The wild flowers of Portugal. ポルトガルの野の花 

学名など判ったものだけ明記しています。和名などをご存知の方はどうか教えてください。

ケンタウレア・ソルスティティアリス Centaurea_solstitialis  

2015-09-30 09:55:39 | ポルトガル花のある風景

アレンテージョ地方の首府エヴォラの郊外に古代の巨石文化遺跡がある。イギリスのストン・ヘンジやフランス、ブルターニュ地方のカルナック巨石遺跡より更に5000年も古い遺跡ということだ。そこには大小30ほどの石が立てられているが半ば風化をしかけている石もある。その石の一つに寄り添うようにケンタウレア・ソルスティティアリスCentaurea solstitialisが黄色い花を付けている。

 

ケンタウレア・ソルスティティアリスCentaurea solstitialis

キク科、アザミ亜科、ヤグルマギク属、地中海沿岸地域原産、

学名;Centaurea solstitialis, 英名:St. Barnaby's Thistle, Yellow star-thistle,

2014年6月12日、ポルトガル、アレンテージョ地方で撮影

ケンタウレア・ソルスティティアリス Centaurea solstitialisのページへ  

©2015  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

 

コメント

アナカンプティス・パピリオナケア と アナカンプティス・ピラミダリス 

2015-09-29 10:08:08 | ポルトガル花のある風景

急な斜面に2種類の蘭が群生している。国道10号線の交通量の多いところ。急カーブの場所なのにクルマは減速しないでびゅんびゅん通り過ぎてゆく。逆光でレンズに光が入りこんでいるが、この場所からしか撮影は出来なかった。

 

アナカンプティス・パピリオナケア Anacamptis papilionacea 

ラン科、アナカンプティス属、英名:Butterfly orchid  仏名:Grand orchis papillon

4月~6月開花

2014年4月6日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影

アナカンプティス・パピリオナケア Anacamptis papilionaceaのページへ 

 

アナカンプティス・ピラミダリス Anacamptis pyramidalis

ラン科、アナカンプティス属、ユーラシア南西部原産、西ヨーロッパからイランの地中海沿岸地方まで分布、耐寒性多年草、英名・ピラミッド状ラン、高さ10~25cm

2014年4月6日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影

アナカンプティス・ピラミダリス Anacamptis pyramidalisのページへ

©2015  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

コメント

アルメリア・ガディタナ Armeria gaditana

2015-09-28 08:53:12 | ポルトガル花のある風景

ポルトガル本土の最高峰、エストレラ山(1993m)の頂上付近。夏至が間近だというのに所々雪が残っている。頂上は平で古い天文台の塔が2棟。そして土産物屋。牛や山羊が放牧されていて時折カウベルの音が風に乗って聞こえてくる。少しの間だけなのだろう様々な花が咲き乱れる。アルメリア・ガディタナ Armeria gaditanaも色鮮やかだ。

 

イソマツ科、アルメリア属、 ヨーロッパ原産の多年草、

学名:Armeria gaditana、葡名:Armeria、

2015年6月13日、ポルトガル、エストレラ山地方で撮影

アルメリア・ガディタナ Armeria gaditanaのページへ

©2015  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじへ

 

 

コメント

パパウェル・ロエアス Papaver rhoeasとクリサンテムン・コロナリウム Chrysanthemum coronarium

2015-09-27 10:01:54 | ポルトガル花のある風景

スペインとの国境に近いアレンテージョの町モウラオン。モンサラスからダム湖を渡った所。そこには古いお城があり、その城壁の外側にヒナゲシとシュンギクがたくさん咲いていて、赤と白が入り混じり、みごとだった。モウラオンには「アデガベーリャ」という古い酒場がある。巨大なワインの甕が所狭しと並べられ、入り口にあるバーでは昼過ぎになると何処からともなく男たちが集まり、ワイン片手に歌が始まる。その歌声を聴きながら、ワインの大甕に囲まれたちいさなテーブルでモウラオンの郷土料理を味わう。なかなか良い雰囲気だ。一つの甕には7千リッターものワインが入るという。それが20ほども並ぶ、今にもバッカスが踊りだして来そうだ。

 

パパウェル・ロエアス Papaver rhoeas

ケシ科、ケシ属、南ヨーロッパ原産の1年草 、薬用植物、

学名:Papaver rhoeas、和名:ヒナゲシ(雛芥子)、グビジンソウ(虞美人草)、

英名:Corn Poppy、葡名:Papoila、生薬名:レイシュンカ(麗春花)

2015年5月10日、ポルトガル、アレンテージョ地方で撮影

パパウェル・ロエアス Papaver rhoeasのページへ

©2015  MUZVIT

 

クリサンテムン・コロナリウム Chrysanthemum coronarium

キク科、シュンギク属、地中海沿岸地域原産の1年草、

学名:Chrysanthemum coronarium、和名:シュンギク(春菊)、

英名:Garland Chrysanthemum、葡名:Pampilho-ordinário、

2015年5月10日、ポルトガル、アレンテージョ地方で撮影

クリサンテムン・コロナリウム Chrysanthemum coronariumのページへ

 

©2015  MUZVIT

 

 ポルトガルの野の花もくじ

 

 

コメント

エキウム・プランタギネウム Echium plantagineum

2015-09-26 09:35:02 | ポルトガル花のある風景

シャゼンムラサキの中で牛たちがのんびりと草を食んでいる。柵のところまで近寄って写真を撮ろうとカメラを取り出すと、牛たちはぞろぞろと見る間に遠ざかってしまった。だから残念ながら牛のお尻しか写っていない。

 

ムラサキ科、シャゼンムラサキ属、ヨーロッパ原産の1年草 、

学名:Echium plantagineum、和名・シャゼンムラサキ(車前紫)、英名:Salvation Jane、葡名:Soagem、

2015年5月7日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影

エキウム・プランタギネウム Echium plantagineumのページへ

 ©2015  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

 

コメント

ガラクトーシス・トメントーサ  Galactites tomentosa

2015-09-25 10:24:54 | ポルトガル花のある風景

後ろはパルメラの城。そしてその後ろにセトゥーバルの町とサド川が見えるはずなのだが、ハレーションをおこして白くなってしまっていて残念。ここは、少しづつアングルを変えるだけでいろいろな花が咲き楽しめる絶好の場所。お城はポウサーダ(国営の城ホテル)になっている。

 

キク科、ガラクトーシス属、地中海沿岸地域原産の耐寒性1年草、

学名:Galactites tomentosa、和名:ガラクトーシス・トメントーサ、

英名:Purple Milk Thistle、Mediterranean Thistle、葡名:Cardos-prateados、

2014年4月22日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影、

ガラクトーシス・トメントーサ  Galactites tomentosa のページへ

©2015  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

コメント

アナガリス・アルヴェンシス・フォエミナ Anagallis arvensis ssp.foemina

2015-09-24 09:55:42 | ポルトガル花のある風景

左後ろに咲いているピンクの花はガラクトシス・トメントサ。春にはいろんな花が咲き乱れる丘。アラビダ山麓の田舎道だが、右奥にパルメラの町が見える。お城はもう少し右だが画面には入っていない。丘の上を走る道で、反対側にはセトゥーバルと大西洋を望むことができる気持ちの良い、私のお気に入りの場所だ。

 

サクラソウ科、アナガリス(ルリハコベ)属、地中海沿岸地域原産、

学名:Anagallis arvensis ssp.foemina、和名:ルリハコベ(瑠璃繁縷)、アナガリス・フォェミナ、

英名:Blue Pimpernel、葡名:Marrião-azul、

2015年5月1日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影、

アナガリス・アルヴェンシス・フォエミナ Anagallis arvensis ssp.foeminaのページへ

 

©2015  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

コメント

ケンタウレア・プラタ Centaurea pullata

2015-09-23 11:39:30 | ポルトガルの野の花

キク科、ケンタウレア(ヤグルマギク)属、地中海沿岸地域原産、

学名:Centaurea pullata、和名:ヤグルマギク、葡名:Cardinho-das-almorreimas、

2008年6月、2009年3月8日、2014年4月8日、2015年1月12日、2月5日、4月29日、5月5日、7日、ポルトガル、アレンテージョ地方、コスタ・アズール地方で撮影

 

ケンタウレア・プラタCentaurea pullataの花。

 

花の直径は4~5センチほど。

 

野原や道路わき、森に自生している。

 

仲良く並んだ派手な花に瑠璃色の虫(Chrysanthia superb)が1頭づつ。

 

ケンタウレア・プラタCentaurea pullata淡色の花。

 

草丈は15センチから50センチほど。後ろの紫の花はエキウム・プランタギネウム Echium plantagineum

 

群生する姿はあまり見かけない。

 

地面ギリギリに咲くことも良くあり、まるでピンクのタンポポの様。

 

森の木漏れ日の中で。

 

道路わきに咲くケンタウレア・プラタ Centaurea pullata でした。   

©2015  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

 

コメント

キンバラリア(シンバラリア)・ムラリス Cymbalaria muralis

2015-09-22 10:04:26 | ポルトガルの野の花

ゴマノハグサ科、キンバラリア(ツタバウンラン)属、ヨーロッパ地中海沿岸地域原産 の常緑蔓性多年草、

学名:Cymbalaria muralis、和名:ツタバウンラン(蔦葉海蘭)、別名:ツタガラクサ( 蔦唐草)、ウンランカズラ(海蘭蔓)

英名:Ivy-leaved Toadflax、Keniworth Ivy、Coliseum Ivy、

2010年5月、2011年6月、2014年4月10日、2015年5月7日、6月13日、9月17日、ポルトガル、コスタ・アズール地方、バイラーダ地方、ベイラ地方で撮影

 

キンバラリア・ムラリスCymbalaria muralisの花。

 

花の直径は1cm以下の小さな花。

 

日当たりの良い家の壁や城壁の隙間などにしがみつくように生きている。

 

葉は長い柄があって、円形~扁円形で掌状に5~7浅裂。先は微凸形。

 

葉腋から出る長い花柄の先に白色~淡青色で直径1cm未満の1個の唇形の花をつける。

 

花の中央は黄色で、上唇は2裂し先端が丸く、下唇は浅く3裂する。

 

花冠の後部は距となって突出。

 

果実は球形で長い柄で下垂する。 

 

     

属名のCymbalariaはギリシャ語のkymbalon(=シンバル)から。同属の1種の葉の形がシンバルにたとえられたもの。

 

あるいはギリシャ語のcybe(=舟)とラテン語のalaris(=腋生の)の合成語かと推測される。

 

種小名のMuralisは(=壁)に生える。

 

和名は、ツタのような葉を持ち、ウンランに似た花をつけることから。

 

街路樹の椰子の幹に繫茂している。

 

キンバラリア・ムラリスCymbalaria muralisでした。   

©2015   MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

 

コメント

カルドゥンセルス・カエルレウス Carduncellus caeruleus

2015-09-21 13:46:08 | ポルトガルの野の花

キク科、カルドゥンセルス属、地中海沿岸地域原産、多年草、

学名:Carduncellus caeruleus、英名:Blue thistle

2012年6月7日、2014年4月27日、2015年5月5日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影

 

カルドゥンセルス・カエルレウス Carduncellus caeruleusの花。

 

花の直径は2cmほど。

 

顎や葉には鋭い棘が多い。

 

属名のcarduncellusはcardunculus=小さいアザミの意だがこの種は草丈が5~60cmほど。

 

田舎道の沿道に群生していることもある。

 

石灰岩の多い草原などに自生。

 

シャゼンムラサキなどと混生している。

 

濃い青色の花は強風によりしばしば折れ曲がっている。

 

カモミールの中に。

 

海に近い草原で強風に耐えて自生。

 

これ程かたまって咲いているのは珍しい。

 

カルドゥンセルス・カエルレウス Carduncellus caeruleusでした。

©2015  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

 

コメント

サルビア・ミクロフィラ Salvia microphylla

2015-09-17 15:03:11 | ポルトガルの野の花

シソ科、サルビア(アキギリ)属、アメリカ、テキサス州~メキシコ原産の落葉低木、

学名:Salvia microphylla、和名:チェリーセージ、英名:Cherry Sage、Baby Sage、Graham’s Sage、

2014年4月17日、ポルトガル、アレンテージョ地方で、2015年1月12日、コスタ・アズール地方で撮影

 

メキシコ北部のチワワ州が原産。

 

高さは1.5メートルほどになり、茎の基部は木質化。

 

葉は卵形で対生し、縁には鋸歯がある。

 

4月から11月ごろ、茎頂や葉腋から花序をだし、赤色の花を咲かせる。

 

茎先や葉の脇から総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、赤い唇形の花をつける。

 

葉は小さな卵形で、向かい合って生える(対生)。

 

花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。

 

英名でいうチェリーセージはサルビア・ミクロフィラ(Salvia microphylla)を指す。属名の Salvia はラテン語の「salvare(治療)」からきている。薬用になるものが多いことから名づけられた。

 

種小名の microphylla は「小さい葉の」という意味である。サルビア・ミクロフィラSalvia microphylla でした。 

©2015  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

 

コメント

オフリス・スコロパクス Ophrys scolopax

2015-09-16 11:09:57 | ポルトガルの野の花

ラン科、オフリス属、

学名:Ophrys scolopax、和名:オフリス・スコロパクス、ヤマシギラン(山鴫蘭)、ヤマシギハチラン(山鴫蜂蘭)

英名:Woodcock Ophrys、Woodcock Bee Ophrys、

2014年3月23日、4月27日、2015年4月29日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影

 

オフリス・スコロパクスOphrys scolopaxの花。

 

花の直径は2cmほど。

 

草丈は10~30cmほど。

 

一つの花茎に4~20ほどの花をつけ、下から順に咲く。

 

地中海沿岸や中東などに分布。

 

石灰岩の岩場や草むらなどの地上に自生。

 

オフリス・スコロパクスOphrys scolopaxの間に咲いているのはやはりラン科のセラピアス・リングア Serapias linguaの花。

 

花弁の色には濃淡があり、舌弁の模様も微妙に異なる。

 

オフリス・ルテア Ophrys luteaトリフォリウム・ステラツム Trifolium stellatumと一緒に。

 

後ろには黄色い蘭、オフリス・ルテア Ophrys luteaも同時に咲いている。

 

オフリス属では比較的遅くに咲き始める。

 

内陸部にはあまりなく沿岸地域に多く見られる。

 

オフリス・スコロパクスOphrys scolopaxでした。

©2015  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

 

コメント

オフリス・ルテア Ophrys lutea

2015-09-15 09:25:48 | ポルトガルの野の花

ラン科、オフリス属、地中海沿岸地域のヨーロッパと北アフリカ原産、

学名:Ophrys lutea、和名:キバナミツバチラン(黄花蜜蜂蘭)、オフリス・ルテア、

英名:Yellow Bee Orchid、葡名:Erva-vespa、

2013年4月下旬、2014年3月17日、28日、4月7日、2015年4月29日、5月5日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影

 

オフリス・ルテア Ophrys luteaの花。

 

草むらに花茎を延ばす。

 

和名は英名からの直訳。

 

草丈は10~30cmほど。

 

属名はギリシャ語のophris=眉毛が語源。

 

種小名のluteaは黄色いの意。

 

黄色い水仙ナルキスス・ブルボコディウム Narcissus bulbocodiumと一緒に咲いている。

 

3月末はまだ新鮮な姿。

 

草原や石灰岩の石ころの中に自生。

 

花の直径は2cmほど。

 

アナガリス・モネリと共に。

 

下から徐々に咲く、咲き始め。上から観察。

 

石灰岩の草原に点々と自生。

 

草丈5cmほどの小さな株。

 

沿道の斜面に。

 

オフリス・ルテア Ophrys luteaでした。

©2015  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

コメント

ラヴァンデュラ・ストエカス Lavandula stoechas

2015-09-13 09:31:11 | ポルトガルの野の花

シソ科、ラヴァンデュラ属、ヨーロッパ南西部地中海沿岸地域原産の半耐寒性常緑小低木

学名:Lavandula stoechas、和名・ストエカスラベンダー、フレンチラベンダー、スペインラベンダー、英名:Lavender stoechas, French lavender, Spanish lavender, Topped lavender, 葡名・ロスマニーニョ Rosmaninho

2008年6月、2015年5月7日、ポルトガル、アレンテージョ地方で、2014年5月、2015年4月29日、コスタ・アズール地方で、2015年6月13日、ベイラ地方で撮影

 

ラヴァンデュラ・ストエカス Lavandula stoechasの花。

 

1~3mmの小さな花を無数につけ、花穂の先端に紫紅色の苞葉がある。

 

太陽を浴び風に揺らめく。全草にカンファー様の清涼感ある香りがあり、短毛で覆われている。

 

タンポポと同居する小さな株。霜や寒さに弱い種が多いが、暑さには比較的強い。

 

グラジオラスと共に。伝統的にハーブとして古代エジプト、ギリシャ、ローマ、アラビア、ヨーロッパなどで薬や調理に利用され、芳香植物としてその香りが活用されてきた。

 

平原に点々と。花、葉、茎は細かい毛でおおわれており、その間に精油を出す腺がある。揮発性の油を多く含むため、草食動物はほとんど食べないが、芳香で蜂などを引き寄せる。ポルトガルでもラヴァンデュラの蜂蜜として売られている。

 

道路わきのコルク樫の下で。風に爽やかな香りを乗せて。ユーカリと同じように夏の暑さなどで自然発火し、野火をよぶ。種子は野火の後に発芽する性質がある。

 

松林にて。 英語のlavender は古フランス語のlavandre に由来する。lavandre の語源として様々な説があるが、「洗う」という意味のラテン語lavo やlavare から来るといわれる。

 

田舎道の沿道で。あたりにラベンダーの香りが漂う。昔から薬用に使われてきた。

 

 大西洋を見下ろす岬にて。

 

古代ローマ人達は洗濯に用いたり、浴用香料として疲労や硬直した関節を和らげるために利用したという。

 

学名のLavandula は他のヨーロッパ言語でラベンダーを指す言葉からリンネが命名したと言われる。

 

ラヴァンデュラ・ストエカス Lavandula stoechasでした。

©2015  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

 

コメント

コンボルブルス・アルタエオイデス Convolvulus althaeoides

2015-09-12 10:18:02 | ポルトガルの野の花

ヒルガオ科、コンボルブルス(セイヨウヒルガオ)属、地中海沿岸地域原産のつる性常緑多年草、

学名:Convolvulus althaeoides、和名:アオイヒルガオ、英名:Mallow Leaved Bindweed、葡名:Corriola-rosada、

2008年7月、2014年4月25日、7月17日、2015年5月5日、6日、7日、6月23日、ポルトガル、アレンテージョ地方、コスタ・アズール地方で撮影

 

コンボルブルス・アルタエオイデスConvolvulus Althaeoides の花。

 

花の直径は4~5センチほど。

 

後ろに咲いているブルーの小さな花はアナガリス・モネリ(ルリハコベ)。

 

明るい日差しで花開き、夕方には花を閉じてしまう。

 

英名のMallow Leaved Bindweedはアオイの葉の様なヒルガオという意。葉は銀白色で毛があり肉厚、細く3列から5列の手型。

 

岩陰で咲くピンクのセイヨウヒルガオ。

 

 種小名のalthaeoidesは立ち上がるの意。他の植物に絡まって上へ茎を延ばす。古城をバックに。

 

朝の軟らかい光の中ではまだ開ききっていない。

 

根から不定根を出して増える。

 

ポルトガルの道端に自生するセイヨウヒルガオ。

 

大西洋の水平線をバックに。

 

シャゼンムラサキなどに絡まって茎を延ばす。

 

コンボルブルス・アルタエオイデスConvolvulus althaeoides でした。   

©2015  MUZVIT

 

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

 

 

コメント