たか爺のワンダースクール通信

「センス・オブ・ワンダー」をキーワードにした野遊び教室「自然体感塾ワンダースクール」の活動記録とお花中心のブログです。

冒険コースとむさしキッズドーム~キッズ冬休み~

2016年12月29日 | 武蔵丘陵森林公園
 12月28日(水)は、たか爺も遊びおさめです!?
 キッズ冬休み企画「冒険アスレチック」で武蔵丘陵森林公園ですね。



 まずは、「あそびかた」の注意書きをよく読んでもらってから、1周約1時間のアスレチック「冒険コース」へ。当り前のことしか書いてありませんが、念のため。参加者はキッズ3名+ファミリー2家族4名の7名です。



 1.げんきもりもり号



 今年は「ぽんぽこマウンテン」への移動がないので、子どもたちのお気に入りの遊具では気がすむまで遊んでもらえました。



 いきなり本日のベストショット!?



 松ぼっくり拾いに夢中になっていた子も遊びはじめます。ここの松ぼっくりは小さくて、それなりに使い勝手もよさそうなので、もちろんたか爺も30個は拾っておきましたよ…。



 2.すべりだい
 ここはまあ、リュックをしょったままでもいいでしょう。



 3.ステップかいだん



 4.まるたつりばし
 たか爺が先に渡りましたが、実は子供の頃からこういうシチュエーションは苦手でございます…。



 5.ロープばし



 あれっ?



 下りるのが苦手な子もいたのかぁ…。



 6のさんかくばしが写ってないけど…。
 7のくさりばしへとつながっています。



 けっこう慎重に渡っていましたね。



 8.ターザンかっしゃ
 冬休みはすいているので、次のグループが来るまで遊べます。



 9.ネットマウンテン
 昔、光が丘公園にも似たような遊具があって、子どもたちは擦り傷だらけになりながら、ストップウォッチでタイムを競い合っていたっけなぁ…。



 10.へいきんだい



 11.ピラミッドロープ



 少し時間をとって、自由に遊んでもらいました。



 12.くうちゅうさんぽ
 1番目から2番目へ。



 2番目と3番目です。



 3番目から4番目へ。
 


 6番目。
 4年生の2人がさっさと渡っていってしまうので、左後方に写っている5番目は撮りそこないました…。



 7番目です。



 8番目。



 この辺から少しずつ難しくなっていきます。



 9番目。



 1・2年生も、まだ落ちないで頑張っていますね。



 10番目が最後の難関。これは大人でも難しいですよねぇ…。
 昨年はなぜか6年生の2人が、ここで脱落しておりました…。



 さすがに年中さんには無理でしたが、小学生の4人は全員クリアーです! 
 1周約1時間とはいっても、ゆっくり遊びながらだとここまで1時間。テーブルとトイレもある中間地点なので、ここでお弁当タイムにしました。



 14.かべのぼり
 お弁当のあとはここからスタート。ただのぼるだけではつまらないので、ぐるりと回ってみてもらいます。



 のぼるのは簡単ですよね。



 15.グラグラえんばん



 大・中・小の3つありますが、昨年は中から小へと飛び移れた子がいました! 今年は無理でしたねぇ…。



 16.まるたブランコ



 18.ロープシーソー



 17のぶらさがりシーソーは、写真が撮れない…。
 たか爺が片方の子を持ちあげて、もう1人をロープにつかまらせようとしている間に、持ちあげられていた子が落ちてしまいます…。



 19.しゃめんジャンプ



 子供は風の子、元気な子!



 20.ゆらゆらうんてい



 これは無理かと思ったら、この子だけクリアーです!



 21.ブランコかっしゃ



 あれっ? なんか変な乗り方だなぁ…。



 ロープをよじって、ブランコを回転させながら乗ったりもしておりました。すいていると、子どもたちを自由に遊ばせてあげることができていいですね。



 22.くさりのぼり
 まあ、くさりはいらないけどねぇ…。



 23.ネットくぐり



 これも、タイムを計って遊びたいところです。



 24.ローラーすべりだい
 これが最後のお楽しみ!?



 すべりおわったら、また坂道を駆けあがります。



 1人隠れちゃったけど、5人そろって! お爺ちゃんと遊びに来ていたよその子どもたちとも、いっしょにすべっていましたね。
 なぜか1人ですべっていた爺さまも!? 途中で身につけていた何かをコースにひっかけちゃって、子どもたちに追いつかれておりました…。



 逆光ですが…。「むさしキッズドーム」です。



 特大の複合遊具のようになっています。



 子どもたちは鬼ごっこを始めたようですね。



 どこにだれがいるのかわからない…。



 ここかと思えば。



 こんなところを走っていたり。



 1人発見! かと思ったら、またすぐにどこかへ消えてしまいます…。



 子どもたちは、1時間近く走りまわっていましたねぇ~。
 お天気にも恵まれて、まさしく「子供は風の子」! 最後まで元気よく楽しそうに遊んでいたので、たか爺としては何よりでした。でも、「大人は火の子」だからなぁ…。「じじばば火の子」と言う人もおります!? 北風が強くてほんとうに寒かったなぁ…。

 昨年まではレンタサイクルで移動して、午後は「エアートランポリン」でしたが、今年は「ぽんぽこマウンテン」が工事中のため西口のわんぱく広場のみ。でも、このほうが移動時間は必要ないので、子どもたちを自由に遊ばせてあげられる時間が増えて、かえって正解だったようです。
 来年度のキッズ冬休みは、年末は夕方から中央口で「エアートランポリンとイルミネーション」、年始は西口で「冒険アスレチック」みたいな感じに分けてみるかな? 春休みの「冒険コース」は人も多いので、従来通り「冒険アスレチックとエアートランポリン」でもいいかもしれません。まあ、キッズ企画はキッズ送迎2名以上の日程のみ開催なので、来年度はどうなることやら…。ワンダースクールでも、子ども1人だけで来れる小学生は激減中ですからねぇ…。とりあえず予定だけになっちゃうかも!?

 本日29日(木)は、ついこの前トリミング済みのくん爺は今年最後のドッグ送迎シャンプー。たか爺も久しぶりにトリミングへ行ってまいりました!? このブログをアップしたら、もう少し家の中も片づけておかないとなぁ…。

晴耕雨読

2016年12月27日 | その他


 とは言っても、「晴耕雨読」という理想的な生き方のまじめなお話ではございません…。23日にいただいた焼酎の名前でございます。当然もう中身のほうはございませんが…。でも、これはおいしかったですねぇ~。
 たか爺は、昔はひたすら日本酒好みで、もう廃業してしまったお酒屋さんから一升びんが6本入るケースごと配達してもらっていて、ひと月に10本ぐらいずつは飲んでいたのかなぁ…。もちろん、まずはビールだったり、ついでに焼酎でもワインでも何でも飲んじゃっていましたけれどもねぇ…。いつからかメインは焼酎に変わって、今は麦焼酎が中心です。
 でも、この芋焼酎は香りも良くてすっきり! まあ、芋焼酎ファンにはちょっともの足りないのかもしれないけれども、たか爺にはピッタリはまる感じでしたよ。ありがとうございました!



 裏のラベルも。
 たか爺は「人生なかば」ではなくもう終活中なわけだけれども、生きている間はこう生きたいところです。まあ、たか爺の場合は「晴耕雨読」というよりも「安居楽業」かもね!?



 例年通り、昨日は玄関の水槽も掃除しておきました。生存者はアメリカザリガニとマルタニシのみ。水草は先日採集してきたマツモです。



 本日はさち婆のおともでお正月用の買い出しのあと、世間では居間と呼ぶらしい部屋の壁もお正月用に!? 玄関には、松ぼっくりの「酉」とオギの「酉」を飾る予定です。今年も出来栄えのほうはいまひとつでしたが、画像のほうは1日にアップする予定ではおります。

スターライトイルミネーションと冬の星空観察会

2016年12月24日 | 武蔵丘陵森林公園
 12月23日(金)の夜は、滑川町の国営武蔵丘陵森林公園へ。
 春から秋にかけて、さち婆と二人でよくお花見に来ているとてつもなく広ぉ~い公園です。ワンダースクールでも、春休みと冬休みのキッズ企画「冒険アスレチックとエアートランポリン」で利用させてもらっております。今年は「SATOYAMAアート展」でもお世話になりましたね。



 中央駐車場からの中央口ゲート方向。左の建物はトイレです…。
 今回はキッズクリスマス企画「スターライトイルミネーションと冬の星空観察会」。まあ、見たい子がいれば連れてきて、たか爺もいっしょに楽しませてもらっちゃうかという感じです…。昨年は雨天中止でしたが、今年は4家族11名が参加してくれました。



 ゲートを抜けると中央口広場。


photo by sachibaa

 サンタさんと雪だるまも出迎えてくれました。真ん中は森林公園のキャラクター「しんくん」なのかな? でも、「りんちゃん」はどこ?


photo by sachibaa

 パンダさんはなんだかポツリとさみしそう…。



 とりあえず、まずはこれに参加します。



 でもなぁ…。こんなところでぇ…。


photo by sachibaa

 たか爺的には「星空観察会」というよりも、3台の天体望遠鏡を使ってすばる・金星・はくちょう座の二重星を見せてもらっただけみたいな感じかな!?


 
 中央口広場正面の階段です。



 記念撮影も。



 イルミネーションに導かれながら、先へと進みます。



 植物園までの途中にもいろいろとあって、楽しめましたね。



 こんなのがあったり。



 こんなのもあったり。


photo by sachibaa

 ここはちょっと怖い感じ?



 でかいウサギに食われそうで…。



 実物大のこちらのヒョウのほうが、かわいかったです。


photo by sachibaa

 ここからカエデ園。



 真っ先に口の中へ手を入れられた子ですね。
 しばらくためらっていた子もおりました…。彩湖自然学習センターの「触ってみよう」と同じ心理状態? まあ、想像力が豊かな子なのでしょう!?



 カバも出てきたか。



 たか爺は口の中へ頭を突っこめたけれども、子どもたちだと届きませんよねぇ…。



 植物園の展示棟前に到着です。



 これは、植物園の下の芝生広場に初登場!



 今年一番の見どころ「10万球の森の湖」だそうです。
 ネッシーはGood ideaですね!


photo by sachibaa

 湖にクジラはいないと思うけど、まあいいか!?


photo by sachibaa

 写真だと、全体の広さが伝わりませんけどねぇ…。



 中にも入れるので、記念撮影も。


photo by sachibaa

 この4人は汗びっしょりになるまで、ずぅ~っと鬼ごっこで遊んでおりました…。



 こちらは展示棟の中。



 「LOVE&リース展」も開催中です。



 サンルームの「ひょうたんライトアート」は、見忘れてしまって残念…。


photo by sachibaa

 もしかすると、この日が初顔合わせだった子どもたちになるのかな?
 なんだかとても楽しそうだったけど、そろそろ戻らないとねぇ~。



 ここから帰り道ですが、まだまだ遊び足りないようでした。



 海賊のポーズ!?


 
 今度はチョウになってみるかぁ~。



 うしろのペンギンの親子のポーズのようです…。



 帰り道は、「アートフェスタ2016」開催中の針葉樹園経由で。
 子どもたちはまだ走っております…。



 「しばらくそこで、おとなしくしていなさい」!?
 というタイトルではなかったと思うけれども、これもアート作品なのかな?



 こんなものもありました。



 最後にもうひと遊びです。



 この階段を下りれば中央口広場。やっぱり1時間半では足りずに2時間コースとなりました。
 たか爺としてはイルミネーションだけでも予想以上に楽しめたし、子どもたちの冬の夜遊びも楽しそうだったので、来年も予定には入れておかないといけませんね。個人的には、やはり夜間開園する紅葉したカエデ園を見に来たことがないので、来年こそはと思っております。
 今年最後のワンダースクールも、28日(水)のキッズ冬休み「冒険アスレチック」。やはり森林公園です。「スターライトイルミネーション」のほうも29日までは開催しているので、ぜひご家族でもお出かけください。子どもたちも楽しめると思いますよ。

ミニツリー作り~ワンダーキッズ~

2016年12月22日 | ネイチャー=アート


 世間では「居間」と呼ぶらしいたか爺の仕事場です…。まだ年末のお片づけの途中ですね。
 12月21日(水)のワンダーキッズはリクエスト週。これまで土手すべりかアスレチックになることが多かったのですが、今回は「どんぐり!」ということになりました。ワンダースクールというか、たか爺ンちで開催です。



 これはクリスマス用。
 たとえ今年のどんぐりでも穴あけはもう難しいので、アクセサリー作りはできません。でも、リース・フォトフレーム・ウェルカムボード等はかなり残っているので、どんぐりや木の実を使って好きなものを作ってもらえればOKです。



 材料の物色中!?



 結局4人とも、ミニツリー作りとなりました。



 大きな松ぼっくりのスラッシュマツ利用です。



 てっぺんの松ぼっくりが普通のクロマツかアカマツですね。
 


 あとは好みに応じて、メタセコイア・シナマンサク・アオギリ・シリブカガシ等を使っております。



 +αを作っているところかな。



 この雪だるまやサンタクロース、ミニリース等も作っていきましたね。
 まあ、ワンダーキッズの子どもたちは雨の日にでもまた何か作ってもらえると思いますが、たか爺ンちでのネイチャー=アートスクールは、キッズ送迎2名以上にて平日開催のリクエストワンダーならいつでもOKです。まずは日程と作りたいものをご相談ください。

 それにしても、今年はほんとうにいろいろとありましたねぇ…。
 10月には義弟が59歳で亡くなり、11月にはけん兄と同じ年の甥が入籍していたことが判明。最近は「授かり婚」と言うらしいです!? まあ、めでたいこともあって良かったと思っていたら、今度はこの甥の親父である実弟に肝臓がんが見つかり、本日22日に腫瘍部の摘出手術でございました。
 とりあえず無事に終わってくれてホッとしましたが、ICUで本人と会う前に、いきなり摘出したばかりの肝臓を見せられてもなぁ…。しかも、目の前で腫瘍部を真っ二つに切って中を見せられてもなぁ…。肝臓全体の15%ぐらいとのことでしたが、国分牧場さんで塩釜焼きにするレバーぐらい大きかったです!? しばらくレバーは食べられないかも…。そんなことよりも、大酒のみのたか爺としては、明日はわが身ですけれどもねぇ…。

お餅つき大会~里山体験プログラム~

2016年12月20日 | 国分牧場


 国分牧場直売所の裏の河川敷です。
 12月18日(日)は東松山市の国分牧場へ。里山体験プログラム「お餅つき大会」ですね。今回も快晴です!



 まずはいつものように、河川敷に放牧されているヤギさんたちにご挨拶。



 ヤギさんたちが大好きなクワの木はもう丸坊主でしたが、ホオノキの落葉は枯れていても食べてくれます。朴葉味噌には乾燥させた葉を使うようだし、樹皮も生薬ですからねぇ~。動物たちもよくわかっているようです。クワだって、人間も実は食べるし、葉っぱだって天ぷらにしますからね。



 こちらも子どもたちの人気者です。


photo by sachibaa

 この10月から国分ファミリーの一員となったボーダーコリーの銀ちゃんですね。


photo by sachibaa

 庭のかまどで蒸したもち米を臼へ。
 いったい何臼つかせてもらったのかな? 前日の夜からの準備もさぞ大変だったでしょうねぇ…。いつもありがとうございます!


photo by sachibaa

 年間予約では25家族89名までいきましたが、実際の参加者は11家族39名です…。「餅つき禁止」の影響もあるのかな? 国分牧場さんのお客様も4~5家族は参加されていました。念のため、マスクや消毒液も用意してくれていましたね。



 お餅つき大会が始まります。


photo by sachibaa

 10時からは、10組限定の有料オプション「ローストビーフ作り」も。



 お肉に塩こしょうをして。


 
 表面を焼いてから。



 ジップロックに入れて密封します。



 炊飯器にお湯を入れて、何10分だったかな? 保温すれば出来上がりですね。



 お餅のほうも、ひと臼目がつきあがりました。



 つきたてのお餅は、からみもち・あんころもち・きな粉もち・納豆もちでいただきます! おいしいに決まっていますよねぇ~。



 芋煮汁付きです。



 お漬物もおいしかったですねぇ~。



 「お餅つき大会」は続きます。



 こちらのママは、しばらく他のご家族の返し手もやってくれておりました。幼稚園でのお餅つきの練習にもなったようですが、ありがとうございました。



 この子はすごいですね。まだ小学生ですが、1人で餅がつけておりました!
 この17年のワンダースクールでつくづくと思うのは、ほんとうに女子のほうがいろいろと頼もしい? 男子はちょっとなさけないかなぁ…、とも言えます!? まあ、男子も頼もしくなってくる中学生になっちゃうと、男女ともにお手伝いにもなかなか来られなくなっちゃいますけれどもねぇ…。


photo by sachibaa

 次々と交替で。



 親子でのお餅つきが続きます。



 お昼にみんなでいただいたお餅がつき終ったあとには、のし餅を予約されているご家族のお餅つきが始まりました。


photo by sachibaa

 ご夫婦の息もぴったり、だったのかな!?


photo by sachibaa

 杵でもち米をつぶしながらこねます。これがけっこう大変な作業なのですが、このママはなかなか様になっていたようです。


photo by sachibaa

 今回のMVPは、ワンダースクールのアシスタントにもなってくれているこの高校生だったようですねぇ~。たか爺は河川敷に行っていたので、見られなくて残念…。


photo by sachibaa

 弟も、見ていたみんなを笑わせてくれたようです!?


photo by sachibaa

 つき終ったお餅はのし餅用の袋に入れて。


photo by sachibaa

 国分牧場オリジナルののし餅作成器へ。



 あとは上に乗っかるだけです。



 河川敷に転がっていた朽木からは、クワガタの幼虫が出てきました。



 でも、1頭出ればまだ出るかと思ったら、あとはダンゴムシやらナメクジやら、アオゴミムシやらアカシマサシガメ等々のみ…。



 この5㎜あるかないかの甲虫は、たか爺にはわかりませんねぇ…。ハムシの仲間なのかなぁ…。詳しい方はご教示を!



 隙間にもぐりこんでいたらしいクビキリギスのオスも出てきました。


photo by sachibaa

 子どもたちに見てもらっているところです。


 
 つかまえられるかな?
 淡い褐色型なので、逃げられちゃうと枯草にまぎれこんでなかなか見つけられません…。

 当日の様子は、国分牧場ブログのほうも見てくださいね。国分牧場さんでの「お餅つき大会」は、ワンダースクールとしても1年の締めくくりみたいな感じになってくれているので、本当に感謝です! まだ2月の「牛肉うどん作り」と、3月の「ジャガイモ植えとピザ作り体験」が残っていますが、もちろん4月からの2017年度もお世話になる予定でいますよ。
 それにしても、国分牧場の「晴伝説」おそるべし! ワンダースクールでは2014年度からお世話になっていますが、この3年間まだ1度も雨天中止となった日はありません!! ほんとうにありがたい謎ですね!?

自然体感塾ワンダースクール 1月のご案内

2016年12月18日 | ご案内
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
自然体感塾ワンダースクール 1月のご案内   2017.1.17現在
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

このメールは、2016年度の会員の方へ送信しています。会員の方への連絡はすべて、ご登録いただいたアドレス宛へパソコンよりBCC送信。その際にメールが戻ってきてしまっていても、チェックはしておりませんのでご了解ください。

日程ごとに予約されているファミリー会員は苗字&予約人数、キッズ会員は名前を入れてありますので、必ずご確認の上キャンセル・日程や参加人数の変更・新たな参加申込等の連絡は早めにお願いいたします。私のほうでも間違いや勘違いが多々あるかもしれません…。

今年度は早めにご連絡いただける方が多くてとても助かっています。参加できなくなった場合にはすぐに連絡していただいて、私のほうでキャンセル待ちの方へ連絡という流れがスムーズにいくように、今後ともご協力のほどくれぐれもよろしくお願いいたします。

▲開催日から起算してさかのぼって7日目に当たる日以降のキャンセルに関しては、理由の如何を問わず規定のキャンセル料をいただきますのでご注意ください。キャンセル料は開催後1週間以内にお振込にてお願いいたします。お振込が確認できなかった場合には、その後の年間予約は取り消し、キャンセル待ちの方を優先させていただきます。

メール後に苗字や名前を予約人数の合計だけに変更したものをブログにアップして、変更があるたびに随時更新。最新の予約状況、追加開催や臨時開催、予定変更等に関してはブログをチェックしてください。毎月このメール後にキャンセルの連絡も入ってきますので、メールでは「受付終了」となっていても「参加申込受付中」に変わる日程も出てきます。

☆☆☆☆☆☆ 目 次 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.喪中のため年末年始のご挨拶は失礼させていただきます

2.第18期2017年度(2017年4月~2018年3月)に関して

3.1月のご案内

4.年間予約に関して

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.喪中のため年末年始のご挨拶は失礼させていただきます

義弟が10月13日に59歳で永眠いたしました
本年中に賜りましたご厚情を深謝いたします
ご挨拶は失礼させていただきますが、子どもたちやご家族の写真入りの年賀状はいつものように楽しみにお待ちしております
みなさまどうぞよいお年をお迎えください

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2.第18期2017年度(2017年4月~2018年3月)に関して

まだまったく手をつけられていませんが(…)、2017年度のご案内は2月上旬頃発送の予定でいますので、来年度もよろしくお願いいたします。メール便利用のため、住所変更のある方は事前にご連絡ください。お知り合いの方で関心のありそうな方がいらっしゃいましたら、ご紹介のほうも合わせてよろしくお願いいたします。

大きな変更はありませんが、「練馬こどもまつり」のような不特定多数を対象としたお祭りごとへの参加や、ビジターも一般公募しなければならない「ねりま遊遊スクール」等の日程は、少しずつ減らしていきたいと思っております。順番を守ってくれなかったり、並んで待たされることや受付が終了したことに文句を言ってきたり、田植えに来て水道で泥が落とせなかったことを不満に思ったり、参加人数分の参加費を払ってくれなかったりする保護者が増えてきているので、なんだかめんどくさくなってきました…。今のところ4月29日の環境省主唱「新宿御苑みどりフェスタ」、9月26日~10月1日のNACOT主催「自然観察を楽しむアート展」のみ出展予定です。

また、子どもだけでも参加できるキッズ会員の減少にともない、「サタデースクール」は今年度にて終了とします。定期コースはワンダーキッズのみ、参加希望の子がいる間は継続の予定です。春・夏・冬休み等のキッズ日程も中止となるケースが増えていますが、とりあえず来年度は継続予定です。

・ワンダーキッズ
水曜コース(大泉エリア中心)のみ来年度も継続予定。水曜コースのルート上、また他の曜日にて参加希望がある場合には早めにご相談ください。遅くても15時半までにはご自宅を出発・秋ヶ瀬公園まで40分以内のエリアなら参加可能だと思います。
現在、月曜コース(さいたま市)新設希望が出ています。
 
・リクエストワンダー
ワンダーキッズのプログラムに関しては、平日の午前・午後・放課後のいずれかの2時間、キッズ2名・ファミリー2家族以上にてリクエスト開催することもできます。4時間授業の日、開校記念日、振替休日等、日時・内容をご相談の上ご予約ください。フィールドまで一般道利用にて1時間以内の方はご自宅からの送迎も可能です。

・親子でワンダー ・キッズ&ファミリー ・アートを楽しむ観察会
例年どおり土日祭日に開催予定です。

・里山体験プログラム
受入先との日程調整等はまだこれからですが、今年度同様に寄居町のNPO法人むさしの里山研究会(またはNPO法人ノア)、やまき園、越生町の昆虫と自然の館、よしざわ自然農園、東松山市の国分牧場、嵐山町のつたえ農場、滑川町の谷津の里等のお世話になる予定です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

3.1月のご案内

防寒対策も必要ですが、動きやすく汚れてもいい服装、お子様が自分で脱いだり着たりしやすい服装がベストです。体を動かして暑くなったら脱ぐ、寒くなったら着る、自分の体の状態は自分で判断してください。また、調子に乗りすぎてケガをしたりケガをさせたりしないように、くれぐれもご注意ください。

**************************************************************

★12月21日(水) ワンダーキッズ③「リクエスト」

「どんぐりマジック」に決定しました。どんぐりへの穴あけはもうできないと思うのでアクセサリー作りは難しいかもしれませんが、リース・フォトフレーム・ウェルカムボード等はありますので、どんぐり・松ぼっくり・その他の木の実等を使って好きなものを作っていってください。クリスマスのリース作りは中止したため、クリスマス関係でもOKです。大き目の松ぼっくりのスラッシュマツもあるので、ミニツリーも作れますよ。

□放課後 □ワンダースクール □定員6名
□持物 飲物・作品を持ち帰るための空箱等 
□参加費 キッズ送迎:2.000円/1名
⇒終了しました。

**************************************************************

★12月23日(金) キッズクリスマス
「クリスマスイルミネーションと冬の星空観察会」


今年のスターライトイルミネーションは中央口~カエデ園~植物園までとなっていて、植物園の「10万球の森の湖」が目玉になっているようです。当日の混み具合にもよりますが、18時から先に中央口近くで星空観察のあと、大人の足でまっすぐ歩いて片道15分ぐらいの距離を植物園まで往復する感じになると思います。送迎の方は20時近くまでになってしまうかもしれませんね。

□18時-19時半 □武蔵丘陵森林公園・中央口エリア 
□定員 送迎8名+ファミリー現地で20名
□持物 防寒対策・懐中電灯・飲物・(イルミネーションの撮影をしたい方はカメラ)等 ※必要な方は軽食持参。中央口や植物園等の売店にも軽食はありますが、時間的に難しいかもしれませんね。
□参加費 キッズ&ファミリー送迎:3.000円/1名
       ファミリー現地:駐車料金・入園料等実費
□雨天中止(星空観察会は曇天でも中止)
※当日14時以降に判断とのこと
⇒終了しました。

**************************************************************

★12月27日(火) キッズ冬休み「金魚釣り大会」

⇒中止します。
日程は問わずキッズ送迎2名以上にてリクエストワンダー開催はOKです。

**************************************************************

★12月28日(水) キッズ冬休み「冒険アスレチック」

▲残念ながら、運動広場の「ぽんぽこマウンテン」(エアートランポリン)は修繕工事のため利用休止中です…。
午前中は、1周約1時間・24の遊具があるわんぱく広場の「冒険コース」。お弁当のあとは、西口広場のモリモリボール、むさしキッズドーム等で自由に遊んでください。

□10時半-14時頃 □武蔵丘陵森林公園
□定員 送迎8名+ファミリー現地で20名
□持物 動きやすい服装・お弁当・飲物等
□参加費 キッズ&ファミリー送迎:3.000円/1名
       ファミリー現地:駐車料金・入園料等実費
⇒終了しました。

**************************************************************

★1月5日(木) キッズ冬休み「初釣りでございマス」

秋よりも釣れるとは思います。大会ではありませんので初心者も可。ただし、自分で魚もつかめない子には魚釣りは無理ですよね…。

□11時-14時半 □日高市・西部マス釣り場 ※高麗駅から徒歩15分
▲キッズ小3以上・ファミリー小1以上。ご両親揃って参加される場合のみ未就学児の弟や妹の参加も可。
□持物 長靴・お弁当・飲物・敷物・(魚をつかむための)軍手やタオル・(釣った魚を持ち帰るための)保冷バッグ&保冷剤・着替え等
□参加費 キッズ送迎:4.000円/1名 ファミリー送迎:4.000円/1名
       ファミリー現地:3.000円/1名
※いずれも遊漁料・貸竿・餌代を含む
⇒終了しました。

**************************************************************

★1月7日(土) キッズ冬休み「春の七草がゆと土手の初すべり」

中止します。「春の七草がゆ」にはたか爺とさち婆のみ申込済です。午後は秋ヶ瀬公園へ「冬の森探検」の事前調査に行くことにしました。
⇒行ってきました。

**************************************************************

★1月8日(日) 親子でワンダー「凧あげと土手の初すべり」

凧、ソリやダンボール等のすべる道具は各自でご用意ください。凧あげだけでも土手すべりだけでも両方ともでもOKです。ご家族単位で自由に遊んでくださいね。

□10時-12時 □彩湖道満グリーンパーク □定員40名
□持物 凧あげをしたい方は凧、ソリやダンボール等のすべる道具・動きやすくて汚れてもいい服装・飲物(自販機もあり)・(午後も金魚釣り等で遊んでいかれる方はお弁当 ※釣堀の売店でカップ麺は売っています)・(ノビル堀りをしたい場合はスコップとレジ袋)等
□参加費 ファミリー送迎:1.500円/1名
       ファミリー現地:1.000円/1名または3.000円/1家族
⇒終了しました。

**************************************************************

★1月9日(月) キッズ&ファミリー「天然氷のスケートリンク」

アシスタントのまさパパのスケート教室です。たか爺は滑れませんので写真撮影のみ…。天然氷の野外スケート場のため、天候や気温次第で滑走不可となり中止となる可能性もあります。
▲ファミリー参加の方は、必ず保護者が付き添っていっしょに滑ってください。また、年間加入してもらっているスポーツ安全保険の区分は、子どもはスポーツも対象となりますが、大人は通常の活動のみでスケートは対象外です。保護者の方はご了解の上ご参加ください。まさパパのみスポーツ指導可の区分で加入しています。
 
□10時半-14時 □上サスケート場
□定員 送迎7名+ファミリー現地で20名
▲キッズ小3以上・ファミリー小1以上。ご両親揃って参加される場合のみ未就学児の弟や妹の参加も可。
□持物 お弁当・あたたかい飲物・帽子(子どもはヘルメットも借りられます)・手袋(厚手)・(肘・膝用のプロテクター等尚可)
□参加費 キッズ送迎:3.000円/1名 ファミリー送迎:3.000円/1名
       ファミリー現地:1.500円/1名 ▲参加人数にかかわらず
⇒リンクが滑走不可のため中止。22日(日)に順延します。

**************************************************************

★1月11日(水) ワンダーキッズ①「凧あげと土手の初すべり」

凧、ソリやダンボール等のすべる道具は各自でご用意ください。凧あげだけでも土手すべりだけでも両方ともでもOKです。
お天気がよければ、富士山の横に沈む夕陽も見られるかな?

□放課後 □彩湖道満グリーンパーク □定員8名
□持物 凧、ソリやダンボール等のすべる道具・汚れてもいい服装・飲物等
□参加費 キッズ送迎:2.000円/1名
⇒終了しました。

**************************************************************

★1月14日(土) キッズお試し「サメの歯の化石さがし」

かつてサメの歯が多産していた東松山市葛袋の化石産地は、工業団地の造成に伴い消失しました…。貴重な産地を保全するどころか工業団地の誘致に走った東松山市に対しては、たか爺は今でもとんでもないことをしてくれたものだと思っております…。そしたらなんと、工事の際に出た岩石を使った化石発掘体験ができる施設が昨年の4月にオープンしておりました。せめてもの罪滅ぼしのつもりなのかな!? とりあえず、どんな施設でどんな体験ができるのか見にいきたいので、キッズ会員(&ファミリー会員の小学生)対象に臨時お試し開催です。

□15時-17時 □東松山市・化石と自然の体験館
□参加費 キッズ送迎:3.000円/1名
⇒終了しました。

**************************************************************

★1月15日(日) 里山体験プログラム
「冬の自然観察会~昆虫・植物の越冬と冬の野草~」


講師は埼玉昆虫談話会のたか爺の虫の師匠たちです。送迎の方また希望者(事前にご連絡ください)はお弁当持参にて、午後は14時頃までよしざわ自然農園でちょっと遊んでいく予定。今年も竹が切ってあったらコップやお皿も作れるかもしれません。

□10時半-12時 □越生町・おごせ昆虫と自然の館 □定員30名
□持物 (例年だとプールの虫さがしもあるかと思うので)魚とり網・飲物・(午後も参加される方はお弁当)・(川の生きものさがしをしたい方は長靴)等。
□参加費 キッズ&ファミリー送迎:3.000円/1名
       ファミリー現地:1.000円/1名または3.000円/1家族
⇒終了しました。

**************************************************************

★1月18日(水) ワンダーキッズ②「冬の森探検-1」

冬の虫たちを探したり、池の氷がはっていれば氷で、またセイタカアワダチソウの槍投げ等で遊んだりします。

□放課後 □秋ヶ瀬公園・ピクニックの森 □定員8名
□持物 動きやすくて汚れてもいい服装・飲物・(池の生きものさがしがしたい子は魚とり網)・(生きものを持ち帰る方は入れもの)等
□参加費 キッズ送迎:2.000円/1名

**************************************************************

★1月21日(土) 里山体験プログラム「田んぼで焼きいも」

枯草や枯枝を集めてたき火⇒焼いものの準備をして投入⇒お芋が焼きあがるまでは冬の生きものさがしや凧あげ等で自由に遊んでください。
送迎の方また希望者(事前にご連絡ください)はお弁当持参にて、午後は深谷市へ移動して古墳でお弁当!? そのあと荒川河川敷へ出て、14時頃まで化石林の観察。化石探しもできます。

□10時半-12時頃 □田んぼ生きもの公園 □定員40名
□持物 長靴・軍手・敷物・飲物・(凧あげをしたい方は凧)・(用水路の生きものさがしをしたい方は魚とり網や入れもの)・(着替え)・(お弁当)等
▲井戸は埋めてしまったので、必要な方は手洗い用の水やウェットティッシュをご持参ください。
※午後に化石さがしもしたい方は、ゴーグル・ハンマー・タガネ(またはマイナスドライバー)・新聞紙・タッパーなどの入れものが必要です。
□参加費 キッズ&ファミリー送迎:3.000円/1名
       ファミリー現地:1.000円/1名または3.000円/1家族

参加申込受付中。現在、キッズ送迎3名・ファミリー送迎1家族3名・ファミリー現地8家族23名の29名。
▲1家族3名が送迎のキャンセル待ちとなっています。

キッズアシスタント募集。受付・引率・撮影中心です。アシスタント1名決定済。

**************************************************************

★1月22日(日) 順延日程
キッズ&ファミリー「天然氷のスケートリンク」


アシスタントのまさパパのスケート教室です。たか爺は滑れませんので写真撮影のみ…。天然氷の野外スケート場のため、天候や気温次第で滑走不可となり中止となる可能性もあります。
▲ファミリー参加の方は、必ず保護者が付き添っていっしょに滑ってください。また、年間加入してもらっているスポーツ安全保険の区分は、子どもはスポーツも対象となりますが、大人は通常の活動のみでスケートは対象外です。保護者の方はご了解の上ご参加ください。まさパパのみスポーツ指導可の区分で加入しています。
 
□10時半-14時 □上サスケート場
□定員 送迎7名+ファミリー現地で20名
▲キッズ小3以上・ファミリー小1以上。ご両親揃って参加される場合のみ未就学児の弟や妹の参加も可。
□持物 お弁当・あたたかい飲物・帽子(子どもはヘルメットも借りられます)・手袋(厚手)・(肘・膝用のプロテクター等尚可)
□参加費 キッズ送迎:3.000円/1名 ファミリー送迎:3.000円/1名
       ファミリー現地:1.500円/1名 ▲参加人数にかかわらず

参加申込受付中。現在、ファミリー現地4家族8名。
※アシスタント1名決定済。

**************************************************************

★1月25日(水) ワンダーキッズ③「冬の森探検-2」

2月の冬クワ用の倒木や朽木を探しながら、森の中へも踏みこんでみる予定!? 宝の山や倒木の上で遊んだりもします。

□放課後 □定員8名 □秋ヶ瀬公園・子供の森
□持物 動きやすくて汚れてもいい服装・飲物・(生きものを持ち帰る方は入れもの)等 
□参加費 キッズ送迎:2.000円/1名

**************************************************************

★1月28日(土) サタデースクール「冬の森探検」

冬の虫たちを探したり、池の氷がはっていれば氷で、またセイタカアワダチソウの槍投げ等で遊んだりします。

□14時-16時 □秋ヶ瀬公園 
□定員 送迎8名+ファミリー現地で20名 ▲ファミリー小1以上
□持物 動きやすくて汚れてもいい服装・飲物・(池の生きものさがしがしたい子は魚とり網)・(生きものを持ち帰る方は入れもの)等
□参加費 キッズ送迎:3.000円/1名 ファミリー送迎:1.500円/1名
       ファミリー現地:1.000円/1名または3.000円/1家族

参加申込受付中。現在、キッズ送迎1名・ファミリー現地4家族13名の14
名。
※アシスタント1名決定済。

**************************************************************

★1月29日(日) 親子でワンダー「冬の森探検」

冬の虫たちを探したり、池の氷がはっていれば氷で、またセイタカアワダチソウの槍投げ等で遊んだりします。

□10時-12時 □秋ヶ瀬公園 □定員20名(30名まで受付)
▲午前のみ開催に変更します。
□持物 動きやすくて汚れてもいい服装・飲物・(池の生きものさがしがしたい子は魚とり網)・(生きものを持ち帰る方は入れもの)等
□参加費 ファミリー送迎:1.500円/1名
       ファミリー現地:1.000円/1名または3.000円/1家族

⇒送迎1家族4名・現地9家族32名の10家族36名にて受付終了。
▲キャンセル待ち1家族3名。
※アシスタント1名・キッズアシスタント1名決定済。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

4.年間予約に関して

「年間予約表」の日時・内容等は、ワンダーキッズの日程を除く(夏休み期間の日程は記載)2016年1月現在の予定です。この「〇月のご案内」等にて随時お知らせいたしますが、今後開催の有無も含めて変更もあります。また、基本的にキッズ日程は参加者2名以上、ファミリー日程は参加者3家族以上、里山体験プログラムは受入先の最少催行人数以上にて開催となります点、ご了解ください。

[年間予約後のキャンセル]

・年間予約された日程に関しては、キャンセル待ちとなっている日程も含めて、参加できないことがわかった時点ですぐにキャンセルのメールをしてください。
⇒キャンセル待ちとなっている方へは、その都度個別に参加OKになった旨メールします。必ず参加or不参加の返信をお願いいたします。翌々日までに返信がなかった場合には、キャンセル待ちのキャンセルと判断させていただいて次の方へと回させていただきますが、早めに返信していただけると助かります。
・「〇月のご案内」の際に予約の有無を再度ご確認の上、開催日の7日前以降のキャンセルは極力避けてください。キャンセル待ちの方や、里山体験プログラムでは参加予定人数に合わせて準備をしてくれている受入先の方たちへも迷惑をかけてしまいます。

[キャンセル料]

開催日から起算してさかのぼって7日目に当たる日以降のキャンセルに関しては、理由の如何を問わず下記のキャンセル料をいただきます。開催後1週間以内に振込にてお願いいたします。
▲無連絡不参加またキャンセル料のお振込がなかった場合には、その後の年間予約は取り消し、キャンセル待ちの方を優先させていただきます。ご了解ください。

・開催日当日開始時間後または無連絡不参加 100%
・開催日当日開始時間前 50%
・開催日前日 40%
・開催日から起算してさかのぼって7日目に当たる日以降 30%

限られた定員内とはなりますが、1人でも多くの方がご参加いただけるよう、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

何かご不明な点等がありましたらメールしてください。
いつもバタバタと作成しているので、間違いや勘違い等が多々あるかもしれません…。
ご指摘いただけると助かります!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

くん爺の近況です

2016年12月16日 | その他


 15日に撮ったたか爺の愛犬のくん爺です。
 犬はいいですよね。じじいになっても、トリミングから帰ってくると遠目には子犬みたい!? たか爺もそろそろ床屋さんへ行ってこないといけませんが、人間のじじいはじじいのまんまです…。



 遺影用に写真もトリミング!?
 まあ、目は白内障で耳もよく聴こえていないし、心臓の薬を服用しながら寝てばかりいるし、最近は寝てても歩いててもおしっこはおもらししちゃうし、なんだか自分の行く末を見ているようで…。
 


 くん爺も来年の2月には16歳になるので、人間だと80歳ぐらい。パピヨンの平均寿命は12~15歳ということなので、あとはもう1日でも長くいっしょに過ごせたらいいなぁという感じですね。
 


 たか爺特製のブロックを積んだだけの階段で、庭から部屋へ戻ってくるところです。まだ自分で歩けるし、相変わらず食いしん坊なので、意外と長生きしてくれるのかな。



 お帰りなさい。写真を撮られることが大嫌いなので、ご機嫌は斜めでございます…。年明けには定期健診に連れて行かないといけませんね。

ちびっ子広場で自由に遊んでもらいました~ワンダーキッズ~

2016年12月15日 | 光が丘公園


 12月14日(水)のワンダーキッズは光が丘公園。例年どおり、ちびっ子広場で自由に遊んでもらいました。12月の放課後はすぐに暗くなってしまうので、なるべく近くの公園利用です。



 注意事項のあと、今年はめずらしく円形の雲梯からスタートしました。



 毎年、このエンドレスターザンロープから遊びはじめることが多いんですけれどもね。そういえば以前、怖くてできなかった子や、途中で落っこちていた子もいたっけなぁ…。



 昔は普通のターザンロープでしたが、こっちのほうがカーブもあってスリル満点です。中学か高校かで勉強する遠心力、今のうちに体感しておいてくださいね!? 休日には、わざわざ遠くから遊びにくるご家族も多いみたいですよ。



 ロープだけを勢いよく走らせて遊んだりもしておりました。最後に反動でどこに跳ね上がるかわからないロープをよけるのが、楽しかったみたいです。



 昨年までは木製のアスレチックのようだった滑り台は、幼児向きに変わっていましたねぇ…。これでも一応、今どきの小学生向きということのようです…。



 ザイルクライミングも子どもたちには人気があります。



 上までのぼれない子もいたので、鬼ごっこまではできませんでしたけれどもね。



 これはなぁ…。幼児というより赤ちゃん用!? 昨年まではありませんでした。3歳から6歳用になっていましたが、3歳ぐらいから普通のブランコを使わせないと、小学生になっても自分でブランコがこげなかったり、ブランコでケガをする子も増えそうだなぁ…。で、公園からブランコも消える!?



 何をたくらんでいるのか、わかりますよね? パパやママと遊びにきていた小さな子どもたちも、お手伝いしてくれたりしておりました。



 これがやりたかったわけですねぇ~。



 どうせなら2人同時にやってくれぇ~。



 このあと落葉合戦も。



 アナ雪の歌をうたいながら、雪ではなく落葉をまいておりました…。



 干物になっていたヒキガエルを見ているところです…。たか爺は「カエルが作れそうな木の皮発見!」と、喜んで拾ってしまいましたが…。



 これも幼児用の複合遊具ですね。



 これは、「ニョッキー」とかいうやつだったかな。



 ちびっ子広場ですが、一角にはじじばば向きの健康遊具もあります。



 「平均台」とか書いてあったような…。これは多分手すり付きの平均台ということなんだろうけれども、使い方がわからない遊具も多い感じです。



 なんかちょっと怖いんだけど…。これはこれで背筋をのばすための正しい使い方なんでしょうね。椎間板ヘルニア持ちのたか爺も、鉄棒にはちょこっとぶら下がっておきましたよ。



 これは足裏マッサージ用です。



 じじばば向きの健康遊具でも遊んだあとは、腰の曲がったばあさまたちになっておりました…。毎年子どもたちはまだまだ遊び足りない感じですが、1月になれば少しずつ日も伸びて、遊べる時間も増えていきます。もう少し我慢してくださいね。
 来週は今年最後のワンダーキッズでリクエスト週。「どんぐりマジック」がいいということなので、たか爺ンちで開催です。どんぐりへの穴あけはもうできないと思うのでアクセサリー作りは難しいと思いますが、リース・フォトフレーム・ウェルカムボード等はありますので、家にあるどんぐり・松ぼっくり・その他の木の実等を使って好きなものを作っていってください。クリスマスのリース作りは中止したため、クリスマス関係でもOKです。大き目の松ぼっくりのスラッシュマツもあるので、ミニツリーも作れますよ。

くっつきむしの草の実ビンゴ~アートを楽しむ観察会~

2016年12月13日 | 秋ヶ瀬公園


 12月11日(日)の午前中は、アートを楽しむ観察会「くっつきむしの草の実ビンゴ」で秋ヶ瀬公園のピクニックの森へ。ザリガニの池の冬景色です。



 こちらはちょうど1週間前、12月4日(日)の事前調査のときの画像です。
 この1週間で木々の葉っぱもすっかり落ちてしまいました。お手紙でのご挨拶的にはいずれも初冬になるんだろうけれども、たか爺の実感としては先週まではまだ晩秋で、今週から初冬に入ったような感じですね。
 参加者は昨年と同じく、キッズ1名・ファミリー2家族4名の5名のみ。たか爺としてはのんびりコースです。虫好きな子も多いワンダースクールですが、「くっつきむし」となると虫よりは人気ないかな!?



 集合場所の近くで見つかったくっつきむしの種類を調べているところですね。この一角だけでもう、イノコズチ・チヂミザサ・ダイコンソウ・コセンダングサの4種類は見つけておりました。



 たか爺オリジナルのビンゴ盤の裏側に付けている資料です。
 一昔前の2006年に作ったものなのでそろそろ新しくしたいのですが、他の資料同様になかなかねぇ…。



 ヌスビトハギも歩きはじめてすぐに見つかりました。



 今度は何が見つかったのかな?



 キンミズヒキでした。チカラシバにもここで気づいてくれましたね。



 イノコズチにまぎれるような感じで見つけにくいミズヒキを見つけたところです。先の資料には載せていません。



 ウマノミツバには数年前に気づいて、その後もこの場所でしか見たことがないので、やはり資料には載せていませんね。



 メダカの池です。
 スイレンは昔、何か勘違いしている不届き者が入れたようですね…。本来なら公園管理事務所の許可をもらって駆除したいところですが、たか爺は花も好きだからなぁ…。



 この17年間のワンダースクールで、というか、たか爺の子どもたちやお友達たちを連れて遊びに来ていたもっと大昔から、この公園では一度も見たことがない水草です。昨年までは見当たらなかったと思うのですが、ものすごい勢いで繁茂しておりました。
 マツモ? だとすると、日本にも自生している水草でメダカとの相性もいい絶滅危惧種となりますが、元々自生していたものなのか、誰かが入れたものなのかはわかりませんね。



 この池の奥のほうまで行って探す予定でいたオオオナモミは、近くで見つかって良かったです。



 ヤブタバコを見つけたところですね。



 アレチヌスビトハギです。
 残念ながら今年は、ミズタマソウやメナモミは見つかりませんでした。



 ヘクソカズラの実は「リンゴ」の匂い!?
 昔から野菜関係の匂いをあげる子が多くて、臭くてたまらないような顔をする子のほうが少ない感じですね。『みんなの花図鑑』では、サオトメカズラという別名が定着しつつあります。この日の子どもたちは、むしろヤブタバコの匂いのほうが苦手なようでした。



 落葉の吹きだまりでもちょっと遊ばせてもらいます。



 落葉のプールですね。



 ガマの穂でも。



 遊ばせてもらわないと…。



 綿毛がくっつきむしよりも服にくっついて、もう大変です…。



 子どもたちの作品です。
 100均のフレームに、今年はタオル地を使用。マス目が小さすぎて「ビンゴ」にはなっていませんが、よくくっついてくれてよかったですね。



 これが一番よくまとまっていたでしょうか。
 イノコズチ・チヂミザサ・ダイコンソウ・コセンダングサ・ヌスビトハギ・キンミズヒキ・チカラシバ・ミズヒキ・ウマノミツバ・オオオナモミ・ヤブタバコ・アレチヌスビトハギの12種類でした。

松ぼっくりの整理の予定でしたが…

2016年12月10日 | ネイチャー=アート
 本日12月10日(土)の「クリスマスのリース作り」は、参加希望者が1名となってしまったため中止しました…。で、8日(木)からは、年末のお片づけを開始すべくまずは松ぼっくりの整理です。
 でも、松ぼっくりなんて見ちゃったらねぇ…。来年の干支の「酉」作りに…。普通の松ぼっくり2個とスラッシュマツ2個を使ってほぼ完成しましたが、まだアップはしないでおきます!?



 ミニツリー用の大きな松ぼっくりはスラッシュマツ。白のスプレーだけはかけておきました。このままだとまっすぐには立ってくれませんが、右上の植木鉢を使うといい感じになってくれます。



 こんな感じです。昨年サンプル用に作っておいたものですね。
 結局、スラッシュマツとストローブマツの松ぼっくりのみ整理完了…。来年の12月まで2階のお蔵入りかな!?



 昨年の冬に集めておいたリースにも、スプレーだけはかけておきました。
 オギのトトロやフクロウ用です。



 これは今年のヨシ&オギのフクロウさん。嘴にはスダジイ、脚にはコノテガシワを使っています。
 でも、リースに固定するための結束バンドを隠すために、松ぼっくりを付け始めたらとまらない…。1周ぐるりだけはどうにか踏みとどまりましたけれども…。グルーガンを使えば早いのですが、あとでとれやすくてね。たか爺は1個1個木工用ボンドでとめていくので、時間がかかります…。



 やっぱり「酉」も作っておかないと…。
 鶏冠と嘴は1個の小さな松ぼっくり、目はフウセンカズラ、脚はシナマンサク、花はスダジイ、鶴はガガイモ、亀はニガウリです。
 2階のお蔵もいっぱいになってきたので、書類関係は少しずつ処分しているのですが、どんぐりやら松ぼっくりやら他の木の実や木の枝等はなかなか捨てられなくてなぁ…。

冬はやっぱり土手すべり~ワンダーキッズ~

2016年12月08日 | 冬はやっぱり土手すべり


 富士山も夕陽も雲に隠れてしまって、ちょっと残念…。
 12月7日(水)のワンダーキッズも彩湖道満グリーンパークです。



 「冬はやっぱり土手すべり」ですね。



 あらっ!? ソリの2人は…。
 滑りはじめた途端にこんな恰好になってしまっては…。



 正しい乗り方を覚えてもらってから、再スタートです。



 乗り方さえわかれば、あとはスイスイ滑れます。



 難関コースもクリアーですね。



 2人乗りも。



 ヒップソリもよく滑っておりました。



 「天使の梯子」です。気象用語としては「薄明光線」というのかな。



 何を見つけたのかと思ったら。



 ちょっとえぐいので、リンク付きサムネイルにしておきます…。もの好きな方はクリックして見てください。ケバエの仲間の幼虫たちです。まあ、普通はもっとおぞましいぐらいの大集団になりますけどね!?



 やっぱりこれもやりますかぁ…。土手ころがり競争です。



 あとは真っ暗になるまで、土手を滑りおりながら大声で願いごとを叫びまくっておりました。滑り終わるまでに言えたら、願いがかなうそうです!?
 初めは「クリスマスプレゼントわぁ~!」みたいな感じでしたが、流れ的に次はみんなで「お年玉がいっぱいもらえますようにぃ~~!」。あとは、「家族みんなが長生きできますようにぃ~!」とか、「来年は国語算数理科社会の勉強がうまくいきますようにぃ~! あっ、家庭科もあったか…。」とか。最後は「この願いがぜんぶかないますようにぃ~~~!」でしたね。



 帰りの幸魂大橋です。
 そういえば、この日の夜の「2016 FNS歌謡祭」の長渕剛の叫びも、良かったなぁ~!

まさしく「ネイチャー=アート」でしょ!?

2016年12月06日 | ネイチャー=アート


 12月4日(日)は、帰りにさくら草公園へもちょっとだけ寄りました。
 なんだかハルジオン風のヒメジョオン!? 茎の中を見るためにちぎっちゃったので、そのままお持ち帰りです。水切りしてコップに活けてありますが、ピンクの蕾も開きはじめていますよ。



 特別天然記念物のサクラソウ自生地は、この時期はオギの海です。
 でも、1月には野焼きですよね。



 自生地の中へ入ると見上げるほどです。



 右端のものは、なんだか嘴の長い鳥がとまっているみたい!?



 ツルマメです。さやがねじれて、種を飛ばしたあとですね。
 


 コカモメヅルになるのかな?
 たか爺は、初めて見た綿毛付きの種に感激です! ガガイモよりかなり小さいけれども、やはり妖精のようにふわふわと舞います。



 センニンソウは、仙人のひげや白髪に見える?



 キンミズヒキです。



 草紅葉もきれいでしたね。



 こっちはもっときれい!



 ゲンノショウコですが、写真はうまく撮れない…。



 で、この3本だけ採集させてもらって、帰宅後すぐに「葉っぱでアート」しておきました。まさしく「ネイチャー=アート」でしょ!? スキャナーで取りこんだあと押し葉にもしておきましたが、色は残らないかなぁ…。

 そういえば、11月23日のねりま遊遊スクール「葉っぱでアート」の実施報告書を、教育委員会へまだ提出しておりませんでした…。本日あわてて作成して提出…。そろそろ来年度の年間予定も組みはじめないといけないのに、「里山体験プログラム」でご協力いただいている方たちへのお願いも、まだこれからですねぇ…。
 なんだかいろいろと追いつかなくなってきているので、来年度からは「練馬こどもまつり」のような不特定多数の方を対象としたお祭りごとへの参加や、ビジターの一般公募もしなければいけない「ねりま遊遊スクール」の講座数も、少しずつ減らしていきたいと思っております。
 なんかさぁ…。「モンスター」とまでは言わないけれども、ここ数年変な親御さんたちも急増中ですからねぇ…。還暦以後の余生は、いい加減なたか爺とお付き合いいただけるもの好きな会員の方たちだけと、1年また1年と楽しませてもらえればそれだけでもう充分ですよねぇ~。

「くっつきむしの草の実ビンゴ」事前調査

2016年12月06日 | 秋ヶ瀬公園
 12月4日(日)は、午前中の親子でワンダー「冬はやっぱり土手すべり」のあと、ちょっとだけ浄化施設の原っぱへも寄りました。



 セイタカアワダチソウはもうこんな「泡立ち」状態だし、オギやススキの穂も開いてしまっていますが、ヨシの穂がもう少しだけ欲しかったもので…。まだ使えそうなものを探すのに苦労しましたが、何本か手に入れられましたね。



 土手では撮っていなかったセイヨウタンポポです。



 ノイバラですね。



 スズメウリも。



 これは秋ヶ瀬公園のオオカマキリの卵鞘。
 午後はピクニックの森で、「くっつきむしの草の実ビンゴ」の事前調査でした。



 たか爺お気に入りのザリガニの池の冬景色です。



 オニグルミの葉痕は「忍者でごザル」!?



 くっつきむしで一番目立つのは、やっぱりイノコズチです。現在はヒカゲとヒナタに分けられているようですが、ワンダースクールではそこまで厳密に分ける必要もないでしょう。



 次はコセンダングサ。地域によってはこちらのほうが猛威をふるっている場所も増えています。



 花もまだ残っていました。



 「ウニぃ~!」のチカラシバです。



 ベタベタのチヂミザサ。



 キンミズヒキは「サンタさんの帽子」の形!?。



 ダイコンソウです。



 ミズヒキも見つかりました。



 ヌスビトハギ。



 ウマノミツバです。



 ヤブタバコですね。



 最後に見つかったアレチヌスビトハギ。彩湖道満グリーンパークではこっちが主流ですが、幸いピクニックの森ではヌスビトハギのほうが以前から主流派のままです。
 今年もくっつきむしは11種類見つかったのですが、なぜか子どもたちの人気№1のオオオナモミが例年出てくる場所でも見つからない…。たか爺お気に入りのミズタマソウも、森の中まで探してみたけれども見つかりませんでした…。当日見つかってくれるといいですね。

冬はやっぱり土手すべり~親子でワンダー~

2016年12月05日 | 冬はやっぱり土手すべり


 12月4日(日)の午前中も彩湖道満グリーンパークです。



 親子でワンダーの「冬はやっぱり土手すべり」ですね。



 参加者は4家族11名。



 前日に続いてお天気にもめぐまれ、12月とは思えない暖かい日になったので、なんだかちょっともったいなかったですねぇ…。



 4家族ともソリ持参です。



 段ボールも。



 楽しそうでした。



 最難関のコースにチャレンジ中です。



 二回目で見事にクリアー!



 ベニシジミを捕まえていた子です。素手でチョウにダメージも与えずに何匹も捕まえておりました。これは大したものですよ。



 写真は3日に撮ったものですが、ヒメアカタテハも飛んでいました。



 11時からは中央広場の「落ち葉プール」へ。



 先週末の予定が雨天順延となったようで、ラッキーでしたね。



 まずは温泉気分!?



 でも、すぐに大騒ぎですよねぇ~。



 ママに放りこんでもらったりもして。



 ロケットラワンでもひと遊び。



 カメムシを見つけていた子です。ツヤアオカメムシかな。落ち葉プールはエノキやケヤキの落葉中心でしたが、虫こぶやら幼虫の食痕やらもやたらと見つけていました。
 たか爺は12時で失礼しましたが、午後もそのまま彩湖道満グリーンパークで遊んでいかれたご家族が多かったようです。これから寒くなりますが、ぜひまたご家族だけでも冬には冬の野遊びを楽しんでくださいね。

冬はやっぱり土手すべり~サタデースクール~

2016年12月05日 | 冬はやっぱり土手すべり


 12月3日(土)のサタデースクールは彩湖道満グリーンパーク。



 「冬はやっぱり土手すべり」の季節到来ですよねぇ~。
 土手すべりに関しては、前の記事もご参照ください。



 参加者はキッズ1名+ファミリー3家族9名の10名。



 昔から定番の段ボールです。



 ちょっとコツがいるけれども、持ち運びには便利なヒップソリですね。
 この子は完璧に使いこなしておりました。



 やはり一番よくすべるソリも、今は手に入れやすいです。スノーボートとかで検索すればすぐに出てくるし、ヒップソリもスノーボートもネットで買えてしまう時代ですからね。



 急な斜面なので、かなりのスピードが出ます。



 でも、この子のようにちゃんとした乗り方をすればスイスイですねぇ~。
 お尻が前にすべってこないように、両足を踏んばって乗るのがポイントかな。前の紐を持つか、両側の取っ手をつかむかは、自分がすべりやすいほうでOKですよ。



 小さな子や初めて体験する子はいきなり上からではなく、斜面の途中から少しずつ慣らしていくといいと思います。



 この子はすぐに慣れてしまいましたねぇ~。



 親子で二人乗りも。



 アルソミトラの模型も飛ばしてみました。



 後半、2家族は隣りの土手へと移動。



 ノビル掘りですね。



 ここは大きなものが多いです。
 根元を見て、なるべく茎が太いものを掘ってください。



 ヨモギ摘みも。



 まだ黄緑色のやわらかいものが狙い目です。



 チガヤの穂の綿毛飛ばしでも遊んでいました。
 それにしても本当にいいお天気で風もなく、寒がりのたか爺としては助かりましたねぇ~。