緑の館のマギー

嬉しい事も悲しい事も、
緑の館の落ちこぼれ妖精、
マギーのきらきら愛千パーセントの日々を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マギー、萌えてます! 放熱してます!

2014-08-31 00:30:51 | 日記
七夕以来始めて、エアコン無しの夜を過ごしています。
冷房が要らなくなるほど涼しいからではありません。
エアコンの調子が良くないみたいなんです。
冬に備えて診て貰うには丁度良い頃合いかもね。

女性の多くがマギーと同じかもしれませんが、
冷房は嫌いじゃないけど、膝掛けや薄手の長袖が手放せません。
代わりに、首筋にはいつもうっすら汗。
「小さい子供の頭みたいやな!」
檜が手を翳して驚くほど、マギーの頭はいつも放熱しているんです。
頭に直接触れるんじゃなく、本当に頭から手を少し離しても、
あなたはその掌にマギーの熱を感じれるんです。
血液の循環や自律神経のバランスが狂っているんでしょうね。

掌もしかり。
指や手の甲、手首から上はそうでもないのに、
マギーの掌の熱だけが、直接触れ合わなくても相手に伝わるんです。
誰かが冗談に言ったくらいです。
「マギー、何処かの宗教の人みたいに、掌で他人を癒せるんじゃないかい?」
当然ながら、ガイドヘルパーさんには夏の間は好かれません。
「もう少しの間、我慢してね。
冬になったら、そっちからマギーと手を繋ぎたくなるから」
先日も、柏木に笑って言いました。
実際、そうなんだもん。

知ったかたか(-_-)

2014-08-24 17:45:21 | 日記
今朝、twitterでふとデコ画像で呟いてみたくなりました。
どんな絵が出るかは、全盲のマギーにはくじ引きみたいなものです。
何が出るか教えてと付け加え、「おはよう」サンプルの中から一つ、気分で選びました。
それは矢車草の説明では、尻尾を振っている子犬でした。
小さ過ぎて解り辛い、と山茶花からも黄色い薔薇からも不評でした。
なのに、やっぱり全盲のとある男性からは、「綺麗に出てるよ」と言う返信が来ました。
健常の奥様から聞いたのかと尋ねると、違うとの返信。
奥様はパソコンの事なんて何にも解らないからって。
自分で検証できない画像を出したがるマギーもマギーだけど、
見えない絵を綺麗と言い切る彼も彼ですね(苦笑)。

蒸し、虫、無視?

2014-08-22 07:44:32 | 日記
昨日も秋の気配など全く感じない一日でしたね。
密度の高い雨気を含んだ、殆ど無風状態の中を歩くのは、
四方八方から、意地悪な大きな力で動きを阻まれている様でした。

耳鼻科から帰ったマギーと一緒に蜂が1匹、家に入りました。
玄関の戸が開いて空気の流れが変わって、
自分の意思に逆らって、蜂はその空気に押し流されたんでしょうね。
柏木が気付いて直ぐに追い払ってくれました。
他のガイドヘルパーなら、蜂にさえ気付かなかったかも知れません。
ドアステップには小さな蟻が結構歩いてるとも教えてくれました。
家の中にはいないそうですけど。

ジュースの自販機が直ぐ傍にある家の軒先に、蜂が巣を作る。
そう話してくれたのは矢車草だったっけ?
それって、我が家そのままじゃないですか!
飲みきったつもりでも空缶の中にわずかでも残ってるジュースの匂いを嗅ぎ付けて、
蜂は自販機に寄って来るんですって。
これじゃ、おちおち自販機でジュースが買えませんね。
マギーでは、蜂の群れの真っ直中に知らずに突っ込む危険性大だもん。

これから秋の終わりに架けて、蟻や蜂は諏訪彼するんでしょ?
誰かここへ来て、何とかして下さい!

熱い告白

2014-08-18 04:45:11 | 日記
飛行機苦手なラベンダーが、仕方なく空の旅をした時の話です。
「一緒に乗ってくれる?」
見送りの友達に訊いたら、
「この飛行機が必ず落ちると解っているんならね」
相手はそう答えたそうです。
遠回しの告白じゃありませんか!
マギーはその言葉に感動してしまいました。
マギーも言いたい。
マギーの愛する人も、そう言ってくれるでしょうか?

空も心もゆっくりと

2014-08-12 14:37:18 | 日記
関東の黄色い薔薇が高校野球の観戦に行っています。
彼女の新幹線が愛知に入った頃降り出した雨が、新大阪では止んでいました。
黄色い薔薇は雨の中を突っ切って走って行ったんですね。

その雨の真っ直中、マギーは耳鼻科に行きました。
中のタンクトップの肩から胸へのレースの縁取りが少し覗く様に、
黒に白の水玉のシースルーのチュニックをふんわり重ねて、
七分丈のベージュのパンツで出掛けました。
雨だから赤とか空色とか、もっと鮮やかな色合いの方が良かったかもね。

そう言えば、この前の台風、最初はえらくスピードが遅かったですよね。
10~15km/hだった頃、それは自転車よりも遅いって羊歯が教えてくれて、
それなら自転車で台風を突き抜けられるねって、皆で笑い合いましたね。

今は朝の雨もすっかり上がり、久しぶりにエアコン休ませて、
窓を全て開いた部屋で、青いキャミワンピ一枚で微風を肩に受けています。
蝉と烏の声が聞こえます。
たまに車も通ります。
秋の手前の平和な昼下がりです。

Break Up to Make Up

2014-08-02 12:03:55 | 日記
檜のツイートに促されて、彼の日記を読みに行きました。
家の家族の誕生日イブには小さくショック!
こんな風に檜はマギーの言葉を捕らえていたんですね。
その沖縄料理の店を檜が気に入っているのは事実でしょ?
それを面白がってSkype会議で皆に伝えたのがまずかったなんて!
プレゼントが檜の独りよがりだなんて、そんな風にマギーは少しも受け取ってはいないよ。
マギーの喜び様が足りなかったんだね。
ごめんね。

日記を読むと、A型独特だねって前にマギーが言った事も檜は気にしてる。
確かに、観点の違いで二人に気まずい時が流れる事も屡々。
マギーはそれをディベーションだと楽しんでいたけど、檜にはそうじゃなかった。
物事への対処に於いて檜とマギーの最大の違いは、
お互いが納得するまで議論を楽しもうとするマギーに対して、
檜は自分で出した答を彼の中に仕舞い込む事でしょうか。

檜の日記にマギーがコメントした後、
檜はそっとマギーの後ろから近寄って来ました。
マギーを理解したって、檜のいつものサインです。
だから、これを読んでくれてるあなたも安心してね。
コメント (2)