Trip to the Waterside ~梅のいい釣り夢気分!~

三浦半島・伊豆半島をメインとした ルアー釣行記とそれにまつわる旅の記録かな

RAID JAPAN FAT WHIP 3"

2018-07-29 | ルアーアイテムの話
しばらく前からこのルアーを探していましたが、近くの量販店では欲しいカラーがなくて行く度にチェックしていましたが、やっと昨日入荷していたのを見付けました

イモグラブでノーシンカーワームが海でも使えることが良く分かったので、他に良い物がないか?と目を付けていたのがこのルアーでした。イモグラブはカサゴなどの根魚狙いで活躍しますが、いまいちシーバスには使う気になれず。このルアーはシーバスとフラットフィッシュに使ってみるつもりです。

コメント

Major Craft Jigpara Spin インプレ

2018-07-18 | ルアーアイテムの話
エサ釣り船でルアーをやるのにウェイトの重いテールスピンが必要で購入。

テールスピンのデメリットとして、フックがラインを拾ってしまうってのがあるのでどうかと思いましたが、やっぱり拾いますね。ボディの下側にキールを設けて、フックを拾わないようなボディバランスを… って説明書には書いてありましたが、普通に拾うじゃんって。

やっぱりこのデメリットに対して1番強いのはインザベイトかな




 W杯終わってしまいましたね。これで寝不足から解放されて通常通りの生活に戻れるのは良いのですがなんかさみしいです。今回ワタシのベスト4予想は上から、フランス・クロアチア・ブラジル・イングランドで、外れたのはブラジルの所だけでした。ブラジルはもっとやれると思いましたが、ネイマールの精神年齢が成長してなかったのが1番の敗因かと見ます。これから4年間の間に大人になれないと、もしくはネイマール以外のエース格が現れないとブラジルは厳しいんじゃないかな。対してフランスはポグバが成長してくれましたね。チームの為に働いてる感じがしっかり伝わってきました。フランスは圧倒的強さというのはなかったですが、試合を重ねるごとに成長していく感じがあったので、これから順調に伸びていけばもっと素晴らしいサッカーを展開してくれるんじゃないでしょうか。

さて新たな楽しみとしては新シーズンに向けての移籍情報と、9月から始まる代表レベルの新コンペティション=UEFAネーションズリーグ。略してUNLというやつ。でも1番気になるのはレアルマドリーの新布陣かな。
コメント

Zeake R-SARDINEとS-BIT

2018-07-16 | ルアーアイテムの話
こりゃ美しい仕上がりのメタルジグだ

R-SARDINEはなんでもカタクチイワシをスキャンしてフォルムを限りなく近付けたんだとか。これで動きが良ければかなりお気に入りになっちゃいそうな



ショアスロー用のS-BITはフォルムはさすがにイワシっぽくはないですが、仕上がりは同じく美しいのでとりあえず1個買っておきました

この2種類のジグの特徴として横アイというのがありますが、はたして動きとしてはどんな効果があるのか





 フランス 4 vs 2 クロアチア フランス 98年以来2度目の優勝 デシャン監督は選手として、また監督として優勝を経験したこととなりました。
しかし凄い試合でした。クロアチアは体力的に相当辛かったと思いますが、そういうことをまったく感じさせずに、むしろフランスよりも良かったんじゃないかと思えるくらい。しかし試合を重ねるごとに成長していったフランスが、監督の采配あり、組織的な力あり、選手の個の力ありで一歩上を行きましたね。


大会ヤングプレーヤー賞にエムバペ、GK賞はクルトワ、大会MVPにモドリッチが選ばられたことは間違いないでしょう。
試合後や表彰のときの映像でエムバペの目がキラキラと輝いていましたが、これから成長して行くにあたって、ネイマールのようにはならないでほしいなってのはありますね。モドリッチの表情からは笑顔はなく、しかし悲壮感が漂うというような感じには見えずで、この人は将来良い指導者になるんじゃないかな?ってのを感じました。

両チームとも素晴らしかった
コメント

DECOY Arm Rig SN-12

2018-07-08 | ルアーアイテムの話
デコイからこんなのが発売されていました。サイズは3種類。



船からのアジングに使うアイテムみたいです。もうまるっきり天秤ですけど、こういうアイテムは色々と釣りの幅を広げられるのでなかなか有難いです。普通にオカッパリで使うことも考えられているのもいいですね



船からのバーチカルアジング用としては村上式天秤が先駆けだと思いますが、オカッパリへの対応も含めてどちらが使いやすいか?、またヘビキャロワイヤーとの使い分けなどもちょっと試してみようと思います。



 スウェーデン 0 vs 2 イングランド  イングランドはあまり苦労することなくベスト4進出 これは順当でしょうか。

ロシア 2 (3)vs 2(4)クロアチア 両チームとも2試合続けての延長・PK戦の末、クロアチアがベスト4進出

クロアチアはポゼッションが強かったのですがロシアのDFは強固でしたね。しかしモドリッチは凄い ちらしのパスにドリブル・ディフェンスまでほんとにレベルが高い。レアルでも凄いとは思ってましたが、代表の方がより際立ちますね。GKのスパシッチもなかなか
開催国ロシアはここで敗退。しかしロシアも強かった。



コメント

村上式天秤&浜キャロロケット

2018-07-07 | ルアーアイテムの話
オカッパリでヘビキャロ的な釣りをするときに糸絡みがイヤなので、何か良いものがないか?と探していたところ、こんな物を発見しました~。もともとは船からのアジング用に発売されたアイテムみたいですが・・・ これをオカッパリのキャスティングで上手く使えないものかと





 フランス 2 vs 0 ウルグアイ フランスベスト4進出
ウルグアイはカバーニの負傷欠場が響きましたね。前半は運動量があり守備も強いなという印象でしたが、後半、とくに2点目を取られてからは運動量もなくなってしまいましたね。それにしてもタバレス監督は年をとりましたね~。
フランスは前半終盤にあったロリスのスーパーセーブ、エムバペも前半は才能の片鱗を見せていましたが後半はイマイチでした。全体通して良かったのはグリーズマンですね 次はポグバに輝いて欲しいかな。

ブラジル 1 vs 2 ベルギー ベルギーがベスト4進出
この試合は観てませんが、優勝候補同士の対戦とは言っても何だかんだでブラジルが行くかな?って予想していましたが・・・ ベルギーが行きましたね~。ワタシの心情的には日本と戦ったベルギーに勝って欲しかったので良かったんですけど。

試合結果とは関係ないですが、このロシア大会ではナイキのユニホームがカッコいいなと。とくにフランス・ポルトガル・クロアチアがお気に入り
コメント

FACT Last Ace 75

2018-07-06 | ルアーアイテムの話
コイツの動きはヤバい ルアー自体にシンカーなどの重みを持たせてしまうと魅力的な動きではなくなってしまうので、リグを選びますが・・・ 良いリグが見つかれば海でも強力な武器になるはず。。。 と思います。

コメント

GAN CRAFT SHAPE-S 2.5"

2018-07-02 | ルアーアイテムの話
またヤバそうなワームが発売されてました

以前からある5.3インチや4インチの大きめのシェイプスは使ったことがありますが、素材の脆さ故、釣り場に持って行くことがなくなってしまいました。これにつきましてはバネチューンで補強をして改めて使ってみようとは思いますが、ライトゲームで使えそうな2.5インチとは


ただこれまでの物と違いこの2.5インチはS字系ではなく、フィッシュテールの微波動系とのこと。

ラストエース75やヴィローラ2.8”と同じように、ヘビキャロで使ってみようかな






 スペイン 1(3) vs 1(4) ロシア 大会初の延長・PK戦
スペインのスタメンにアセンシオの名前があったときは心が躍りました。エムバペと並んで期待していた選手なので。この大会で覚醒すればスペインも決勝まで行く可能性がぐっと高まると踏んでいるのですが。ただスペインの中では序列が高い方ではないので、試合に出れるかどうかって問題がまずはありますね。この試合では104分位の出場で、内容は正直ちょっとがっかりでした。戦術だったり監督の指示だったりかもしれないですけど、右サイドに張ってることが多くあまり試合に入っていないように見えました。残念ながらエムバペとは差が開いてしまったかな
話は変わって試合ですが、ポゼッションするスペインに対しカウンターのロシアという構図でしたが、ロシアのDF強度とカウンターのスピードは中々ですね。また開催国ゆえのスタジアムの雰囲気はロシアにとってかなりの助けになったのではないでしょうか。そして攻めあぐねたスペイン、粘りのあるDFをしたロシア、結果はPK戦でロシアが勝ち抜けました。これはジャイアントキリングですね しかし観ているこちらとしてはあまり面白い試合ではなかったのが残念。

クロアチア 1(3) vs 1(2) デンマーク こちらも延長・PK戦
こちらの試合は観戦していませんが、開始早々に両チームが1点づつ取った後は接戦だったようですね。デンマークもやりますね 同じ1-1からのPK戦までもつれ込むような試合でもこちらの方が面白そうでしたね。


さぁ今晩は日本代表のベルギー戦です ポーランド戦は賛否両論ありますが優勝候補の一つと言えるベルギーを倒せば、あの試合は凄く評価されるのではないでしょうか? ベルギーは本当に強敵ですが頑張ってジャイアントキリングを起こしてほしいです。ガンバレ日本 
コメント

ZAPPU×issei 浜キャロロケット インプレ

2018-06-30 | ルアーアイテムの話
昨日 関東は梅雨明けをしたということですが早すぎないっすか なんだか今年は暑くなりそうですね~ アバラは順調に回復しているので、次のお休みにはなんとか釣りに行きたいと思います。


さてヘビキャロワイヤーを使った釣りにおいて、その時に使うシンカーなんですけど、ワタシはこのシンカーを多用しています。

ナス型のオモリとの使い比べで、キャストの時の飛距離が良いように思えます





 今晩から決勝トーナメントですね。初戦はフランスVSアルゼンチンですが、ワタシは今回の優勝はフランスだと思っているのでどうでしょうか


コメント

イモグラブ バネチューン

2018-06-24 | ルアーアイテムの話
イモグラブがカサゴなどの根魚に有効なのは、このブログを見て下さっている方々には承知のことと思いますが、いかんせん耐久力がなくすぐに壊れてしまいます

そこでバスアングラーにはよく知られているバネチューンを施して使用すると、耐久力が格段にアップするのでオススメです 使用するバネはホームセンターなどで安く売られている物でも、使わなくなったボーンペンから取り出した物でもなんでもかまいませんが、ワタシは釣具屋さんに行ったときについでで買えるのでこちらを使用しています↓



こちらのデコイ ワームホルダーを、ワームのサイズに適当にカットしてワームに埋め込むだけ


イモグラブのオフセットフックを使用したノーシンカーの場合は、壊れる場所がほぼほぼラインアイのある先端部分になるので、そこにバネを埋め込みます。埋め込み口は先端からネジ込むか、先端上下方向からネジ込むかは、どちらでも大丈夫てす。





ボディ内部までしつかり埋め込めば終了と、たったこれだけでワームの消耗が抑えられるのでかなり経済的




このバネチューンの良さを知ってしまったので、他のワームにも色々と試していくつもりです






 ドイツはなんとか勝利して決勝トーナメントへの道のりを確保しましたね。韓国は奇跡を起こさない限りGS敗退となりそうです。


そして今晩は再び我が日本代表の出番です 今回はGSで日本にとってもっとも手強いと思われるセネガル。勝って決勝トーナメントへ進んでくれ ガンバレ日本
コメント

Daiwa GUSTNADO 70S インプレ

2018-06-22 | ルアーアイテムの話
海でスイッシャータイプのルアーってあまり使いませんが、このルアーは意外といいかも



過去にも他のスイッシャータイプを使用しましたが、バイトを得られなかったのも継続して使用しなかった理由。飛距離も空気抵抗があるのでロングキャストは難しいし、正直使い所もよく分かりませんでしたが、夜の漁港で常夜灯まわりでライズしているセイゴにはすこぶる反応が良かったです

おそらく小さいベイトを水面で捕食しているシーンにおいて、このルアーの微波動と控えめな引き波が良かったのだと推測します。またシンキングタイプというところもバイトしてきた時に、ルアーを弾き飛ばさないので良かったかなと。他のミノーやシンペン、シャッドやワームにもほとんど反応しなかった中でこのルアーには好反応だったので、スイッシャータイプのルアー… ちょっと見直してみようかな と。





 GKカバジェロのまさかの凡ミス 前半は攻勢だったアルゼンチンでしたが、このミスでの失点により崩れました。
前に出た裏を取られクロアチアのカウンターの餌食に。モドリッチのシュートは素晴らしかったですね メッシはやっぱりマラドーナには並べなかったかな
コメント