SUNDAI RETURNEE CLUBlog & SUNDAI GLOBAL CLUBlog

●帰国生入試、留学支援、英語4技能対策等のトップブランド
・・・駿台国際教育センターの公式ブログです。

今年もブログにお越し頂き、有難うございました。

2017年12月31日 | 全般・イベント

今年もあと12時間となりました。
弊社のブログにお越しいただいた皆様、そして駿台国際を応援していただいた皆様
今年も大変お世話になりました。少しでもブログにお越しいただいた皆様のご参考にして
頂ける情報や駿台国際の日々の授業風景から受験生へのサポートを中心に掲載してまいりましたが、
ご参考になりましたでしょうか?ご参考になれば幸甚です。
来年も引き続き、受験生の皆様に少しでも参考になる情報を含め、多種多様な情報をブログに掲載して
参ります。
来年も何卒よろしくお願いいたします。 

それでは、皆様、良いお年をお迎えください。

(駿台国際教育センター スタッフ一同)

 


日本の文化

2017年12月30日 | 【GLOBAL CLUB】

現地校英語入学準備コースを受講し、今年の夏に無事留学へ出発した生徒たちが、先日一時帰国し、駿台へ遊びに来てくれました。
みなさんそれぞれの留学先で日々奮闘しながらも楽しい生活を送っているようです。海外の文化や食生活に戸惑ったり、多国籍な生徒たちの価値観の違いに驚いたりと、日本では経験できないことが盛り沢山な様子です。それと同時に外国の人から日本のことについて質問される機会も多くなります。食生活についてや、年中行事についてなど、日本の事をしっかり説明できると良いですよね。
大掃除、干支、初詣、お年玉、おみくじ、お雑煮・・・など、年末年始は日本の文化が色濃く残っています。是非、外国の方にも日本の文化を知ってもらいたいものです
あなたは日本のことをどれだけ英語で紹介できますか?是非考えてみてください。
今年はたくさんの方にご受講いただき、大変実りの多い一年となりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。
SUNDAI GLOBAL CLUB
(mtzw)


南半球特別課程1st 来月開講!

2017年12月29日 | 【帰国生大学入試】

年明け1月5日金曜日より、「南半球特別課程1st※」が開講します。(学力診断テストは1/4木実施)年末年始の休暇もつかの間、来年9月からの入試に向けて南半球の学生は準備に取り掛かります。※主に2019年度入試を受験する方の講習となります
5日×3ターム、9:00~15:30の総合講習を経て、帰国入試に必要な学力を身に付けるだけでなく、入試に必要な出願等の準備についても、南半球クラス担任によるホームルームや個別相談を通して理解を深めていきます。
受験者の規模が決して大きくない帰国入試の中で、南半球型の教育で学ぶ学生さんはさらに割合が小さくなります。「南半球生の受験」に特化した講習で、毎年数多くの学生が合格を手にしています。1月中、みっちりと学びたい学生さんは受講をぜひご検討ください。

(tks)


冬季講習、正月特訓

2017年12月28日 | 【帰国生中学・高校入試】

現在、年明けの帰国生入試に向けて、冬期講習を行っています。
12/30から1/2までは正月特訓。
気の緩みがちな年末年始。
演習形式の授業を通して時間配分のスキルを身につけましょう!
<小中高>


英語4技能 Winter School開講中!

2017年12月27日 | 【GLOBAL CLUB】

 SUNDAI GLOBAL CLUBでは、小学生~高校生を対象にした「英語4技能一般コース Winter School」を昨日から開講しております。バイリンガル講師によるAll Englishのインプット&アウトプットの授業を3日間だけ体験しようというものです。開講間際に何件ものお申込みをいただき嬉しい限りです。10月のハロウィンイベントや12月のクリスマスイベントへのご参加をきっかけに受講を申し込んでくれた生徒もいました。たった3日間だけですが、英語を読み、英語を聴き、英語で書き、英語で話すという時間を継続してもつことで、英語を話す自分への照れやためらいが薄れ、自信が持てると思います。
英語4技能やTOEFLについてのご相談があれば、いつでもお知らせください。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

(con)

SUNDAI GLOBAL CLUB
TEL:03-5259-3217 
月曜~金曜 / 13:00~21:00 土曜 / 11:30~19:30 
休校:日曜・祝日・年末年始12/28~1/3
E-Mail:sgcinfo@sundai-kaigai.jp

 


明日で冬期準備講座は終講です

2017年12月26日 | 【帰国生大学入試】

本日をもちまして、TOEFL iBT100-80講座を除く冬期準備講座が全て終講いたします。ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。ご帰国されてからも、今回の授業内容をよく復習し、受験勉強の時間を定期的に確保していただければと思います。
駿台国際教育センターでは、非受験学年の方を対象にした単科講座を年2回開講しております。次回は6月後半より開講する夏期準備講座です。夏期準備講座の時期には、本帰国の方を対象にした本科講座も開講するため、国際教育センターが非常に賑やかになります。世界各地から御茶ノ水に集まった帰国生たちはお互いに刺激し合って価値観をさらに深め、共に受験を乗り越えます。ご帰国の際は駿台国際教育センターの講座を是非ご検討ください。

(ala)


大学進学講演会【東京会場】大盛況で終了!

2017年12月25日 | 【帰国生大学入試】

12/23(土祝)に実施の大学進学講演会【東京会場】は、盛況の中終了いたしました。参加された受験生、保護者の皆さま、本当にありがとうございました。より大きな会場に変更しなければならないほど多くのお申込みをいただき、帰国生大学入試に関する強い関心、重要性を実感しました。海外で勉強に励んでいらっしゃる皆さまのためにも、今後も詳細なデータ、情報を提供してまいりたいと思います。今回ご参加が叶わなかった方も、ご質問があればメールでもお受けしております。メールでのお問い合わせは下記のメールアドレスまでお願いします。
kokusai@sundai-kaigai.jp

なお、年内のお問い合わせは12/27(水)まで、年明けは1/4(木)からとなりますのでご注意ください。

(asnm)

 


帰国生大学受験コースの年内授業終了しました。

2017年12月24日 | 【帰国生大学入試】

大学受験コースプレⅢ期の授業(一部の補講の授業を残して)が昨日終講しました。先週の終講週に文系クラスでは、Ⅱ期・プレⅢ期までの小論文授業の総まとめとしての特別授業を行いました。今まで学んできた系統別の授業内容を整理・復習し、知識の定着を目的に行うための授業です。来年1/8から国立大入試に向けての追い込みとなりますⅢ期授業が開講しますが、その後の授業をより一層効率的にまた即実戦力に繋げるための重要な授業です。この特別授業が、駿台国際の難関国立大合格実績の高さを支えている授業と言っても過言ではありません。文系クラス生は特別授業を含めて、この冬休みの期間にしっかりと復習をして有意義に過ごしてください。
また、理系クラスでは、短期集中のセンター試験対策の授業をプレⅢ期では実施しました。なおかつ、センター試験対策の集大成としてセンター試験対策の模擬試験も受験してもらいました。この模試によって、これまでの学力の進捗度と今後の弱点ポイントの明確化を図り、年明けからの難関国立大対策への学習指針を立て、ラストスパートをかけるために役立ててください。国立大受験生にとっては、この冬休みの期間いかに過ごしたかで、国立大の合否が決まると言っても過言ではありません。だからこそ、この休みの期間であっても自分を律して勉強を続けてください。
<ots>


語彙力アップの秘訣

2017年12月23日 | 【GLOBAL CLUB】

明日はクリスマスイブですね。
英語でChristmasと書きますが、実はChristとはイエスキリストのことを差します。諸説ありますが、
イエスキリストが誕生した日のため、Christmasと呼ぶようになったと言われています。
英語は、このように既存の単語を使って出来ている単語が多いのです。

例えば、以下のような言葉もあります。

reindeer(トナカイ)→ rein=馬につける手綱、deer=鹿
snowman(雪だるま)→ snow=雪、man=男性

この季節に関する言葉以外でも他にもたくさんあります。

handshake(握手)→ hand=手、shake=揺らす
footprint(足跡)→ foot=足、print=押し付ける・印する
keychain(キーホルダー)→ key=鍵、chain=鎖

このように単語が組み合わさって出来ている英単語が多いので、分からない言葉がある時は、
既に知っている単語で出来ているかどうか見てみてください。そうすることによって、少しずつ
語彙力を身に付けていくことができます。

mk


今年度の模擬面接演習終了

2017年12月22日 | 【帰国生大学入試】

駿台国際では、8月より随時模擬面接の練習を受け付けていますが、本日にて今年分の実施が終了となります。すでに来年の国立入試に向けて、着々と練習を重ねる学生も少なくありません。筆記試験ももちろん大切ですが、面接にて個々の背景や学習意欲を十分にアピールすることも重要です。
彼らの今までの頑張りと、学びに対する熱意が十分伝わるよう、来年もさらに練習を重ねてもらいたいものです。
(tks)