SUNDAI RETURNEE CLUBlog & SUNDAI GLOBAL CLUBlog

●帰国生入試、留学支援、英語4技能対策等のトップブランド
・・・駿台国際教育センターの公式ブログです。

2013年大晦日。大変お世話になりました。

2013年12月31日 | 全般・イベント

1年を締めくくる日、大晦日を迎えました。
今年は、年末年始の休みが長く取れる傾向があり、この時期に海外旅行をする方も多いとのこと。
一方、この1年間の海外からの外国人旅行者数も好調で、初めて1000万人を超えました。政府の目標は、3000万人ということですから、、実現するまではなかなか遠く高い目標であると思います。しかし、2020年の東京オリンピックへ向けて、国際都市・東京や各大都市も、情報発信力を強化するとともに、外国人に優しい街づくりがなされれば、実現可能なものとなってくるに違いありません。

それらの環境整備において、グローバルな人材になりうる帰国生の役割が増していくことは間違いありません。来る2014年、まずは、もっともっと母国日本のことを学んでいきましょう。
それが、真の国際交流においてのファーストステップですから。

さて、今年もあと数時間となりました。
このブログにお越しいただいた皆様、そして、駿台国際を応援していただいた皆様
今年も大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
 

 

それでは、皆様、良いお年をお迎えください。
(スタッフ一同)


駿台国際「合格実績」のこと。

2013年12月30日 | 【帰国生大学入試】

合格実績は入試制度や日程の変更により、年度によって大きな影響が出ることもあります。そのため、単純に各年度を比較することは難しいのですが、駿台国際・帰国生コースでは、過去複数年にわたる合格実績をホームページの「合格実績」ページにて公表しています。今年度(2014年度入試)につきましては、年度途中ですのでトップページで速報として表示しております。

 

なお、駿台国際はお茶の水校舎のみの運営ですので、合格実績は複数校舎合算ではなく、すべてお茶の水1校舎で生まれたものとなります。もちろん、海外・国内の駿台グループ校に在籍し駿台国際に在籍していない学生の合格実績は含みません。

 

また、駿台国際では・・・
(1)大学・学部・学科のいずれの単位においても合格者が1名のみの場合、その合格者が駿台国際生であっても、「占有率100%」といったような表現はしません。
(2)複数の合格実績において、それらが同一人物の併願によるものである場合、「全員合格」というような表現はしません。
・・・これらを合格実績を表示する際のポリシーとしています。
(Nas)


寒晒心太

2013年12月29日 | 全般・イベント

突然、寒天が食べたくなりました。
寒天はその語源である寒晒心太(かんざらしところてん)が示すように、心太(ところてん)を寒晒(かんざらし)したもので、古来から続く製法では12月から2月頃に製造され、気候的な面から信州の名産品ともなっています。
心太は、天草やオゴノリを煮て製造するゲル状の食品で、それを凍結乾燥したものが寒天です。ジュースと濃縮還元ジュースの関係みたいですね。

 

無性に寒天を食べたくなった私は、スーパーではなく、商店街の外れの専門店に出かけました。そもそも、スーパーでは固形寒天や粉寒天ばかりで、すぐ食べれる物はあまり目にかかることがありません。とはいえ、専門店も昔はたくさんあったのに、だいぶ数が減ってしまいました。訪れたお店も年老いた方が「お客さんが来なくてね。」と寂しそうでした。お店は、昔懐かしい業態で、こんにゃく・しらたき・あんみつ・みつまめを製造し乾物等も取り扱っています。
日本の街のどこの商店街にもあったこのようなお店はやがて姿を消していくでしょう。
まだ、かろうじて残っているうちに、まだ見たこともない帰国生の皆さんには、その存在にきづいてほしいなと強く感じました。
(Nas)


年末年始の業務取り扱いについて

2013年12月28日 | 全般・イベント

昨日で、帰国生大学受験コースは年末年始のお休みに入りましたが、SUNDAI GLOBAL CLUBも本日で年内の授業を終えました。

 

これにより、駿台国際教育センターは、~1/5(日)まで、各種業務取り扱いをお休みとさせていただきます。お休みの期間中にいただきました各種お申込み、お問い合わせなどにつきましては、年明けの1/6(月)にご連絡致します。大変ご不便をおかけいたしますが、何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

なお、2014大学受験本科、及び南半球特別課程1stにお申込みいただいた方のための帰国前指導・WEB教務室Birds/漢字・英単語小テスト(全23回)の出題(第3回・1/3)、解答公表(第2回・12/31)は、お休みの期間中も、実施していますのでご利用ください。
(Nas)


冬期準備講座終講

2013年12月27日 | 【帰国生大学入試】

本日で冬期準備講座が終了いたしました。2週間にわたるTOEFL講座をはじめ、帰国入試の核となる小論文講座や入試英文解釈等、各講座にご参加いただいた皆さん、本当にお疲れ様でした。また、来年の夏にお会いしましょう。その時は、大学受験本科に参加される方もいらっしゃると思います。受験はまだ先のように思えるかもしれませんが、あっという間にやってきます。今回学習したことの中に、それまでにやっておくべきことのヒントがありました。しっかりと準備をしておいてください。

 

また、引き続き、年明けの1/6より始まる「南半球特別課程」に参加される皆さん、冬期準備での学びの復習をしておきましょう。南半球生は、北半球生より一足早く、受験本科開講となります。3週間ほどの講座となりますが、年明けも宜しくお願いします。
(Nas)


東京タワー

2013年12月26日 | 全般・イベント

先日の12月23日は天皇誕生日の祝日でしたが、じつはこの日は東京タワーが開業した日でもあります。今年は東京タワー開業55周年にあたりました。
この東京タワーの階段(地上150メートルの大展望台まで)は普段も土日祝に開放されているそうですが、冬休み期間の12月21日から1月5日は毎日解放されるそうです。階段は600段で小さな子供でも15分ほどで登りきるそうです。

 

ところで、話は変わりますが、この東京タワー、日本の怪獣映画でどのくらい壊されてしまったのでしょうか?モスラ、ゴジラ、キングギドラ、ガメラなどなど、10数回も怪獣たちの攻撃をうけて壊されてしまっているのです。今後、新しい怪獣映画で、今度は東京スカイツリーが怪獣の攻撃対象になるかもしれません。でも、スカイツリーの高さは634m、怪獣の代表としてのゴジラの身長は80m、その縮尺を正確に行うと、あまり絵にならないような気もするのですが…こんな場合にはある種のデフォルメが必要なのでしょう。
(yos)


アメリカ歳時記

2013年12月25日 | 全般・イベント

今日はクリスマス。
街のイルミネーションもとても綺麗ですね。

SUNDAI GLOBAL CLUBでは12/16日からWinter Schoolを開講しており、
多くの方にご受講いただき大変感謝しております。
この機会に、多くの方に当校のバイリンガル教育のコンセプトを
ご理解いただければと思っております。

また、SUNDAI GLOBAL CLUBでは留学に関する様々なコラムを掲載しており、
アメリカのクリスマスの様子をお知らせする「アメリカ歳時記」等のコラムも充実しております。
日本のクリスマスとの違いに新しい発見があるかもしれません。
ご興味のある方はぜひご覧ください。

コラムのページはこちらから:
http://www.sundai-kaigai.jp/global/htm/column.html

コラム「Holiday Season」:
http://www.sundai-kaigai.jp/global/pdf/column04_003.pdf

(fnbs)


How do you spend Christmas this year?

2013年12月24日 | 全般・イベント

Dsc_0791_2The way you spend Christmas is far more important than how much.
「クリスマスは過ごした数ではなく、いかにして過ごすのかがずっと大切である。」
 

   

という名言を残したのは、 19世紀末のアメリカ人作家 Henry David Thoreau です。

今日も来年受験を控えた駿台生は授業に参加しています。
 

「クリスマスなのにぃ~・・・」
とこぼす生徒も実際いるわけですが、これから数多く過ごすであろうクリスマス、あの時は勉強してたなあ、と思い返す日がやってくるかもしれませんね。

彼はこういう言葉も残しています。

Go confidently in the direction of your dreams. Live the life you have imagined.
今日の努力は、きっと輝く未来につながっていくことでしょう。

がんばれ、受験生!
(tks)


祝日も駿台生は勉強中

2013年12月23日 | 【帰国生大学入試】

今日12/23は祝日でしたが、駿台国際は勉強熱心な学生たちで賑やかでした。

 

まずは、国立大学を目指す年末特別授業。
・・・数十人が第一志望へ向けて、例え祝日だろうと、クリスマス前だろうと、ハイレベルな内容で、熱心に授業を受けていました。
授業後には、OGを加えた勉強会も見られて、なかなかよい雰囲気です。

 

そして、開講2週目となる冬期準備講座。
・・・北半球の学生たちと、年明けの南半球特別課程のオプションとして参加する南半球生がともに来年の受験を目指して、冬の貴重な時間を有効に使っていました。

 

さらには、「英語で学ぶ」目的をもったGLOBAL CLUBの受講生もやってきて、祝日にもかかわらず、朝から晩まで、駿台国際は、学ぶ目的の学生たちが集うのでした。
(Nas)


冬至~一番昼の短い日

2013年12月22日 | 全般・イベント

今日12/22は、冬至でした。一年間で一番昼間の時間が短い日ですね。昼の時間が短いと、なんとなく気持ちも下がってしまいそうですが、今日以降は、日が長くなる=運気も上昇するという考え方があるようです。

 

そして、冬至と言えば、柚子湯とカボチャ。温浴効果やビタミンが豊富な自然の恵みを得て健康な生活を送る知恵ですが、冬至=湯治=(柚子)湯、運の付く食べ物=んのつく食べ物=ニンジン・ダイコン・ギンナン・レンコン・ナンキン(カボチャ)・・・といった洒落のような考え方も、この風習を後押ししてきたようです。

 

柚子を求めて商店街を歩いていると、サンタクロースの衣装をまとった外国人の方が、「メリークリスマス!ワッハハハ!」と言いながら、子供たちにプレゼントを配っていました。冬至の行事とは全く趣きのことなる風景でしたが、このクリスマスと冬至も実は深い関係があると言います。ここでは、詳しくは触れませんので、関心がある方は調べてみてくださいね。
(Nas)