由流里舎農園

歯科医師(歯学博士)・野菜ソムリエの島谷浩幸がお届けする気ままな農天気ブログ

農・エコニュース485…。京都・千枚漬け最盛期、小説・二次創作続報。

2020-11-09 19:32:28 | 日記
今夜もTwitterでRTした農ニュースを。
元記事は、京都新聞のデジタル版です。
(日付は配信日)
詳細はサイトでチェックして下さいね。




(11月7日)
京都府の話題。
立冬の7日、
京都を代表する冬の味覚「千枚漬け」の漬け込み作業が、
最盛期を迎えたそうです。

京野菜の「聖護院かぶ」で作る千枚漬けは、
気温の低下に伴ってカブラの甘みが増すため、
この時期に仕込むのが最適とされているとのこと。




さて。
何度かお伝えしてきましたが、
2017年出版の長編ミステリー小説『ミュータンス・ミュータント』(幻冬舎)。
この作品の二次創作活動が本格化しつつあります。

映画化については関西の映像制作団体が、
そして演劇化は関東の演劇グループが小説の原作を元に、
新たな形で映画・演劇作品を創り出しています。

脚本のチェック等の作業は私も行うのですが、
基本的には、各団体に自由に原作をアレンジして頂いていますね。
新たな『ミュータンス・ミュータント』が生み出されるのを楽しみながら、
私は、ゆる〜くサポートしております。
今夜も、新しく届いた舞台化の脚本を拝見しつつ、
何かアドバイスできないかな〜、と模索してみようと思います。




情報解禁になる日が待ち遠しい限りですが、
ここは、じっと我慢、我慢。
晩秋を迎えて着々と冬籠りの準備を進めていますが、
由流里舎は今後も更なる二次創作活動の窓口として、
皆様からのご連絡を楽しみにお待ちしております。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

農・エコニュース484…。愛媛・みかん100万円、巣ごもり談義。

2020-11-06 21:32:41 | 日記
今夜は、TwitterでRTした農ニュースを。
元記事は、JAcom農業協同組合新聞のデジタル版です。
(日付は配信日)
詳細はサイトでチェックして下さいね。




(11月6日)
愛媛県の話題。
JAにしうわは11月5日、東京都中央卸売市場で、
愛媛県産温州みかんの初競りに「西宇和みかん」を出荷し、
桐箱入りの「日の丸みかん」が最高金額の100万円で落札されたそうです。

西宇和みかんは、みかんの名産地・愛媛県の中でもトップクラスの品質で、
酸味と糖度のバランスがよく、皮が薄くとろけるような口どけが評判の温州みかん。
八幡市、伊方町、西予市三瓶町の2市1町にまたがるエリアで生産され、
統一ブランド化されているとのこと。




さて。
みかんと言えば、暖かい炬燵(こたつ)の季節を感じますね。
毎年、親戚が箱詰めのみかんを送ってくれますので、
爪が黄色くなるくらいにたくさん食べてしまうことも。

巣ごもりが推奨される今年の冬は自宅の炬燵でほっこりしながら、
みかんや色んなおつまみを頂く風情を楽しむのもいいですね。




先日もお伝えしましたように来年2月に出版される本ですが、
私が行うゲラのチェックも無事にすべて終えまして、
あとは表紙デザインの確認など、いよいよ仕上がりを待つのみとなりました。
チェックを終えた最終ゲラを出版社に送った時の気分は、
何とも言えない解放感がありますね。

こんな時には、また新たな執筆欲が湧いてくるものです。
私はすでに新たな作品の原稿をカバンに入れて、
常に持ち歩いている次第です。
書くネタが思いつけば、すぐに赤ペンで記入できますからね。
この冬は巣ごもりしながら、新たな執筆活動にも勤しもうと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

晩秋を感じ、ゆるり話。都会のワクワク惑星談義。

2020-11-05 20:48:22 | 日記
今夜もちょっと趣を変えまして、
晩秋を迎えた霜月のゆるり話を。
先日に引き続き、夜空に輝く惑星の話題をお伝え致します。




さて。
今夜は、18時頃に南の夜空に輝く木星と土星のスマホ写真をTwitterにアップ☆。
東の空には赤く輝く火星が昇ってきていましたね(今夜は写真撮らず)。
まだ日没からの時間が浅かったので、西の空に薄明かりが残る中での撮影でした。
それでも肉眼ではっきりと分かる惑星たち。
木星と土星の下に高圧線の鉄塔が立ち並ぶ風景ではありますが、
大阪は都会とは言え、それなりに星々を楽しむことができます。



これだと見にくいので、画像を拡大しました。
右の明るい方が木星、少し左上の白い輝点が土星です。
さすがにスマホ撮影なので、土星の輪は見ることができません。






先日もお伝えしましたが、この木星と土星は現在、接近しつつあります。
来月に最接近を迎えますので、これからますます近付く姿は必見ですね。

私も来月の12月にはWeb開催となる学会発表がありますし、
年末から年明けには新しく出版される本の情報もお伝えできると思います。
そして春から夏には、小説の映画化や演劇化……色んな話題が目白押しですね。
夜空に輝く惑星たちのように、ワクワクと楽しみにして頂けますと幸いです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いよいよ、ゆるり話。由流里舎続報・クランクイン。

2020-11-03 01:25:55 | 日記
今夜はちょっと趣を変えまして、
小説映画化の続報を。
霜月に入り相変わらずのコロナ自粛の現状ですが、
新しい生活様式、感染対策の徹底が浸透してきた昨今、
社会も人々も着実に活動範囲を広げつつあるように感じますね。

2017年出版の長編ミステリー小説『ミュータンス・ミュータント』(幻冬舎)。
この作品の映像化が、ついに本格始動です。




さて、先日監督から嬉しい連絡がありましたので、ご報告致します。
コロナ禍の影響で撮影開始が遅れる状況にありましたが、
いよいよ今月、クランクインを迎える運びとなりました。
元々は8月の開始予定でしたので、実に3ヶ月遅れのスタートになります。

出演キャストやシナリオ、台本はすでに確定していますので、
あとは撮影を始めて映像化を進めるのみ。
できる限り3密を避けるため、
各出演者の綿密なスケジュール調整や撮影回数の工夫など、
由流里舎も協力しながら万全のコロナ対策で実施していきます。
小説原作とは一味違ったストーリー展開で…おっと。
あとは完成後のお楽しみですね。




読書の秋、食欲の秋とは言いますが、
まさに芸術の秋の賜物であります。
実は私もちょい…いかんいかん。
また詳細については、改めてご報告致します☆。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする