SUNDAI RETURNEE CLUBlog & SUNDAI GLOBAL CLUBlog

●帰国生入試、留学支援、英語4技能対策等のトップブランド
・・・駿台国際教育センターの公式ブログです。

中学入試・高校入試のスタートです

2015年09月30日 | 【帰国生中学・高校入試】

いよいよ10月から帰国生の高校入試がスタートをします。
年内の出願校を含めて、個別面談を随時行います。
中学生は駿台模試の成績・月例テストの成績・過去問演習の結果、
小学生は首都圏模試の成績・アタックテストの成績・過去問演習の結果に
基づいて受験校を選定していきます。

詳細は、お便りを授業にて配布いたします。


さて、10月4日は『渋谷教育学園幕張中・渋谷教育学園幕張高対策講座』を国際教育センターで行います。
普段駿台にお通いでない方もご参加いただけます。
今回は、英語エッセイの添削・アドバイスを行います。
お気軽にお誘いあわせの上、ご参加ください。

詳細・お申し込みは、下記まで
http://www.sundai-kaigai.jp/kokusai/src/pdf/event_004.pdf


mks


本科コース開講から3か月

2015年09月29日 | 【帰国生大学入試】

早いもので、本科コース開講から3か月が経ちました。生徒たちもすっかり慣れた様子で授業を受けています。
Ⅱ期の申込み書の提出締切を過ぎ、めでたく合格を勝ち取って駿台国際を卒業していく生徒も少なくありません。
その中でも、国公立大学やこれから本番を迎える私立大学を受験する生徒たちは日々授業に熱心に取り組んでいます。お互いの志望理由を言い合って、フィードバックをしたりする姿もよく見られます。長ければこれから3月まで、受験生活を送ります。長くモチベーションを保つために重要になるのは一緒に切磋琢磨するクラスメイトです。
今でも皆仲良く明るく励まし合っていますが、冬が近づけばより一層その関係が深まり、同じ目標に向かう仲間として意識し合うことになると思います。駿台国際で築いた関係は大学入学後、そして大学卒業後まで続いているようです。
駿台国際で得られるものは知識や学力だけではなく、一生の友人でもあります。生徒、講師、カウンセラー、一体となってこれからの受験生活を乗り切っていきましょう!

(ala)


合格発表ウィーク

2015年09月28日 | 【帰国生大学入試】

今週も多くの帰国生が受験する大学の合格発表があります。
 9月30日(水)上智大学・国際基督教大学
10月 1日(木)早稲田大学政治経済学部グローバル入試
          青山学院大学 文・経済・法・国際政治経済学部
          明治大学政治経済学部第一次選考
早稲田大学政治経済学部グローバル入試においては第1次試験(筆記)から一か月近くたった昨日第2次試験である面接試験が実施されました。
今週も大勢の駿台国際生の合格の報告があると確信していますが、合格発表があるまでは油断はできません。今日も週末に行われる入試に向けて朝から熱心に模擬面接を受ける学生も多くいました。先週までに早慶ですでに合格を勝ち取った学生は国立大学に向けて準備しています。
日に日に秋らしくなっています。台風シーズンは夏から秋にかけてですが、近年は第II期課程に入ると毎年台風で休講になるケースが出てきています。休講のお知らせはこのブログにてお知らせしますので確認してください。

(wty)

 


Ⅱ期授業-大学別・志望校別対策-

2015年09月27日 | 【帰国生大学入試】

Ⅰ期Bタームが今週終講します。私大専願の受験生は、来週一部補講はありますが、このタームで駿台国際を卒業していきます。3か月間と短い期間でしたが、早慶上智ICUなど難関私大合格に向けて必死で頑張ってきた受験生が、それぞれの志望大学の合格を勝ち取り、卒業していきます。微力ながら一緒に志望校合格に向けてサポートしてきた事が結果として表れ、嬉しい限りです。そして、Ⅱ期授業では、惜しくも私大専願者で難関大学合格が叶わなかった受験生に対して、10月以降の私大入試対策を引き続き行い、また並行して、いよいよ国立大対策が本格化していきます。特に小論文は系統別に分け、より専門的な知識の構築を図ります。Ⅱ期は、10/13(火)から開講となります。駿台国際は、Ⅱ期からのご参加も可能です。ご参加希望の方は、駿台国際までお問い合わせください。
<ots>


TOEFL iBT Speaking & Writingの採点について

2015年09月26日 | 【GLOBAL CLUB】

TOEFLは他の試験とかなり違うということは、実際に受けたことがある人、もしくは勉強をしている人は実感していることでしょう。今日は、その中で最も謎が多いSpeakingとWritingのことについて少し語りたいと思います。

添付のデータは、Speakingセクション・Writingセクションでの採点指標です。Speakingの場合、満点(30点)を取るには4点のスケールを取らなければいけません。一方Writingセクションでは、満点(30点)は5点のスケールです。ここで疑問に思うのはなぜSpeakingは4点で、Writingは5点なのだろう、ということです。きちんと説明するとだいぶ長くなるので簡単に言うと、採点者の主観がより入ってくるからです。つまり、Speakingの方がWritingと比べて、詳細に,そして客観的に評価をしづらいということです。よって、得点の幅をもたせる為Speakingでは4点というスケールを使っています。

このように、採点する上での指標、方法等あまり良くわからず、ただ練習しているだけの人はやはり思うような点数が取れていないことが現状です。これはテストなので必ずその得点である根拠が必要です。それは、Speakingという客観的評価が難しいセクションであってもテストである以上評価基準というものが存在します。闇雲に練習をする前に何をどう練習するのか、という情報を知っておきましょう!

ymst


慶大の合格者占有率は63%!で過去最高

2015年09月25日 | 【帰国生大学入試】

慶應義塾大学の合格発表総数が判明し、駿台生の合格者占有率が過去最高の63%に達したことが判明しました。

特に、法学部では39名(合格総数52名中)で75%、商学部と文学部は70%、経済学部で62%と、抜群の合格実績となりました。

駿台生の慶應義塾大学合格総数は125名となっています。

(Nas) 


早大文・文化構想で駿台生圧勝! 過去最高シェア87%・75%!

2015年09月25日 | 【帰国生大学入試】

9/24発表の早稲田大学文学部・文化構想学部でも、駿台国際生は多くの合格を勝ち取りました。

早稲田大学文学部では、合格発表数30名のうち、26名が駿台生で、実に合格者占有率87%に達しました。
早稲田大学文化構想学部でも、合格発表数32名のうち、24名が駿台生で、占有率75%でした。

この合格発表でも、駿台国際の卓越した指導力とともに、帰国生入試の貴重なデータのほとんどが駿台に集約されている状況がはっきりと示されました。

※9/24発表分までで、駿台国際生の早稲田大学合格のべ数は150名となっています。
 
(Nas) 


小学5年生の受験英語講座

2015年09月24日 | 【帰国生中学入試】

小中高帰国生専門コースでは、中学入試で英語受験を検討している小学5年生に向けた、受験英語の講座を設置しています。

小5のうちは、個別指導の形態で苦手克服や基礎力の強化をはかります。

小6になると、アドバンストクラス・スタンダードクラスの2つに分かれ、クラス形式の授業に変わります。

集団の中で競い合いながら、合格に向けて課題に取り組みます。

渋谷教育学園幕張中、渋谷教育学園渋谷中などは、英検準1級・1級レベルの語彙や文法、書く力が求められます。

話せるから読めるからだけでは、なかなか対応しきれないのが受験英語です。

英会話とは異なる受験英語、体験授業も受け付けております。

是非一度お問い合わせください。

http://www.sundai-kaigai.jp/kokusai/src/course01.html

 

mks

 


秋田国際教養大学

2015年09月23日 | 【帰国生大学入試】

 一足先に帰国生入試に合格し、この9月から秋田の国際教養大学に通学している生徒が駿台国際に顔を出してくれました。
 秋田国際教養大学は2004年に設立された公立大学です。「英語をはじめとする外国語の卓越したコミュニケーション能力と豊かな教養、グローバルな専門知識を身に付けた実践力のある人材を養成し、国際社会と地域社会に貢献すること」を理念に掲げ、他大学と一線を画す特色を多く持ちます。
 そのうちの一つが徹底した少人数教育です。学生と教員の比率は15:1、全ての授業の8割が20人未満編成で行われます。授業は全て英語でおこなわれ、講師の外国人比率は5割を超えています。そして、新入生は外国人留学生と一年間の寮生活が義務付けられています。キャンパスを「世界の縮図」として、日常的に国境を越えた異文化体験をするのが目的です。彼女はロシア人と同室になったそうで、早速未知の文化を感じていると話してくれました。授業は厳しくも充実しているようで、目を輝かせて大学の様子を語ってくれて、大学の魅力が大いに伝わってきました。24時間365日利用できる図書館は何とも羨ましい環境です。全生徒に1年間の海外留学が義務付けられているそうですが、彼女はすでに留学要件を満たし、留学先をどこにしようかと悩んでいました。

 明日は早稲田大学文学部・文化構想学部の発表があります。多くの駿台生が彼女のように、自分に合った大学を見つけ、合格していくことを心から願っています。頑張れ!駿台生!

(con)


海外での進学講演会

2015年09月22日 | 全般・イベント

世間はシルバーウィーク真っ只中ですが、駿台国際は今日から通常授業です。先週末に上智大学帰国生入試が終わり、「私立大学受験はこれでひと段落」という生徒も少なくありません。もちろん、これから先のMARCHの受験に向けて、準備を進めている生徒もたくさんいます。結果が実り、私立大学の合格を勝ち取った生徒たちは秋以降の国公立大学受験を目標に、勉強を始めています。
大学受験のピークが落ち着いたところで、カウンセラーは交代で海外での進学講演会へと赴きます。10月は北米、11月はヨーロッパとアジアへと旅立ちます。今年度の生徒の中にも、「私、海外で講演会に参加して先生に会いました!」と報告してくれる生徒がたくさんおり、国際教育センターでの再会を果たしています。進学講演会では今年度の受験の動向、帰国生入試のために準備すべきこと、現地での学習方法などをお伝えしています。海外ではなかなか帰国生入試の情報を手に入れられないという方も多いと思いますので、是非この機会にご参加ください!
開催地や開催日時の情報は下記URLでご確認いただけます。

http://www.sundai-kaigai.jp/kokusai/event/index.html

(ala)