少なくなりますように!
 たか爺たちは土手のすぐ裏側にある美女木やぶそばでお昼を食べてから帰途につきましたが、入れ違いにやって来たご家族は、小さな朽木からクワガタの幼虫も見つけていましたねぇ~。

お正月気分も本日まで

2020年01月04日 | みんなの花図鑑

 昨年も12月30日(月)は鎌倉詣で。まずは例年どおりお墓参りです。「いましばしお待ちくだされわが父とわが児眠れる墓清めをり」でした。年も明けてしまったので、たか爺のシルエット入りのお墓の写真は載せないでおきます…。代わりに、うちのお墓の前に咲いていたハキダメギクを。ここで見つかっていたら、ハカバギクとかレイエンギクとか!? かわいい花なのにねぇ…。


 お墓の後ろの斜面に咲いていた菊は、種名まではわかりません…。


 お供えの花の種が飛んだのかな?


 ブタナもちょっとかわいそうな命名ですよねぇ…。
 以上、お墓でお花見でした!?


 これは25日の鎌倉詣での際に撮っていたシンビジウムです。
 お墓参りのあとは、実家へおふくろを迎えに。帰りの環八は比較的すいていましたが、それでも家のすぐ近くまで来たら、「そろそろ2時間になります。休憩しませんか?」というやさしいナビの声が流れてきました…。
 帰宅後は、世間では居間と呼ぶらしい部屋の最後の大片づけです。1日には大人11人と子ども3人の14人が揃いますからね。


 31日(火)は、元々長男の部屋で現在足の踏み場もない倉庫となっている部屋の大片付けです。とりあえずたか爺の寝床は確保できました…。
 お正月の前に、実にめでたきこともありましたねぇ~。5月に挙式予定の三男が令和元年中に入籍! 良かったぁ~。
 午後には長男様御一行4名がご到着。孫たちのひい婆さん、たか爺、さち婆、長男、三男、長男の嫁さん、孫2人の8人が一つ屋根の下です!? 三男はほとんど飲みませんが、夜には息子たちと缶ビールのほかに、長男がお歳暮に送ってくれていたこの本格麦焼酎「初代 百助」の一升瓶の2/3は飲んだかなぁ…。

 
 1月1日(水)のお昼には、三男の嫁さん、弟夫婦、甥っ子夫婦、大姪の6人が加わって14人で「あけましておめでとうございます」! まずは日本酒やビールで乾杯です。


 弟が持ってきてくれた芋焼酎はすぐ空になり…。


 やはり弟がお歳暮に送ってくれたこちらの焼酎へ。
 2日の夜からはたか爺1人でいただいておりますが、今晩でおしまいですねぇ…。


 そしたら、長男からのお年賀もあったのかぁ~。しばらくは楽しめそうです。ありがとねぇ~。


 さち婆たちは、この「子」の下のソファーや後ろにも立ってもらったりして、ひい婆さんと孫たちを中心に写真も撮っておりました。


 1Fのトイレへは「福朗」を。たか爺は「不苦労」とはいかない年になりそうですが、まあ、なるようにしかならんでしょう。


 2日(木)には、ひい婆さんとひ孫が仲良く書初め!?


 面取り済みの竹の器にはカタツムリの絵を。
 さすがたか爺の孫でございます!?


 季節外れもいいところですが、作りたいというもので…。
 夜には長男様御一行もお帰りになり、にぎやかなお正月も終わりとなりました。


 これは昨年のヒメジョオンです。
 3日(金)は箱根駅伝を見終わってから、おふくろを送っていきました。母校の東洋大は残念ながら、今年はシード権ぎりぎりの10位に終わりましたけれどもねぇ…。
 明日からはいよいよ遊び始め!? 5日(日)は「凧あげと土手の初すべり」、6日(月)は「冒険アスレチックとむさしキッズドーム」です。来週には来年度の年間予定も決めておかないといけませんね。これから来年度の準備でドタバタでございます。   

「凧あげと土手の初すべり」事前調査

2020年01月04日 | 彩湖


 年も明けてしまって今さらですが、昨年の12月28日(土)は「凧あげと土手の初すべり」の事前調査へ。台風19号の被害を受けた、というよりも、荒川第一調整池としての役割を果たして下流部の被害を防いだ彩湖道満グリーンパークは、ようやくこの日から一部開園となりました。





 利用できるようになった中央駐車場の片隅の災害ゴミ集積場です。



 中心広場ですね。



 奥は鑑賞池。



 ここはまだ立入禁止となっていました。



 ハンノキの雄花序です。ここのハンノキも完全に水没してしまったのですが、もうすぐ花粉を飛ばすようになりますね。



 毎年「冬はやっぱり土手すべり」や「凧あげと土手の初すべり」で利用させてもらっている土手です。一見何事もなかったかのように見えますが、台風19号の際には最後のかなめとなりました。上段の階段下までは水がきて、あと数mで越水という状況でしたからねぇ…。



 土手の上から見た彩湖方向。この景色がすべて高い木の頭しか出ないほど水没してしまったわけで…。



 土手の上の彩湖の解説板です。



 ここはちゃんと載せておかないと!



 道満河岸釣り場はしばらく無理そうかな。手前の金魚釣り場や奥のヘラブナ釣り場には、現在どんな魚たちが泳いでいるんでしょうね!?





 北駐車場も利用可能となっていますが、片隅にはやはり災害ゴミ集積場が。





 駐車場のエノキの上のほうのヤドリギまで水没するほどでしたからねぇ…。



 ご無事で何より!



 もしかすると流されちゃったネコちゃんもいたのかなぁ…。



 奥の臨時駐車場はまだ立入禁止。



 鑑賞池の脇のフウの木です。



 実も付けていました。





 彩湖です。



 帰りにちょっと彩湖自然学習センターへも寄ってみました。
 こんなになっちゃったんだものなぁ…。



 屋上から見た浄化施設の原っぱです。昨年10月の「草はらジャングル探検隊」も「オギのトトロやフクロウ作り」も開催できませんでしたが、現在もまだ立入禁止となっています…。
 でも、1月5日(日)の親子でワンダー「凧あげと土手の初すべり」はどうにか開催できそうでよかったぁ~。

 12月30日から1月3日まではなんやかんやとドタバタでしたが、とりあえず例年よりもいいお正月にはなったかな。これは改めて。

あけましておめでとうございます

2020年01月01日 | ネイチャー=アート

 今年の年賀状です。今回はブログのQRコードも入れておきました。この記事を見てもらえれば、使った材料もわかりますからね!?


 今年はオギの「子」をメインにしました。目はムクロジ、耳はトチノキ、鼻はクヌギ、ヒゲは松葉、しっぽはクズです。


 葉っぱでアートのほうはシナマンサクをベースに、耳は桜とドウダンツツジ、目はフジ、鼻はヘチマ、ヒゲは松葉、足としっぽは楓ですね。


 12年前の「子」のリースも出てきたので、ついでに載せておきます。オギのフクロウは後でとめたのかな。木の実のネズミはこれまで何パターンも作っていますが、残っていたものをいっしょに撮っておきました。

 自然体感塾ワンダースクールも、皆様のおかげでこの3月にて丸20年の節目を迎えます。たか爺も来年の1月にはいよいよ前期高齢者の仲間入りをするため、4月からの第21期・2020年度に関してはファミリー会員の現地参加のみに変更させていただくことにしました。あとは1年また1年と、車の運転ができるうち自分の足で歩けるうちは続けられたらいいかなぁ~。
 これから大忙しで年間予定を決めて「年間予約表」を作成。パンフレットなどは昨年のものを使うか、多少写真を入れ替えて新しくするか考え中です。例年どおり1月下旬頃までに印刷に出せれば、2月上旬には郵送できると思います。 
 来年度もお付き合いいただける方は、引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

午後は冒険アスレチックでした~キッズ冬休み~

2019年12月31日 | 武蔵丘陵森林公園

photo by sachibaa

 12月26日(木)は「化石発掘体験」終了後、キッズ送迎の3名は滑川町の武蔵丘陵森林公園へ移動。くらかけ清流の郷は台風被害で閉鎖中ですからねぇ…。お弁当は車の中で食べてしまいました。


photo by sachibaa

 西口利用で冒険アスレチックです。残念ながら最後のローラー滑り台は使用中止ですが、1周約1時間のアスレチックコースですね。以下、画像のみほぼ時間順に載せておきます。


photo by sachibaa

photo by takajii

photo by takajii

photo by takajii

photo by sachibaa

photo by takajii

photo by sachibaa

photo by takajii

photo by takajii

photo by sachibaa

photo by takajii

photo by takajii

photo by takajii

photo by takajii

photo by sachibaa

photo by sachibaa

photo by takajii

photo by sachibaa

photo by takajii

photo by takajii

photo by sachibaa

photo by takajii

photo by takajii

photo by sachibaa

photo by takajii

photo by takajii

photo by takajii

photo by sachibaa

photo by takajii

photo by takajii

photo by sachibaa

photo by sachibaa

photo by sachibaa

photo by sachibaa

photo by sachibaa

photo by sachibaa

photo by sachibaa

photo by takajii

photo by sachibaa

photo by takajii

photo by takajii

photo by sachibaa

photo by sachibaa

photo by sachibaa

photo by takajii

photo by sachibaa

photo by sachibaa

photo by sachibaa

photo by takajii

 最後のローラー滑り台は修理中で使用中止なのかと思ったら、完全に撤去されておりました。新しいものが作られるのかな?

 とりあえず、今年のワンダースクールもこれにて無事終了です。
 28日(土)は「凧あげと土手の初すべり」の事前調査、30日(月)は鎌倉へお墓参りとおふくろのお迎えに行ってきましたが、写真もまだ取り込んでいないのでこれは年越し…。新年のご挨拶のほうが先ですね。

化石発掘体験~キッズ冬休み~

2019年12月30日 | 化石でワンダー探検隊

photo by sachibaa

 12月26日(木)は、「化石発掘体験」で東松山市の化石と自然の体験館へ。今年度にてキッズ企画は終了とするため、これが最後になるかもしれません。


photo by sachibaa

 屋外の岩割り体験コーナーです。
 後ろに見えるシートがかぶせてある場所には、工業団地の調整池を掘った際に出てきた1.500万年前の礫岩が積まれています。


photo by sachibaa

 参加者はキッズ送迎3名とファミリー現地1家族2名の5名。


photo by takajii

 まずは展示コーナーの見学から。


photo by takajii

 「複数の穿孔痕を有する緑色凝灰岩(生痕化石)」です。


photo by takajii

 カバではありません!? パレオパラドキシアですね。


photo by sachibaa

 臼歯の化石。


photo by takajii

 葛袋のサメの歯化石の解説板です。
 今回は何種類で何本見つかるでしょうか?


photo by sachibaa

 岩割り体験でこんなのが見つかったら、最高なんですけれどもねぇ~。


photo by sachibaa

 そういえば、今回の参加者はみな「化石発掘体験」にはもう何回か参加してくれている子どもたちばかりでした。


photo by takajii

 「化石発掘体験」は午前11時に、まずは注意事項から。


photo by takajii

 次に荒井先生のレクチャータイムです。


photo by sachibaa

 いよいよ宝物さがしがスタート!


photo by takajii

 テーブルごとに置かれたサンプルは、左からアオザメ属のサメの歯・オオワニザメ科のサメの歯・ウニの棘2本になります。


photo by sachibaa

 以下、「化石発掘体験」の様子と出てきた化石などを時間順に載せておきますね。


photo by takajii

photo by takajii


photo by sachibaa

 ワンダースクール組の1つ目は、上の子が見つけたオオワニザメ科のサメの歯でした。


photo by sachibaa

 次はこの子が。


photo by takajii

 貝の穿孔痕(生痕化石)を。


photo by takajii

 白い部分はフジツボのようです。


photo by sachibaa

photo by sachibaa

photo by sachibaa

photo by sachibaa


photo by takajii

 上の2人はウニの棘も。


photo by takajii

 メノウです。


photo by sachibaa

 岩割り体験ですね。


photo by sachibaa

 やはりメノウが。


photo by takajii

photo by takajii

photo by takajii

photo by takajii

 メノウは結構出てきていました。


photo by takajii


photo by takajii

 アオザメ属のサメの歯です。


photo by sachibaa

 レア物のメジロザメ属のサメの歯も出ましたねぇ~。最初にオオワニザメ科のサメの歯を見つけた子です。


photo by takajii

 お片付けをしてから標本ラベルを記入して終了。
 今回の「化石発掘体験」者は21名。出てきた化石などは33個で、その内サメの歯は6本だったとのこと。昨年は体験者17名でサメの歯25本だったので、今回はちょっと少なかった感じです。でも、その内ワンダースクール組は4名で14個、サメの歯は3本! さすがベテラン組の子どもたちでした。


photo by sachibaa

 この子はなんとトップ賞! フジツボ付きの貝の穿孔痕、アオザメ属のサメの歯、ウニの棘、メノウ3個の計6個でしたねぇ~。