由流里舎農園

歯科医師(歯学博士)・野菜ソムリエの島谷浩幸がお届けする気ままな農天気ブログ

農・エコニュース510…。姫路・網干メロン旬到来、野菜ソムリエ云々。

2022-08-07 04:06:47 | 日記
今夜もTwitterでRTした農ニュースを。
元記事は、神戸新聞のデジタル版です。
(日付は配信日)
詳細はサイトでチェックして下さいね。




(8月5日)
兵庫県の話題。
姫路市の伝統野菜「網干メロン」が旬を迎え、
普通のメロンとひと味違う、
さっぱりした甘みと後味は酷暑にぴったりだそうです。

網干メロンは姫路市網干区などで生産されている、
生食用マクワウリの一種。
大正時代に網干地域で栽培が始まり、
昭和初期から「網干メロン」の名で出荷されているとのこと。
現在はハウス栽培が定着しているそうです。




さて。
以前もお伝えしましたように、
このブログは日本野菜ソムリエ協会の公認ブログです。
ですので、協会ホームページのブログリンク集「野菜ソムリエ☆ナビ」から、
私のブログを検索することもできます。




このブログでは気ままにゆるりとした内容を書いていますが、
現在、農業雑誌で掲載中の連載記事では、
歯科医師として、そして野菜ソムリエとして、
健康について歯と農作物の立場から科学的データに基づいて論じています。

その農業雑誌は『農業および園芸』(養賢堂)。
今年5月出版の6月号から連載掲載が始まり、
7月末に出された8月号で第三回目の記事が掲載中。
連載タイトルは「歯科から見る農作物と健康」です。

連載第一回タイトル「はじめに〜咀嚼の大切さ」。
連載第二回タイトル「農作物と虫歯予防」。
連載第三回タイトル「農作物と美人病」。




今夜は、もう一つ。
先日もお伝えしましたが、
7日末に出版された別の農業雑誌の1ページ目、巻頭言を書かせて頂きました。

その雑誌は『果実日本』2022年(77巻)8月号(日園連)。
昭和21年創刊の歴史ある農業雑誌です。
記事タイトルは「干し柿の思い出を噛みしめて」。
私の果物愛を、歯科的要素も絡めて語らせて頂きました。




現在、他に医療系および福祉系雑誌でも連載が掲載中ですが、
こちらは歯科医師としての仕事の延長みたいな感じで、
気持ちは充実していますが、なんか疲れますね。笑

やっぱり執筆していて楽しいのは、農業雑誌。
趣味の延長で取った野菜ソムリエの資格を活かしながら、
職業の歯科は一歩引いた気持ちで、ゆるりと記事を書いています。

以上、今夜は農満載でお届けしました。
もう朝4時か…。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

農・エコニュース509…。兵庫・黒大豆枝豆「ビーンセンター」、『厚生福祉』連載掲載情報。

2022-08-02 21:30:58 | 日記
今夜もTwitterでRTした農ニュースを。
元記事は、神戸新聞のデジタル版です。
(日付は配信日)
詳細はサイトでチェックして下さいね。




(7月30日)
兵庫県の話題。
三田市内では生産者らが「黒大豆枝豆」の産地拡大に取り組んでいるそうです。
味が濃く、ほくほくした食感が人気の商品で、
中でも「丹波黒」は大粒で味わい深く、
黒豆でも枝豆でも最高峰として知られるとのこと。

7月には出荷までの工程を機械化したJA兵庫六甲の「三田ビーンセンター」の機能が、
大幅に増強されたそうです。




さて。
また新しく私の連載が始まった情報を。
雑誌は『厚生福祉』(時事通信社)2022年7月29日(第6748)号。
連載タイトルは、「超高齢化社会における歯科の役割」。
第一回目のタイトルは「口腔ケアによる誤嚥性肺炎の予防」。



1ページ目から記事が始まる雑誌ですので、
支障のないように特殊な写真の撮り方になりましたが、
その目次にも私の記事について記載されていますね。
p2〜p7のドドーンと6ページにわたり、オリジナル写真満載で掲載されております。

高齢者中心の患者層である病院に勤務する歯科医師として、
そして口腔細菌学を専門(歯学博士)とする元研究者として、
基礎と臨床の両面から誤嚥性肺炎について論じさせて頂きました。




これで現在、掲載中の私の連載記事は3つとなりました。
・『農業および園芸』(養賢堂)、第三回まで掲載。
・『ロハス・メディカル』(ロハスメディア)、第一回まで掲載。
・『厚生福祉』(時事通信社)、第一回まで掲載。

今秋以降、さらに新連載が始まりますので、
またブログやTwitterでお知らせしますね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

農・エコニュース508…。京都・「虫送り」幻想火、『農業および園芸』連載第三回掲載情報。

2022-07-28 23:12:57 | 日記
今夜もTwitterでRTした農ニュースを。
元記事は、京都新聞のデジタル版です。
(日付は配信日)
詳細はサイトでチェックして下さいね。




(7月26日)
京都府の話題。
たいまつの火で虫を追い払い、豊作を願う「虫送り」が、
南丹市園部町口司で営まれたそうです。
かがり火を手にした住民が水田沿いを歩き、
夏の夜を幻想的に彩ったとのこと。

火にガなどの害虫をおびき寄せて退治する風習で、
かつては各地で行われていましたが、
園部町では戦後に途絶えた地域が多く、
口司だけで続いているそうです。




さて。
農業雑誌での私の連載記事が第3回目を迎え、新しく掲載されております。
その雑誌は『農業および園芸』2022年8月号(養賢堂)。
p726〜p729の4ページにわたり掲載されています。



連載タイトルは書影にも記載されておりますように、
「歯科から見る農作物と健康」です。

第3回目の記事タイトルは「農作物と美人病」。
何ともはや、幻想的なタイトル(?)でございます。

今回も科学的データを交えて農作物満載の内容となっていますが、
キーワードをいくつか挙げるとすれば、縄文人、雑穀…あとは秘密です。
内容の詳細につきましては、是非とも雑誌をお読み頂ければと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

農・エコニュース507…。神戸・闇光キノコ、『果実日本』巻頭言・掲載情報。

2022-07-24 22:06:30 | 日記
今夜もTwitterでRTした農…キノコニュースを。
元記事は、神戸新聞のデジタル版です。
(日付は配信日)
詳細はサイトでチェックして下さいね。





(7月18日)
兵庫県の話題。
神戸市北区の六甲山中で、
暗闇で蛍光色に光る「シイノトモシビタケ」が今年も確認され、
神秘的な輝きで愛好者を魅了しているそうです。
傘は直径数ミリ〜2センチほど。

梅雨の頃になると、樹木の根元や朽ちた所で発生するとのこと。
ホタルなどと同じように発光物質ルシフェリンが、酵素の働きで酸化し発光。
本来、自生しているのは東京・八丈島や和歌山県南部ですが、
数十年前に植樹された南国産の木に胞子が付いていたためとされています。





さて。
今夜はもう一つ、私が執筆した記事が最新号の農業雑誌に掲載された話題を。
その雑誌は『果実日本』2022年(77巻)8月号(日園連)。
日園連は、日本園芸農業協同組合連合会ですね。
この雑誌は、昭和21年創刊という歴史ある農業雑誌です。

私の記事は、この雑誌の1ページ目、名誉ある巻頭言『私の主張』として、
顔写真とともに掲載されております。



歯医者で農業雑誌の巻頭言…そうそういないんじゃないかな、と自画自賛していますが、
実に嬉しいのひと言に尽きますね。
もちろん、野菜ソムリエも肩書きに載せて頂いています。 
(じゃないと、一体この歯医者は何者じゃ?と思われますからね。笑)

歯科医師の視点での内容も交えながら、私の果物愛を語らせて頂きました。
ご興味のある方は、是非お読み頂けますと幸いです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ゆ、ゆるり話。『ミュータンス・ミュータント』映画公開1周年、雑誌掲載情報。

2022-07-16 03:10:28 | 日記
今夜はちょっと趣を変えまして、
私の長編ミステリー小説が映画化されて1周年の話題を。
小説は言わずもがな『ミュータンス・ミュータント』(幻冬舎ルネッサンス新社)。
2017年に単行本、2021年に文庫改訂版が出版されました。

関係者のみの限定公開を経て、
You Tubeでの一般公開が始まったのが、昨年の7月13日。
気付けば、もう1年…時が経つのは早いものだと、つくづく思いますね。



今年は続編の出版について、出版社と予定を調整したり。
どうぞ、ご期待下さいね。





さて。
近況として一言で言えば、雑誌記事の執筆三昧ですね。
春以降に掲載された雑誌は、以下の通りです。

4月は『季刊 栄養教諭』2022年春号(ジャパンプリント)、
5月は『農業および園芸』6月号(養賢堂)連載第1回、
6月は『ロハス・メディカル』2022年夏号(ロハスメディア)連載第1回、
6月はさらに『農業および園芸』7月号(養賢堂)連載第2回。

今月も後半に、さらに3誌で掲載される予定です。
その際はまた、Twitterやこのブログでお伝えしますね。





ちなみに、現在掲載中の連載は2誌ですが、
今月末から来年にかけて、6誌で連載の掲載が決定しております。
本業である医療系雑誌を中心に農業系、福祉系など、ジャンルは多岐にわたります。
連載掲載の合間には単発の雑誌掲載もありますので、
もう何が何やら…とは思いながら、常に鞄に原稿を入れて持ち歩いていますね。

大学生の頃は、体育会の弓道部で汗を流して文武両道を実現しましたが、
現在は執筆活動と本業の歯科医師とで文理両道を実行中。
そうは言いつつ、忙しい中でも気持ちはゆるりと行きたいですね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする