由流里舎農園

歯科医師(歯学博士)・野菜ソムリエの島谷浩幸がお届けする気ままな農天気ブログ

2021年・メディア総括…其の参。

2021-12-13 23:45:49 | 日記
今夜もちょっと趣を変えまして、
私の今年のメディア総括の続きを。
今日13日は日本漢字能力検定協会が今年の世相を示す漢字「金」を、
京都・清水寺で発表しましたね。
私にとっては、そうですね…。
自分で言うのも何ですが、「躍」ですかね。

先日のブログ内容にも記しましたが、
小説の文庫化や映画化など、新たな二次的創作作品が世に出て、
それに関連して新聞や雑誌でも掲載されました。
のんびりと過ごす気持ちを持ち続けながらも今振り返れば、
私なりに活躍できた、躍るような一年でしたね。





【学会発表】
10月14・15日にオンライン開催された第29回日本慢性期医療学会で、
一般演題を発表致しました。
タイトルは「入院患者の義歯紛失を防止する当院の対策」。
勤務先の病院では、ご高齢の患者さんが多いですが、
当院・歯科における義歯の紛失防止策を、
いくつかの写真画像とともに具体例を示しました。
入院中にしっかり栄養を摂取して早く元気になって退院するために、
入れ歯は大切に扱いたいですね。

例えば、患者さんが外した入れ歯をそのままティッシュに包んでしまい、
ゴミと間違えて捨てられてしまう事例が案外とあるのですね。
外したら洗って専用の義歯ケースに片付ける習慣を定着させることや、
義歯に名前を入れるなど、当院での具体的対策を示しました。





コロナ禍の影響で学会等の人が多数集まる催しは、
オンライン開催が当たり前のこととなりましたが、
やはり薄暗い会場でスクリーンにスライドを映して演題口演しないと、
なんか発表した気持ちにならないですね。
来年からは会場開催が復活して、
また全国各地で学会発表できることを願っています。

コロナ禍になる前は年に3回くらい学会発表していましたが、
でも正直なところ、もう疲れてきたなぁ…なんて気持ちも無きにしも非ず。
ゆるりとした気持ちで、もし気が向いたら、
また学会発表しようと思います。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年・メディア総括…其の弐。

2021-12-08 21:36:53 | 日記
今夜もちょっと趣を変えまして、
今年の私のメディア情報の続きを。

秋以降は落ち着きましたが、
春から夏にかけて雑誌掲載や小説の映画化・演劇化など、
今年は何かと忙しい日々となりました。
てな訳で、今夜は雑誌掲載について。





【雑誌掲載】
・医療系雑誌『病院羅針盤』(産労総合研究所)5月15日号

「コロナ禍における広報活動戦略〜病院歯科の情報発信〜」という題で、
p40〜45の6ページにわたり記事を掲載して頂きました。
昨年12月にオンライン開催された第28回日本慢性期医療学会での、
演題発表に基づく内容です。
昨年春の緊急事態宣言で外出自粛が求められる中、
大幅に減少した外来患者数をどのようにV字回復させ、
さらにコロナ禍以前よりも増患を達成した広報戦略についてまとめました。
勤務先の病院で広報委員長も務める私として、
画像満載の渾身の記事内容となりましたね。



・同じく『病院羅針盤』(産労総合研究所)6月1日号

p65の半ページにわたり私の長編ミステリー小説の書評が掲載されました。
小説はもちろん『ミュータンス・ミュータント』(幻冬舎ルネッサンス新社)。
掲載当時はまだ実現していなかった映画化や演劇化についても載せて頂き、
書影とともにミステリーとして興味そそられる書評でした。



・歯科医院経営・総合情報誌『アポロニア21』(日本歯科新聞社)8月号

p135にある書籍紹介・新刊案内のページで小説の書評が掲載。
ここでも書影とともに映画化、舞台化について載せて頂きました。
ちなみに、この雑誌に私の記事が掲載されるのは、実に22年ぶり。
1999年3月号に当時大学院生だった私の記事が掲載されましたが、
「TOOTH BANK」に関する内容で、その内容の一部は小説にも盛り込みました。
かつての研究課題が、改めて違う形で実を結んだような感じです。
サイエンスにおける不思議な因果をつくづく実感します。





おっと、また内容が長くなってきましたね。
その他、学会発表等については、また後日お伝え致します。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年・メディア総括…其の壱。

2021-12-07 01:24:55 | 日記
今夜もちょっと趣を変えまして、
恒例となりました今年のメディア総括を。

今年、令和3年は新年の内容でも書きましたように、
目標も立てず、ゆるりと過ごす予定でしたが、
何かと忙しい日々になってしまいましたね。
まぁ、それはそれで良いことですが、
てな訳で、今年のメディア情報は目白押しです。





【TV出演】
今年はなかったですね。
来年は出れるかな?楽しみです。

【映画出演】
下記の通りです。
私の小説の映画作品で、主人公の上司役として出演しました。
(読まれた方はご存知と思いますが、原作小説には主人公がたくさんいます!?)

【書籍出版】
今年2月に長編ミステリー小説の文庫改訂版が出版されました。
元はと言えば、2017年に単行本が出版された小説ですね。
『ミュータンス・ミュータント』(幻冬舎ルネッサンス新社)。

映画作品が7月からYouTubeにて一般公開され、私も出演しています(声のみ)。
「ミュータンス・ミュータント 20年越しの正義」
(「ミュータンス・ミュータントTHE MOVIE」製作委員会)
演劇作品は8月29日、横浜の劇場「STスポット」にて上演され、
お陰様で満員御礼でしたね。
「ミュータンス・ミュータント」(脚本・中村安璃、上演・ふるーつぽんち軍団)。
(詳細は、私のTwitterやこのブログ内容をご参照下さい)

【新聞掲載】
日本歯科新聞(日本歯科新聞社)6月8日号の「今月のBookコーナー」にて、
上記の小説に対する私のインタビュー記事が、私の写真・書影とともに掲載。
小説を書くきっかけや今後の展望等、たくさんの内容を語らせて頂きました。
(詳細はTwitter、ブログ参照)





おっと、ちょいと長くなりそうな気配ですので、
雑誌掲載など、他のメディア情報はまた後日にお伝え致します。

あと、メディア情報ではないですが、
このブログのタイトルを今年から「由流里舎農園」に変更しました。
色んな楽しみの種を蒔いて夢を育む場として、
また由流里舎の天文部等の活動報告の場として、
私の心の拠り所みたいな農園に致しました。
最近は休みがちですが、気負わずゆるりと更新していこうと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする