SUNDAI RETURNEE CLUBlog & SUNDAI GLOBAL CLUBlog

●帰国生入試、留学支援、英語4技能対策等のトップブランド
・・・駿台国際教育センターの公式ブログです。

出願ラッシュ!

2012年07月31日 | 【帰国生大学入試】

今日は、出願ラッシュでした。おそらく明日も。。。
 
出願ラッシュの原因は、慶應義塾大学の郵送出願が本日から受付開始となったからです。
複数学部の併願であっても、書類が1セットである早稲田に対して、慶應では学部併願分の出願セットが必要となります。(但し、出願封筒は1点)
おまけに手書きの志望理由書が必要となります。(文学部はWEB登録)
 
今まで手掛けてきた志望理由書も、いざ、手書きとなると、誤字脱字に気を付けつつ・・・と神経を使います。一発で書きあげることが出来ればよいのですが、人間、ちょっとのミスではまり出すと連鎖してしまうことがあります。原因の一つは「緊張」かもしれません。極度の「緊張」が、「集中」を妨げるのです。
  
これから、願書作成だけでなく、面接や筆記試験という場で、何度も「緊張」と「集中」の戦いに遭遇することでしょう。上手に、「緊張」を操るために、「慣れる」を手繰り寄せるための「練習」を駿台国際は用意してまいります。
(Nas)


夏期準備講座、終講御礼

2012年07月30日 | 【帰国生大学入試】

週が明けてしまいましたが、先週末をもって、夏期準備講座のすべての講座が無事終了となりました。
今年も、昨年を上回る多くの方にご参加いただき、まことにありがとうございました。
 
夏期準備講座は、一時帰国された際に、翌年以降の受験に備える講座です。ここで、教授することは、受験科目の知識のみならず、どのような意識をもって海外で過ごすことが望ましいかのヒントとなる心構えも含みます。

他では経験できない、帰国生大学入試を熟知した講師陣との出会いが駿台にはあるのです。お時間があるようでしたら、また、冬の準備講座にお越しください。スタッフ一同お待ちしております。
(Nas) 


朝型のススメ

2012年07月29日 | 全般・イベント

受験生活の典型的なお奨めライフスタイル・・・アサガタ生活。
 
朝型が良いことが、頭では分かっていても、様々な誘惑に時間を取られて、どうしても、夜更かし生活から抜け出せないという人も多いことでしょう。
それに、深夜の静寂の中で集中して勉強する方が捗るという理由もあるかもしれません。
 
でも、あと一月で早稲田の入試。以降、様々な入試が立て続けにやってきます。午前中にベストコンデションで問題に取り組む。それに対応できるように頭の回転、働きを良くするには、入試直前ではなく、普段から普通の生活の中に、アサガタを取り入れておく必要があります。
 
いまのうちから、アサガタを自分のものにしておきましょう。気になるロンドンオリンピックの山場も早朝が多いとのこと。朝から選手たちのパワーをもらうのも良いかもしれません。

(Nas)


お疲れさま

2012年07月28日 | 全般・イベント
今日は、駿台国際の学生のほとんとが集合して、実力判定テスト、及び総まとめの漢字テスト 、英単語テストを実施しました。

学生たちは久々のテストに、少々疲れきったような表情をみせました。特に、ひたすら書く漢字テストや単語テストには、「まいった~」の声もちらほら。前回とは異なる形式に翻弄された感もありますが、本番の試験もどんな形式に変化して、どんな出題内容に変わるかわかりません。

とにもかくにも、たくさんの経験が力となっていくのですから、まずは、早稲田の入試までにもいろいろと経験していただくべく、次から次へとテストを用意させていただきますよ。
(Nas)



一蹴。

2012年07月27日 | 全般・イベント

いっしゅうする。・・・軽く跳ね飛ばす。すげなく断る。
 
今朝の五輪男子サッカーチームの快挙に対して、「(今や実力№1と言われる)スペインを一蹴した」と報じるものもありました。
 
スカッとする表現ですが、受験勉強真っ只中の学生たちにも、様々な誘惑を一蹴する気概でいてほしいものです。駿台国際生は、明日、実力テストがあります。今は、このテストのことに集中している学生が多く、頼もしい限りです。でも・・・
 
「先生、どんなのが出ますか?」
「範囲は?」
 
入試間近だというのに範囲を気にしてばかりいては、実力判定となりません。
そんな甘い気持ちの質問に対しては、優しい心で「一蹴」しているかもしれません。
(Nas)


天気予報

2012年07月26日 | 全般・イベント

最近、当たらないぞ、という指摘があるようで、予報士がテレビで言い訳するシーンがありました。細かいところまでは、天気のメカニズムが解明されているわけではなく、予測することはなかなか難しいようです。
 
でも、予測や予報ではなく、緊急地震速報のように、警告してくれればなと思うことがあります。地震速報は、文字通り予測等ではなく、速報です。すなわち、地震が起きた事実を伝え、その揺れが伝播し、まもなく、やってきますよ。というお知らせです。
 
昨日、帰宅時に土砂降りに遭いました。その時、雨宿りしながら、スマホで東京アメッシュを見てみました。以前にも紹介している、東京アメッシュは、降雨が下水道に流入するデータをもとに作成される降雨の実態状況サイトです。なんと、私の地元の区と隣りの区のみに降雨帯があり、それ以外は、広い範囲で全く降っていません。時間を遡ってデータ再生してみると、ぽつんとした小さくも激しい降雨帯が数十分前から近づいてきたことがわかります。ならば、「だんだんと近づいてきてますよ情報があればよかったのに。」と思うのでした。いや、もう、あるのかな。

・・・革新的な天気予報が待ち遠しい。
(Nas)


暑いわけだ・・・。

2012年07月25日 | 全般・イベント

もしかしたら、冷夏が節電日本の手助けをしてくれるかも・・・という淡い期待が打ち破られて数日が経ちました。途中、過ごしやすい日もありましたが、ここ数日は気温はともかく、とにかく蒸し暑くて熱中症に要注意の日々が続きます。

今日はなんとなく冷房の利きも悪いような状況に、学生たちも、「アイスが食べたい。」
今年も異常気象かなぁ、と思いながら、過去のこの日7/25を調べてみました。
すると、この7/25は、「最高気温記念日」という記念日だったのです。1933年、山形市の40.8℃。74年間この記録は破られませんでした。
  
その暑さをしのぐ日、というわけでしょうか。今日は「かき氷の日」でもありました。
最高気温記念日であることと、かき氷の別名、夏氷に由来します。なつごおり・・・な(7)つ(2)ご(5)おり・・・だそうです。
いろいろな日があるものですね。
(Nas)


慶應義塾Webエントリーがスタート

2012年07月24日 | 【帰国生大学入試】

本日7/24、10:00より慶應義塾帰国入試のWebエントリーシステムが始まりました。
来週には郵送受け付けも始まりますが、短期間のため、早めに書類を準備しておく必要があります。
 
駿台国際では、志望理由書を面接対策と絡めて指導しています。ゆえに、ここでも、面接指導を担当する担任カウンセラーの出番となります。
今年もたくさんの帰国生が駿台国際で慶應義塾を目指していますので、担任もここが頑張りどころ。受験生の皆さんも、併願する分だけの志望理由書、願書作成と、一番手間のかかる出願となりますが、しっかりと準備して確実に合格をつかみましょう。
(Nas)


London 2012 Olympics

2012年07月23日 | 全般・イベント

The Opening Ceremony まであと4日・・・という話題も受験生には関係ない!
と言いたいところですが、「オリンピック」というテーマから、政治学的な話題、経済学的な話題、そして環境問題を含む様々な社会問題・・・と、幅広く出題される可能性のある小論文においては、それも重要な存在なのです。
 
競技の結果も気になりますし、情報に疎い人物とならないためには、「オリンピック」とうまく付き合う必要があります。時間を取られすぎないように、しっかりと計画立てて自分を操縦していきましょう。
 
ロンドンオリンピックのホームページでは、開幕までのカウントダウン「4 Days」が表示されていますが、駿台国際の学生PCでも、本日、「早稲田の入試まで、残り41日!」と、カウントダウンの表示がスタートしています。
(Nas)


早稲田の出願も終盤へ

2012年07月22日 | 【帰国生大学入試】

今年からオンライン出願+郵送出願となった早稲田大学・帰国入試の出願期間も終盤に入りました。既に出願を終えた学生も多いのですが、まだ発送していない学生も、明日の月曜日には手続きを終えたいところです。
 
毎年、学生たちの様子を見ていると、常に初日に出願しようとする学生と、いつもギリギリになってしまう者とがいます。やはり、「何か」が発生する可能性を考慮すれば、対処する時間を確保するためにも、早めに出願できるようにする必要があることは言うまでもありません。ギリギリになってしまうタイプほど、その「何か」がやってくる可能性が高いのですから。
 
そういえば、毎年のように、「絶対に一番に出願したはずなのに、受験番号が1番じゃなかった。」と残念がる学生を見ますが、今年もいるのかな・・・。
(Nas)