緑の館のマギー

嬉しい事も悲しい事も、
緑の館の落ちこぼれ妖精、
マギーのきらきら愛千パーセントの日々を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

蘭子、希望を利いてあげられなくてごめんね

2015-06-26 15:34:17 | 日記
4月の蜘蛛膜下出血から、奇跡の生還を成し遂げた蘭子。
リハビリも終えて、ほぼ2週間前に無事退院して来ました。
 一昨日(水曜日)は、夫の雪柳と蘭子の友達4人(檜とマギーも含め)で外食。
お箸が思いの外進み、蘭子自身驚いていました。
食欲不振、胃の痛みと違和感に胃カメラ検査まで受けたほどだから。
これが蘭子の自信と心の自己ケアになればいいんですけどね。

ケアマネージャーやホームヘルパー、至れり尽くせりに世話を焼く男女の友達…、
入れ替わり立ち替わり蘭子を訪ね、彼女に淋しい思いは1分たりともさせてない筈。
なのに、マギーに彼女を訪ねて欲しいとか、逆にマギーを彼女が訪ねていいかとか、
蘭子は毎日の様に日に何度も電話で訊いて来ます。
それだけ不安と虚無感に襲われているんでしょうけど、マギーにも事情があります。
経済的には充分余裕のある雪柳家だから、
タクシーで遠い所を往復するのも蘭子は厭わないだろうけど、
マギーの気持ちが許さないし、マギーにも用事があります。
それでも、もう数回訪ねたし、来月早々、蘭子の家にお泊まりする約束もしました。

先日は、ラジオに投稿できる様、そのメールアドレスを蘭子の携帯に登録しました。
昨日は初メールが採用されて、蘭子は子供の様に喜んでいました。
こんな事からでも良い、蘭子に生きる希望を持って欲しい。
ゆっくりで良いから、以前の様なちょっぴり傲慢な蘭子に戻ってくれます様に!

点字教室への感想をくれた子供達へ

2015-06-17 03:40:40 | 日記
この冬点字教室で訪れた二つの小学校から、
子供達の感想の手紙が届いたのは4月だったでしょうか?
彼等の手紙を全部、点訳グループの方が点字に打ち直して届けてくれました。
短いけれど、点字や視覚障害者の暮らしへの、素直な思いの良い手紙達でした。
授業の一環として先生から言われて子供達は書いただけかもしれませんが、
マギーにはとても嬉しかったので、直ぐに子供達一人一人と先生達に返信しました。
新年度に代わってマギーの返信がどの様に子供達に伝わるか、少し心配だったけど。

それがそのまま帰って来たのは5月に入ってからだったでしょうか?
マギーの点字が点訳グループの方によって一般の文字に変換されて、
二つの学校に届いたから原本はもう要らなくなったとマギーは解釈しました。
実際はそうではなかったのです。
先日のボランティアの集いで点訳グループの方と話して解りました。
点訳グループと利用者との通信袋に子供達への返信を入れて返した事を、
事前に電話かメールででも点訳グループに伝えなかったマギーの失態です。
だから、もしかしてこれを読む方の中に子供達の親御さんがいらっしゃったら、
皆さんの手紙がどんなに嬉しかったか、お子さん達に伝えて下さい。

マギーが小学生だった頃は、小さな関わりでも答えが貰えた事はとても嬉しかった。
大人がそれで信じられた。
今の子供達は全てに於いてもっとクールで、もっと大人で、
大人からの答えなんか最初から着たいしていないかもしれないけれど。
折角の子供達の思いを裏切った様な気持ちになりました。
みんな、ごめんね。 そして有り難う!

タメ口

2015-06-09 23:30:03 | 日記
梅雨入り二日目は、昨夜来の雨が昼までにはすっかり上がり、
午後から夜に掛けてかなり蒸したものの、今は空気が程良く冷えてます。

陽射しがまだ弱く、微風が心地よい昼前に、郵便局に行きました。
北海道のラベンダーにこっちからも荷物を送る為です。

先客に女子局員が何かの保険手続きの説明をしていました。
歯切れ良い大きな声で丁寧にまでは感心したけれど、
時々それが親しみを込め過ぎた子供扱いになるんです。

市役所でも高齢者や障害者に対してこんな光景を見掛けます。
マギーはあまり気にならないけど、檜にはかなり嬉しくないみたい。
皆はどうなんでしょうね。

ドタバタ

2015-06-08 20:50:53 | 日記
とうとう、マギーの地域も梅雨入りしました。
今も雨が降っているみたいです。
空気を入れ換える為に少しだけ開けてある窓から、
ひんやりした夜の溜息と道が濡れる様が聞こえます。

昼過ぎ、ラベンダーから荷物が届きました。
北海道のラジオで地域と期間限定シュークリームの話を聴いて、
檜がSkype仲間のラベンダーに頼んでいたんです。
その時、マギーはいつもの仲間とのSkype会議のホストでした。
ドアチャイムが鳴ったのと、タンポポがSkypeでコールして来たのとが動じでした。
タンポポを後に回し、ドアチャイムに答えました。
荷物を開封して、中身を冷蔵庫にしまって。
無事着いた様子にラベンダーもSkypeを通して安心して。
皆と話しながら、待たせていたタンポポをコールしたけど、
待ちきれなかったか、タンポポは既にパソコンを落としていました。

幾つもの事が同時に起こる経験が、あなたにもあるでしょ?
マギーにはあり過ぎるんです。
少しくらいずれて起きてよ。

檜のボクシング体験

2015-06-08 00:53:46 | 日記
檜がブラインドボクシング


を体験して来ました。
視覚障害者のそれは戦う為ではない様です。
攻撃しても反撃されないそうです。
若い女性も結構来ていたそうです。
檜にボクシングを紹介したのも、
彼のブラインドテニス仲間の女性です。

「初めてとは思えないパンチ力だ。
よほどストレスが溜まっているんだね」
って言われたそうです。

続けるかどうかは微妙ですね。
予想以上に疲れているみたい。
帰って来て食べたおにぎりを持つ手が震えていたから。
膝が笑う様に腕が笑っていたのね。

ボクシングの夢は見ないで下さいよ。
いつかの様に、寝ている時に殴られたくないよ。

香ばしい!

2015-06-04 19:40:34 | 日記
夕凪ですね。
風が止まりました。
さっきまで心地よい冷風が近所の焼き肉屋の美味しい匂いを運んで来てたんだけど。
その匂いをおかずに白ご飯だけを食べるかって、落語みたいな話を檜としてました。
一つ問題があってね、その魅力的な匂いが一番良く届くのがなんと、トイレなの。

いいじゃん! 駄目?!

2015-06-04 10:15:03 | 日記
窓を全部閉めているのに、気持ちが悪いくらい気持ちの良い涼しい早朝でしたね。
畳めばいくつもポケットができる、手提げ袋になる膝掛けを膝に載せてました。
これ、アンパンマン付なんですって。
誰に貰ったか、デザインと発想が面白くて自分で買ったか記憶にないけど。

何処かの居酒屋さんでこれを忘れそうになり、お店の人がマギーを追い掛けて来て、
「アンパンマンのこれ、お客様のですよね?」
それで初めて知ったの、この手提げ・膝掛けにアンパンマンがいる事。
「恥ずかしいな、そんなもん持ってたんか」
檜には呆れられたけど、いいじゃんね。 良くないか!

『日の光』

2015-06-03 14:20:46 | 日記
 『日の光』
おてんと様のお使いが
揃って空をたちました。
みちで出逢ったみなみ風、    (何しに、どこへ。)とききました

一人は答えていいました。 (この「明るさ」を地に撒くの、
 みんながお仕事できるよう。)  
 一人はさもさも嬉しそう。
 (私はお花を咲かせるの、
  世界をたのしくするために。)

 一人はやさしく、おとなしく、
 (私は清いたましいの、
  のぼる反り橋かけるのよ。)
 残った一人はさみしそう。
 (私は「影」をつくるため、
 やっぱり一しょにまいります。)

金子美鈴の詩集の話にTwitter仲間でなりました。
マギーが好きなのはこれ。
最後の一行がズシンと胸に響くから。

成長途上

2015-06-02 13:18:06 | 日記
障害認定更新の診断に。
目と耳と顔と頭とに問題ある以外は、非常に健康でしたよ。
気持ちの良さ、面白さの2つで、上の悪い所をカバーします。
ん? できるかな?
測り方だとは思うけど、身長が1糎前回より伸びていました。
はい、まだまだ成長途上のマギーです(笑)。

The Rainy Season's around the Corner

2015-06-01 13:39:53 | 日記
さやさや心地よい風が、マギーを渡って行きます。
青いキャミワンピは左の裾にスリット。
家でしか履かないこのレギンスはラメ入り。
淡いベージュに、濃いめのベージュと黄色のボーダーだそうです。
今、見かけも内心もとても自由で開放的!

いつも決まって10時前に泣き叫びながら通る小さな子供。
まさか虐待されてるとは思わないけど、大人の声がしないの。
毎日同じ様な時間に、我が家の前の道で迷子になるって訳ないよね。

道行く中年女性の物らしい話し声から、
「目が見えない」って言葉にだけ何故か反応してる(笑)。
アメリカにいた頃もそうだったわね。
早口だったり方言がきつくて理解しにくい中でも、
時には大勢の人とすれ違う街中ででも、マギーに話し掛けてる訳でもないのに、
“blind”って単語だけはちゃんと聞き取れた。
そんな事を思い出して苦笑いしている昼下がりです。

まもなく本格的にうっとうしい季節に入りますね。

あなたのそれは?

2015-06-01 05:35:06 | 日記
カツカレーが食べたい。
なんて思いながら、何故かそれもなく早々寝ちゃった夕べ。
勢いはあるものの、爽やかさが感じられない層の厚い風に、
それでもお腹だけはタオルケットを掛けて転がっていたら、
日記を付ける筈の携帯を手に寝落ちしちゃったのね。

携帯と本がマギーには何よりもの導眠剤。
それが傍にあると健やかに眠れる。
あなたのそれは何ですか?