哲学の科学

science of philosophy

勉強が嫌いな人々(11)

2020-02-29 | yy72勉強が嫌いな人々


極端な例を作ってみましょう。フィクションですが。
勉強が嫌いな少年A君は、たとえば小学校卒業の時点で中学校に行かずにプロサッカーの選手を目指します。親も学校の先生も反対しません。プロサッカー選手養成学校に行くとします。
学費は教育財団が出してくれました。養成校では、まず身長を大きくするためのおいしい栄養食を取らせます。三食とおやつも無料です。それと並行して基礎体力、基礎運動能力を訓練する。サッカーの技術教書を読ませる。身体運動の物理学と生理学を教える。同時に、海外に進出できる能力、英語力や国際マナーを学ぶ。そうして、毎年実技と理論の定期試験を受けるでしょう。十四歳で一回目の試験には合格。
先生は「まあ、身体が大きく成長すればプロになれるかも」と言ってくれますが、A君本人は、身体が大きく成長するかどうかは確実ではないし、それからプロになるのはもっとむずかしそうだ、という考えを持ち始めます。
そこで今度はプロのユーチューバーになるためにプログラミング学校に通います。パソコンに精通して、コードも書けるようになり、インターネット世界もよく分かるようになりましたが、プロのユーチューバーは安定した収入がありそうにないことが分かってきました。十六歳になったA君はアルバイトの経験がしたくなり、宅配便のワーカーになります。しかしすぐに退屈し、もっと面白い仕事はないか、と思い始めます。
仕事仲間から聞き込んだドローン配達オペレーターの募集に問い合わせたところ、三ヶ月のトレーニングが必須と言われて訓練所に入りました。そこで知り合ったドローンの先生から配達ロボットの開発をしていると聞いて、ドローン操縦のオペレーターをしながら研究所のアルバイトをさせてもらうことになりました。A君十七歳のときです。
ロボット研究所で大学院生の助手になってプログラミングの補助をしました。プロジェクトに参加させてもらい、毎日、ロボットの開発に夢中になっているうちに五年経ってしまいました。正規の研究補助職の試験に合格しました。給料もあがりましたが、そのとき「君の実力なら博士号をとれるよ」とみんなが言ってくれるので、大学院入学検定の準備をはじめました。英語と中国語の勉強は大変でしたが二年間で大学院入学資格が取れたので博士課程に入学しました。A君二十四歳のときです。
四十歳になったA君は家庭も持ち、ロボット開発会社の社長として世界中を飛びまわりながらも、ボランティアとして、少年サッカーチームのコーチをしています。








自然科学ランキング
コメント

文献