SUNDAI RETURNEE CLUBlog & SUNDAI GLOBAL CLUBlog

●帰国生入試、留学支援、英語4技能対策等のトップブランド
・・・駿台国際教育センターの公式ブログです。

【気魄・きはく】 力強く立ち向かっていく気力、精神力。

2010年02月28日 | 全般・イベント

日本時間28日の早朝、バンクーバーオリンピックのスピードスケート女子団体追い抜き(チームパシュート)で、日本チームが銀メダルを獲得しました。なかなか面白い競技でしたが、金メダルをかけたドイツとの決勝戦では、終始リードしながら最後の最後で、スケートのブレードの差が勝敗を分けた惜しいゲームでもありました。
 
結局、金メダルはドイツチームに輝いたわけですが、これに先立って行われた準決勝・ドイツ対アメリカ戦のゴールシーンがとても印象的でした。チーム3名が全員ゴールした時点でタイムが決まるのですが、ドイツ最後尾のフリージンガー選手がバランスを崩し最後の直線で転倒してしまい、もがくようにゴールに滑り込んだのです。一瞬、自分のせいで負けたと思い、リンクに伏せってしまったものの、タッチの差で勝利をつかんだことを知り、一転して歓喜の表情となりました。疲弊して足がもつれたらしく、決勝メンバーからは外されてしまいましたが、彼女の最後まであきらめない「気魄」が金メダルにつながったのです。
 
昨日から明日まで3日間にわたり一橋大再現答案対策・面接対策を実施しているのですが、自分の答案の不出来を決め付けてしまっている学生も見られました。しかし、セルフジャッジして諦めてはいけないのです。判定が下されるその時まで、「受かってやるぞ!」という「気魄」を持って面接の準備を進めておいてほしいと、フリージンガー選手を見てあらためてそう思いました。(Nas)


京大チーム帰還&・・・

2010年02月27日 | 【帰国生大学入試】

昨日の京大・経済学部面接試験に続き、本日、京大・法学部面接試験が終了し、現地対策のため出張していたスタッフや受験生が戻ってきました。お疲れ様でした。
感想を聞いてみると、総じて、「やりきった感」のある学生が多かったようです。
また、メールで報告を送ってきた学生も、「悔いなく終われました。」とのこと。
そして、「京都まで来ていただいて、とても心強かったです。」との言葉に、今年も、出張対策をやってよかったな、とうれしくなりました。
私たちは持てる力を最大限に発揮したいと考えてきましたが、これからも皆さんの期待に応えられる組織でありつづけるために日々努力していきたいと考えています。そして、それが可能なのは駿台だけであるとの自覚を持って、あらゆることに挑戦していきたいと思います。
 
さて、まだ入試が続いている東大・一橋大・東工大の面接対策ですが、まず、試験日の近い一橋大対策を本日より開始しました。駿台の最終面接対策は再現答案面接対策という形をとっています。本番で問われることは、人によって様々で、優しい面接もあれば、手厳しい面接もあります。しかし、備えあれば憂いなし・・・駿台生の皆さん、強力な講師陣の指摘と対策をよく聞いておきましょう。合格するためのヒントが必ずやそこにあります。(Nas)


最後まで気を抜かない。

2010年02月26日 | 全般・イベント

駿台国際では、昨日(25日)は、東大・京大・東工大、本日(26日)は、東大・京大・一橋大の入試応援に出かけました。みんな、良い顔をしていましたよ。
(駿台帰国生クラスは、東京・お茶の水1校舎のみの設置なのですが、京大対策の指導ノウハウがあり実績も高いため、京大志望者が多く、入試応援にも出かけているのです。)
 
さて、この両日の入試集中日をもって受験が終了となる皆さん、本当にお疲れさまでした。その努力が報われますように。吉報を待っていますよ。 
そして、ぜひお伝えしたいこと。それは、これまで学んできた多くの事柄は、大学生活でも、社会人となっても、きっと役に立つ貴重な財産となっていくものだということです。ですから、受験が終わったからといって、資料を決して処分したりしないように。実際に、活用している先輩は多いのですから。

しかし!
まだ入試が終わっていない方もたくさんいますよね。特に、東大・京大(法)・一橋大・東工大等は、まだ面接試験が残っているのですから。あなたたちは、最後の試験が終わるまでは、決して気を抜いてはならないのです。そのために、駿台の再現答案面接対策があります。
今日は、京大(法)対策を京都の地で実施しました。明日以降は、他の難関国立の対策を行います。駿台生の皆さんには、指導実績が豊富なA級の講師陣が味方についているのです。他では真似できない分析力で、今年も勝ちに行きますよ。(Nas&Iha)


今日も私たちは、やることがあります。

2010年02月25日 | 全般・イベント

今日25日に実施された東大・京大(経済)の小論文問題についての調査を開始しました。
急ぐ理由は、来年へ向けてではなく、明日26日も京大(法)・一橋大で入試が行われるからです。
今、旬な話題や類似性のあるテーマで出題される可能性も考えられるのです。
 
ありがたいことに、駿台国際の学生は帰国入試を行う東大・京大の全学類・学部に受験者を抱えているので、即日、情報を得ることができます。
例えば、今日、東大・文二や京大・経済で出題された経済学的なことが、全学部共通問題であるとはいえ、一橋大入試で役立つかもしれません。また、京大・法の出題とリンクさせて考えることができるかもしれません。入試ギリギリまで学んでほしい、と考え、早速、受験生に情報を伝えました。
  
また、以前、書き込みました「そうだ 京都、行こう。」作戦に基づき、講師とカウンセラーが京都で出張対策を行っています。本日25日は、明日の経済学部面接対策、26日には、27日の法学部面接対策を予定しています。
 

そして・・・明日も私たちは、やることがあります。(Nas)


栄光はすぐそこにある! ~駿台国際からのメッセージ

2010年02月24日 | 【帰国生大学入試】

明日25日、駿台生は、東大・京大・東工大・阪大・農工大の入試に挑みます。さらに、26日には、一橋大等も加わります。それに合わせて、カウンセラー&スタッフも東奔西走です。
 
駿台生の皆さん。今までの注意事項を思い出してください。そして、お渡しした手製のお守りに書いてある言葉を忘れずに入試に臨んでください。
皆さんには、私たちがついています。また、何よりも「頑張ってきたあなた自身」がついているのです。

そして・・・絶対に良い結果をつかんでほしい。そんな私たちの気持ちを、とても短いですが、メッセージにして皆さんに送ります。

第一志望校へ向かって今まで頑張ってきた駿台生のみんなへ。
<駿台国際教育センターカウンセラー&スタッフからのメッセージ集>

●勝て!とにかく勝て! 最後は気持ち勝負だ!(Nas)
●今までに頑張ってきたことは、すべて皆さんの実になっています。それらを出し切ろう。(Iha)
●皆さんの努力が報われますように(yos)
●自分のやってきたことを信じて、最後まで絶対に諦めない!応援してるよ!(MIO)
●落ち着いて自分の持っている力を十分に発揮して下さい! Just do it !! (tks)
●みんな「やれるだけのことはやった!」。その思いで安心して試験に臨んできてください。(KAB)
●積み重ねてきたことは確実に力になっています! 心から応援しています!がんばれ!(kat)
●「念ずれば花開く」。鶴に思いを込めた皆の桜もきっと咲くでしょう。がんばれ!(TER)
●残りの問題で点数を取る以外にも、既に解いた問題の見直しでも点数は取れる!(KTN)
●最後まで諦めないで、自分を信じて全力でぶつかってきてください!(wat)
●駿台で学んだことは必ず活きてくる!自信を持って落ちついて臨んで来てね。(nak)


祝!慶大薬学部合格 ~駿台は運気上々!

2010年02月23日 | 【帰国生大学入試】

今日、慶應義塾大学薬学部の合格発表があり、駿台生が合格しました!おめでとう!
幸先の良いこの報告は、入試応援体制に入る私たちをとても勇気付けてくれるものでした。
ほら、駿台生の皆さん、今年のあなたたちも強いのですよ。

さて、駿台国際では、講師と学生の最終確認風景が連日続いていましたが、いよいよ大詰めです。明日以降、京都へ向かう者や、外出を控え自宅で待機する者も出て来ることでしょう。
「先生、明日は来ないので、また明後日!」
「はいよ、お疲れ様~、じゃあ、試験会場でね。遅れるなよ!」
そんな会話が飛び交うようになりました。
就職活動でお茶の水に来て立ち寄ってくれた一橋大のOGや、ひょっこり顔を出してくれたOBも、そんな様子を見て、「あぁ、試験直前の雰囲気ですね~」と懐かしそうに目を細めていました。
 
一方、ふと気づいてみれば、19:00を過ぎた今、ライバルでもある同じ学類の学生たち数人が自発的にディスカッションを行い、その結果をもとに講師を囲んでゼミが始まっているのです。

うん、大丈夫!運気上々!(Nas)


駿台生 頑張れ!

2010年02月22日 | 【帰国生大学入試】

いよいよ明日(2/23)の埼玉大学経済学部入試に引き続き、2/25、26の入試集中日に突入します。
 
まだ受験が先であるという方のために、今年の日程を少し書き出しておきます。
 東大・全学類・・・2/25・26、3/17 
 京大・経済・・・・・2/25・26 
 京大・法・・・・・・・2/26・27 
 東工大・・・・・・・・2/25・26、3/12(6類)、13(5類) 
 一橋大・・・・・・・・2/26、3/2(1次通過者のみ)
 阪大・・・・・・・・・・2/25、2/26(理系のみの第2日)     等
  
そこで、いよいよ、決戦の日が近づいた本日(2/22)、「駿台生 頑張れ!」という気持ちを、ホームページのトップに記してみました。期間限定のごく簡単なバナーですが、駿台国際スタッフ、講師陣、先輩たちのたくさんの思いがこもっています。(Nas)


自習室

2010年02月21日 | 全般・イベント

今日は日曜日ですが、試験が直前ということで、自習室を設定したところ、朝早くから、学生が来校しました。「試験に備えて、朝型にしているから、りズムを崩したくないので」とのことでした。是非、このリズムのまま、試験に臨んでください。

 

過去の答案を見直しているもの、関連書籍を読んでいるもの、大学に関して調べているもの、重要テーマについて話しあっているものなど、今日の自習の内容は各自さまざまでした。その中で、「声を出して(確認し合って)学習したいので、別室ありますか」のように、他の受験生のことを気にかけてくれるところはさすがです。

 

また、理系の学生から、面接で答える内容についてのチェックを頼まれました。志望の理由について、日本と滞在国の違い、授業内容(海外での理科実験について)など、自分で一生懸命調べたこと・考えたことが、ノートにいろいろと書き込んでありました。ぜひ本番でうまく活かしてほしいです。(Iha)


自信を持っていこう!

2010年02月20日 | 全般・イベント

今日(2/20)は、京大(経済)の授業のみでしたが、相変わらずとても活気あるものでした。京大経済志望者はもとより、東大・一橋大の経済・商学系の学生も、また法学部系の学生も受講しているのです。経済も法も世の中を構成する重要学問領域として結びつきがあることを、彼らはきちんと認識しているのです。
 
そんな彼らの答案の評価も、その積極的な姿勢の効果が出ているようで、昨今、かなり高い評価を受ける例も多くなってきました。でも、まだまだ不安なようです。それはそうです。皆さんが学んでいることは、知れば知るほどその分野の広さ、奥の深さを感じるものだからです。

しかし、駿台生の皆さんにお伝えしたい言葉があります。
「自信を持っていこう!」
皆さんが、この数ヶ月学んできたカリキュラムは、近年の駿台国際の圧倒的な合格実績を醸し出してきた先輩方と同じものなのです。そして、駿台の講師陣の厳しく、そして愛情に満ちた採点・添削は皆さんを合格へと導くもの。知らず知らずのうちに、合格へと近づいているのです。だから・・・
「絶対に受かる!」
そう信じて試験に臨んでください。暗示やゲンかつぎで合格させるような術は、駿台国際は持ち合わせてはいません。そのかわり、受かる実力を授けてきたのです。後は、その力を発揮できるように、体調を整えること。
 
各種注意事項は今までに何度も、そして入試壮行会でもお話しました。しかし、入試本番まで、顔を合わせるたびに、また口から出てしまうでしょう。最後の最後までサポートしていきます。自分の持てる力を信じて一緒に突き進んで行きましょう。
 
それから、小論文の再現答案はきちんと提出してください。ここが、「講師の優秀さが合否を分ける」という証の一つなのですから。昨年も、そうして、38人もの東大・京大・一橋大生を生んでいるのです。その駿台国際で勉強したんだということをしっかりと胸に刻んで・・・自信を持っていこう!(Nas)


模擬面接日程連絡

2010年02月19日 | 【帰国生大学入試】

筆記試験後、別の日に面接試験を実施する東大・一橋大などに向けた模擬面接の日程を一人ひとりに連絡しました。「日曜日もやるんだ」という驚きの声が上がっていました。それは、嫌がっているわけでなく、「よし最後まで頑張ろう」という決意の表れでした。

 

日程が開く場合の面接は、通常聞かれる項目である志望理由や海外での体験だけでなく、筆記試験の小論文で記入した内容に関する質問も予想されます。この模擬面接によってその対策を行い、志望理由をブラッシュアップした上で、面接試験に臨んでもらいます。自分の持っているものを出しきってきてください。(Iha)