SUNDAI RETURNEE CLUBlog & SUNDAI GLOBAL CLUBlog

●帰国生入試、留学支援、英語4技能対策等のトップブランド
・・・駿台国際教育センターの公式ブログです。

続・帰国入試のマイナーチェンジ 第3回

2014年09月30日 | 【帰国生大学入試】
先週土曜日、青山学院大学の海外就学経験者入試(=帰国生のための入試)が行われました。朝8時より、青学正門前で生徒の激励のために待機をしていましたが、昨年に比べると朝8時台の生徒の数が減っているようでした。
 
というのもの、今年度より法学部が外国語の試験を廃止し、TOEFLをはじめとする外国語検定試験のスコアを提出することを義務付けた影響が大いに考えられます。
 
外国語試験がなくなる、ということは試験科目が一つ減るわけで、受験者の試験時間帯も変更されます。青学法学部においては10:50~の開始と、入学試験の時間帯としては比較的遅めとなりました。
 
当日は余裕を持って試験に臨めますが、出願までに必要とされるTOEFLスコアをクリアしなくてはならない、という事前の準備においての負担がより大きくなります。
 
今後日本の帰国入試を考えている生徒さん、親御さん、入試は当日に行われますが、統一試験やTOEFLなどの語学試験をはじめとする事前準備は入念に行うことをお勧めします。もし疑問などございましたら、お気軽にご連絡ください。
(tks)





リニューアルオープンから1年

2014年09月29日 | 全般・イベント

先週の土曜日は明治大学法学部、青山学院大学文・経済・法・国際政治経済学部の帰国生入試でした。
どちらの大学にも担任が激励に行きましたが、明大受験の学生数人はまず駿台国際へ集合して受験へ出かけていきました。
そして筆記試験が終了後の昼休みには駿台国際で昼食をとって、面接試験へ。
試験終了後は明大・青学受験生とも駿台国際へ帰還し受験の報告をしてくれました。
みなさんお疲れ様でした。

駿台国際の1階受付・教務室ロビーですが、昨年の9月29日にリニューアルオープンして早いもので今日で1年がたちました。
学生は受験相談を受けたり、友人たちとお弁当を食べながらおしゃべりをしてくつろいだりと広くなったスペースを活用しています。
建物の外から見ても以前の3階にあった時より中の様子がよく見えるようになって入りやすくなったとの声も聞きます。
これまで多くの合格者を送り出してきましたが、さらに皆様にご満足いただける受験指導を実践していく所存です。
どうぞ、これからも駿台国際を宜しくお願い申し上げます。

(wty)


OB・OGの活躍

2014年09月28日 | 【帰国生大学入試】

駿台国際のOB・OGがちょくちょく校舎を訪ねてくれます。
彼らは、学生生活でのさまざまな様子・・・勉強のことであったり、部活のことであったり、就職活動のことであったり・・・を伝えてくれます。
楽しそうなその姿に私たちも嬉しい気持ちが湧いてきます。
 

顔を出してくれるのは大学生だけではありません。
最近では、大手商社マンや、新聞記者、そして、司法試験に合格したOGもやってきました。
商社マン、正確には女性も含めて同じ商社に進んだ先輩たちは、入社試験で駿台国際の先輩に会った話をしてくれました。
新聞記者は、その数日前に掲載があった自分の記事のことを話してくれました。
司法試験の合格者は、喜びいっぱいで報告してくれました。今年はこのOG以外にも司法試験に合格した者がおり、帰国生の後輩たちの励みにもなりそうです。

各省庁や企業等で駿台国際生が活躍する姿を見ることができて、どんどん駿台国際から次に続く人材を輩出していきたいと強く思うこの頃です。
(Nas)


喜びの声!

2014年09月27日 | 【帰国生大学入試】

昨日、早稲田大学の理工学系の二次最終合格発表がありました。合格発表時間は10:00から。丁度、発表の時間帯は、理系小論文の授業の時間と重なっていて、そわそわしながら教室でテストを受けていたようです。理系小論文のテスト終了時間が10:10でした。テストが終わり、解答用紙の回収が終わったのと同時に受験生の皆が一斉にスマートフォンで結果確認。そして、ほぼ同時に二次最終に合格した学生達が歓喜の声を上げたようで、その後クラス担任の私の元に結果報告に来てくれました。これもほぼ皆一斉に『合格しました』。こういった瞬間は、クラス担任をしている者にしか味わえない喜びの時です。一人も二次での不合格者を出さずに、見事全員合格です。その場に居合わせた先生方も喜んでくださいました。特に創造理工学部については、合格者5名中3名が駿台国際生でした。ひとしきり、皆が喜んだ後は、その後の授業に皆揃って向かいました。早稲田大学合格おめでとう!また、残念ながら二次まで進めなかった学生も、次の目標に向け気持ちを新たに今勉強に励んでいます。きっとこのまま頑張れば、満足のいく結果がもたらされると心から思っています。これからも微力ながら応援します。ともに頑張りましょう!

