由流里舎農園

歯科医師(歯学博士)・野菜ソムリエの島谷浩幸がお届けする気ままな農天気ブログ

農・エコニュース446…。京都・紅葉盛り、学会発表続報。

2019-11-27 22:13:58 | 日記
今夜もTwitterでRTした農…紅葉ニュースを。
元記事は、京都新聞のデジタル版です。
詳細は、サイトでチェックして下さいね。





(11月27日)
京都府の話題。
京都市右京区の天龍寺塔頭・宝厳院では、
色鮮やかさを増した紅葉が境内を彩っているそうです。

紅葉シーズンも終盤に差し掛かり、約300本のモミジが、
回遊式庭園に黄、オレンジ、赤のグラデーションを描いているとのこと。
嵐山、渡月橋も近く、秋の特別拝観は12月8日まで。
夜間特別拝観は1日までだそうです。





さて。
何度かお伝えしてきましたが、
いよいよ来週の12月3・4日に第27回日本慢性期医療学会が大阪で開催されます。
会場は、大阪市にある大阪国際会議場。グランキューブ大阪とも呼ばれますね。
私の演題口演は2日目、4日の12時半からのセッションとなります。

今日、職場の病院に学会のプログラム集が届き、その写真をTwitterでアップすると、
グランキューブ大阪の公式アカウントから「いいね」が来ましたね。
学会受付のある5階メインホワイエの書籍販売コーナーでは、
私が今年4月に出版した『頼れる歯医者さんの長生き歯磨き』(わかさ出版)の販売も、
すでに決定しております。

今年6月に淡路島の淡路夢舞台国際会議場で開催された学会では、
お陰様で20冊が完売しましたので、
私の本拠地でもある大阪で開かれる来週の学会にも期待したいですね。
また詳細は、後日お伝え致します☆。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

農・エコニュース445…。神戸・木組展覧会、片岡鶴太郎展「祝祭花」。

2019-11-10 16:34:20 | 日記
今日もTwitterでRTした農…木工(?)ニュースを。
元記事は、神戸新聞のデジタル版です。
詳細は、サイトでチェックして下さいね。





(11月10日)
兵庫県の話題。
日本の伝統技法「木組(きぐみ)」に焦点を当てた「木組 分解してみました」が、
神戸市の竹中大工道具館で開かれているそうです。
大型の和風建築から箱などの小物、比較のための西洋の木組も合わせて約50点を展示。
分解した状態も見せ、外側からだけでは分からない技の魅力と多様性に迫る。

木組は接着剤や金具を使わないため、見た目を美しく仕上げることができるとのこと。
同館の35周年記念展、12月15日まで。





さて。
記念展と言えば、今日、職場から近いパンジョホール(大阪府堺市)で開催されている、
パンジョ専門店・泉北タカシマヤ開店45周年特別企画の展覧会に行ってきました。
パンジョ5階にある会場で、片岡鶴太郎さんの「片岡鶴太郎展」。
『祝祭花(しゅくさいか)』というサブタイトルもついていますね。
(中は撮影禁止なので、会場の入口付近の写真をTwitterでアップしました☆)

11月19日までの開催ですが、唯一今日だけサイン会が開催されるとのことで、
仕事帰りに急いで行きましたが、サイン会には間に合わず…残念でした!
とは言え、目的は作品の鑑賞ですから、しっかりと数々の作品を堪能してきました。

以前よりテレビ等で作品が紹介されていたのでいくつかは知ってはいたのですが、
直に作品を拝見するのは今回が初めてでした。
中でも私が気に入ったのは、7匹の金魚が描かれた作品。
ほんのりぼやけた赤系統の濃淡のある色彩と7匹の絶妙なバランスに、
額の前に立ってしばし見入りましたね。





芸術の秋、各地で様々な催しが開かれています。
皆さんも芸術に触れ合う時間を、ぜひ!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする