駿台海外校・駿台国際教育センター【公式ブログ】

海外教育、帰国生入試、留学・英語資格対策のトップブランドが皆様に役立つ情報をご提供します!

思考力を付ける問題演習

2022年07月06日 | 【海外校 アメリカ地区】

今日は、駿台ニュージャージー校です。

今回は算数の勉強における問題演習の大切さについて、下の問題を例に話したいと思います。

【問題】

50人の生徒と50個のロッカーがあり、それぞれに番号を1から50までつけます。まず、1番の生徒はロッカーをすべて開けます。次に2番の生徒は2で割り切れる番号のロッカーをすべて閉めます。続いて、3番の生徒は3で割り切れる番号のロッカーを、開いていればしめ、しまっていれば開けます。同じようにして、4番、5番、6番、・・・、50番の生徒は、それぞれの番号で割り切れる番号のロッカーが開いていればしめ、しまっていれば開けることにします。これについて次の各問いに答えなさい。

(1)6番の生徒まで終わったとき、1番から6番までのロッカーはそれぞれどのようになっていますか。「開いている」または「しまっている」で答えなさい。

(2)50人全員が終わったとき、4番、8番、10番、16番、25番、30番、のロッカーはそれぞれどのようになっていますか。「開いている」または「しまっている」で答えなさい。

(3)50人全員が終わったとき、何番のロッカーが開いていますか。当てはまるロッカーの番号を全部答えなさい。

【解法の進め方】

(1)は簡単で調べればすぐにわかります。しかし、その方法では(2)で行き詰ってしまいます。(3)につなげる為にも他の方法を考えるべきでしょう。

(1)に立ち返りよく調べ、奇数個の約数を持つ番号のロッカーは最後に開いた状態になり約数が偶数個であれば閉じた状態になりそうだと気付いたら(2)も解けるでしょう。(3)ではさらに考えを進め奇数個の約数を持つ数の特徴を(1)(2)の解法をもとに考えねばなりません。(1)(2)でしっかり考えていれば3×3や4×4のように同じ数を2個かけてできる数が奇数個の約数を持つと気付くでしょう。

【思考力を身につけるための勉強法】

本問の出題の意図は当然(3)の解法にあるのでしょうが、そこに導く誘導が非常に巧みで優れた良問だと思います。入試問題では小問で誘導しながら発展的な思考ができるかどうかを見る問題が多く出題されます。解答に行き詰ったら前の問題に解法の方向性が隠されていないかふり返って考えるのが鉄則です。応用問題を解く際のそうした姿勢を身につけるためにも本問は非常によい演習教材だと言えます。優れた応用問題を解く以外に思考力を鍛えるための学習方法はありませんが、その際に注意しなければならないのは解答の正誤よりも解法の進め方です。上に説明したような考え方ができれば算数の学力は確実に伸びて行くでしょう。

【解答】

(1) 1番、4番、開いている     2番、3番、5番、6番、しまっている                                        

(2)4番、16番、25番、開いている    8番、10番、30番、しまっている

(3)1番、4番、9番、16番、25番、36番、49番、

駿台ニュージャージー校 S.K.


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

7月3日(日) 早稲渋オープン模試を実施しました。

2022年07月05日 | 【海外校 東南アジア地区】

こんにちは。駿台シンガポール校です。
シンガポール校では7月3日に「早稲渋オープン模試」を実施しました。
実際に使われた入試問題の過去問を使って、リスニングも含めた形での答案作成練習です。普段学習している勉強と入試問題とでは、まだまだ大きな隔たりがあるようで、そう簡単には点数を取らせてはくれなかったようです。

さて、とうとう7月です。この7月・8月は帰国生の皆さんにとって大変重要な夏休みを迎えます。10月からスタートする帰国入試まであとわずか。この2か月間は自分のやりたい勉強に存分に取り組める時期であり、ここで作るがっちりとした土台が入試問題で高得点を奪取するベースになります。

そして夏期講習後半、2学期になると分野別・単元別に練習を積み重ねると同時に、過去問等を使った実践演習講座も開催し、得点力を上げていきます。

頑張る皆さんをとことん応援します!一緒に頑張っていきましょう。

シンガポール校 T.U


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

July 4th

2022年07月04日 | 【海外校 アメリカ地区】

こんにちは。駿台ニューヨーク校です。

7月4日はアメリカの「独立記念日」です。

アメリカ人が最もアメリカ人らしくなる日と言われており、当日はいたるところで国旗が掲げられ、昼はみんなで集まりBBQ、夜には盛大に打ち上げ花火が行われます。

英語では Independence Day。1996年7月2日にはローランド・エメリッヒ監督のもと、ウィル・スミス主演で同名の映画が公開されました。

映画の中では7月2日に地球にやってきた宇宙船によって、たった3日で大都市は壊滅状態に。独立記念日である7月4日に決死の覚悟で宇宙船の内部に侵入し、コンピューターウイルスをばらまいて宇宙船の機能を停止させ勝利します、というのが大まかな流れです。

 宇宙から地球までやってくることができる技術力がありながら、地球のコンピューターウイルスに感染してやられてしまう・・・。冷静に考えればつっこみどころがたくさんありますが、当時は興奮しながら劇場で見たのを思い出しました。

 実際の独立までの道のりは、1776年7月2日にアメリカ東部13州による大陸会議で独立宣言が承認され、その後独立宣言書の表現などの微調整が行われ、同年7月4日に公開されることとなりました。今年は246年目にあたります。

現地の人たちは、実際には Independence Day と呼ぶことは少ないそうで、July 4th や 4th of July と呼ばれることが多いようです。

日付だけでもすぐにわかる。それだけ大切にしている日なのだろうと思います。

 

時差の関係でアメリカではこれから7月4日を迎えます。

246回目のお誕生日おめでとうございます。

Happy 4th!

R.H

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

駿台国際教育センター 今年度も本格始動!

2022年07月03日 | 【帰国生大学入試】

こんにちは。
駿台国際教育センター大学受験コースのカウンセラーです。

駿台国際教育センターでは、今年受験する帰国生対象の「大学受験本科コース」と、
来年以降受験する一時帰国生向けの「夏期準備講座」がともに6/27に開講しました。

大学受験本科コースでは、今年受験ということもありすでに早稲田の出願や慶應の志望理由書作成など、受験がすぐそこに来ているのを実感します。
担当カウンセラーとして帰国前からZoom面談をしてきたというのもあり、初顔合わせなのになんとなく懐かしい、不思議な再会を果たしています。ぜひとも合格目指して頑張ってほしいと思います。もちろんカウンセラー一同全力でサポートします。

夏期準備講座は、新型コロナウイルスの感染拡大もあり今年は久々の帰国という方も多いようです。さまざまな国からの帰国生が集まり、交流をして刺激を受け合っています。非受験学年時に駿台国際で学んでおくと必ず卒業・本帰国時のスタートダッシュに活かされます。

大学受験本科コース、夏期準備講座、いずれもまだ申込は受付中です。
ご相談したいことがある場合は遠慮なくこちらからお問い合わせください。

駿台国際教育センター
N.A


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

学びに年齢制限なし

2022年07月03日 | 【GLOBAL CLUB】

お茶の水のSUNDAI GLOBAL CLUBです。

先日、エレベーターに70歳代と思われる女性が乗ってきました。

きれいなミントグリーンのロングフレアスカートにつばの広い黒い麦わら帽子というおしゃれな姿に目を奪われていると、その女性はサッとスマホを取り出し、慣れた手つきで画面を操作、すると小さな音で英会話が聞こえてきました。

耳を見るとワイヤレスのイヤホンが装着されています。そしてエレベーターの扉が開くと、颯爽と私の前を歩いて去っていきました。

ちなみに私もスマホを使ってはいますが、ワイヤレスイヤホンの使い方はわかりません・・・

それはさておき、その女性がなぜ英会話を聞いているのかは定かではありませんが、いくつになってもやる気次第で学びはできるものだし、文明の利器も使いこなせるようになるのだと改めて考える出来事でした。

実は、SUNDAI GLOBAL CLUBの生徒さんもお子さんばかりではありません。社会人の方もご受講されています。

プライベートレッスンですので、申し込み回数、1コマの時間(60分・90分・120分)、内容もご自分のスケジュールに合わせていただけます。また、3営業日前までの事前連絡で変更・キャンセルが可能です。詳しくはお問い合わせください。

公式サイト・お問い合わせはこちら→

SUNDAI GLOBAL CLUB Y.T


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年07月02日 | 【海外校 東アジア地区】

こんにちは、駿台台北校です。

先日、録画ですが、アジア地域のオンライン授業を見学しました。私自身も授業の進行の仕方や解説などで大いに参考になりました。この授業を受けられる生徒は幸せ者だなと感じるとともに私も学生時代受けたかったと少し嫉妬しております。

私もより一層の研鑽を重ねて、生徒たちとこの夏休みをより良いものにしていきたいと思います。

オンライン授業などが気になった方は是非お問い合わせください。

台北校 N.U.


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夏期講習受付中★

2022年06月30日 | 【海外校 ヨーロッパ地区】

みなさんこんにちは。駿台ブリュッセル校です!

インター校の生徒さんは、一足先に夏休みですね。

駿台ヨーロッパではすでに夏期講習が始まっています!

是非この機会に、苦手強化の克服、得意教科をさらに伸ばす夏にしましょう!

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夏期講習受付中!

2022年06月29日 | 【海外校 ヨーロッパ地区】

こんにちは、駿台アムステルダム校です。

オランダでも暑い日々が続いています。夏至も過ぎ、これからはだんだんと日も短くなっていき、受験生のみなさんにとっては入試が近づいてきます。もうすぐ始まる夏休みは、入試に向けて準備をすすめていきましょう。

さて、アムステルダム校では、現在夏期講習の受付を行っています。駿台ヨーロッパ共通クラス授業とアムステルダム校での個別指導を開講します。受講生一人ひとりに応じた講座を受講頂けます。一般生の方につきましては、事前に学力測定テストをご受験頂き、個別面談を行い、ご希望をお伺いする中で、受講に関するご提案を行っています。ご関心ある方は校舎までお気軽にご連絡下さい。

駿台アムステルダム校 A.K.


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夏が近づいています

2022年06月28日 | 【海外校 東アジア地区】

こんにちは、駿台上海地区です。

街もほぼ正常化し、平穏を取り戻しています。飲食店も3ヶ月ぶりに店内での食事が認められるようになりました。中国の夏の風物詩といえば、そう、ザリガニ。街中で小龍蝦(ザリガニ)が、時には水槽が路上に出ていたり、時にはそこから脱走していたりする様子が見られます。もともと中国はザリガニを食用にしていたわけではなく、カエルの餌として飼育していたそうです。徐々にザリガニの美味さに気づき、今では中国全土で食べられるようになりました。

 

最初は別の目的があったのに、他のものがメインになるということは往々にしてあります。ザリガニは好結果の例ですが、悪い事例ももちろんあります。例えば学習面でも、勉強しようと思っていたのに徐々に別のことに興味が移り、結局課題が進まない。。。等です。夏は思いっきり遊べる季節でもありますが、まずは課題をこなしてからです。最初の目的を達成してから、夏を満喫してくださいね。

 

S,W

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自分の弱点を受け入れる

2022年06月27日 | 全般・イベント

こんにちは!駿台ミュンヘン校です。

自分の弱点を素直に受け入れたことにより、以前よりうまく物事が進むようになった、という経験はありませんか?小さいお子様の中には「問題を間違えたら赤ペンで直す」という行為そのものをとても嫌がる子がたくさんいます。時には消しゴムでこっそり消してもう一度正しい答えを鉛筆で書き直し、私の知らない間に自分の赤ペンで〇を書いたりもします。それは、お母さんに全部〇だったよ、と言いたいからなのか、自分自身が間違えてしまったことを認めたくないのか。。(気持ちはとてもよくわかります。。。)しかし、「自分はここで間違えた。だから次は気を付けよう」と思えるようになって初めて次のステップに進めると思うので、「間違いは誰にでもあるということ、恥ずかしいことではないこと、間違えたからこそ次の目標が分かるということ」をできるだけ優しく伝えていけたらと思っています。時間はかかりますが、ある時期を境に間違えた答えを消しゴムで消す手を止め、赤ペンで直すようになる時があり、成長したなあと感じることがあります。自分の弱点を見つめること、とても大切ですね。生徒様からたくさんのことを学ばせていただき、日々成長を楽しませていただいています!

駿台ミュンヘン校、A.S


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大学受験本科コース、明日開講します

2022年06月26日 | 【帰国生大学入試】

こんにちは。
駿台国際教育センター大学受験コースのカウンセラーです。

明日6/27(月)から帰国生大学受験本科コースがいよいよ開講します。
開講前から面談や志望理由書の添削などを行い、
生徒たちとはオンライン上で連絡を取りあってきました。
そして、6/21に学力診断テストを行い、生徒たちと対面しました。
新しい環境で慣れないことも多いと思いますが、
皆さんが希望する進路に進めるようしっかりサポートしていきたいと思います。
志望校合格に向けて、頑張っていきましょう!!

今年度の本科コースには、まだ空きがあります。
ご検討されている方はお早めにお申込みください。

駿台国際教育センター
M.K


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【SUNDAI GLOBAL CLUB】Summer Class開講します!

2022年06月26日 | 【GLOBAL CLUB】

こんにちは。SUNDAI GLOBAL CLUBです。

SUNDAI GLOBAL CLUBでは7/23から【Summer Class】を今年も開講いたします!

夏休み期間を利用して、英語を話してみたい方、一時帰国中で英語力を保持したい方、
どなたでもご受講していただけます。

事前にレべルチェックテストを受けていただき、
英語レベルにあった内容でレッスンを行います。

Speaking力だけでなく、ディスカッションをすることによって
物事の考え方についても練習することができます。

お気軽にお申込みください!

お申込みはこちら→




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

国語と算数はなぜ必要?

2022年06月25日 | 【海外校 東南アジア地区】

こんにちは、駿台ミャンマー校です。

 

学校で勉強する科目には色々なものがあります。代表的なものとして、読み書きそろばんと言われる国語、算数(数学)がありますが、この2科目は何故必要とされるのでしょうか。

国語、算数は、思考に関係する科目と言えます。物を考える時、頭の中には場面、景色などが浮かびますが、「明日は雨だから傘を用意しておこう」といった言葉も浮かんでくると思います。多くの言葉を知ることで、「人の血液には赤血球というものがあり、大動脈を流れ酸素を運んで…」といった意味も理解でき、ぼんやり想像する以上に、物事に対する考えも深くなります。また、「光は一秒で30万km進むから、3000km先にある物体が放つ光はおよそ0.01秒で着く、3000kmとは日本の北端から南西諸島まで…」と数値化することで大きさをより具体的に想像できます。
算数や数学もまた、大きさや量を考える力となります。得意不得意はあれど、日々の学習は思考力をきたえる良い機会です。考える力をつけ、毎日を楽しく過ごしていきましょう。

 

駿台ミャンマー校 T.Y


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ドイツの夏の鉄道旅

2022年06月24日 | 【海外校 ヨーロッパ地区】

こんにちは駿台デュッセルドルフ校です。

ロシア、ウクライナ情勢がなかなか終息に向かわない中で、ドイツではロシアからの天然ガスの輸入等をストップしました。ですので今年初めと比べるとガソリン等の値段が最大1.5倍ほどに値上がりしてしましました。
車産業が盛んなドイツでは、日本の高速道路にあたる「アウトバーン」の利用料は無料で、燃料代だけで国内ならどこへでも速く行けてしまうので車を使った旅は人気でした。しかしこの燃料費の値上がりです。それも厳しくなってきました。
そんな時にドイツ鉄道各社共通でドイツ政府から援助を受けて行っているのが1か月間9€(1260円)でドイツ全土乗り放題(特急列車を除く)です。日本でも青春18きっぷがありますがそれのドイツ版です。しかしこれが破格の上を行く破格。1か月間乗り放題で1260円です。日本の青春18きっぷは5回券で10000円超ですよね。この燃料費が値上がりしている時、車より出社で旅をして、環境にもやさしく家計にもやさしく、という燃料費の値上がりによる様々な物価高の中では、本当にうれしい切符です。

また普段なら鉄道で旅行をする場合、予め目的地を決め切符を購入したうえで最速のルートで行くことがほとんどですが、今夏の場合は目的地を決めずただのんびりと電車に揺られ旅をすることもできます。しかも追加料金なしで。
これは冒険味があっていいですよね。定期的に冒険をすることは脳にも心にも毎日を生きる上での良い影響を与えるみたいです。皆さんはこの夏、どんな冒険をしますか。

駿台デュッセルドルフ校 S.F


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ことばを効率よく使うための教育」という観点と志望校選択

2022年06月23日 | 【海外校 東南アジア地区】

 最近、小論文の指導のなかで、興味深い文章を読んだ。「日本人は話し合いのための言葉えらびの技術水準が低い」というものである。なるほど、「討論」というと「論を戦わす」と否定的に捉えることから始まり、実際にも、互いの意見を押しつけ、最後は物別れに終わる、ということが多くあるように思える。これは、話し合いの目的を達成するために言葉が余計に必要だということ、つまり、言葉の効率が低いことを示している。だから、日本の教育現場では、日本語の知識や読解力を身に付けさせることに加え、英会話ならぬ「日本語会話」などの授業を行い、話し合いのための日本語の技術を教える必要がある、ということだ。
 「日本語会話」など、日本語学校での授業以外に考えたこともなかったが、確かに、社会人になる前に日本語の会話技術を学ぶことは大切だ。社会人の中でも、営業職の割合は多い。言葉を効率よく使って話し合いを進め、合意(契約)に結びつけることは、必須の技術になる。
 近年、少子化の影響に加え、多様化する社会を見据え、特色ある教育を打ち出す学校が多い。それが「言葉を効率よく使うための教育」という観点から高く評価できるものだとするならば、進学先として検討する価値もまた大きいのではないだろうか。例えば、相手をやっつけるためのディベートではなく、相手の良い点も積極的に取り入れ、より良い解決策を見いだすために論を重ねる、などの議論に積極的に取り組むことができれば、それは、一生涯役に立つ言葉の技術の習得につながるだろう。
 社会は多様化した。ならば、進学先の選択理由も多様化して良いはずである。上記のような観点で、今一度、潜在的な進学先を見つけることが、子どもの未来を大きく、良い方向に変える可能性もある。

駿台マニラ校 T.M


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする