SUNDAI RETURNEE CLUBlog & SUNDAI GLOBAL CLUBlog

●帰国生入試、留学支援、英語4技能対策等のトップブランド
・・・駿台国際教育センターの公式ブログです。

Farewell Party

2017年02月28日 | 【帰国生大学入試】

駿台国際教育センターでは、毎年の恒例行事として、3月下旬にFarewell Partyを開催しています。大学受験本科コースや南半球特別課程で受験生として頑張ってきた生徒たちを労うための会です。私立大学に進学する生徒たちは夏に駿台国際を卒業しているため、久しぶりの再会の場ともなります。東大や一橋大を目指している生徒は来週の面接対策に取り組んでいる最中ではありますが、この時期に告知することで、受験後の楽しみの1つとしてもらえれば良いと考えています。同じ時期に勉強した仲間が一堂に会する機会はFarewell Partyが最後です。忙しい時期だとは思いますが、是非ご参加ください!参加に関するメールは近日中に差し上げる予定です。

(ala)


再現答案模擬面接

2017年02月27日 | 【帰国生大学入試】

昨日、京都大学法学部・経済学部の面接試験が終了し、今年度の入試は東京大学・一橋大学は面接審査を残すのみとなりました。
今日も駿台国際生は筆記試験前と変わらず来校しています。
両大学とも面接については筆記試験の内容について問われることが多いため、自分の書いた答案を再現して面接対策を行います。
答案内容の見直しだけでなく、志望理由・将来展望の再確認とこの数日間で仕上げていきます。
再現答案模擬面接対策には講師・担任カウンセラーだけでなく、駿台国際OB・OGも駆けつけ最後までサポートしていきます。

最後まで第一志望、はゆずれない。

(wty)

 

 

 

 


国公立大入試激励

2017年02月26日 | 【帰国生大学入試】

昨日より難関国公立大入試が始まりました。恒例の入試激励に、クラス担任・講師・スタッフで、昨日は東大へ、本日は一橋大と首都大東京へ行ってまいりました。事前に受験生に入試激励に行くことを伝えていましたので、こちらを探して来てくれた受験生もいて、いつになく、慌てることなく、しっかりと激励ができたと思います。こちらを見つけて、”あっ!”と声をあげて駆け寄ってくる受験生やこちらから”おはよう!”と声をかけて気づく受験生と様々ですが、緊張している姿は共通です。そんな受験生にクラス担任や講師が激励の言葉をかけます。すると、”頑張ってきます”と言って笑顔を魅せて少しはリラックスする生徒、”やるだけのことはやりました、あとは問題次第です。”と頼もしい言葉を残して試験会場に向かう生徒と様々です。この時期の国公立大は、一般入試と試験日が一緒ですので、多くの受験生に紛れてしまい、毎年会えない受験生が数名います。”ちゃんと遅刻せずに試験会場に着いたか”と心配になりますが、遅刻せずに試験会場で着席していることを信じて、”落ち着いて普段どおりの力を出せばきっと大丈夫!がんばれ!”というエールを試験会場に向けて祈り、校舎へと戻りました。受験生のみなさん、昨日今日とお疲れさまでした。受験生一人ひとりが最善を尽くせたと信じています。東大・一橋大受験生は、明日からは面接試験前日まで面接対策をしっかりと準備して参ります。あともう少し受験が続きますが、有終の美を飾るために一緒にもうひと踏ん張りがんばりましょう!九大の受験生は、明日が面接試験ですが、今までの面接練習を思い出して、自分らしい面接を心掛けて頑張ってきてください。健闘を心から祈っています!
<ots>


京大面接試験出張対策

2017年02月26日 | 【帰国生大学入試】

本日は京大の面接試験がありました。その面接対策のために、駿台国際は、法学系論文専門の講師と経済系論文専門の講師、そしてクラス担任の各1名ずつを京都に派遣して、最後の面接準備をしました。昨日試験終了後に、駿台中学部烏丸御池校に受験生を集め、経済学部受験者は小論文の再現答案を作成し、その再現答案を基に、面接での小論文に関する質疑応答の対策を論文講師が行いました。また、今年度より法学部は、試験科目が小論文⇒現代文(一般入試の理系の現代文2題)に変更になりましたので、従来通りの面接から変更があると想定し、従来通りの面接対策+一般的な面接も含めた対策を、こちらも論文講師が行いました。また、駿台国際の京大の現役OB・OGも校舎に駆けつけて、自分たちの経験談や、HPや大学案内には書かれていない京大の生の情報もこの場でレクチャーしてもらい、今日に備えました。講師が京都まで出張して行う面接対策、そして、例年多くの京大生を生み出している駿台国際ならではのOB・OGの心強いサポート!これこそが駿台国際の強みとも言えます。様々な方々からアドバイスを受けて、受験生は自信を持って面接に望めたと思います。今日は本当にお疲れさまでした。今日はゆっくりと休んでください。
<ots>


留学先の授業に慣れるためのトレーニングとは?

2017年02月25日 | 【GLOBAL CLUB】
表題のセミナーが本日行われました。留学や海外赴任で海外のインターナショナルスクールや英語圏の現地校に入学される方は何を準備しておかないといけないのか、具体的にどんな準備が駿台で出来るのか等、様々なテーマでお話を致しました。当センターでは、そういった不安を少しでも国内で解決するために、現地校やインター校のシミュレーションを行う「現地校入学英語準備コース」を4月から開講します。2月末までの申し込みで早割が適用となりますので、検討中の方は是非今月中にお申し込みください。
 
また、3/18(土)より3/31(金)まで中高生対象の英語4技能、春期講習を開講します。
 
スピー筋トレ
Academic Reading
Academic Writing
Book Club
Academic Speaking
Global Workshop
 
6講座を月~土曜日にかけて行います。曜日ごとに内容が違うので参加日数は自由です。新中学1年生~高校3年生までを対象としていますが、スピー筋トレは初心者向けの講座のため、新小学5年生から参加可能です。
 
詳しくはこちらをご覧ください。
 
スピー筋トレ以外の講座は、日本人バイリンガル講師によるオールイングリッシュの授業です。英語漬けの一週間でレベルアップを図ってはいかがでしょうか。
 
mtszw

難関国立大入試前・・・

2017年02月24日 | 【帰国生大学入試】

明日25日はいよいよ東大・京大の筆記試験、明後日26日は一橋大の筆記試験も始まります。
6月下旬の開講から、日々こつこつと積み重ねてきたものを再度発揮する時がやってきました。日本語の小論文、日本語も深く関係した英語、そして自己表現となる面接・・・慣れないことも多々あったでしょうし、苦しかったことも少なくなかったでしょう。その時の思いを、明日以降の本番でぶつけてほしいと思います。
もう一つ、心がけてほしいことは、「帰国生である」ということです。受験勉強の成果と同様に、それぞれの帰国生として価値ある体験と、その中でもがき苦しんできた経験を胸に、試験に臨んでほしいと願っています。みなさんには、海外体験、駿台での学び、そして講師やスタッフの応援がついています!臆せず、帰国生として堂々と試験に挑んでください。

がんばれ、帰国生! がんばれ、駿台生!

(tks)


都立高入試

2017年02月23日 | 【帰国生高校入試】

明日は都立校の入試日です。

一足先に私立校への進学を決めた仲間たちをみながら、公立校受験に向けてより長い間頑張ってきた生徒たちを駿台は最後まで応援します。直前講習が終わったあとも、自習室で過去問に取り組んできた成果を十分に発揮してください。

(adc)


ラストスパート

2017年02月22日 | 【帰国生大学入試】

先週の壮行会での小論文講師からの話が効いたのか、連日模擬面接の予約枠がいっぱいに埋まっています。第一志望の国立大学に向けて、改めて志望理由を見直すための貴重な機会です。想定していた質問とは違う切り口での質問もあるかもしれません。「こう聞かれたら、こう答えよう」と固定した考えでは、教授陣の鋭い突っ込みに太刀打ちできない可能性もあります。面接に正解はありませんから、杓子定規に考えず、自らの思考をしっかりと明確にし深めていけば、どのような質問にも落ち着いて回答できるはずです。

カウンセラー・スタッフ一同、全力で応援しています。

(con)


帰国生入試データベース更新

2017年02月21日 | 【帰国生大学入試】

会員制サイトBirdsにて公開している「帰国生入試データベース」の年度更新を実施しました。「帰国生入試データベース」では、各大学・学部の出願日程や入試日程、出願資格、試験科目、過去の受験人数や合格人数などをご案内しています。検索機能があるため、希望の大学のデータをすぐ参照できますし、自分の資格やスケジュールにあわせて大学・学部を探すことも可能です。現在は2017年度入試のデータを主に公開していますが、今後各大学の発表を待って、2018年度入試の情報を元に更新を行っていきます。出願時にはしっかりと入試要項を熟読して準備を進める必要がありますが、「あれ?あの大学はいつ頃入試だったかな?」「TOEFLは提出必須だったかな?」など簡単な確認であれば、是非「帰国生入試データベース」を活用してください!

(ala)


いよいよです!

2017年02月20日 | 【帰国生大学入試】

今週は国立大学入試集中日となります。
授業は先週で終講していますが、今日も朝から駿台国際では講師による個別質問会やカウンセラーによる模擬面接が実施され、大勢の学生達が今まで学んできたことの最終確認のため自習室に来ています。
今週の国立大入試ではここまでの帰国生入試と異なり一般生もいて混雑が予想されます。
東京大学の入試会場にはマスコミの取材カメラ、各予備校の応援隊も多くいて驚くかもしれません。
多くの駿台生が受験する東大、一橋大にはカウンセラーが激励に行きます。
京大受験生には毎年恒例になった「そうだ、京都,行こう。」作戦があります。入試第一日目終了後、駿台中学部烏丸御池校にて翌日の面接対策講座を実施します。京都にもカウンセラーと小論文講師、京都大学へ進学したOB・OGが集まり駿台国際生をバックアップします。

駿台国際生の皆さん、いつも通りの力を発揮して悔いのない戦いを!
講師・カウンセラー・スタッフ一同応援しています。


(wty)