緑の館のマギー

嬉しい事も悲しい事も、
緑の館の落ちこぼれ妖精、
マギーのきらきら愛千パーセントの日々を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

世間は本当に狭いから

2017-06-25 18:33:26 | 日記
中学二年で神戸から大阪にマギーは転校した。
同級生になる筈だった女子が、入れ違いに東京に転校した。
一度も会った事もない人だけど、噂だけはいつも聞いていた。
その彼女の名前を、思わぬ形で今日、また聞いた。
Skype仲間の音大生が、彼女から習っているんだって。

6月12日(水)の盲人会とボランティアとの交流会でも、小さな繋がりがあった。
昼食の時、マギーの隣りでお世話して下さったガイドボランティアさんが、
二月の苺狩りに参加した檜の下の名前を訊いた。
(その苺狩りにはマギーは行かなかった)
皆が檜を、彼女も昔呼んでいたのと同じ愛称で呼んでいたから。
檜とマギーとが同じ姓だったから。
「ああ、やっぱりそうだった!」
ボランティアさんは懐かしそうに。
檜の両親や姉達の事も質問された。
檜がまだ幼かった頃、ボランティアさんと檜一家は同じ町内に住んでいたんだって。
檜に直ぐ電話して、ボランティアさんと話して貰った。

もっと昔にはこんな事もあった。
インドのペンフレンドが、イタリア人とマギーとを紹介してくれようとした。
既にそのイタリア人とマギーとは知り合いだった。
で、それからは三人で回覧文通する事にした。
今なら、複数一斉送信のメールだね。
何処でいつ、誰と繋がるかも知れない。
正直でいて、身の回りをクリアにする努力を惜しんじゃいけないね。

それぞれの時、それぞれの命

2017-06-24 06:07:14 | 日記
昨日はおそらく日本中が一つの思いでいたでしょう。
当然それを知らず、雀が機嫌良く我が家の窓の外で鳴き交わしてた。
でも、人はその雀の生き死にや悲しみを知らない。

おねしょからの卒業

2017-06-21 14:05:02 | 日記
ブログ仲間さんが思い出させてくれたもう一つの話は、おねしょです。

小学三年生のお正月三日、マギーはおねしょしました。
あの夜はとても寒かったんでしょうか?
それとも、あれが当時の姉とマギーの寝姿だったんでしょうか?
姉の背中にマギーが負ぶさる様に、二人は横向きに重なって寝ていました。
だから、姉も腰から下がかなり濡れていました。
「中二にもなって、ねえちゃんもおねしょしたんちゃうか?」
父が姉をからかったほどです。

そう、マギーは九歳で久しぶりに、たぶん人生最後のおねしょしたんです。
小学校に上がるまで、結構おねしょしていた様な。
おねしょ治療だとかで、首にお灸をよくされてましたね。
あなたはいつ、おねしょを卒業しましたか?
小学校の中学年にもなっておねしょは確かに恥ずかしい事ではあるけれど、
勉強ができる子や物事を考える子は、頭に気が溜まって、下に余裕がない。
賢い子がおねしょからなかなか卒業できないもんだ。
そう慰められたのは、その後のマギーの人格形成に役立ったと確信しています。
たとえ勝手な言い分でも。

イケメンだったのに!

2017-06-21 13:52:09 | 日記
またまた、ブログ仲間さんの日記から思い出した話を二つ。

彼女の家の近所に新しい小児科が開業したそうです。
どんなお医者さんか見てみたいって彼女の文面から、思い出しましたよ。
バリウムで引っ掛かって、マギーが胃カメラ検査を受けた事を憶えてくれてますか?
結果、ピロリ菌と潰瘍の治療をする事になって、主治医が決まりました。
それを報告した医師にマギーのガイドの柏木が、
「え?! 先生が診て下さるんじゃないんですか?」
マギーの代わりに質問しました。
「僕は総合担当で、ここからは担当医師が変わります。
担当医は僕の友達でもありますし、緑川さんの目の事もきちんと話してあります。
だから、何にも心配ありません」
面談が終わって、お礼を言って、部屋を出た時、
「あの先生、イケメンだったのに!」
柏木が残念そうに。
「もう会えないんだ」
なんだ、そっちだったの?
二人、笑いながら廊下を帰りました。

あなたの体型は?

2017-06-19 06:19:22 | 日記
今月の食事会は6月16日(金)だった。
いつもの様に羊歯が車で送ってくれて、家の前で立ち話してる時、
「後ろ姿が二人とも似て来たね」って、彼が笑った。

そうなんです。 13年前、マギーは今より10㎏痩せてた。
食も細くて、もっと食べろって檜に言われ続けてた。
最近は、まだ食べるかって呆れられる。
Skype仲間にも、会議中、絶対マギーは何かを飲み食いしてると想われてる。
手持ち無沙汰だし、お茶しながら話す雰囲気で本当に飲み食いしてる時もあるけど。

痩せの大食いって言われてた頃もあったのよ。
それでも太らない退室だった。
生活環境も手伝って、大阪時代は食べる時間がまちまちだった。
一日一食でも気にならなかった。
こちらに来てからは生活リズムがパターン化した事や、
薬との関係で必ず三食取る様になった事やらで、
大阪時代よりは確かにしっかり食べている。

羊歯はお腹が目立つタイプ。
檜は鮟鱇型のお相撲さん。
マギーは女性特有で、腰から上の贅肉がはみ出すタイプ。
彼の妹もそうだと羊歯が言った。
あなたはどのタイプ?
どっちにせよ、幸せな話ですよね。

覗き込む乙女ら

2017-06-18 16:37:39 | 日記
これも、先月の薔薇園での写真です。
乙女らと言って良いのかな、この人達?
撮ってくれた人、なぞのくさ君の推薦作です。
携帯からでは旨く写真投稿できないので、
ここから入ってみて下さい。
きちんと貼れてるかどうかは判りませんけど。

覗き込む乙女ら

薔薇さんと蜂さん

2017-06-18 15:38:26 | 日記
先月、薔薇園で撮って貰った写真から。
説明だけで感動した、熊ん蜂が泊まってる薔薇です。
旨く貼り付くかな?

まさか、虐待?!

2017-06-17 22:25:53 | 日記
外で花火の音がしてる。
小さな子供の声もする。
そう言う季節なんですね。

親に叱られてるのか、枯れるほどに激しい子供の泣き声がかなり気になるけど、
目の見えないマギーにはうっかり出て行けない。
昔ならこう言う時、近所のお年寄りが宥めに来てくれたのに。
マギーにだって経験ある。
けど、あんなに激しく泣いたかしら?
まさか、虐待じゃないでしょうね。
こんな時、どうすれば良いんだろう?

嫌な予感は当たる

2017-06-12 14:50:22 | 日記
本当ならこの時刻(14時)、マギーは家にいる。
Skype会議にいるか、仮眠しながら読書しているか。
本当ならって事は?
マギーに何が起きた?
そして今何処に?
と、そんな大袈裟な事じゃないんです。
マギーとした事が、檜をからかえない失敗をして、
家の最寄りの駅前喫茶店で、檜の迎えを待っているんです。

月曜日でいつもの様に、老人ホームに昼間でいた。
帰りの車の中で初めて気が付いた。
小さな黄色の手提げに家の鍵がない!
檜の出勤が12時からなので、鍵掛けずにマギーは9時過ぎに家を出た。
今朝中身を入れ替える時、鍵の事だけは全く念頭になかった。

ホームからの帰りの車の中から、鍵を忘れたと檜に電話したら、
こんな時には概してこんなもので、寸での差で檜は別の車で出発していた。
郵便受けに鍵を残すのに後戻りするには遅過ぎた。
で、マリゴールドに喫茶店で落として貰った。
と、こう言う訳なの。
何か起きると嫌な予感が昨日からしていて、早めに出かける準備を慎重にした筈なのに!

で、今は14時半です。

赤ちゃんは力持ち

2017-06-10 17:15:51 | 日記
何方が残して行ったか、何処から運ばれて来たか、
昼前、窓の外の坂道をカラコロしてたジュースらしき空き缶。
何故か気になっていたけど、心ある何方かが片付けてくれたみたいね。
湿った風が演奏する街の雑踏の中に、それは今はない。

人って勝手なもんだと、今日のホームヘルパーの山吹と話した。
それがその家の生活サイクルなんだから仕方ないと解っていても、
バイクで出掛ける音や、早朝に洗濯したり掃除したりする音に眉を顰めてしまう。
なのに、同じ家から聞こえる赤ちゃんの泣き声だけは全然苦にならない。
今日は上機嫌だなとか、今日はママに叱られているのかなとか、
色々想像して、微笑んだり心配したり…。

昨日、若いママがSkype会議で、生後十ヶ月になるぼうやに食事させていた。
彼女が「あーん」とぼうやを促す度に、他の人達も「あーん!」
つい釣られて赤ちゃん声出したり、口を大きく開いていたり。
「大人のみんなはしないの!」
ママが言っても誰も止めない。
笑いの輪が広がるばかり。
柔らかく細い髪から立ち上るお陽様の匂いが、パソコンからしそう。
胸を温かく甘くしてくれる、赤ちゃんって力持ちね。

ちょっと恥ずかしい未明の二人

2017-06-04 04:16:44 | 日記
数年前まで外出着にしてた、ガーゼが二枚重ねのチュニックで、
窓全部閉め切っていても、うっすら寒いね。
このチュニック、V字の襟元はレース仕立て。
紐で結ぶ7分袖の左肘の少し上には兎さん。
マギーの年頃には余りにも可愛過ぎるけど大好き。
母がここにいたら、絶対叱られるね。
流石に今は部屋着にしてる。

なんで急にこんな事を?
服装や生き方選びの時、いつもそっと独り笑いするの。
大人って良いなって。
責任も伴うって、勿論解っていますよ。

1時間くらい前に起きて来て、お茶漬け食べた。
特別な場合以外、子供の頃には許されなかった事。
檜: 「夜に起きて来て、昼間に寝て」
マギー: 「大人ってええな!」
二人(同時に): 「そんな問題か?」
部屋の真ん中で、軽く体を寄せ合って、直ぐに離れて…。

気持ちが悪いほど気持ちが良い

2017-06-03 15:12:38 | 日記
気持ちが悪いほど気持ちが良い。
って、かなり変な表現だけど、気持ちが悪いほど気持ちが良い。
今日は25℃まで上がるらしいけど、
乾いた風が潺みたいに心地よくて、陽射しも程良く強い。
何より、今日は耳鳴りが殆どない。
怖いくらいだ。
消える前の蝋燭が最後に明るく輝く様に、
明日からまた聞こえが悪くなりません様に!

檜の都合で水曜日から土曜日に移ったホームヘルパーも、
時間はその都度変わるものの、絹莢で落ち着きそう。
釣り銭を渡してくれる時、お札の向きは揃えた方が良いかとか、
他にも、こっちが思い付かない事でもまず確かめてくれる。
細々ホームヘルパーに注文を点ける家もあるんだろうな。
気持ち良く動いてくれるだけでマギー達は嬉しい。
その為には、こちらも気持ち良くヘルパーさんに対応したい。
ただそれだけなんですけど。