車泊で「ご当地マンホール」

過去と現在の車中泊の旅に、そうでない旅、そこで見つけたご当地もの色々、でもメインはやっぱり「ご当地マンホール」かな?

下田市見所ウォッチin下田市

2018年11月16日 10時00分00秒 | 社寺・名所・観光・静岡県
「了仙寺」と「ペリーロード」で下田の見所終了!何て言うと、観光協会からクレームきますね。
歴史のある町には、特に「○▲○」なんて名称が無くても、実は見所はいっぱいあります。
「了仙寺」の近くに、「御獅子神社」という、とても小さな祠が鎮座する神社を見つけました。


祠の中には一対の獅子頭が奉納されており、どうやらその「獅子頭」がご神体のようです。
このご神体、単なる獅子頭ではなく岩戸隠し所縁の木で彫らせたもので、霊験あらたか!!
それゆえ、町内住民の信仰を集める事となり、現在の場所に鎮座されたと案内板にありました。


ところで、下田で一番有名な外人と言えば『ハリス』に『ペリー』それに『プチャーチン』
この似顔絵は、「道の駅開国下田みなと」で見たのですが、『ハリス』以外が怖すぎます(笑)


半ば無理やり(笑)、武力行使をちらつかせて、鎖国を解かせ開国に持ち込んだ上記の三人。
「下田開国博物館」では、日本開国に係る約1000点もの資料が、常時展示されています。


全く興味ないかといえば???なのですが、それよりも興味を引いたのはこの建物の外観。
松崎町で、あれだけのなまこ壁造りの土蔵とか見てきたのに、飽きもせずのデジカメ三昧。


さて『ペリー』と言えば、幕末期に活躍した『吉田松陰』の「ペリー艦隊密航未遂事件」。
弁天島に身を潜めた『吉田松陰と金子重輔』はここから「ポーハタン号」へ小舟をこぎつけます。
しかし『ペリー』に密航を断られ、下田奉行所に自首、奉行所の命により拘禁されました。
下田市立中央公民館の一角には、「吉田松陰拘禁の跡(長命寺跡)」の碑が残されています。


実は私、道の駅から見える小さな島が、その「弁天島」だと思い込んで写真も撮ったのです。
でも実際は別物で、しかも肝心の弁天島は地続きと言う・・何とも悔しい結果となりました。


伊豆急下田駅前のロータリーには、漆喰壁が美しいとてもエキゾチックな土産物屋があります。
なまこ壁の町並みが素敵な下田らしい佇まいに、屋根の上の時計台がさらに色を添えています。


駅前ロータリーには、ペリー艦隊「サスケハナ号」の模型と、可愛い龍馬君が展示されています。


黒船と言えば、下田港には、この艦を模した遊覧船「黒船サスケハナ」が就航していました。


市街地を抜けて下田市最後の見所ウォッチは、白浜海岸に建立された『北原白秋』の歌碑です。
【 砂丘壁に 来ゐる鶺鴒 晝久し 影移る見れば 歩みつつあり 】


訪問日:2011年11月
コメント

ペリーロードin下田市

2018年11月15日 10時00分00秒 | 社寺・名所・観光・静岡県
時の江戸幕府に対し、開国を(強制的に)求めて、黒船でやってきた『マシューペリー』。
下田港に上陸した『ペリー』は、300人の部下を引き連れて、「了仙寺」まで行進しました。
今、平滑(ひらなめ)川沿いの路は、「ペリーロード」の愛称で、観光客の人気を集めています。


川風にゆれる柳の並木に誘われるようにゆっくりと歩いていけば、そこかしこに残る洒落た風景。
明治時代に遊郭だった建物は、窓にステンドグラスが埋め込まれ、何とも艶めかしいた佇まい。


一階の屋根の上からこちらを睨んでいる「鍾馗」は、さしづめ、骨董店「風待」の用心棒かな。


赤い欄干の「柳橋」のたもとにあるのは、安政元年(1854)に建てられた回線問屋「土佐屋」
二階の腰壁一面に貼られた白と黒の「なまこ壁」が、ひときわその存在を主張しています。 



逢坂橋のたもとにある、美しい佇まいの古民家と、伊豆石造りの蔵は大正3年(1914)の建造。
現在はギャラリーアンドカフェ「草画房(そうがぼう)」として、憩いの場になっています。



伊豆石造りの蔵は、書家の『竹澤尚生(たけざわひさお)』氏のアトリエとなっているそうです。
ちなみに「伊豆石」とは、「室岩洞」に代表される伊豆の山から切り出された石材の総称です。


蔵と隣接して建つ、緑の窓枠が可愛い石造りの洋館は、築150年のイタリアン・レストラン。
この画像では石造りの蔵のほうが存在を主張して、レストランは半分しか写っていません(^^;)


ペリーロードを歩いていると、石畳の道にとてもユニークなデザインのタイルを見つけました。
この男性は黒船の乗組員のようで、商人から樽に満たされた酒のようなものを買い求めています。


明治・大正の浪漫漂うペリーロードも、この「カロネード砲」が設置された場所で終わりです。
ここから開国記念碑まではそんなに遠くなかったらしいのですが、今回はパスされました(笑)


ガス燈の向こう、なまこ壁と伊豆石が美しいお屋敷は、1918年に建築された「旧澤村邸」。
個人のお宅みたいなので、遠目から写真を撮らせてもらった後、「了仙寺」へと引き返しました。


訪問日:2011年11月
コメント

了仙寺in下田市

2018年11月14日 10時00分00秒 | 社寺・名所・観光・静岡県
寛永12年(1635)、下田奉行『今村伝四郎正長』によって下田市七軒町に創建された「了仙寺」。
参道から境内には数百株のアンリカジャスミンが植えられ、「ジャスミン寺」の別名を持ちます。


下田の「了仙寺」と言ってピンと来ない人も、「下田条約」が締結された寺と言えば分かるでしょう。
嘉永6年(1854) 、黒船という圧倒的武力を誇示して浦賀に現れた『ペリー』率いるアメリカ艦隊。
開国を迫るアメリカに対し、時の幕府も遂に折れ、そのうねりは大きく日本を変えていきました。
嘉永7年(1854)3月、横浜村(現・神奈川県横浜)に於いて「日米和親条約」が結ばれた二ヵ月後、
再び来日した『ハリス』との間に、先の条約の付属協定として「日米下田条約」が結ばれました。
「了仙寺」は、『ペリー』が来航して以降、彼らを応対する場所として使われていました。


「了仙寺宝物館/黒船美術博物館」には、黒船・開国の資料などが展示されているそうです。
が、私たちの興味はどうしても寺社建築の素晴らしい彫刻(^^;)、この獅子と獏、凄いでしょう。
赤く彩色された口をあけて参拝者を見下ろす姿、きっと異人さんも驚いたことでしょうね。


境内墓地の入口に立つ三基の五輪塔は、二代・四代・五代の下田奉行の墓とされています。
正面ではないので、認識できる「五輪塔」は一基のみ、どの下田奉行のものかは不明です(^^;)
これらは江戸時代初期の物で、下田市史跡として、また「了仙寺」は国史跡に指定されています。


伊豆半島に位置するこの場所は、古くから人々が住み着き、集団での生活が営まれていました。
了仙寺の境内にある横穴遺跡は、1300年以上前の古墳時代に作られた横穴墓と言われています。
人骨と共に出土した装飾品の規模から見ても、被葬者は地元の長のような存在だったのでしょう。


穴は約10m程で、先は浸食により反対側へと抜けているそうですが、遠目では良く分かりません。
いずれにしても、古墳時代の遺物と、近代日本の幕開けとなった歴史が同居なんて、感動的です。


参拝日:2011年11月
コメント

ご当地マンホールin静岡県下田市

2018年11月13日 10時00分00秒 | マンホール・キャラ・静岡県
下田市(しもだし)は伊豆半島南部に位置し、江戸時代には風待ち湊として栄えていました。
幕末期という激動の時代の中で日本最初の開港地となり、様々な史跡が数多く残されています。
また高級魚で知られる金目鯛の水揚げは日本一で、下田であがる8割が金目鯛と言われています。
キャッチフレーズは「自然と歴史を活かし、やすらぎと活力のある美しいまち」


1889年、町村制の施行により、賀茂郡下田町、稲梓村、稲生沢村、浜崎村、朝日村が成立。
1896年、賀茂郡浜崎村より、白浜村が分立。
1955年、賀茂郡下田町、浜崎村、白浜村、稻梓村、稻生澤村、朝日村か合併、賀茂郡下田町が発足。
1971年、賀茂郡下田町が市制を施行、下田市となり現在に至っています。
マンホールには、下田市の市章をつけた「黒船」が、ダイナミックに描かれています。
(カラーマンホールは、下田駅付近の商店街などに、下の色以外も設置されているようです)






このマンホールは、「名古屋市上下水道局・下水道科学館」に展示されていたものです。


「ペリーロード」のとある場所で見つけた黒船ですが、なんかイメージ通りで嬉しくなります(笑)


市章は昭和33年12月22日、町章として制定されていたもので下田市制施行後に継承されました。
四つの「下」と、中心に「田」の字を作り、全体で開国の港となった下田港を意味します。






これは下田駅近くの手湯のそばにあった温専用の制水弁、中央に「温」の文字入りです。


「石廊崎灯台」を後にした私たちのその日の車泊地は、「道の駅: 開国下田みなと」でした。
車中泊で旅をする私達にとって、こうした施設は、本当にありがたく大切な場所です。
改めて、その折は有難うございました m(__)m



撮影日:2011年11月
コメント

石廊埼灯台in南伊豆市

2018年11月12日 10時00分00秒 | 社寺・名所・観光・静岡県
R136号線をひたすら走り、ついに南伊豆に突入、ここは南伊豆町伊浜にある「夕日ヶ丘休憩所」です。
予定していた訳ではありませんが、高所なので海が綺麗に見えそうで、しかも駐車場有り(笑)
案内板によると、11月から1月の間、夕日は突き出した「波勝崎」の左に沈むと書いています。


波勝崎といえば、野猿300匹が生息する野猿の楽園「波勝崎苑」なる場所が在るそうです。
この休憩所にある場違いな「五猿(ごえん)の像」もその関連から作られたのでしょうか?
ちなみに「五猿」は「御縁」に通じるとして、縁結びのご利益?も有るとか・・・(^^;)


ワイワイと取り留めない一人喋りをしている間に、車は石廊崎遊覧船の発着場の駐車場に到着。
注射料金500円也を支払って、いよいよ本日最後の立ち寄り地、「石廊埼灯台」へと向かいます。
右側手前に見えている、白い手すりの所が結構急な石段で、灯台へ向かう最初の難関です。


階段を登り切った先も、当然ながら容赦ない坂道・・歩いても歩いても目の先には坂道(;_;)
やっぱり諦めれば・・と、胸の中で弱音を吐きつつ、それでも負けん気でひたすら歩き続けます。


眼下に見える「石廊崎漁港」がどんどん小さくなってゆき、やがて視界から消えていきます。


やがてごつごつした岩に囲まれるように、エメラルドグリーンの海が見えてきました。
このあたりの岩場は、約40万年前の海底火山の噴火によって形成された溶岩流で出来ているとか。
さらっと40万年とか書いてますが、北東シベリアでマンモスが誕生したとされてる頃ですよ(笑)


すれ違った人たちの「もう少し」の声、やっと石廊埼灯台まで3分の道導が見えてきました。



平坦な場所に出たところで息を整え、何はともあれ「石室神社」の鳥居に一礼し先に進みます。


伊豆半島の最南端「石廊崎」に立つ白亜の「石廊埼灯台」、感動的なシチュエーションです(笑)
目の前には広がる壮大な太平洋、孤高の戦士のようにただ静かにそこに存在する一基の灯台。


妄想の中で物語りはどんどんと進んでいき、いつしか足の痛みも忘れて最高にご満悦(笑)
あいにくと灯台の敷地内への立ち入りはできませんが、元々外観を見たいだけなので良いんです。


柵で囲まれた灯台の右手に、海に向かって進むかなり急な遊歩道が見えています。
どうやら、海蝕洞窟に建てられた「石室神社」への参道らしいのですが、流石にこれ以上は(^^;)
行きは良い良い帰りは・・・人間なんでも引き際が肝心(笑)欲張っても良い事はありません。


端っこ大好き二人、(伊豆半島の)最南端の灯台も無事に見ることが出来、後は下って帰るだけ。
名残惜しさを捨てきれず最後にもう一度と振り返えれば、まるで待っていたように漁船が一艘。
楽ではなかったけれど、その分満足感は最高!いつかまた・・そう、いつかまた来れたら良いね。


訪問日:2011年11月
コメント