たか爺のワンダースクール通信

「センス・オブ・ワンダー」をキーワードにした野遊び教室「自然体感塾ワンダースクール」の活動記録とお花中心のブログです。

サツマイモ掘りとローストビーフ作り~里山体験プログラム~

2018年10月25日 | 国分牧場


 10月21日(日)は東松山市の国分牧場さんへ。
 まずは河川敷のヤギさんたちにご挨拶しておかないと!?



 「サツマイモ掘りとローストビーフ作り」への参加者は10家族31名。国分牧場さんのお客様も4家族ぐらい参加されていたのかな。



 お昼ご飯の準備からスタートですね。



 サツマイモを洗って新聞紙でくるみ、お水を含ませてからさらにアルミホイルでくるみます。



 ピザ窯に投入して焼きいもですねぇ~。



 次は、サツマイモの皮をむいてから切ってもらって。



 芋おこわとお味噌汁用です。



 ローストビーフ作りもスタート。



 全面を焼いて塩コショウしてからジップロックへ。



 まだお湯は入っていませんが、炊飯器へ入れてお湯でしばらく温めます。何℃のお湯で何10分だったかなぁ…。国分牧場さんで教えてもらってから、さち婆もよく作ってくれるんだけれども…。



 お昼ご飯の準備が終わったら畑へと出発! 通常の農業体験はすぐお隣の畑ですが、サツマイモ畑へはちょっと歩きます。



 サツマイモ畑へ到着。



 以下、お芋掘りの様子を。
 掘ってもらったサツマイモはベニはるかです。













 国分さんからサツマイモができるまでのお話もありましたね。



 近くのソバ畑の花はほぼ終わっていて、たか爺としてはちょっと残念でした…。



 畑から戻ったら、お待ちかねのランチタイム!



 芋おこわとお味噌汁です。



 ローストビーフも切り分けてもらいます。



 いただきます!



 これはたか爺がいただいたもの。



 おいしかったぁ~。



 もうお腹いっぱいなので、焼きいもはさち婆へのおみやげですね。サツマイモもたくさんいただいてきてしまって、なんだか申し訳ない…。



 牛舎の見学へも。



 おいしい牛肉になる牛さんたちが大切に育てられています。



 落花生掘りはオプションですね。



 たか爺も昔、ワンダースクールに来ていた子のお父さんがやっていた畑で収穫させてもらって食べたことがあるけど、ゆでた落花生って本当においしいですよぉ~。

 11月の「放鷹術とバーベキュー」は鷹匠さんの都合がつかず、また国分牧場さんが東松山市の農業祭に出展することになったため中止となりましたが、次回は12月に「お餅つき大会」でお世話になります。ぜひまたご参加ください。

ジャガイモの収穫とビーフカレー作り~里山体験プログラム~

2018年06月27日 | 国分牧場
 「どろんこ田植え体験」翌日の6月24日(日)は、「ジャガイモの収穫とビーフカレー作り」。東松山市の国分牧場さんのお世話になりました。



 到着してすぐに、河川敷のヤギさんたちにエサをあげていた子どもたちです。ヤギさんたちが大好きなクワの葉っぱは、今年はアメリカシロヒトリに食い荒らされて少なくなっていましたけれどもねぇ…。



 毎回人気がある国分牧場さんの食育プログラムですが、今回はなぜか年間予約のキャンセルが多くて参加者は5家族16名に…。この人数では申し訳なくてお願いできないかなぁと思っていたら、国分牧場さんのお客様も20名は参加されるということで、開催してもらえてよかったですね。ありがとうございました!



 まずはお料理体験から。蒸かし芋用のジャガイモを洗ってもらっているところです。
 今回はキッズアシスタントの参加もなくたか爺1人だったので、写真はあまり撮っておりません…。しかも、やっぱり1パターンの撮り方になってしまって、なんだかつまらないよなぁ…。



 ビーフカレー作りはタマネギの皮むきから。



 切ってもらいます。



 ニンジンも皮をむいてもらって。



 切ってもらいました。



 国分牧場直売所のすぐお隣にある国分農場です!?



 ビーフカレーの準備が終わったご家族から、ジャガイモの収穫体験へ。
 国分さんがジャガイモの育て方や掘り方の説明中ですね。



 ジャガイモは、男爵・メークイン・キタアカリ・レッドアンデスの4種類。3月11日の「ジャガイモ植えとピザ作り体験」の際に植えてもらったものです。



 1家族5株ずつ収穫させてもらいました。



 レッドアンデスです。



 大きなジャガイモでしたね。



 こちらはまだ大きくないオオカマキリの幼虫でした!?



 収穫したジャガイモを袋へ移して。



 お土産です。



 オプションにてトウモロコシなどの他のお野菜の収穫体験も。



 シナモンバジルの花には、モンシロチョウたちが集まっておりました。



 キマダラセセリも。



 ヒャクニチソウには、オオチャバネセセリが来ていましたね。



 モンシロチョウを捕まえていた子です。



 河川敷では、トノサマバッタも捕まえてくれました。
 成虫はワンダースクール今季初記録ですよ。



 収穫体験のあと、牛舎の見学へも。



 「耳標番号」(個体識別番号)のお話もありました。
 産まれた場所から育てられた場所、安心でおいしい牛肉になってお店に並ぶまでずっと管理されているようです。



 このジャージー種は2016.03.22にマザー牧場で生まれて、2016.08.08から国分牧場で大切に育てられ、来週には出荷されるとのこと。
 自分たちが今食べているお肉が、生きものとして生きているときの姿を想像できる子はかなり少ないと思います。みんな他の生きものたちの命を分けてもらいながら生きていること、忘れないでね。



 牛舎の近くに咲いていたヒマワリです。



 牛舎から戻ると、ビーフカレーが出来あがっていました。



 お待ちかねのランチタイムです。



 いただきます! 蒸かし芋もおいしかったぁ~。
 そういえば、「いただきます」という言葉も、本来は食べものとなってくれた生きものの命そのものに対する感謝の言葉ですよね。



 お腹がいっぱいになったら流れ解散。
 河川敷のヤギさんと遊んだり。



 虫を探したり。



 やたらと目についたのはナガメです。いっせいに羽化した感じ!?
 菜の花の仲間につくカメムシですね。



 シオヤアブには触らないでねぇ…。
 人に向かってくることはないと思いますが、つかめば刺されるかも…。

 オプションでバジルペースト作りもあったようですが、たか爺は河川敷に行っていたもので…。でも、ジャガイモもバジルペーストもお土産にもらってきてしまいました。参加者が少なかったのになんだか申し訳ないけど、ありがとうございました!
 ちょっと間があいてしまいますが、国分牧場さんへは10月の「サツマイモ掘りとローストビーフ作り」でまたお世話になります。ご予約はお早めに!?
 最後に、国分牧場さんの安心でおいしい国産牛肉はネットショップでも購入できます。ぜひご利用ください。

タマネギの収穫と牛丼作り~里山体験プログラム~

2018年05月25日 | 国分牧場

photo by syunsuke

 5月20日(日)は東松山市の国分牧場さんへ。



 里山体験プログラム「タマネギの収穫と牛丼作り」です。
 タマネギの皮むき中ですね。



 参加者は12家族37名。



 まずは牛丼作りからスタートしました。



 国分牧場さんのお客様も同じぐらい参加されていたようでかなりの人数でしたが、早めに到着されたご家族から順番に始めてもらって、スムーズに進行している感じだったかな。



 牛丼作りはタマネギの皮をむいて、洗って、切って、国分牧場産のおいしい牛肉も切って、炒めるところまでですね。



 終わったご家族から順番に、お隣りの畑へと移動。



 次はタマネギの収穫作業です。



 あらっ!? そんなに力を入れなくても…。



 タマネギは小さな子どもたちでも抜きとれますからねぇ…。



 この日最年少だった子もママといっしょに。



 大きなタマネギでしたね。



 葉っぱを切ったタマネギが落下中!?



 1家族28個も収穫させてもらいました!



 この行列は?



 みんなで作った牛丼が完成して、お待ちかねのランチタイムですねぇ~。



 ワンダースクールのキッズアシスタントも頑張ってお手伝いしてくれておりました。



 いただきます!



 レバーの塩釜焼き作りはオプションです。



 ピザ窯で焼きます。



 塩釜を割って、お持ち帰りです。



 最後に、希望者は牛舎の見学へ。
 出発前に国分牧場直売所の前に集合しているところですね。


photo by syunsuke

 牛舎の牛さんたちです。



 この子たちはお庭で虫さがし中。



 トノサマバッタの幼虫が多くて、ショウリョウバッタやヒメギス、オオカマキリの幼虫も見つかっていたかな。カナヘビを捕まえていた子もいましたね。



 牛舎の見学から戻ってきた子どもたちと話をしていたら、近くでやたらとミツバチの羽音が!? すぐ横にあったタイサンボクの花に来ておりました。



 河川敷のクワの実です。
 クワの実酒用に摘んで帰りたいところですが、ここは子どもたち優先ね!? ヤギさんたちも大好きなのでプレゼントしておきましたよ。そういえば今回は、河川敷での写真を撮ってなかったかぁ…。
 来月の「ジャガイモの収穫とビーフカレー作り」の際には、バッタやキリギリスの仲間の成虫たちやチョウやトンボも増えているだろうなぁ~。子どもたちが何を捕まえてくれるか、楽しみです。



 これは帰宅後。玄関でお留守番していたくん爺でございます。

ジャガイモ植えとピザ作り体験~里山体験プログラム~

2018年03月16日 | 国分牧場


 3月11日(日)は東松山市の国分牧場さんへ。



 里山体験プログラム「ジャガイモ植えとピザ作り体験」です。


photo by yamato

 参加者は12家族32名。アシスタントはかことやまとです。ワンダーキッズ水曜コース同期の中1コンビですね。



 まずはジャガイモ植えから。国分パパが作業の説明中です。


photo by kako

 種芋を切って。



 溝の中へ置いていきます。


photo by kako

photo by yamato

 小さな子どもたちもがんばっていましたね。


photo by yamato

 ジャガイモを植える溝も掘ってもらいました。


photo by yamato

photo by yamato

 「農業女子」になれるかな!?
 以前、国分ママがテレビの特集番組で取材されていたっけなぁ~。


photo by yamato

 種芋と種芋の間に肥料をまいていきます。牛糞堆肥利用ですね。


photo by yamato

 最後に土をかぶせているところです。



 ジャガイモ植えのあと、ピザ作り体験。


photo by kako

 生地作りからスタートですね。


photo by kako

 トッピング中。



 親子でも違う具材を選んでいたりして!?


photo by yamato

 個性が出るところですよねぇ~。


photo by kako

 赤ちゃんもピザも落とさないように慎重にね!?



 ピザ窯の前で焼いているところを見学しながら、順番待ちです。


photo by yamato

 手作りの本格的なピザ窯ですよ。



 以下、キッズピザ職人たちを!?



 パパやママも職人になりきっておりましたが、ここは子どもたち中心の写真を使わせてもらいます。


photo by yamato

photo by yamato

photo by yamato



 焼きあがったら、キッチンバサミで切って。



 いただきます!
 あっ! ピザだけの写真を撮り忘れてしまいましたが、たか爺もキッズアシスタントの2人が作ってくれたおいしいピザをいただきましたよ。スープ付きですね。



 ここから番外編。
 最初は警戒されちゃったけれども…。



 なかなかの面構えだよなぁ~。



 こちらはおてんば娘の銀ちゃんと。



 オプションでホウレンソウの収穫体験もさせてもらいました。



 この子たちは軍手を丸めたものでキャッチボール!
 子どもたちのアイデアには脱帽ですよね!?



 虫が大好きな子どもたちは、カマキリの卵が見たいようだったのでご案内しました。



 オオカマキリの卵鞘です。



 クズの豆果ですね。



 2月4日の「手打ち牛肉うどん作り」の際に1株だけ開いていたオオアラセイトウは、もうかなり咲いておりました。



 コガタルリハムシは4歳の子が見つけてくれましたね。



 卵も!



 朽木からは、ダンゴムシとワラジムシたちがわらわらと。



 河川敷のヤギさんたちとも遊んでいってください。



 ホオノキの葉っぱは枯葉でも大好きです。



 コエドビールがあったって飲めないし…。ノンアルも好きじゃないし…。



 残っていた4種類はおみやげに買ってまいりましたが、2種類はうまくて2種類はたか爺には合わなかったかなぁ…。



 このイチゴもおみやげにしましたが、2月の時のほうがおいしかったかも!?

 「4月のご案内」も終わって、本日はおこもりで明日の「魔法の小枝でキーホルダー作り」の準備でした。明日から3日間もワンダースクールなので、ブログのほうはなかなか追いつきませんねぇ…。

手打ち牛肉うどん作り~里山体験プログラム~

2018年02月06日 | 国分牧場


 2月4日(日)は、東松山市の国分牧場さんへ。
 まずは看板娘の銀ちゃんにご挨拶です。


photo by sachibaa

 この子もさっそく河川敷のヤギさんたちにご挨拶!?



 今回は「手打ち牛肉うどん作り」でお世話になりました。 



 参加者は10家族28名。国分牧場さんの常連さんも1家族5名が参加されていましたね。当日の連絡を入れた時点では13家族39名の予定だったのですが、インフルエンザが猛威をふるっております…。


 
 とりあえず、生地をふみふみするところまで教えてもらいました。
 このあと5つのグループに分かれて、うどん作りがスタートです。



 小麦粉は、今年も粉屋つむぎやの埼玉県産中力粉800g。
 作り方もつむぎや風ですね。


photo by sachibaa

 小麦粉をざるへあけて、ふるいます。


photo by sachibaa

 食塩水を入れて、指先でかきまぜて。


photo by sachibaa

 全体がぽろぽろになったら1つに固めて、こねこねタイム!


photo by sachibaa

 丸めた生地をビニール袋へ入れて。



 1㎝の厚さになるまで、今度はふみふみタイム!?
 

photo by sachibaa

 伸ばした生地を巻いてまとめて、またふみふみ。


photo by sachibaa

 3回もくりかえすんですね。誰が何回目だったのかはわからないけど…。
 最後にボール状に丸めて、30分以上ねかします。



 その間に、希望者はオプションの「野菜の収穫体験」でネギ抜きです。


photo by sachibaa

 ホウレンソウも収穫できます。



 子どもたちが大騒ぎでたか爺を呼びに来たので、何事かと思って行ってみたらヤギさんが!



 河川敷に放牧されていたヤギさんが、ここまで上ってきておりました。



 河川敷へ戻る際には、この梯子のような階段の途中から跳び下りていましたねぇ~。


photo by sachibaa

 ここから、うどん作りの後半へ。



 最初はけっこう力がいるので、パパたちにがんばってもらわないと!


photo by sachibaa

 30分以上ねかしておいた生地を伸ばします。


photo by sachibaa

 厚さ2㎝まで伸ばしたら。



 麺棒に巻いて。


photo by sachibaa

 転がしながら伸ばしていきます。


photo by sachibaa

 お手本ですね!?



 伸ばした生地を屏風だだみにして切ります。


photo by sachibaa

 真剣です。


photo by sachibaa

 あらぁ…。何だかきしめんよりも太くない!?


photo by sachibaa

 麺をよく振って打ち粉をとります。



 8人前800gの麺が出来あがりましたね。



 あとはゆでるだけ。
 今回はゆで時間10分では足りなかったようです。



 水でもみ洗いして、ぬめりがとれたら完成!


photo by sachibaa

 8杯に分けて。



 牛肉がたっぷり入ったおつゆをかけてもらって。



 いただきます!



 たか爺がいただいた手打ち牛肉うどんです。うまかったなぁ~!
 お漬物もついておりました。


photo by sachibaa

 希望者は最後に、銀ちゃんをお散歩させながら牛舎の見学へも。子どもたちの人気者の銀ちゃんは、こちらのママがえらくお気に入りだったようです。ワンちゃんって、犬好きな人はすぐにわかるみたいですからね。
 国分牧場さんでの今年度最後のプログラムは、3月11日の「ジャガイモ植えとピザ作り体験」。もちろん、4月からの来年度も今年度同様のプログラムをお願いしてありますよ。

 翌2月5日(月)、今年度のワンダースクールの会員116家族には、第19期2018年度のご案内を郵送いたしました。2018年度もいい加減で適当なたか爺とおつきあいいただける方は、早めに継続登録&年間予約手続きをお願いいたします。
 1週間あけて12日頃、これまでお問合せいただいている54家族へも郵送予定です。古ぅ~いまんまのホームページの更新やネット上での新規募集に関しては、もう少しあとになってしまうかもしれませんけれどもねぇ…。

ヤギさんたちと~「お餅つき大会」番外編~

2017年12月20日 | 国分牧場
 12月17日(日)の里山体験プログラム「お餅つき大会」の番外編です。


photo by sachibaa

 早く到着されたご家族は、まずは河川敷のヤギさんたちにご挨拶。
 1頭亡くなってしまったので、現在2頭ですね。
 

photo by sachibaa

 ホオノキは枯葉でも大好きです。
 人間だって朴葉味噌には乾燥させた葉っぱを使うわけだし、防腐効果や抗菌作用もあるので食べものを包んだりしてきたわけです。木の皮を乾燥させたものは生薬として健胃、整腸消化、腹痛などに効くようなので、ヤギさんたちもよくわかっていらっしゃる!?



 こちらは「お餅つき大会」終了後。



 ヤギさんたちももうお腹いっぱいだったかも!?



 オオイヌノフグリも咲いていましたね。
 そういえば、今年は土手では見てなかったなぁ…。



 オニではないほうのノゲシです。



 厄介者のくっつきむしのコセンダングサも、よく見るときれいかも!?

里山体験プログラム「お餅つき大会」

2017年12月20日 | 国分牧場


 12月17日(日)は東松山市の国分牧場へ。8時ジャストに家を出て関越道をとばしたら、8時38分には到着です!? さち婆にはまた「爺さんの運転じゃない!」と怒られてしまいましたけれどもねぇ…。
 裏を流れる市野川にはオオバンの群。ヘラブナ釣りの人たちも多かったですね。


photo by sachibaa

 水切りしたもち米をせいろに移して、お餅つきの準備中です。
 前日からの準備もかなり大変だったと思いますよ。大量のもち米を研いで、一晩水につけておかないといけません。当日ももち米の水を切ったり、せいろで蒸したり、かまどやらテーブルや椅子の準備をしたりなどなどの作業もありますからねぇ…。国分一族総動員体制!? いつもありがとうございます!



 いよいよ「お餅つき大会」が始まります。
 杵でもち米を潰しているところですね。パパとママの息もぴったりだったかな!?
 


 のし餅を予約されている方は、ご家族でついてもらいますよ。


 
 のし餅専用の袋に入れて。



 国分牧場お手製の優れもの「のし餅製造機」(!?)の上に座ってもらってのし餅に。


photo by sachibaa

 次はみんなで食べる分を。
 ワンダースクールからの参加者は10家族34名。国分牧場さんのお客様も5家族は参加していたのかな? かなりの人数ですよねぇ~。


photo by sachibaa

 出番待ち中!?


photo by sachibaa

 みんなで食べる分は交替でついてもらいます。



 もうベテランのご夫婦ですね!? 



 子どもたちも。



 こちらも、のし餅予約のご家族です。



 パパの四十肩のほうは大丈夫だったかなぁ…。
 たか爺も、四十肩も五十肩も経験済みなので翌日がちょっと心配…。



 国分牧場特製の「のし餅製造機」の内部です。
 もしかすると企業秘密だったかも!?



 みんなでついたお餅は、一口大にちぎってからトッピング。



 大根おろし・納豆・あんこ・きなこの4種類が用意されていました。


photo by sachibaa

 いただきます!



 たか爺がいただいた分です。けんちん汁付きですね。


photo by sachibaa

 お餅つきは続きます。



 みんながお腹いっぱいになるまで!?



 中学生は貴重な戦力ですね。


photo by sachibaa

 こちらも、のし餅予約のご家族。


 
 この子は1人でもチャレンジしておりました!



 こちらも。



 おいしいお餅がつけたかな。



 オプションのレバーの塩釜焼き作りにチャレンジ中ですね。



 ローストビーフ作りもオプションで体験できます。
 国分牧場さんはお米屋さんでもお餅屋さんでもありません!? 安心安全でおいしい国産牛肉の肥育農家さんですからねぇ~。



 いい匂いが漂ってきます…。これだけでもう牛肉のたたきなわけで。



 お餅をついて、お腹もいっぱいになったら流れ解散。
 みなさま、良いお年をお迎えください!



 あらっ!? どこかで見たことがある人もついていたのかぁ…。



 頸椎と腰椎に椎間板ヘルニア持ちのたか爺にはお餅つきは無理な話ですが、のし餅はおみやげにいただきましたよ。直売所で売っていた柚子まで。ありがとうございました!
 国分牧場さんには、来年4月からの2018年度もお世話になります。年間予定もとりあえず決定済。今年度もまだ2月の「手打ち牛肉うどん作り」と3月の「ジャガイモ植えとピザ作り体験」が残っていますので、参加申込はお早めに!?

放鷹術とバーベキュー・番外編

2017年11月30日 | 国分牧場
 11月26日(日)の「放鷹術とバーベキュー」の際の番外編を。



 木の枝で作ったヘラクレスオオカブトを見せにきてくれた子です。
 作品だけの写真を撮らせてもらうのを忘れてしまいましたが、なかなかの完成度でしたよ。



 そういえばたか爺も、昔はよく作ったり作ってもらったりしていたなぁ~。
 というわけで、画像を探してみたら出てきた「クスノキの虫たち」です。新宿御苑アートギャラリーでの「自然観察を楽しむアート展」にも出品したものだと思います。


photo by syuichi

 3日にsundog師匠からいただいてきたオオスズメバチのオス蜂たちも、とうとう最後の1頭に。



 「オオスズメバチと記念撮影」です!? 



 最後にひと働きしてくれて、翌朝にはお亡くなりになりました…。 
 これまで子どもたちと遊んでくれてありがとね! 



 お庭や河川敷に多かったセイヨウミツバチです。働き蜂でも直接つかんだりしなければ、刺されることもありません。國分さんに聞いたら、牛舎の近くに養蜂場があるとのことでした。



 これもお庭のハラビロカマキリ。何を拝みに行ったのかな?



 カマキリって、方言では「おがみ虫」と呼ぶ地方が多いようです。英名もPraying mantisなんだって!?



 ツルウメモドキの実を撮っていたら。



 近くでウラギンシジミがお休み中でした。



 オニノゲシ。



 コセンダングサです。



 ヤギさんたちとも遊ばせてもらいました。クワの葉っぱが大好きです。



 ホオノキも。枯葉でも喜んで食べてくれますよ。



 あらぁ…。どろんこ遊びをしているのかと思ったら、水まであったのかぁ…。暖かい日にはなりましたが、ほんとうに元気な子どもたちですよねぇ~。



 これは帰宅後。玄関にいたクサカゲロウです。



 そういえば、前日の帰宅後には座敷の障子にルリタテハ。
 いつどこから入ってきたんだろうね。

里山体験プログラム「放鷹術とバーベキュー」

2017年11月29日 | 国分牧場

photo by syuichi

 11月26日(日)は東松山市の国分牧場さんへ。
 これまでなかなか日程が合いませんでしたが、たか爺は今年こそ「放鷹術」が見たくなって、国分牧場直売所6周年記念感謝祭に便乗させていただきました。日程を合わせていただいて感謝です!



 鷹の種類はハリスホーク。



 外来種ですが、いかにも猛禽類らしくてかっこいい鳥ですよねぇ~。
 オオタカよりも社会性がある鷹ということです。



 このハリスホークは幼鳥?
 「ピィー」、「ピィー」と、何度もかわいい鳴き声を聞かせてくれました。



 それでもやっぱり鷹は鷹です!?


photo by syuichi

 本当は予定外だったようですが、まだ待機中のハリスホークにも触らせてもらえました。


photo by syuichi

 でも、他の鷹を勝手に触っちゃ危ないからねぇ…。
 


 ほらぁ…。ハリス君も怒ってるじゃん!
 鷹匠さんも少々あわてておりました…。たか爺と同じく、生きものは何でも触ってみたくなる好奇心旺盛な子なので、どうかお許しあれ!?



 ここからが予定されていた「放鷹術」です。
 まずは国分牧場代表の國分さんがご挨拶。鷹匠さんは5名も来てくれておりました。当然、ハリスホークも5羽ですねぇ~。ちょっとすごくない!



 右側の鷹匠さんが他の方たちのお師匠さんになるのかな。
 鷹に関するお話もしてくれましたね。



 2人の鷹匠さんによる「振替」という技の実演です。
 鷹匠から鷹匠へ交互に鷹を飛ばす技で、鷹にとっては飛翔能力を向上させるための訓練になるのでしょうか。





 コンデジの連写モードだとこんな感じ。低いところを飛んでいくのは、実際に獲物を狙うときの飛び方になるのかな?
 でもなぁ…。前に出ている子どもたちはルール違反ですねぇ…。鷹にも鷹匠さんにも迷惑をかけてしまいます。他にも何人かおりましたが、みんなワンダースクールの子どもたちでございました…。ご容赦ください!



 「渡り」という、鷹を木に飛ばして再び鷹匠のもとへ呼び戻す技も披露してくれましたね。


photo by syuichi

 「振替」体験は10歳以上限定。



 猛禽類の生きものが相手なので当然です。



 パパたちも。
 


 普通は運がいい何人かが体験させてもらえるような感じだと思いますが、希望者を2班に分けてやらせてくれましたね。


photo by syuichi

 小さな子どもたちは、鷹を腕にとまらせてもらって記念撮影です。



 鷹匠になったような気分は味わえたでしょうか?
 でも本当は、放鷹術は技だけではないようです。「鷹匠の庵」という諏訪流放鷹術保存会のホームページの「諏訪流放鷹術」と「諏訪の勘文」も読んでみてください。なんと国分牧場さんでの「食育」体験にもつながっていたんですね!?


photo by syuichi

 たか爺としては、放鷹術の実演を見られるだけでもよかったので、ここまでやらせてもらえるとは思っていませんでした。国分牧場さん、鷹匠の皆様、ハリスホークたち、ほんとうにありがとうございました!
 まあ、何か勘違いされていた方もいて文句も言われてしまいましたが、たか爺としては大満足だった今回の内容がご不満なら、今後は他で開催される「放鷹術」のほうへご参加いただければと思います…。



 放鷹術終了後は、お待ちかねのバーベキュータイム。この日は1名だけだったキッズアシスタントも、配膳のお手伝い中です。ご飯と汁物、牛肉100g、野菜が基本セットで、追加のお肉は直売所で購入できますよ。



 ワンダースクールからの参加者は17家族49名。
 国分牧場さんのお客様も多くて、大盛況でしたねぇ~。



 安心安全でおいしい国産若牛でございます!

 以下は、この日のスケジュールや注意事項に書かれていた国分牧場さんの挨拶文から。

「『自分たちの子供に安全な牛肉でハンバーグをつくりたい。』
こんなきっかけからはじまった小さな直売所ですが、
自分の子供だけでなく親戚 友人 知人どんどん輪が広がって
安心安全で美味しい牛肉を食べたいという思いを持ったお客様と繋がって
ここまで続けることが出来ました。
これからも安心安全で美味しい牛肉にこだわり牛を育て、
美味しい!で多くのかたと思いを共有しつながっていきたいと思います。
今後とも国分牧場をよろしくお願い致します。」

 たか爺としてはこれからも、ワンダースクールの会員の方たちといっしょに体験農業に参加しながら応援していきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。来月は「お餅つき大会」! もうそろそろ4月からの来年度の日程もお願いしておかないといけませんよねぇ…。

里山体験プログラム「ジャガイモの収穫とビーフカレー作り」

2017年06月30日 | 国分牧場

photo by takajii

 6月25日(日)は、里山体験プログラム「ジャガイモの収穫とビーフカレー作り」で国分牧場へ。
 里山体験プログラムでお世話になっているのは、練馬ICから関越道利用で1時間ぐらいのところが中心ですが、東松山市の国分牧場さんだと40分ぐらい。一番近くて、日曜日は関越道が渋滞することも少ないので、毎回30分は早く到着されているご家族も多いかな。


photo by takajii

 参加者は18家族52名。+国分牧場さんのお客様も4家族参加されていました。受付を済ませたご家族から順番に、まずはビーフカレー作りからスタートです。キッズアシスタントはかことみーちゃんの2人ですね。


photo by takajii

 タマネギの皮をむいて、洗ってきてもらいます。


photo by myichann

 タマネギを切って。


photo by takajii

 ニンジンも皮をむいて、切ってもらって。


photo by takajii

 ネット上の東松山市の天気予報(9時-12時)は、曇予報が中心で雨予報もありという状況だったので、料理体験には大きな倉庫利用です。


photo by kako

 ジャガイモも洗ってもらいます。


photo by takajii

 蒸かし器へ。


photo by myichann

 ビーフカレーの準備が終わったご家族から、次はジャガイモ掘りですね。


photo by kako

 1家族4株のジャガイモを掘らせてもらいました。


photo by takajii

 男爵とメークインの2種類を植えたようですが、レッドアンデスも!?


photo by myichann

photo by kako

photo by myichann

 小さな子どもたちもがんばって掘っていましたねぇ~。 


photo by myichann

 汗びっしょりです。
 今回は雨の中での作業になっちゃうかなぁと思っていたら、むしろ暑いぐらい…。国分牧場の「晴れ伝説」おそるべし!? ちょっと調べてみたら、国分牧場さんのお世話になるようになったのは2014年度からなので、丸3年+今年度の2回目まで雨には降られておりません! 体験農業プログラム自体はもっと前からやられているので、もう何年になるのかな。


photo by myichann

 重そうですね。


photo by kako

 1人でがんばって運んでいました。


photo by myichann

 袋に入れておみやげにしてもらいます。


photo by takajii

 たか爺一家分のジャガイモも掘っておいてもらいましたよ。
 国分さん、なんだか大サービスしてくれたみたいです。ありがとうございました!


photo by takajii

 畑の中から出てきたガの蛹です。
 ガやハナムグリの幼虫を見つけていた子どもたちもいました。


photo by kako

 ショウリョウバッタの幼虫かな?


photo by takajii
 
 バジル摘みも。


photo by myichann

 オプションです。


photo by takajii

 いよいよお待ちかねのランチタイムですねぇ~。


photo by takajii

 ごちそうさまでした!
 ビーフカレーは子どもたち用の甘口と大人用の中辛の2種類。


photo by takajii

 牛肉ができるまでのお話し中です。


photo by kako

 希望者は牛舎の見学へも。近くでも見られるようになったんですね。
 参加者の方たちが牛舎の見学へ行っている間、たか爺は河川敷でお虫撮りでした…。


photo by takajii

 国分牧場のアイドル犬の銀ちゃんはおてんば娘!?


photo by takajii

 河川敷のヤギさんたちは、クワの葉っぱが大好きです。


photo by takajii

 夏の虫さがしをしている子どもたちもいました。


photo by takajii

 こちらはママたちが!? 写真は撮っていなかったけれども、オオカマキリの幼虫がかなりおりました。


photo by takajii

 トノサマバッタは駐車場のほうに多かったかな。


photo by takajii

 ショウリョウバッタの幼虫です。


photo by takajii

 ヤブキリは、クワや草丈のあるオオブタクサなどの葉っぱの上に。
 メスですね。


photo by takajii

 黒褐色のヤブキリは初めて見ました。オスです。


photo by takajii

photo by takajii

 なぜかこの河川敷のヒメギスたちも色はいろいろで、普通に見られる黒色のほうが少ないかも?


photo by takajii

 ムラサキツメクサにはモンキチョウ。かなり飛んでいました。


photo by takajii

 交尾中です。上がオスで下がメス。


photo by takajii

 ベニシジミです。


photo by takajii

 マメコガネも増えてきました。


photo by takajii

 淡い色のツユクサも咲いていましたね。


photo by takajii

 なんだか庭のほうが大騒ぎになっていたので河川敷から戻ったら、オプションのスイカ割りで盛りあがっておりました!


photo by takajii

 おっ!? いけそうかな?


photo by kako

 スイカに群がる子どもたちです!?


photo by myichann

 おいしそうですね。


photo by takajii

 種飛ばし競争も。


photo by takajii

 そういえば、誰が優勝したのでしょうか?

 しばらく間があきますが、国分牧場さんには秋からまたお世話になります。夏の東松山市は暑すぎますからねぇ…。

里山体験プログラム「タマネギの収穫と牛丼作り」

2017年05月23日 | 国分牧場


 5月21日(日)は、里山体験プログラム「タマネギの収穫と牛丼作り」。
 東松山市の国分牧場さんのお世話になりました。



 土曜に続いて暑~い日となったので、お料理には大きな倉庫利用です。



 10時スタートの予定でしたが、参加者の方たちの到着も早く気温もどんどん上昇しそうな感じなので、9時半ぐらいから順次スタートとなりました。



 当日のキャンセルはなく、参加者は20家族57名。
 受付を済ませたご家族から順番に、まずはタマネギの皮むきです。
 

photo by harukun

 皮をむいたタマネギを洗って、切ってもらいます。


photo by harukun

 牛肉も切ってもらって、準備完了。
 あとはスタッフの方たちにお任せです。



 そのあと隣接する畑へ。国分さんがタマネギのお話中です。
 育てるのにけっこう手間がかかる野菜なんですね。



 タマネギは1家族30個!
 長期保存もできるようですが、「おいしい新タマネギなので、昨年はあっという間に食べきってしまった」というご家族もいましたねぇ~。



 あらっ!?



