たか爺のワンダースクール通信

「センス・オブ・ワンダー」をキーワードにした野遊び教室「自然体感塾ワンダースクール」の活動記録とお花中心のブログです。

草はらジャングル探検隊~キッズフリー~

2018年10月21日 | 秋の生きものさがし


 オギの穂も曇天には映えませんねぇ…。
 10月17日(水)も彩湖道満グリーンパーク。月曜のワンダーキッズと同じ小3の子と、別名「爺孫ワンダー」のキッズフリーで「草はらジャングル探検隊」です。



 さっそく枝先にとまっていたトンボを見つけました。



 キープ成功!
 そうそう、トンボに見つかって逃げられてしまう前に、とまっているトンボを先に見つけて、網が届くところまで間合いを詰めてから、すばやく網をふらないとねぇ~。まあ、月曜は何度言ってもにぎやかすぎてダメだったけど…。



 アキアカネのメスでした。



 でも、残念ながら産卵してくれません…。



 このアキアカネはたか爺が見つけたので、まずは写真を。



 これもすばやくキープして。



 今度こそ産卵してくれるかな?



 産んでくれました!


 
 実物はもっと白っぽくて透明感もある感じですが、補正をかけると卵の存在はわかりやすいかな。



 トリミングではなくズームマクロで撮って補正したものです。



 飛んでいるトンボだって、月曜の誰かさんみたいにやたらと走りまわって追いかけまわすより、待って採らないと!?



 今度はオスでした。



 これは4頭目。
 1人でアキアカネのオス1・メス3、とまっていたもの2・飛んでいたもの2の4頭を捕まえておりました。大したものですね。



 このホシホウジャクは、片翅がなくてかわいそうだったけど…。



 リースが作れそうなクズの蔓と綱引き中です!?



 以前教えた蔓の巻き方も覚えていてくれました。



 リースの完成です!
 乾いて固くなったら、木の実やDAISOでアートかな!? 12月の「木の実のミニリースやフォトフレーム作り」の際に持ってきてもらってもいいですね。



 一面の、というわけではありませんが、浄化施設のオギの原です。
 早く収穫に来ないと…。



 ミニ彩湖でも、アジアイトトンボをキープ。



 イガオナモミの群生地ですね。



 イガオナモミのくっつきむしを切ってみます。
 種子散布に動物や水を利用したり、来年と再来年に発芽する種を2個用意したり、植物も賢いよなぁ~。
 


 「マテバシイガエル」の木の下で。



 チカラシバの「ウニぃ~!」ですね。



 今年は諦めていた「魔法の草の実」ガガイモも、最後の最後に見つかりましたねぇ~。妖精は出てくるかな?

草はらジャングル探検隊~ワンダーキッズ~

2018年10月20日 | 秋の生きものさがし


 10月15日(月)の午前中はリハビリへ。ご近所の庭先のキクイモに似た花に来ていたツマグロヒョウモンです。



 セイタカアワダチソウに来ていたイチモンジセセリは、夕方の彩湖道満グリーンパークにて。いずれもこの時期一番目にするチョウたちですね。


 
 この日のワンダーキッズも、「草はらジャングル探検隊」で浄化施設の原っぱへ。



 2名お休みで参加者は3名。



 カナヘビを捕まえたところです。



 ちょっとブレちゃったけど…。



 あれっ!? トンボ採りじゃなくて、ノイバラの棘と綱引きですかぁ…。しばらく遊ばれておりました…。



 夏の避暑地のアキアカネとは勝手が違います。残念ながら、ワンダーキッズの子どもたちに捕まる赤トンボはいませんでしたねぇ…。まあ、どうして捕まえられないのか、本人たちが一番わかっていたのかも!?



 ミニ彩湖へ。



 タコノアシの観察中です。



「あれっ? 何かいる。あれ何だ?」
 草はらの中をよく見ようと前に出て、見事にひっかかってくれた子どもたちです。その調子で、とまっている赤トンボも探してみればよかったのに!?



 草はらの縁では、くっつきむしのアレチヌスビトハギたちが待ち構えております…。



 彩湖の湖畔へ。



 イガオナモミの群生地です。



 ちょっと集めて。



 オナモミ合戦ですよねぇ~。



 今度は折れた木の枝を拾ってきて、何をするのかと思ったら。



 そうきましたか!



 やっぱりチャンバラごっこもやりたいみたいです。今のうちに思う存分やっておいてくださいね!?
 そういえば大昔、今はなき自然教室センスオブワンダーの設立にかかわって、小4以上対象のジュニアレンジャースクールで高尾山へ行った際に、山道を歩きながらずっとゲームの話をしていたり、拾った木の枝でチャンバラごっこを始めた子どもたちの姿を見て、たか爺はかなりのショックを受けました。それならもっと小さなうちから、自然の中でもっと自由に子どもたちを遊ばせてあげたいなぁという感じで始めてしまったのがワンダースクールなんです。当初は、平日の毎週放課後に小1から小3対象のワンダーキッズで野遊びを楽しんでもらって、小4からは自然教室センスオブワンダーのジュニアレンジャースクールで環境教育も、みたいなイメージだったかな。
 自然体験や環境教育以前に、子どもたちを取り巻く環境は年々悪くなる一方なので、今はもうより小さなうちから親子で野遊びをたっぷりと楽しんでもらって、自然に関する感性というか、子どもたちのこれからの成長にとって根っこになる部分というか、何かを感じとってもらえれば良しとしております!?



 「マテバシイガエル」の木です。



 カエル型の殻斗に気づいてくれたのかな?



 これは帰り道。
 同じ手にまたひっかかってくれました!?



 コセンダングサのほうもそろそろあぶないかな。
 まあ、これからせっせとオギの穂を集めないといけないたか爺が一番要注意なんですけれどもねぇ…。



 夕方はもうすぐに暗くなってしまいます。
 年が明けるまでは我慢がまん!?

草はらジャングル探検隊~キッズ&ファミリー~

2018年10月19日 | 秋の生きものさがし


 10月13日(土)は彩湖道満グリーンパークへ。「草はらジャングル探検隊」です。浄化施設の原っぱのオギもいい感じになってきました。



 セイタカアワダチソウはもうほとんど開花していましたが、まだ蕾も残っています。


photo by sachibaa

 1家族3名がキャンセルとなり、参加者はキッズ送迎1名・ファミリー現地2家族5名の6名。



 さっそくカナヘビを捕まえていた子です。



 かわいいですね。



 今年は少ない「魔法の草の実」ガガイモは、この日もこの1個のみ…。



 さて、赤トンボは捕まるでしょうか?



 参加者のママがエノキにとまっていた赤トンボを発見しました。



 6年生がチャレンジしてみます。


photo by sachibaa
 
 お見事!



 メスのアキアカネでした。



 産卵させてみます。


photo by sachibaa

 今度は飛んでいる赤トンボをキャッチ!
 やはりメスのアキアカネでしたね。


photo by sachibaa

 Wで産卵させてみているところです。



 自分の手で産卵させてみて、どうだったかな?



 産み落とされたアキアカネの卵。



 トリミングしてみます。
 ラグビーボールというか米粒を小さくした感じ!?



 リリースしたアキアカネを観察中です。
 ウォーミングアップの羽ばたきを繰り返してから、飛び立ちました。子どもたちに産卵シーンを見せてくれて、ありがとね!


photo by sachibaa

 浄化施設の原っぱからミニ彩湖へ。


photo by sachibaa

 イトトンボを捕まえたところです。


photo by sachibaa

 写真は撮れていませんでしたが、オスのアジアイトトンボでした。



 コバネイナゴも捕まえていましたね。


photo by sachibaa

 絶滅危惧種のタコノアシです。


photo by sachibaa

 カラスウリの実を収穫中。



 まだスイカ模様のカラスウリもありました。



 彩湖の湖畔へ出て。



 イガオナモミの群生地へ。
 ほとんど水没しております…。


photo by sachibaa

 くっつきむしのイガオナモミですが、種子散布には動物だけでなく水も利用しているようですね。


photo by sachibaa

 収穫中?



 お花のブローチでした!?


photo by sachibaa

 たか爺の定番「マテバシイガエル」の木です。
 カエル型の深い殻斗は置き飾りに、どんぐり付きはキーホルダーにできますね。



 メスのアキアカネも休んでいました。


photo by sachibaa

 網に入ったトンボのキープの仕方を指南中!?


photo by sachibaa

 彩湖で産卵させているところです。



 この子も赤トンボを見つけて、すかさずキープ!



 この日初のオスのアキアカネでした。



 ナツアカネだとよかったのにね!?


photo by sachibaa

 トノサマバッタもご登場です。



 でも、今年は少なかったなぁ…。



 お顔も拝見。


photo by sachibaa

 この日の「秋箱」!?
 カナヘビ、オンブバッタ、アキアカネなどは最後にリリースです。カラスウリは黒マジックでお顔を描けば、ハロウィンの飾りにできますね。

 残念ながら、7家族23名が参加予定だった翌14日(日)の親子でワンダーのほうは雨天中止…。まあ、土日は雨続きだった昨年の10月に比べれば、今年はまだいいほうかもしれませんけれどもねぇ…。

秋の生きものさがし~親子でワンダー~

2018年09月23日 | 秋の生きものさがし
 芋虫やマムシの画像も出てきますので、苦手な方は閲覧注意かも!?



 秋ヶ瀬公園のヒガンバナです。
 9月16日(日)は、親子でワンダーの「秋の生きものさがし」でピクニックの森。



 開き始めていたゲンノショウコの花ですね。



 オオブタクサは「日本の侵略的外来種ワースト100」にも、外来生物法では「要注意外来生物」にも指定されている厄介者でございます…。スギ、ヒノキに次いで花粉症も多いらしいので、花粉をとばして参加者の方たちにも見ておいてもらいました。


photo by syuuichi

 参加者は6家族15名。



 早速ハラビロカマキリを見つけてくれたパパです。
 外来種のムネアカハラビロカマキリも増えているようなので、見つけたら確認してみる必要がありそうですね。


 
 同じ木にアオマツムシ♂もおりました。「鳴く虫の観察会」では他の虫の音をかき消す外来種のコオロギです…。



 また水がたまったザリガニの池には、予想通りトンボたちが集まっていました。ギンヤンマ♂が多くてテリトリー争いをしている感じです。他にはシオカラトンボとショウジョウトンボ。たか爺としては、赤トンボの仲間が少なすぎてちょっと心配になりました。



 これはトンボではなく、アゲハを捕まえたところです。
 チョウでは、「特定外来生物」のアカボシゴマダラが多かったなぁ…。在来種のゴマダラチョウは、鳥に食われたあとの翅だけ落ちておりました。



 長靴はまったく役に立っていませんねぇ…。
 ザリガニの池で一番深い場所でも、現在はこの程度。中心部のほうが浅い池なので、干上がるときにはこのあたりが最後の水たまりとなって、生きものたちがひしめき合います…。


photo by masapapa

 たまにはパパのどや顔も!?
 ギンヤンマを2頭も捕まえておりました。大人でもそう簡単には捕まえられませんよ。



 捕まったギンヤンマ♂です。



 この子のパパも捕まえていましたね。


photo by syuuichi

 このアメリカザリガニはでかかったなぁ~。



 セスジスズメの幼虫を見つけてご満悦!? 芋虫毛虫も大好きなたか爺としては、うれしい限りです! 昔少しは真面目に書いた「ケムシと子ども」もリンクしておきますね。



 メダカの池では、ギンヤンマが産卵していました。


photo by masapapa

 またハラビロカマキリ。


photo by masapapa

 三本土管の池で甲羅干し中だったアカミミガメを観察中です。



 クサガメも捕まりました。



 この子が捕まえてくれましたね。


photo by masapapa

 「特定外来生物」のウシガエルのオタマジャクシは、昔から子どもたちの人気者です。でも、お持ち帰りは厳禁ですよ。



 三本土管の池です。



 池の縁にはスズメウリ。


photo by masapapa

 ドジョウには逃げられた?



 カナヘビも多かったですね。



 これは?



 オオカマキリでした。



 かわいいでしょ!?
 クロコノマチョウの幼虫を見つけてくれた子もいましたね。



 移動中です。


photo by syuuichi

 クワの木でアメリカシロヒトリの幼虫たちを見てもらっているところですね。



 最後に、炊飯場脇の小さな原っぱへ。



 とりあえず虫たちを捕まえてみてください。


photo by masapapa

 さっそく何か捕まったかな。


photo by masapapa

 オンブバッタです。



 ショウリョウバッタ♀ですね。


photo by masapapa

 クビキリギスでしょうか。



 クビキリギスの褐色型。



 緑色型です。



 「口紅をひいたねずみ男」! メスだと「ねずみ女」ですか!?



 クサキリも捕まっていましたが、クビキリギスとどこが違うかわかるかな?


photo by masapapa

 コカマキリも見つかりました。



 池や川の生きものが好きな子は池のほうへ。
 ヌマガエルやトウキョウダルマガエルも捕まえていましたね。



 でも、あらぁ…。マムシまでいましたかぁ…。



 まあ、夜の森で出会うマムシのほうがかわいい瞳をしていますよね!?
 この日見つかったり捕まったりした生きものたちを再確認してもらってから解散しましたが、今年はバッタ・キリギリス・カマキリなどの仲間のほかにも、いろいろ見られてよかったですねぇ~。ニホンマムシまで昼間に見られるなんて、そうそう滅多にあることではありませんよ。
 虫探しのほうはこのあと10月にも、「トンボの観察会」、「草はらジャングル探検隊」と続きます。里山体験プログラムの際にもまだまだ見つかると思いますので、ぜひまたご参加ください!

「秋の生きものさがし」事前調査

2018年09月16日 | 秋の生きものさがし


 9月11日(火)は、16日(日)の「秋の生きものさがし」の事前調査。秋ヶ瀬公園のピクニックの森です。15日(土)の「どんぐりでアクセサリーや自由作品づくり」用のクヌギのどんぐりも集めておかないといけません。
 でも、なんだかお花ばっかり撮っていたような…。今にも雨が降り出しそうな曇天で、ピンボケ写真ばかりでしたけれどもねぇ…。


 
 新たに設置された注意書きです。他では狂暴そうだったり、悪者顔だったりして必要以上に人を怖がらせるだけのイラストが描かれている注意書きが多い中で、マムシの特徴まで書いてあってなかなかいいかも!?
 まあ、これからはマムシよりもスズメバチのほうが危ない季節になります。周回路を歩いているだけでも、森の中の巣からスズメバチが警告に出てくることもありますからね。とりあえずひと回りしてみた限りでは、今年は大丈夫そうかな?



 ザリガニの池は今年も一度干上がって、湿地好みの草が生い茂った状態になりました。現在はそのあとまた少し雨水がたまった状態です。当日はギンヤンマやシオカラトンボ、赤トンボの仲間たちが集まっているといいですね。



 池の縁に群生していたアメリカアゼナ。
 もっと小さかった花のほうは現在調査中です…。



 この花は、チョウジタデかウスゲチョウジタデになるのかな。



 岸辺の木に巻きついていたクズの花。



 オニグルミです。



 ヒガンバナも開花していました。



 オオホシカメムシです。



 オンブバッタ。
 どこにでもいて一番目にするバッタですが、飛びたつバッタを追いかける「トノサマバッタ狩り大会」では、意外と捕まっていませんでしたね。



 台風21号の強風で倒れたのでしょうか?


 
 ピンボケですが、シロオビノメイガ。



 ヒメウラナミジャノメ。



 ヒメジャノメ。



 毎年メインステージとなる炊飯場の池の脇の小さな原っぱです。



 池の縁にはミゾカクシ。



 狭い範囲ですが群生しています。



 オオイヌタデも。



 絶滅危惧種のタコノアシです。この公園ではわざわざ保護しなくても、昔からけっこう見られます。



 ノコンギクですね。
 でも、楽しみにしていたコバノカモメヅルは見つからなくてちょっと残念…。



 バッタではコバネイナゴが一番多いかな。



 ショウリョウバッタもいますけれどもね。
 ショウリョウバッタモドキが見つかった年もありました。



 クビキリギスの幼虫です。



 成虫も。
 当日は多分クサキリも見つかると思います。



 この木は?



 たか爺ンちも停電したものすごい雷雨の日に雷が落ちた!?
 あたりにははがれた樹皮が散乱していたので、ネイチャー=アート用に持ち帰りたかったのですが、今はそれどころじゃないので我慢がまん…。



 ツルマメです。



 ヤブツルアズキも咲き始めましたね。



 クヌギのどんぐりはとりあえずこれだけ。虫のママにはごめんなさいですが、煮てから乾燥させているところです…。

秋の生きものさがし~ワンダーキッズ~

2017年10月04日 | 秋の生きものさがし
 10月2日(月)は普段どおり、自然に目が覚めるまでは寝こけておりました。まずは、遅れに遅れていた9月16日の「ねりま遊遊スクール」の実施報告書書きから…。そのあと、車から「自然観察を楽しむアート展」の荷物をおろして、とりあえず玄関の中へ。たたんであったサードシートを元に戻して、5人は乗れるようにしないといけませんからね。
 オギのリース関係は、とっておくものと28日と29日の「オギのトトロやフクロウ作り」の際にあげちゃうものとに分けたり、ワークショップ関係は10・11月用に組み直してから片づけないといけないので、しばらくこのまま積み上げたままになっちゃうかなぁ…。



 2日のワンダーキッズ「秋の生きものさがし」は、秋ヶ瀬公園のピクニックの森。チカラシバの「ウニぃ~!」からスタートですね。



 今はまだ大丈夫ですが、じき厄介なくっつきむしのひとつになります。
 靴の中に入ったりすると、歩くたびに靴下の上からくいこんでくる感じ…。



 セイタカアワダチソウももう蕾をつけていました。



 週間予報はちょっとまだ微妙ですが、彩湖道満グリーンパークで土曜日に開催予定の「セイタカアワダチソウの入浴剤作り」にはちょうどいいタイミングかな。



 バーベキュー場の池ですね。



 子どもたちはクヌギのどんぐり投げです。
 向う岸まで届いていた子もおりました。



 まだやりますか。



 さっそく別のくっつきむしの洗礼もうけておりました。
 こちらも厄介なアレチヌスビトハギです。きれいにとっておかないと、洗濯してもとれませんからねぇ…。



 何を見つけたのかな?



 クビキリギスでした。



 「口紅をひいたネズミ男」です!?



 まだ幼虫もいます。成虫で越冬するキリギリスの仲間ですからね。



 個体数では№1のコバネイナゴは、いくらでも捕まりますよね。



 ノコンギクにはハナグモが隠れていました。



 アキアカネです。
 撮ったあとに、子どもたちに採らせてみたら逃げられちゃたけど…。



 一応、周回路へも入ってひと回り。
 でも、やっぱりまだまだやぶ蚊ブンブンでしたねぇ…。



 たか爺が見つけたオオカマキリです。
 行きの車の中では「トンボを採る」、「おれはカマキリを捕まえる」と威勢がよかったわりには、このカマキリにも逃げられておりました…。



 飛んで逃げているオオカマキリも写っていますが、わかりますか?
 まあ、ちょうど「カマキリも飛ぶの?」って聞いてきた子もいたので、実際に飛ぶところを目の当たりにすることができて良かったかもしれませんね。



 スッポンタケの仲間のキツネノタイマツは、ちょっと匂うけど…。



 オオカマキリの原っぱは草刈り済みでした。
 そろそろオギのフクロウたちをとめるリースが少なくなってきたので、奥に生い茂っているクズの蔓はこの冬に収穫させてもらう予定でおります…。



 子どもたちが見つけたコカマキリを観察中です。お食事中でしたね。



 きらいな人はごめんなさいねぇ…。コスズメの幼虫です。
 子どもたちは、アマガエルやカナヘビも見つけていましたね。

草はらジャングル探検隊~キッズ&ファミリー~

2016年10月19日 | 秋の生きものさがし


 10月15日(土)は彩湖道満グリーンパーク。浄化施設の原っぱで、キッズ&ファミリーの「草はらジャングル探検隊」です。参加者は4家族11名でした。



 残念ながら逃げられてしまいましたが、トノサマバッタを狙っているところです。



 バッタはオンブバッタ中心ですが、トノサマバッタもまだけっこう見ることができました。



 赤トンボも多いです。捕まえたところですね。
 この子は開催前にすでにウスバキトンボを捕まえていましたが、アキアカネやナツアカネ等の赤トンボと違ってとまらずに群れで飛んでいる感じなので、これは大したものですよ。とまっているトンボでさえなかなか捕まえられない子どもたちが増えていますからねぇ…。



 小さな子もママといっしょにチャレンジしていました。



 捕まったかな。



 この子が捕まえた赤トンボはアキアカネのメスで、卵をもっていました。



 産卵させてみます。



 こんな感じです。けっこう産んでくれましたね。



 この子も。



 彩湖の湖畔にもトノサマバッタ。すばらしい飛翔能力を見せてくれました。



 ここでもバッタとりです。



 最後にオオカマキリもご登場!
 みんなつかめたかな? なんだか小さな子どもたちのほうが先に手が出ていたような…。

草はらジャングル探検隊~ワンダーキッズ~

2016年10月08日 | 秋の生きものさがし


 彩湖道満グリーンパークの南駐車場から、彩湖自然学習センターへと続く道です。



 先月はやぶこぎしないと中へ入れなかった浄化施設の原っぱの通路も、きれいに草刈り済みでした。



 10月5日(水)のワンダーキッズは「草はらジャングル探検隊」。原っぱの中の通路を歩きながら虫さがしです。
 トノサマバッタの姿はもう見られませんでしたが、カンタンは大合唱していました。でも、「声はすれども姿は見えぬ 君は深山のきりぎりす」…。まあ、「深山」じゃなくてオギ中心の原っぱですが、「きりぎりす」は当時コオロギの仲間のことをそう呼んでいたようなのでそのまんまかな!?



 アキアカネのオス。原っぱの中は赤トンボだらけでした。



 アキアカネのメスです。



 子どもたちはトンボ採りが中心ですね。



 この子は6匹。

 
 この子は4匹。



 この子は2匹でした。



 オスのアキアカネです。



 こちらはメス。



 このメスは卵持ちでしたねぇ~。
 でも、たか爺は酎カップに水を入れてくるのを忘れておりました…。産卵させてみるのは後回しです…。



 残念ながら「魔法の草の実」は見つかりませんでしたが、ガガイモが大好きなジュウジナガカメムシたち。



 セイタカアワダチソウの蕾も開きはじめていたので、たか爺は改めてまだ蕾のものを収穫しに来ないと! 



 これぐらいのものが、保温効果抜群でアトピーにも効くといわれている入浴剤用に使えます。



 小豆の原種といわれているヤブツルアズキの実。



 こちらは大豆の原種といわれているツルマメの実です。



 イシミカワ。



 ノブドウですね。



 彩湖自然学習センターのアオギリは豊作!?



 もちろん、種飛ばしでも遊ばせてもらいました。



 このあと、ミニ彩湖経由で彩湖まで。



 ミニ彩湖の水をくませてもらって、ようやく捕まえたアキアカネに産卵をさせてみることができました。



 こんな感じですね。



 クリックすると大きくなりますが、卵のつぶつぶまでは見えないかぁ…。



 トンボたちはここですべてリリース。



 彩湖の湖岸へ。



 イガオナモミです。



 どんどん日が短くなってきていますよねぇ…。

秋の生きものさがし~キッズ&ファミリー~

2016年09月18日 | 秋の生きものさがし
 本日9月18日(日)の親子でワンダー「草はらジャングル探検隊」は、またまた雨天中止です…。とりあえず、写真の整理とブログのほうは、昨日分まで片づけておきました。
 今週はねりま遊遊スクール「どんぐりでアクセサリーと作品づくり」の準備でドタバタになるので、ブログはしばらく休憩かなぁ…。


photo by yamato

 9月17日(土)の午前中はピクニックの森。キッズ&ファミリーの「秋の生きものさがし」です。参加者は4家族9名。キッズアシスタントのやまとがお手伝いに来てくれました。



 受付はやまとに任せて、たか爺はちょっとお花見…。
 イヌホオズキです。



 アレチウリの花も咲きはじめました。


photo by yamato

 ニホンカナヘビをみんなに見てもらっているところです。りつきが捕まえてくれましたね。
 キッズアシスタントのやまとはスナップ写真の腕前もあがり、質、量ともにたか爺が必要としているシーンが押さえられていて、助かりましたねぇ~。傾いた写真も多かったけれども、狙いは悪くなかったです。次回からは水平も意識して、参加者のナイスなシーンをどんどん撮ってくださいね。



 この日最初に見つかったカマキリはハラビロカマキリ。捕まえたところです。


photo by yamato

 お腹の幅が広くて、翅に白い点の模様があるハラビロカマキリの特徴を解説中。たか爺は、カマキリの写真も一通り撮っておけばよかったなぁ…。


photo by yamato

 次に、コカマキリが見つかりました。



 この子は念願のオオカマキリをゲット! 先週の「秋の生きものさがし」にも参加してくれていましたね。虫とり網の大きさと比べると、大きなカマキリだったこともわかります。


photo by yamato

 そしたら、この子もオオカマキリ。


photo by yamato

 この子もオオカマキリ。



 この子も。


photo by yamato

 子どもたちはやぶ蚊の攻撃をものともせず、次から次へとオオカマキリを捕まえていきます。ものすごい集中力でしたねぇ~。


photo by yamato

 このオオカマキリは飛んで逃げていくところですが、このあとゲットしておりました。よく見ると、この子のほっぺ、というか目の横あたりには大きなやぶ蚊がとまっております…。


photo by yamato

 あとはもう「オオカマキリ祭じゃ~」!?



 みんなで10数頭は捕まっていましたよねぇ~。



 これはたか爺が見つけたオオカマキリです。



 カマキリ撮りはこの2頭だけね…。


photo by yamato

 「バッタの原っぱ」では、当然カマキリたちの餌さがしです!?


photo by yamato

 すぐにこうなります…。こんなシーンもよく見ておいてくださいね。



 ジュウジナガカメムシです。



 この子はトンボ狙い。



 ギンヤンマのカップルも3組はおりました。産卵中です。


photo by yamato

 トウキョウダルマガエルを捕まえていた子。



 捕まっちゃったカエルさんです。


photo by yamato

 魚とり網も持参で、池の生きものさがしをしていた子ですね。



 いろいろ捕まえてくれました。



 こんな感じです。
 トウキョウダルマガエル・アメリカザリガニの子ども・ウシガエルのオタマジャクシ・ヒメタニシ・シオカラトンボのヤゴ・ギンヤンマのヤゴ・フナの子ども・カダヤシの全8種類が入っております。



 お魚は横から見ないとね!
 フナの子どもです。



 メダカかと思ったら、残念ながらお持ち帰りは厳禁の「特定外来生物」、カダヤシでした…。メスです。



 ノコンギク。最後に原っぱ周辺のお花も。



 絶滅危惧種のタコノアシ。



 イシミカワの実です。



 コセンダングサ。



 アレチヌスビトハギ。
 どちらも花は嫌いじゃないんだけれどもねぇ…。

 なんだか今週も雨の日が多そうだなぁ…。また台風も来るのかぁ…。まあ、ワンダースクールの雨天中止は仕方ないけれども、全国的に被害が少ないといいですね。

秋の生きものさがし~ワンダーキッズ~

2016年09月17日 | 秋の生きものさがし


 こんな側溝にだって、生きものはおります。
 9月14日(水)のワンダーキッズはピクニックの森。「秋の生きものさがし」です。
 


 さっそく何かを捕まえましたね。 



 でも、ウシガエルのでかオタマかぁ…。
 子どもたちには人気者ですが、お持ち帰りは厳禁の「特定外来生物」となっております。



 ちびザリちゃんも。
 アメリカザリガニは「要注意外来生物」なのでお持ち帰りOKですが、他の場所には絶対に放さないでくださいね。



 ここのカエルには逃げられておりました…。



 どんどん日が短くなってきているので、この日はやぶ蚊ブンブンの周回路はカットして、「バッタの原っぱ」中心に生きものたちを探してみてもらいます。



 ヒメウラナミジャノメ。



 イボバッタは周回路上。原っぱの中ではあまり見つかりません。



 エンマコオロギです。



 何が捕まったのかな?
 ジュウジナガカメムシの成虫や幼虫が、やたらと網にくっついてきた時だったかもしれません。年とると記憶があいまいで…。



 この子は、コバネイナゴ・オンブバッタ・クビキリギス等をけっこう捕まえていましたね。



 何かと思ったら…。



 子どもたちからのプレゼント!?
 ナガコガネグモがコバネイナゴをぐるぐる巻きにしておりました。



 ニホンカナヘビはあちこちでチョロチョロと。



 側溝にいたトウキョウダルマガエルです。



 子どもたちも捕まえておりました。



 シックな色合いのニホンアマガエルも。



 ハラビロカマキリには逃げられちゃいましたねぇ…。



 原っぱにはノコンギク。



 コバノカモメヅルの花は踊っているみたいでしょ?
 これも原っぱの中です。



 こちらはみんなで踊っております!?



 道端のイシミカワの実も色づいてきました。



 池のまわりに多いタコノアシは絶滅危惧種。
 実が熟して全体が赤く色づくと、酢だこの足になりますよ!?

「草はらジャングル探検隊」事前調査

2016年09月16日 | 秋の生きものさがし
 9月12日(月)は午後から彩湖道満グリーンパーク。
 「草はらジャングル探検隊」の事前調査です。



 浄化施設の原っぱは、予想通りまだ草ぼうぼう。彩湖自然学習センターへと続く道の左側から、草やぶをこいで原っぱの中へ入ります。



 施設管理用の通路は、やはり予想通り歩けそうでよかったですね。



 例年通り、鉄板の上にはトノサマバッタ。



 でも、すぐに飛びたってしまうので、捕まえられる子は少ないかな?
 とりあえず原っぱの中の通路を歩いてみました。



 オンブバッタ。ツユムシも多かったですね。
 カンタンはまだ鳴いていなくて、鳴き声はハラオカメコオロギ・エンマコオロギ・カネタタキなど。



 ムラサキツメクサです。



 ヘクソカズラ改め「サオトメカズラ」は、実も増えてきました。匂いもかいでみてもらえますね!?



 ツルマメはまだかわいい花を咲かせています。



 「魔法の草の実」のカガイモも、まだ花の状態ですね。



 メドハギです。



 ノブドウの実も増えてきましたが、まだ花も咲いていました。



 スズメウリの雄花です。



 雌花は花から実へと。



 キクイモです。



 コセンダングサ。
 厄介なくっつきむしになりはじめているものも多かったですね…。



 ヤブツルアズキです。



 ミナミアオカメムシになるのかな。
 赤トンボの仲間はちょっと少ない感じでした。



 オオカマキリはミニ彩湖の近くで。



 にらむなよぉ…。



 浄化施設の原っぱを出て、休館日の彩湖自然学習センターへ。
 玄関横のアオギリの実は、今年もたわわです。



 マテバシイの木は枝打ちされてしまって、落ちているどんぐりはこの程度でした。



 こちらは彩湖の湖畔のマテバシイ。殻斗が深くてカエル型も多いどんぐりをつけてくれる木です。落ちる前のものを小枝ごと収穫させてもらいました。
 ちょっと今ヒートンを付けている暇がないので、「無事カエル」どんぐりのキーホルダーは作れるでしょうか…。とりあえず、24日のねりま遊遊スクールの際に使ってもらう予定です。



 ナンバンギセルもあったのかぁ…。



 カラスウリの蕾です。夜には開いていたのかな。



 クズですね。



 湖畔ではイガオナモミでも遊んでもらえそうです。でも、「オナモミ合戦」はNGだなぁ…。オオオナモミと違ってトゲが痛すぎる…。
 まあ、「草はらジャングル探検隊」としては、今年もじゅうぶん楽しんでもらえそうで何よりでしたね。

秋の生きものさがし~キッズ&ファミリー~

2016年09月15日 | 秋の生きものさがし
 毎年のことですが、秋のドタバタが始まってしまうとブログが追いつきません…。まあ、昔のように1ヶ月遅れなんていうことはないだろうけれども、1週間遅れぐらいにはなっちゃうかもなぁ…。


photo by masapapa
 
 9月11日(日)は秋ヶ瀬公園のピクニックの森。キッズ&ファミリーの「秋の生きものさがし」です。まずは注意事項から。周回路まで警告に出てくるスズメバチには要注意の季節ですからね。



 参加者は6家族16名。アシスタントはまさパパです。



 満水状態のザリガニの池。


photo by masapapa

 おチビちゃんばかりでしたが、アメリカザリガニ・ドジョウ・サカマキガイ等が捕まっていました。


photo by masapapa

 メダカの池です。



 トンボ狙いだった子どもたち。シオカラトンボやショウジョウトンボ、ギンヤンマも飛んでいましたが、残念ながら空振りでした…。



 ここのカナヘビにも逃げられちゃいましたねぇ…。



 とにかくやぶ蚊が多いので周回路は早めに切りあげ、「バッタの原っぱ」まで移動。


photo by masapapa

 トウキョウダルマガエルを見つけたところかな。



 この子は手づかみにもチャレンジ!
 残念ながら逃げられておりましたが、おしかったですね。もうトウキョウダルマガエルを素手で捕まえられる子は、滅多におりません。アマガエルやヌマガエルでさえ捕まえられない子が増えております…。というか、捕まえようともしない子のほうが多いかもなぁ…。


photo by masapapa

 原っぱの中へ入ります。



 コバネイナゴだらけですねぇ~。



 こんなお顔をしております。
 イナゴの佃煮を食べてみたい方は、11月の「蜂の子試食会」へご参加ください!?



 トゲヒシバッタのほうがめずらしいかな?



 ウスイロササキリです。



 クビキリギスの成虫が増えてきましたね。
 このまま成虫で越冬するキリギリスの仲間です。



 口紅をひいたねずみ男!?



 ナガコガネグモは原っぱのあちこちに網を張って、獲物を待ち構えております。


photo by masapapa

 何が捕まったのかな?



 この子はやっぱりトンボ狙い。シオカラトンボは捕まえていました。ギンヤンマは大人でも難しいですからねぇ…。
 他にもアキアカネやノシメトンボ、イトトンボの仲間を捕まえていたご家族もいましたね。



 池では、ヤゴやフナ型の魚の子ども等を捕まえていた子も。



 シオカラトンボのヤゴです。



 オオブタクサにいたハラビロカマキリ。



 見つけたママが捕まえて、子どもに持たせておりました。


photo by masapapa

 この子も自分でつかむことができましたね。
 カマキリだって、つかめない子どもたちが増えすぎております…。



 ハラビロカマキリのファイティングポーズは、たか爺も久しぶりに見たかなぁ~。生きるためには、自分の何百倍もありそうな人間にだって戦いを挑む虫って、なんかかっこよくない!?



 たか爺が大好きなシロバナサクラタデです。



 クズの花は、匂いもかいでみてもらいました。



 絶滅危惧種のタコノアシですね。

「秋の生きものさがし」事前調査

2016年09月12日 | 秋の生きものさがし
 9月9日(金)の続きです。
 14時半すぎからは、秋ヶ瀬公園のピクニックの森をひとまわり。スズメバチは1年で最も危ない時期に入るので、周回路を歩いているだけでも警告に出てくることがあります。身をもってチェックはしておかないと…。



 炊飯場側から歩きはじめると、イチモンジセセリたちが出迎えてくれました。この時期はあちこちで飛びまわっていますよね。



 ヒガンバナもきれいです。



 コセンダングサは、花は決して嫌いなわけじゃないんだけれども…。



 ワンダースクールで「オオカマキリの原っぱ」と呼んでいる場所は草ぼうぼう。でも、オオカマキリが見つからない!?



 同じく「ザリガニの池」。夏には干上がった池も満水状態です。
 まあ、ザリガニやヨシノボリぐらいは捕まるかな。



 クズの花はいい匂いです。



 キンミズヒキは花から実へと。



 当日メインで使う予定の「バッタの原っぱ」です。
 バッタとりより池の生きものさがしがしたい子も遊べるし、クヌギのどんぐり拾いもできるので、子どもたちには自由に遊んでもらえる場所ですね。これぐらいの草丈なら、アシナガバチの巣がある心配もなさそうですが、一応たか爺が身をもって確認しておきました!?



 個体数ではコバネイナゴが№1。
 


 オンブバッタも、小さな子どもたちでも捕まえられますよね。



 ジュウジナガカメムシの幼虫たち。



 ショウジョウトンボとコバネイナゴの2ショットです。
 翅が1枚ありませんが、多分これでもまだ飛べるのかな? コバネイナゴが「お前さん、大丈夫かい?」って言っているみたい!? 



 トウキョウダルマガエルの子ガエルも多かったですね。



 ニホンアマガエルも。



 たか爺お気に入りのコバノカモメヅルも咲いていました。



 みんなでダンスしているみたいでしょ!?

 それにしても、予想通りやぶ蚊が多くてまいりました…。当日は、とりあえず森は早めにひとまわりして、あとはメイン会場で遊んでもらう感じになるでしょうね。
 あとはひたすらどんぐり拾いです。24日の「ねりま遊遊スクール」用にクヌギのどんぐりも集めておかないと…。16時近くになってしまったため、彩湖道満グリーンパークの事前調査は改めて…。

秋の生きものさがし~ワンダーキッズ~

2015年09月18日 | 秋の生きものさがし


 9月16日(水)はピクニックの森。秋ヶ瀬公園管理事務所へ連絡しておいたら、スズメバチたちが集まる木には注意書きを設置してくれていました。バーベキュー場を利用する多くの人たちが通る園路脇なので、念のため。



 オオカマキリはいたるところで見られますが、子どもたちは…。炊飯場の原っぱまでは1匹も捕まえられませんでした。



 魚とり網を持ってきている子はいなかったので、池の生きものさがしはスルーして炊飯場の原っぱまでひと回り。



 バッタやカマキリを捕まえてみてもらいます。



 オオカマキリを捕まえたというか、網にくっつけたというか…。それでも2匹はキープして、コカマキリも1匹でした。



 コバネイナゴでも捕まえたところかな。



 草丈が高くて稲刈り前の田んぼに近い状態なので、コバネイナゴが一番多い原っぱです。残念ながら、今年はショウリョウバッタモドキは見つからず、あとはオンブバッタ、クサキリ、クビキリギスの幼虫といった面々でした。



 ナガコガネグモを怒らせて遊んでいるところ!? チョンとつつくと、自分で網を大きく揺らします。



 原っぱに多いナガコガネグモ。成体は縦に隠れ帯を付けます。



 スズメウリの花。



 未熟な実です。そのままの状態で残ってくれるなら、リースに巻きつけて使いたいぐらい花も実も葉っぱもかわいい植物ですね。



 ケースの中では、オオカマキリがオンブバッタを捕食中。こういうシーンもよく見ておいた方がいいと思いますよ。
 たか爺はせっせとクヌギのどんぐりも拾っておきました。子どもたちはどんぐり投げで遊んでいましたけどね…。

秋の生きものさがし~親子でワンダー~

2015年09月14日 | 秋の生きものさがし


 樹液に集まるモンスズメバチたちです。この木には注意書きを設置してもらうよう、公園管理事務所へ連絡しておきました。
 9月13日(日)は、親子でワンダーの「秋の生きものさがし」でピクニックの森。まずはスズメバチに注意のお話からですね。で、歩きはじめてすぐに、この状態を見てもらえばより効果的!? 今回は、スズメバチが参加者の方にまとわりついて、たか爺が採ってしまったほうがいいのか採らないほうがいいのか迷うような、本当に怖い状況にはあわなくてよかったです。



 親子でワンダーは基本的に定員20名。30名までは予約を受けつけて、参加希望のご家族が多い場合には午後にも開催することにしています。今回は午前が7家族20名、午後が5家族18名とちょうどいい人数になったかなと思っていたら、天気予報は15時から雨…。急遽午後から午前への変更もOKとしました。参加者は最終的に午前が10家族31名、午後が2家族5名で、計12家族36名でしたね。



 これはアシスタントのまさパパが撮ってくれた写真。クビキリギスの幼虫の話をしているところかな? 



 周回路脇の草の上にはオオカマキリの姿が目立つ季節です。



 ワンダースクールでは「オオカマキリの原っぱ」と呼んでいる場所には、特に多いですね。



 この時のカマキリはハラビロカマキリだったかな。めずらしく木ではなく草の上にいました。



 でも、積極的に手が出て実際に捕まえていたのは、女の子たちだったような!?



 オンブバッタです。



 ザリガニの池ではカムルチーの子ども。雷魚です。まさパパが捕まえてくれました。



 まだ小さなカナヘビを捕まえた子は、他のご家族にも見せてくれていましたね。



 嫌いな人にはごめんなさいですが、午前中の子どもたちは芋虫毛虫もいろいろと見つけてくれました。オナガミズアオです。蛹になる前はこんな色!?



 コスズメの幼虫です。



 トビイロスズメ。



 キンミズヒキの花に群れていたのは、クロケシツブチョッキリになるのでしょうか?



 炊飯場の原っぱでも、女子チームのほうが積極的に虫さがし!?



 何を見つけたのかな?



 何が捕まったのでしょうか?



 原っぱにはコカマキリが多かったですね。



 オオカマキリはだめでも、コカマキリならつかめました。以下の3枚はまさパパ撮影です。



 しばらくたか爺の帽子の上にのっていてくれたオオカマキリです。



 スズメウリを見てもらっているところ。1本の蔓に花から実までついているものもありました。葉っぱもかわいいですよね。



 スズメウリの花です。

 ちょっとポツポツときましたが、午後もどうにか曇のままでよかったです。土曜は午後からけっこう歩いちゃったし、日曜も午前と午後の2回だとちょっと疲れちゃうけど、涼しくなってくれて助かりますね。まだ水曜が残っていますが、次は光が丘公園。そろそろどんぐりも集めてこないと…。