SUNDAI RETURNEE CLUBlog & SUNDAI GLOBAL CLUBlog

●帰国生入試、留学支援、英語4技能対策等のトップブランド
・・・駿台国際教育センターの公式ブログです。

上智国際教養 合格発表!

2018年10月31日 | 【GLOBAL CLUB】

 本日は上智大学国際教養学部の合格発表があました。近年、特に人気が高まってきた英語プログラムの中でも、上智大学国際教養学部は歴史があり、元々は比較文化学部と呼ばれていました。2006年に「国際教養学部」に改組され、米国のリベラルアーツをモデルとした教養教育を全て英語でおこなっているのが特徴です。SUNDAI GLOBAL CLUBにでTOEFLやSATのスコアをアップさせてきた生徒からも、見事合格の報告がありました。長年努力を続けてきた生徒だったので、講師・スタッフともに本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。上智大学国際教養学部もそうですが、英語プログラムは基本的に合否決定にしめる書類選考の割合が高く、TOEFL・IELTS等の英語スコアとSATやACT、IBなどの統一試験のスコア、そして志望理由等を書いた英語エッセイで選考されます。出願時に高いスコアを保持しておくことが合格の秘訣です。SUNDAI GLOBAL CLUBではTOEFLやIELTS、SATの対策授業を実施していますので、ぜひご相談をお待ちしています。

【TOEFL・IELTS・SATはじめてパッケージ】※いずれもSkype対応可

(con)

SUNDAI GLOBAL CLUB
03-5259-3217
sgcinfo@sundai-kaigai.jp


中央大学経済学部合格発表

2018年10月30日 | 【帰国生大学入試】

本日、中央大学経済学部の合格発表がありました。駿台国際の生徒からも、嬉しい報告がたくさん寄せられました!
中央大学は他にも文学部、商学部、法学部で帰国生入試や特別入試の実施がありますが、経済学部のみ遅い日程で実施されています。他の入試日と重複もないため、GMARCHを受験する貴重な機会になります。
11月もまだ私立大入試や国公立大入試が続きます。これまでの努力を糧に、引き続きがんばっていきましょう!

(ala)


【レキシントン講演会開催情報】

2018年10月30日 | 【帰国生大学入試】

レキシントン講演会は予定通り開催致します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【レキシントン】
日程 2018年10月30日(火)
時間 17:30~19:30
会場 DoubleTree Suites by Hilton Hotel Lexington 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

皆様のご来場をお待ちしております。


英語の試験

2018年10月29日 | 【帰国生大学入試】

帰国入試における英語と言えば、TOEFLやIELTSなどを思い浮かべると思います。しかし、英語の筆記試験を課している大学もまだあります。例えば東大や一橋大では一般入試と同じ英語の問題が課され、和訳などの日本語力も必要であるような英語力が問われます。TOEFLで高スコアを持っていても、このような英語に対する対応が苦手である帰国生も多いです。駿台国際では、英文研究や英語読解、英語エッセイといった授業の他に、東大英語や一橋大英語で各大学に特化した対策をしていきます。海外で身につけた英語の力をさらに日本の受験英語に対応させられるよう高めていくことが駿台の授業では可能です。

(asnm)


休憩の3原則-その3-

2018年10月28日 | 【帰国生大学入試】

今回は、『休憩の3原則』の“③計画的に”についてお話します。
計画的に休憩を取るということは、いかに集中力を持続させ、勉強の効率を上げて、しっかりと記憶を定着させられるかが目的です。1日で考えてみますと、例えば自学自習できる時間が6時間取れたとします。その6時間の勉強時間を50分に1回10分間の休憩を入れる。
計画的に休憩時間を入れることで、勉強と勉強との区切りができ、学習も計画的に行うことができます。そして、その区切りを利用して自分なりの時間割が作れるわけですから、1コマ50分で終われるくらいの分量で学習計画を立てる。決して無理な学習計画をたてないこと。時間の無駄になります。①早く②短く③計画的に休憩をとることで学習のリズムもでき、効果的な学習ができます。参考にしてみてください。
そして補足になりますが、もし6時間と決めた勉強時間ですが、その日は体調がどうしてもすぐれない場合は、休みましょう!ここで無理をして勉強をしても身になりませんし、却って次の日にも差し障りが出てしまします。ここは思い切って体調回復を優先して寝てしまいましょう!そして次の日に備えることです。これも良い休憩の取り方です。休憩は、勉強に集中できる万全な体制を整えために必要なもので、大学合格への必勝法とも言えます。
<ots> 


【シカゴ講演会開催情報】

2018年10月28日 | 【帰国生大学入試】

シカゴ講演会は予定通り開催致します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【シカゴ】
日程 2018年10月28日(日)
時間 10:00~12:00
会場 Hyatt Regency Schaumburg Chicago

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

皆様のご来場をお待ちしております。


プライベートレッスンについて

2018年10月27日 | 【GLOBAL CLUB】

SUNDAI GLOBAL CLUBのプライベートレッスンは、英語4技能育成、各英語資格試験に対応しております。12月~1月は一時帰国の方が増え、特に席が埋まりやすくなっております。ご検討の方はお早めにお問い合わせ・お申し込みください。

SUNDAI GLOBAL CLUBではプライベートレッスンを初めて受講される皆さんに向けたお得なパッケージをご用意しています。

 

【TOEFL/IELTSはじめてパッケージ】

・90分×12コマ プロ講師とのマンツーマンレッスン

・カリキュラムやレッスン日時は生徒1人ひとりに合わせます

・無料TOEFL/IELTS模試・無料カウンセリング受付中!

・体験レッスン60分5,000円

 

【SATはじめてパッケージ】

・90分×10コマ プロ講師とのマンツーマンレッスン

・Reading&Writing 90分×6コマ Math 90分×4コマ

・無料カウンセリング受付中!(EssayやSubjectテスト対策は要相談)

・体験レッスン60分6,000円

※いずれもSkypeレッスンに対応しています。

 

特にSATは年間で受けられる機会が少なく、日本で受験する場合、次回は2018年11月3日(※Subject Testのみ)その次が2018年12月1日です。特に日本での受験回数が少ないため、計画的に学習・受験しないと高スコアを獲得できません。対策をそろそろ始めようとお考えの方やなかなかスコアが上がらない方はぜひ一度お問い合わせください!

 

(mtks)

03-5259-3217
sgcinfo@sundai-kaigai.jp

慶應義塾大学帰国生入試 今後の変更点

2018年10月26日 | 【帰国生大学入試】

慶應義塾大学の今後の帰国生入試において、以下の2つの変更点が掲載されています。

1.2019/2020年度以降※の帰国生入試における変更について
※2019年実施の入試

⇒総合政策学部・環境情報学部へのSAT Subject Japaneseの提出ができなくなります。

2.2020/2021年度以降※の帰国生入試における変更について

※2020年実施の入試

⇒カナダの教育制度出身者はSATおよびSAT Subjectが必須となります。(カナダ各州の大学進学のための試験または単位取得が慶應義塾大学の統一試験として扱われなくなります。)

特に2の変更については、十分に計画を立てて取り組む必要があります。ご注意ください。

(tks)


2019入試直前講習・冬期講習のご案内

2018年10月25日 | 【帰国生中学・高校入試】

「2019入試直前講習・冬期講習」をご案内いたします。

高校入試対策 http://www.sundai-kaigai.jp/kokusai/src/seminar/junior.html
①学校対策個別授業
②帰国個別フォロー
③冬期講習
④海外帰国生/高校入試直前講習
⑤国内帰国生/高校入試直前講習

中学入試対策 http://www.sundai-kaigai.jp/kokusai/src/seminar/index.html
①学校対策個別授業
②帰国個別フォロー
③冬期講習
④海外帰国生/中学入試直前講習
⑤国内帰国生/中学入試直前講習

現在お申し込みを受け付けていおります。
日程や料金などの詳細はリンク先をご覧ください。

ご参加お待ちしております。

myk


英検筆記結果発表

2018年10月24日 | 【GLOBAL CLUB】

先日、英検一次筆記試験の合格発表がありましたが、SUNDAI GLOBAL CLUBに通っている生徒の皆さんからも次々と報告がありました。見事合格された方もいれば、残念ながらあと少しの点数で不合格となってしまった方もいました。合格された方は、気を抜かずに二次面接試験に臨んでください。二次面接対策のご相談も受け付けております。残念ながら不合格だった生徒も、あまり時間をおかずに弱点を分析し、早いうちに対策に取り掛かることをお勧めします。

(con)