<ots>


今週末の主な入試

2014年09月26日 | 【帰国生大学入試】
本日で、早稲田大学帰国生入学試験のすべての学部で合否発表が終了いたしましたが、今週末には明治大学法学部や青山学院大学文・経済・法・国際政治経済学部の帰国生対象の入学試験が実施される予定です。明治大学を受験される方は、普段から通いなれた駿台国際教育センターのすぐ隣のブロックにある駿河台キャンパスで実施されることもあり、例年多くの駿台生が試験の前後に駿台国際教育センターに立ち寄ってくれます。そんな時、日に日に逞しくなっている駿台生を見ると、送り出す側としても余裕をもって送り出すことができます。まだまだ、入試は続きますがこの調子で進んでいきましょう。
<kjk>
 

早大文化構想学部・文学部、関学で合格発表!

2014年09月25日 | 【帰国生大学入試】

本日、早稲田大学の文化構想学部と文学部で合格発表がありました。

このうち、文化構想学部の合格者総数は学部新設年の2007年度入試以来最多となりました。また、駿台国際からの同学部合格者数も過去最多となっています。
合格者の皆さん、おめでとうございます。
駿台生の合格は、両学部でも占有率50%に達しています。

さらに本日は、関西学院大学各学部でも合格発表があり、次々と朗報が届いています。

明日も、早稲田大学社会科学部、理工系3学部において合格発表があります。
(Nas)


帰国生大学進学講演会・アジア地区

2014年09月24日 | 全般・イベント

2014-2015駿台帰国生大学進学講演会(海外講演会)・アジア地区の日程が決まりましたのでお知らせいたします。<香港につきましては調整中です。>

※北米講演会・ヨーロッパ講演会の日程を含む、講演会の詳細についてはホームページでご案内しています。
 
※不測の事態により、やむを得ず講演会の中止や時間変更が生じる場合も考えられます。
お出掛けの前に、この駿台国際教育センター・ブログページにて最新情報をご確認ください。

──────────────────────────────────────────────
【クアラルンプール Kuala Lumpur】
2014年12月13日(土)
10:00~12:00
会場 駿台マレーシア校(要お申込み:ネット/電話)
Tel : クアラルンプール 03-6201-3325  10:30a.m.-9:00p.m.(土日10a.m.~6p.m.)
------------------------------------------------------------------
【シンガポール Singapore】
2014年12月14日(日)
13:30~15:30
会場 駿台シンガポール校(要申込み:ネット/電話)
Tel : シンガポール 6235-2221  10:30a.m.-9:00p.m.(日9a.m.~7p.m.) 
------------------------------------------------------------------
【東京(お茶の水)Tokyo】
2014年12月20日(土)
10:00~12:00
会場 駿台国際教育センター(要ネット申込み
------------------------------------------------------------------
【マニラ Manila】
2015年1月16日(金)
17:30~19:30
会場 The Peninsula Manila(申込み不要)
------------------------------------------------------------------
【バンコク Bangkok】
2015年1月18日(日)
13:00~15:00
会場 Bangkok Hotel Lotus Sukhumvit(申込み不要)
------------------------------------------------------------------
【ジャカルタ Jakarta】
2015年1月20日(火)
10:00~12:00
会場 駿台ジャカルタ校(要申込み:ネット/電話)
Tel : ジャカルタ 021-766-7341 10:00a.m.-7:00p.m.(日9a.m.~3p.m.)

------------------------------------------------------------------
【上海(古北第1回)Shanghai】
2015年1月31日(土)
13:00~15:00
※2月1日と同一内容です。ご都合のよい日にご参加ください。
会場 駿台上海校(要申込み:ネット/電話)
Tel : 上海 6209-8833  11:00a.m.-8:30p.m.(土日10a.m.~5p.m.)
------------------------------------------------------------------
【上海(古北第2回)Shanghai】
2015年2月1日(日)
10:00~12:00
※1月31日と同一内容です。ご都合のよい日にご参加ください。
会場 駿台上海校(要申込み:ネット/電話)
Tel : 上海 6209-8833  11:00a.m.-8:30p.m.(土日10a.m.~5p.m.)
------------------------------------------------------------------
【上海浦東 Shanghai-Pudong】
2015年2月1日(日)
16:00~18:00
会場 駿台浦東校(要申込み:ネット/電話)
Tel : 上海 5059-7242  2:00p.m.-9:00p.m.(日9a.m.~6p.m.) 
------------------------------------------------------------------
【香港 Hong Kong】
未定
会場 駿台香港校(要電話申込み)
Tel : 香港 2576-0383  12:00a.m.-10:00p.m.(土日10a.m.~5p.m.)
──────────────────────────────────────────────
(Nas)


続・帰国入試のマイナーチェンジ 

2014年09月23日 | 【帰国生大学入試】
先週、「帰国入試のマイナーチェンジ」としてブログを掲載しましたが、本日は上智大学の出願要件について触れたいと思います。
  
今年度の出願要件は、
・外国の教育制度に基づく教育課程での在籍期間が、以下のいずれかに該当する者。
   (A)中・高等学校を通じ2年以上継続して在籍した者。
   (B)高等学校の最終学年(1年間)を含め、中・高等学校を通じ通算で2年以上在籍した者(見込みを含む)。
 
とされており、昨年度までの要件より在外年数の範囲が狭められています。
 
先日、入試応援のために上智大学を訪れ、試験会場に向かう学生を励ましていたのですが、やはり昨年に比べ、学生服で入試に臨む生徒(=おそらく日本の国内高校に通う帰国生)の数が減ったような印象があります。範囲が狭められたことにより、受験者動向にも影響が出たのかもしれません。
 
実際に目で見て、その変化を実感したわけですが、我々カウンセラーが直接肌で感じている「帰国入試の変化」を、来月10日より始まる「帰国生大学入試講演会」でお話をしていきたいと考えております。みなさまのご来場、お待ちしております。

(tks)



GMARCHへ

2014年09月22日 | 【帰国生大学入試】

今週も帰国生入試は緊張する日々が続きます。
25日(木)は早稲田大学の文化構想・文、26日(金)は基幹理工・創造理工・先進理工・社会科学部の合格発表です。
週末27日(土)は明治大学・法学部、青山学院・文・経済・法・国際政治経済とGMARCHの入試が始まります。
青山学院・国際政治経済学部については第一次審査合格者(書類審査)が27日の試験当日に窓口で出願手続きを済ませてから第二次審査に臨むという、少し変わった形式をとるため注意が必要です。早めに大学へ向かいましょう。

昨日のお茶の水界隈は「第1回駿台ベネッセマーク模試」を受験する一般受験生であふれていました。理系入試においては一般受験生と同様の学科試験やセンター試験が課せられる大学があるため理系クラス帰国生は秋以降駿台模試を受験します。
今日も昨日の上智大学入試の状況を詳しく報告にきてくれる学生が多くいました。
ICUも上智も合格発表は来週ですが気を緩めることなくがんばっていきましょう。
 
 明日23日(火)秋分の日は祝日のため授業は休講になります。
 校舎も閉館となり自習室の解放はありませんのでご注意ください。

(wty)


お疲れ様!

2014年09月21日 | 【帰国生大学入試】

昨日は国際基督教大学、今日は上智大学と受験生の忙しい日々が続きます。
受験生の皆さん、お疲れ様です。

今朝は、8時から、四谷の上智大学前にて駿台のカウンセラー数名で駿台国際生の激励を行いました。帰国生入試とカトリック校入試が同日実施となるため、スーツ姿の外国学校卒業生と学生服姿の高校生がまじりあった受験生の列は不思議な感じがします。(現役高校生で帰国生入試を受ける方もいます。)
その中から駿台生の姿を見つけては最後のアドバイスや激励の言葉で見送る駿台国際恒例の入試激励ですが、過去の学生たちの姿も思い出されて懐かしい気持ちにもなります。

昼過ぎから夕方にかけて、学生たちが駿台国際に戻ってきました。
いきなり・・・「せんせい!」とカウンセラーに駆け寄り、早速、詳しい状況報告をしてくれます。
まさにこの時、学生たちから私たちもたくさんを学ぶことになります。
そして、先輩が残した貴重な受験報告レポートへ御礼をするかのように、多くの学生が黙々と後輩たちへのレポートを残してくれるのです。
(Nas)