ひかり

健康の事、環境の事、趣味の事…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トロントの手芸屋さん

2016年09月11日 | 手芸
以前から気になっていたお店。
でも、いつも閉店時にお店の前を通るだけだった。

今日は、近くに用事があって、その手芸屋さんに入ってみた。

中に入ると、
いろんな色のボタンがキラキラと、そして可愛い布地さんも出迎えてくれた。
明るい良い感じのお店。

布やボタンが主に売られていて、刺繍糸、ファスナーなどもありました。
日本のメーカーの縫い針なども売られていて驚いた!
先日投稿した、日本から買って帰ってきたまち針とよく似たものも売られていました。

店舗のほぼ半分以上は、洋裁教室のスペースになっていて、
小学校中高学年?くらいの女の子たちが沢山いました。
自分の小さい頃を思い出す。

さて、カナダに来て、洋裁もしたいと思っていたけれど、
カナダで買った布の色落ちがひどくて、本格的に洋裁をする気になれなかった私です。
義祖母から受け継いだミシンがあったのだけれど、
使ってみると既に壊れていて、仕方なく、手縫いで夫の甚平のズボンを仕上げた。
手縫いで時間をかけて縫ったのに、色落ちがひどいために、使い物にならなかったからだ。


前述の生地は、エドモントンで買ったものだけれど、
クイーンストリート沿いの生地も、どうも買う気にならないお店が多い。
床に直接置かれた生地、
外気に長時間さらされている生地、
日光を浴びすぎた生地を買って、
時間をかけて物作りする気にどうしてもならないのである。
そして、生地の種類も少ない。
大阪の戎橋商店街の生地屋さんで売られている生地の種類の多さと比べてはいけないのは解っている。
だけど何より、このお店は、店頭に置かれている生地は、あくまでも見本で、
販売用は、同ビル上階にあって、一般客が触れることはない。


そんな訳で、今日訪れたこのお店は、
布は、棚に置かれているのがほとんどで、
お店の外には、商品を置いたりもしていない。
比較的小綺麗で、洋裁をしてみようかな???と少しだけ思わせてくれたのでした。
お店自体は、そんなに大きくないし生地の種類が多い訳ではないけれど、
今度ボタンが欲しい時は、ここに行こうと思います。



洋裁をする気にならない理由を生地のせいにしてしまったけれど、
本当は、洋裁って面倒だと感じてしまっている私の怠慢が一番の理由です。
場所もとるし、ミシンやアイロン台、へら台などを出したり、片づけたりも面倒。

というわけで、洋裁は、大きなリビングルームのあるコンドに住めるようになったら実現するかな。
リビングルームの一角をアトリエにする。
そしたら、ミシンやアイロン台などを置いたままにできる。
布を広げられる作業台も置く。
ミシンも買って、ロックミシンも買う。もちろんミシン専用の台も買って置いたままにする。
縫い物も、編み物もできるスペースが出来上がる。
リビングだから、家事をしながら、編み物だけじゃなくて、縫い物もできる。
例えば、煮物をしながら、ちょっとミシンを踏んだりとか…。
それから、アトリエには、引き戸も付いていて、
来客がある時、料理の匂いが気になる時は、閉めることもできる。
夫といる時は、引き戸は開けておけば、夫を独りにすることもない。
同じ空間で一緒に別のことを楽しめる。
そんな所に住みたいな。


では、また明日。
皆さんの今、そして未来も、皆さんにとって幸せな時であります様に…。
と言うよりも、
皆さんの今、そして未来も、皆さんにとって幸せな時であります。
(それが必ず実現される為に、”祈り”ではなく、”そうである”と断言しました。)
そして、今日は、もう一つ付け足して。
地球上のみんなが、趣味を楽しめる余裕のある暮らしができるようになりますように…。
と言うよりも、
地球上のみんなが、趣味を楽しめる余裕のある暮らしができている!
心の余裕、経済的な余裕、時間的な余裕、健康な心身がみんなに与えられます!


 お店情報 
Sew Be It Studio
2711 Yonge Street
Toronto, ON M4N 2H8
416 488 1607
http://sewbeitstudio.com/

ヤングストリート沿いで、
地下鉄ローレンス駅とエグリントン駅の丁度真ん中あたりにあります。



人気ブログランキングへ

裁縫箱を買う

2015年03月01日 | 手芸


カナダで洋裁を始めようと思った時、
日本で見かける様な木で出来た裁縫箱が見つからなかった。
あったのは、布が貼ってある”箱”で、細かな仕切り等も無い、大きな箱で、整理しにくい物でした。
なので、今までは、実はというと、釣り用具入れを代用していたのです。
でも、これが、やっぱり使いにくいし、仕切りが細か過ぎて不便でした。

と言う事で、Solutions へ行ったら、それらしい物を発見!
しかし、丁度、その箱を見ていると、それを買ったお客さんが来て、別の商品を見ている。
聞いてみると、この箱だと小さ過ぎたらしい。
でも、私は、そんなに本格的に洋裁をしている訳でもなく、これからその予定も無いし。
見た限りでは、この箱で大丈夫そうだったので、これにした。

でも、もう一杯!
きっと、ボタン付けくらいする程度なら、この箱で良いのだろうけれど、
チャコペーパーを入れて、裁ちバサミを入れて、仕付け糸も入れて、
それから、色んなミシン糸を入れようとするなら、これでは小さいと言うのは頷ける。
もう一回り大きめのもあったけれど、それもさほど変わらない感じがする。
なので、本格的に洋裁をする予定の場合は、
基本の道具は、これに入れておいて、
ミシン糸等は、数が増えたら別の箱を買う様にするしか無いだろうなと思います。

でもやっぱり真剣に洋裁を始めようとされている方は、
もしかしたら、手芸店で良いのがあるかも知れないので、もう少し探してみても良いかも。


では、また明日。
皆さんの今、そして未来も、皆さんにとって幸せな時であります様に…。
じゃなくて、
皆さんの今、そして未来も、皆さんにとって幸せな時であります。
(それが必ず実現される為に、”祈り”ではなく、”そうである”と断言しました。)


* お店情報 *
Solutions
http://www.solutions-stores.ca/


人気ブログランキングへ