 そういうことかぁ~。お子様がやりたかったみたいです。
 「おおきなかぶ」、じゃなくて、大きなタマネギは抜けたかな!?



 こちらのご家族は、カモミールごしに記念撮影中。お子様の目線はタマネギに向いてしまいましたが、とてもうれしそうでした。



 一人で抜けるかな?



 やったね!













 以上、子どもたちの笑顔・どや顔シリーズでした!?

 そういえば、ビニールハウスの前に停めてあるワンダーバード2号ですが、本日エンジンがかからなくなってしまってJAFを呼びました。新車が来るまではもってくれないと困るのですが、どうやら燃料系統の故障のようで何かダメそうだなぁ…。今日は日産の営業所が定休日なので、明日連絡して対応策を考えないと…。でも、送迎中じゃなくて不幸中の幸いでしたね。
 土曜日からコンデジの調子も悪くなってしまいましたが、これは昨日の午前中には新しいものが届いてセーフです。



 カモミール。



 オプションのカモミール摘みにはまってしまった子もいましたね。



 こちらも、オプションのレバーの塩釜焼き作りです。



 焼きあがりました。



 たか爺も試食させてもらいましたが、おいしいに決まっております!



 河川敷のヤギさんたちです。
 今年はクワの実がまだこれからというところで、ちょっと残念…。あちこちでつまんでいるたか爺ですが、ここのクワの実が一番おいしいのになぁ…。
 


 まあ、ヤギさんたちは、葉っぱもまだ熟していない実もパクパクと食べておりました。大好物ですからねぇ~。
 バッタの幼虫たちも昨年よりまだ小さかったけれども、トノサマバッタやクルマバッタモドキ、オオカマキリの幼虫やヒシバッタを見つけていた子もいました。モンシロチョウやモンキチョウ、ヒメウラナミジャノメ等も捕まっていましたね。



 牛丼の作り方を教えてもらっているところです。



 そのあと、いよいよお楽しみのランチタイム!



 牛丼にタマネギスープ付きです。
 あっ!? たか爺は牛丼の写真を撮り忘れていましたねぇ…。



 いただきます!


photo by harukun

 希望者は牛舎の見学へも。
 安心安全な国産牛の肥育農家の国分牧場さんの体験農業プログラムは、堆肥を使って育てた野菜を収穫するだけではなくて、収穫させてもらった野菜と牛肉を使った料理をみんなで作ってお昼ご飯にします。最後には、おいしい牛肉となるまで大切に育てられている牛さんたち本来の姿まで見られる食育プログラムとなっております!
 今の子どもたちは、いつも自分たちが食べている生きものたち本来の姿をなかなか見られませんからねぇ…。尾頭付きの魚さえ食べられない子も増えているようです。鶏でも豚でも牛でも、生きているときの姿と自分たちが食べている料理とが結びつかない!? 野菜だって、どんな所でどんなふうに作られているのか、実際に収穫してみると少しはわかってくれると思いますよ。ちょっと古いけど、昔書いたものもご参考までに。
 次回は6月25日の「ジャガイモの収穫とスネ肉のビーフカレー作り」。まだキャンセル待ちのご家族もいますが多分大丈夫だと思うので、キャンセル待ちも受付中です!
 国分牧場さんのブログのほうも見てみてくださいね。

ジャガイモ植えとピザ作り体験~里山体験プログラム~

2017年03月14日 | 国分牧場


 国分牧場さんのアイドル犬、ボーダーコリーの「銀ちゃん」です。



 子どもたちの人気者ですね。


photo by kako

 3月12日(日)は、里山体験プログラム「ジャガイモ植えとピザ作り体験」で東松山市の国分牧場へ。



 到着したご家族から順番に、まずはジャガイモを植えてもらいました。
 種芋を切っているところです。


photo by kako

 25㎝間隔で植えていきます。


photo by kako

 左側のパパがやっているように、大人の靴の長さぐらい間をあけるとちょうどいい感じ!?



 ジャガイモ植えのあとはピザ作り体験。
 参加者はキッズ1名+9家族27名の28名です。アシスタントはさち婆とかこにお願いしました。



 初めに、ピザ生地をのばしてトッピングするところまで教えてもらいます。
 


 トッピング済みのサンプルです。



 焼き方の実演中ですね。



 いよいよピザ作りがスタート! 1人1枚ずつ作れますが、1家族1枚ずつ交代で作ってもらいました。
 以下は、丸められたピザ生地をのばしているところです。




photo by kako




photo by sachibaa


photo by sachibaa

 きれいにのばせましたね。


photo by kako

 次はトッピング。
 この子はマヨネーズベースです。


photo by kako

 この子はトマトソースを使っていますね。


photo by sachibaa

 マヨネーズ・トマトソース・照り焼きソースの3種類から選べます。



 お肉やソーセージもいろいろと用意されていました。



 国分牧場さんはピザ屋じゃなくて、お肉屋さんですからね!?


photo by kako

 チーズものせて。



 これは誰の作品だったか忘れたけど…。



 こんな感じです。


photo by sachibaa

 ピザ窯まで運びます。
 走るなよぉ…。こけるなよぉ…。絶対落とすなよぉ…。



 パーラーにのせて。
 ここからが腕の見せ所!
 


 以下は、この日のピザ職人たちです!?
 みんな真剣でしたねぇ~。









 昨年はママたちのほうが目立ったような気がするけど。


photo by sachibaa

 今年はパパたち中心だったかな。



 5年生は1人で!



 6年生も!


photo by sachibaa

 焼きあがりました。


photo by sachibaa

 お皿へ移します。



 切り分けて。


photo by sachibaa

 いただきます!


photo by sachibaa

 野菜スープ付きですね。


photo by sachibaa

 これは先の5年生が焼いたピザ。照り焼きソースを使ったようです。


photo by sachibaa

 いただきます!



 こちらは、たか爺たち用にスタッフの方がトッピングしてくれたもの。マヨネーズとトマトソースがベースです。さち婆とかこに焼いてもらいました。


photo by sachibaa

 こちらは照り焼きソースがベースで、先の5年生が焼いてくれましたね。たか爺たちは3種類とも食べられたわけです。
 お気遣い、ありがとうございました! いずれもとってもおいしかっです。ごちそうさま!



 今回はデザートと飲物も。さち婆は当然ケーキも食べるわなぁ…。
 実は小江戸ビールもあったんだけど、たか爺は飲むわけにはいかない…。
 

photo by sachibaa

 これは終了後。河川敷のヤギさんたちです。
 


 枯れた落葉でも、ホオノキは大好きですよねぇ~。


photo by sachibaa

 たか爺たちはちょこっと土手散歩へも。
 この日は早めに到着された方が多くて早めに終了したので、近くの武蔵丘陵森林公園こども動物自然公園で遊んでいかれた方も多かったのかな?



 土手を占有していた野菜のようなこの植物は?



 この花ならセイヨウカラシナあたり?



 とりあえず、ノビルは掘らしてもらいましたよ。



 ノカンゾウもありました。 



 この冠水橋までは行ってみてUターンしましたが、河川敷でのクワガタさがしは無理そうだなぁ…。



 1日漬けたノビルの塩昆布漬けです。塩昆布の割合とか、ノビルは細かく刻んでみるとか、おいしくいただくためにはちょっとまだ工夫が必要なようですね…。

手打ち牛肉うどん作り~里山体験プログラム~

2017年02月07日 | 国分牧場


 たか爺はまず、国分牧場さんのアイドル犬でおてんば娘の銀ちゃんにご挨拶!?



 河川敷のヤギさんたちも元気そうです。


photo by kako

 2月5日(日)は東松山市の国分牧場さんへ。
 今回は「手打ち牛肉うどん作り」ですね。早く到着されていたご家族も多かったので、9時半過ぎには1組目がスタートしました。


photo by kako

 インフルエンザ等で4家族がキャンセルとなり、参加者は最終的に14家族42名。


photo by kako

 到着順に7~8名ずつ1組になってもらって、手打ちうどん作りです。


photo by kako

 アシスタントはさち婆とかこの2名でしたが、さち婆が最近購入したコンデジは画質サイズが大きいままだったので縮専が使えず…。とりあえずたか爺とかこが撮ったものだけでもどうにかなりそうで、ほっとしました…。



 まずは800gの小麦粉をふるいにかけます。
 埼玉県のつむぎやという粉屋さんの中力粉を使っていました。


photo by kako

 作り方もつむぎや風とのことです。


photo by kako

 少しずつ塩水を入れてまぜまぜして、こねこねして。



 丸めた生地をビニール袋に入れたら、次はふみふみです!?



 生地を30分ねかせておく間に、レバーペーストの試食中。
 もちろん販売もしております。国分牧場さんはうどん屋さんではなく、安心で美味しい国産若牛を育てて直売までしている肥育農家さんですからねぇ~。



 待ち時間に、河川敷のヤギさんたちと遊んでいた子どもたちもいました。



 ここから後半。生地をのばしていきます。
 この子は最初から最後まで真剣に取り組んでいましたね。



 小さな子もパパといっしょにがんばっていました。



 この子は余裕です!?



 だいぶいい感じになってきたかな。



 のばした生地をたたんで切ります。



 おねぇちゃん、じょうずだねぇ~、みたいな感じ!?
 なかなか様になっておりました。



 あとは、7~10分ゆでるだけ。



 うどんを取り分け、おつゆをかけて、牛肉の玉ねぎ炒めをのせます。



 1組目の手打ち牛肉うどんが出来あがりました。



 いただきます!
 たか爺がいただいたおうどんは太目好みのご家族が作られたものでしたが、やっぱりおいしかったなぁ~。普段1杯は食べられないという小さな子も、ペロリとたいらげていたとのこと。おかわりしたがっていた子までいましたね。



 銀ちゃん登場!
 サッカー少年たちが遊んでいたボールへ向かってまっしぐらです。



 子どもたちからたやすくボールを奪いとっておりました。



 最後に銀ちゃんも連れて、牛舎の見学へ。



 これはホルスタインだったかな。



 このあと銀ちゃんのお散歩コースへも。
 こんな冠水橋もある土手のお散歩コースです。



 子どもたちもみんないきいきとしていて、とても楽しそうでしたねぇ~。さち婆の写真が使えなくて残念です…。
 国分牧場さんの農業体験教室は季節の野菜を収穫するだけでなく、その野菜と牛肉を組み合わせたお料理をみんなで作って食べて、そのあと希望者は牛舎の見学もしてという、たか爺お気に入りの食育プログラムとなっております。基本的に10時から13時の開催で昼食後流れ解散のような感じなので、次回から送迎組と希望者には土手散歩も+ですねぇ~。たか爺としては土手の食べられる野草、河川敷のヤナギや蔓、田んぼの用水路等も気になるところです…。

お餅つき大会~里山体験プログラム~

2016年12月20日 | 国分牧場


 国分牧場直売所の裏の河川敷です。
 12月18日(日)は東松山市の国分牧場へ。里山体験プログラム「お餅つき大会」ですね。今回も快晴です!



 まずはいつものように、河川敷に放牧されているヤギさんたちにご挨拶。



 ヤギさんたちが大好きなクワの木はもう丸坊主でしたが、ホオノキの落葉は枯れていても食べてくれます。朴葉味噌には乾燥させた葉を使うようだし、樹皮も生薬ですからねぇ~。動物たちもよくわかっているようです。クワだって、人間も実は食べるし、葉っぱだって天ぷらにしますからね。



 こちらも子どもたちの人気者です。


photo by sachibaa

 この10月から国分ファミリーの一員となったボーダーコリーの銀ちゃんですね。


photo by sachibaa

 庭のかまどで蒸したもち米を臼へ。
 いったい何臼つかせてもらったのかな? 前日の夜からの準備もさぞ大変だったでしょうねぇ…。いつもありがとうございます!


photo by sachibaa

 年間予約では25家族89名までいきましたが、実際の参加者は11家族39名です…。「餅つき禁止」の影響もあるのかな? 国分牧場さんのお客様も4~5家族は参加されていました。念のため、マスクや消毒液も用意してくれていましたね。



 お餅つき大会が始まります。


photo by sachibaa

 10時からは、10組限定の有料オプション「ローストビーフ作り」も。



 お肉に塩こしょうをして。


 
 表面を焼いてから。



 ジップロックに入れて密封します。



 炊飯器にお湯を入れて、何10分だったかな? 保温すれば出来上がりですね。



 お餅のほうも、ひと臼目がつきあがりました。



 つきたてのお餅は、からみもち・あんころもち・きな粉もち・納豆もちでいただきます! おいしいに決まっていますよねぇ~。



 芋煮汁付きです。



 お漬物もおいしかったですねぇ~。



 「お餅つき大会」は続きます。



 こちらのママは、しばらく他のご家族の返し手もやってくれておりました。幼稚園でのお餅つきの練習にもなったようですが、ありがとうございました。



 この子はすごいですね。まだ小学生ですが、1人で餅がつけておりました!
 この17年のワンダースクールでつくづくと思うのは、ほんとうに女子のほうがいろいろと頼もしい? 男子はちょっとなさけないかなぁ…、とも言えます!? まあ、男子も頼もしくなってくる中学生になっちゃうと、男女ともにお手伝いにもなかなか来られなくなっちゃいますけれどもねぇ…。


photo by sachibaa

 次々と交替で。



 親子でのお餅つきが続きます。



 お昼にみんなでいただいたお餅がつき終ったあとには、のし餅を予約されているご家族のお餅つきが始まりました。


photo by sachibaa

 ご夫婦の息もぴったり、だったのかな!?


photo by sachibaa

 杵でもち米をつぶしながらこねます。これがけっこう大変な作業なのですが、このママはなかなか様になっていたようです。


photo by sachibaa

 今回のMVPは、ワンダースクールのアシスタントにもなってくれているこの高校生だったようですねぇ~。たか爺は河川敷に行っていたので、見られなくて残念…。


photo by sachibaa

 弟も、見ていたみんなを笑わせてくれたようです!?


photo by sachibaa

 つき終ったお餅はのし餅用の袋に入れて。


photo by sachibaa

 国分牧場オリジナルののし餅作成器へ。



 あとは上に乗っかるだけです。



 河川敷に転がっていた朽木からは、クワガタの幼虫が出てきました。



 でも、1頭出ればまだ出るかと思ったら、あとはダンゴムシやらナメクジやら、アオゴミムシやらアカシマサシガメ等々のみ…。



 この5㎜あるかないかの甲虫は、たか爺にはわかりませんねぇ…。ハムシの仲間なのかなぁ…。詳しい方はご教示を!



 隙間にもぐりこんでいたらしいクビキリギスのオスも出てきました。


photo by sachibaa

 子どもたちに見てもらっているところです。


 
 つかまえられるかな?
 淡い褐色型なので、逃げられちゃうと枯草にまぎれこんでなかなか見つけられません…。

 当日の様子は、国分牧場ブログのほうも見てくださいね。国分牧場さんでの「お餅つき大会」は、ワンダースクールとしても1年の締めくくりみたいな感じになってくれているので、本当に感謝です! まだ2月の「牛肉うどん作り」と、3月の「ジャガイモ植えとピザ作り体験」が残っていますが、もちろん4月からの2017年度もお世話になる予定でいますよ。
 それにしても、国分牧場の「晴伝説」おそるべし! ワンダースクールでは2014年度からお世話になっていますが、この3年間まだ1度も雨天中止となった日はありません!! ほんとうにありがたい謎ですね!?

サツマイモ掘りとローストビーフ作り~里山体験プログラム~

2016年10月28日 | 国分牧場

photo by sachibaa

 10月23日(日)は東松山市の国分牧場へ。
 安全で美味しい国産牛肉の直売所です。


photo by sachibaa

 看板牛の「COW-BU-KI」!?



 ボーダーコリーの銀ちゃんは、まだ4ヶ月の女の子。
 看板犬になれそうですね。



 里山体験プログラム「サツマイモ掘りとローストビーフ作り」へは、14家族47名が参加してくれました。
 年間予約では、定員50名のところキャンセル待ちも含めて81名までいきましたが、毎年夏休み以降はキャンセルも多いので、どうにか収まるようになっております…。この日は国分牧場さんのお客様も参加されていたので、計22家族72名だったとのこと。


photo by sachibaa

 まずは焼きいもの準備から。
 サツマイモを水で濡らした新聞紙でくるみます。


photo by sachibaa

 さらにアルミホイルでくるめば準備完了。ピザ窯で焼きます。


photo by sachibaa

 次は芋おこわの準備です。



 皮をむいて。



 切って。



 準備完了。


photo by sachibaa

 かまど炊きです!



 ローストビーフ用のお肉ですねぇ~。


photo by sachibaa

 塩コショウして。



 表面全体をさっと焼きます。


photo by sachibaa

 小さな子どもたちもチャレンジしていました。


photo by sachibaa

 ジップロックに入れて密封します。



 炊飯器へ入れて、お湯で15分保温すれば出来上がり!



 昼食の準備を済ませてから、サツマイモ畑へ移動しました。
 たか爺は車利用です…。



 近くにソバ畑もありました。
 たか爺はお蕎麦も大好きですが、ソバの花も大好きなんですよねぇ~。



 畑でさっそくカナヘビを捕まえていた子どもたちです。



 嫌いな人はごめんなさいねぇ…。もの好きな方はクリックしてみてください。さっそく大きな芋虫を見つけて、芋虫毛虫も好きなたか爺のところへ持ってきてくれたママもいました。
 褐色型・緑色型・中間型と色もいろいろ模様もいろいろでわかりにくいんだけれども、サツマイモが食草のエビガラスズメだと思います。



 サツマイモ掘りがスタート!



 今年は8月下旬以降「雨天中止」が多くて大弱りのたか爺ですが、国分牧場の「晴伝説」おそるべし!? 



 親子で力を合わせて掘ってください。



 大きなお芋がご登場!



 もう少しですね。



 いい笑顔です。



 ご家族で楽しんでもらえたようで、何よりでしたねぇ~。


photo by sachibaa

 畑からもどると、お待ちかねのランチタイム。焼きいもです。


photo by sachibaa

 おいしく焼けたかな?



 芋おこわ。



 野菜スープ。



 ローストビーフです。



 いただきます!



 レバーの塩釜焼き作りも。


photo by sachibaa

 10組限定のオプションです。



 焼き上がりました。



 ハンマーで割って。



 レバーの塩釜焼きの出来上がり!
 たか爺は夕食にいただきましたが、うまかったなぁ~。



 裏の河川敷のセイタカアワダチソウです。
 蕾の花序は少しだけいただいてきました…。



 ベニシジミ。



 コバネイナゴ。
 河川敷ではツチイナゴやトノサマバッタ、オオカマキリやハラビロカマキリを捕まえていた子どもたちもいましたね。



 焼きいもの皮はヤギさんたちの大好物!?
 クワの葉っぱも好きですよね。



 ホオノキの葉っぱも。



 以上2頭のおかあさんヤギです。


photo by sachibaa

 牛肉ができるまでのお話を聞いているところ。


photo by sachibaa

 土手の上から牛舎を見学中です。たか爺は行かなかったけど…。


photo by sachibaa

 安全で美味しい牛肉になります…。

 国分牧場さんには12月の「お餅つき大会」、2月の「手打ち牛肉うどん作り」、3月の「ジャガイモ植えとピザ作り体験」でもお世話になります。ぜひまたご参加ください。