Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

名前のない屋台ラーメン@銚子 創業43年!幻の「銚子屋台ラーメン」とは!?

2015-12-02 10:11:41 | 千葉 銚子<最強エリア>

ずぅーーーーーーーーっと願っていたが遂に実現してしまいました!(;;)

もう、涙無くしては語れない、、、、

そうです。

幻の銚子屋台ラーメンです!

渾身のレポ、是非お読みください!!


教え子の結婚式が終わったのが、実に19時。。。

(こういう結婚式もあるんですね、、、)

銚子はすっかり夜になってしまっていました。

銚子駅前は華やかです。

銚子で、夜、、、

となれば、、、

ずっと願っていた「銚子で噂の屋台ラーメン」に行くしかない!!!

というわけで、今や銚子駅周辺では唯一となった屋台ラーメンに向かいました。

(車を出してくれたIさん、ありがとう!!)

色々と聞いて回ったんですが、皆さん、知っていました。

「あー、屋台ラーメンね」って。

そうかー。

銚子の屋台ラーメンは銚子の人には当たり前の存在なんだ、と。

向かった先は、銚子駅前の道を真っ直ぐ行って、T字路を右折

そして、左手の公園を通り過ぎたあたりの場所ですね。

もう、目の前は、船場です。

夜の船場。

本当にリアルな船が泊まっています。。。

脳内に演歌が流れています。

こんな船着き場にひっそりと佇む屋台ラーメン

これが、「銚子屋台ラーメン」か、と、感無量になりました。

銚子のラーメンは、遡れば全て「屋台ラーメン」に行きつきます。

かつては、いくつもの屋台がこのエリアで営業したそうです。

屋台内には、座席が三つ。

そして、外にテーブルやらドラム缶やらがあります。

屋台内、屋外どちらでも食べられます。

タクシー運転手さんは、車の中で食べていました。

僕は、屋台内の席が埋まっていたので、ドラム缶の傍で、、、苦笑

というわけで、メニューを見てみましょう。

いやー、そそるラインナップです。

(写真も快く撮らせていただきました。感謝)

でも、今回はスタンダードに、「ラーメン」を注文しました。

一杯、650円。

次回はにんにくラーメンが食べたい、、、(苦笑)

さて。

お待たせしました!

これが、夢にまで見た銚子駅前唯一の屋台ラーメンです!

ドドーン。

運ばれてきたラーメンは、とんでもなく美しい昔ながらのラーメンでした。

スープを飲むと、魚介の風味がふわ~っと感じられます。

やっぱり、魚介だ…。

でも、ほどよくじんわりって感じで、分からない人には分からないかな、と。

聞けば、豚、鶏、節、魚介などなどが入っているそうです。

じんわりと美味しい普遍的で歴史的な味わい

屋台とは思えないクオリティーの高さです。。。

とにかく「絶妙なバランス」のスープで、震えあがりましたね。

(昼にラーメン二杯→フルコースの後なのに、気づいたら完飲完食でした)

麺はこんな感じで、王道の縮れ麺でした。

なんで、銚子のラーメンはこんなにも麺が美味しいんだろうって思いました。

言うことないです。。。

チャーシューも小さいながらに、個性がキラリ光っていました。

***

創業43年の老舗屋台ラーメン店です。

お店の人に、店名を聞くと、「名前、ないんです」、と!!!!

一部のブログで、「越後屋」とされていますが、違います。

「越後屋」は閉店してしまったそうです。

名前のない屋台のラーメン店

素敵過ぎます!!!

一般的には、「屋台ラーメン」、「岸壁ラーメン」と呼ばれているそうです。

ただ、お店としては、「名無し」なんだそうです。

ミステリアス過ぎます、、、(;´・ω・)

港で食べる屋台のラーメン。

その味は「ホンモノ」でした

こういう味のラーメンが、銚子屋台ラーメンなのか、、、と。

でも、店主さんもご高齢とあって、いつまで続くことか、、、という感じでした。

銚子屋台ラーメン文化」は、消滅寸前です。

なんとか残ってもらいたいところですが、、、

あと、やっぱり今回、来てみて驚いたのは、

ドラム缶で食べるラーメンというのも、なんとも言えませんね☆

お客さんにも言われました。

「こうやって、港を眺めながら、外で、ドラム缶でラーメンを食べるのもいいもんだろ?!」

って。

確かに、、、

そんな経験、なかなかできませんからね。

特に千葉県内では、、、

銚子の夜の港に輝く「中華そば」の文字。

素敵過ぎます。

是非、銚子に旅に来た方は、屋台ラーメンに行ってみてください!

僕も来年くらいに、一度銚子に泊まりがけて来たいなと思いました☆

娘さん…かな!?

「もう、いつまで続けられるか分からないから、宣伝しないでね」、と言われました(汗)

後継者はいないんですかね。

貴重なこの銚子屋台ラーメン文化を後世に残せるかどうか。

(そのために銚子市がどこまで動けるか)

問われているように思いました。

ジャンル:
ウェブログ
Comments (8)   この記事についてブログを書く
« 時友@銚子 感激!創業30年... | TOP | 2015年冬、独り、銚子のラー... »
最近の画像もっと見る

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
いつも、楽しみに見ています (スキくるスター)
2015-12-21 16:03:20
銚子のラーメンを紹介頂きありがとうございますm(__)m

屋台ラーメンは僕が子供の頃から親に連れられて食べに行っていました。懐かしくてたまに食べたくなるんです!最近も行きました!

らんちばさんは本当にラーメンがお好きなのですね(^o^)

銚子のラーメンはメニューにはない店舗もございます。第二魚市場前の海ボウズって居酒屋さんでも絶品ラーメンが味わえますよ!

是非、銚子のラーメンをブログで紹介下さいませ!
Unknown (すきくるすたー)
2015-12-21 19:54:01
Keiさんでしたね(^◇^;)間違えてすみません
m(__)m
Unknown (kei)
2016-01-16 23:52:57
スキくるスターさん

コメントありがとうございます。はい、keiです。が、らんちばさんとはいつでも「セット」なので、全然大丈夫です。

「海ボウズ」という居酒屋さんを教えていただき、ありがとうございます! 近いうちに行きたいと思います。

今後も、是非色々と教えていただけると、とても嬉しいです。
今も (ラメン)
2016-04-11 02:53:13
こちらの屋台、今も営業してるのでしょうか?この前銚子に行った時には、港で見かけませんでしたので。

直近の情報教えて頂けましたら幸いです
Unknown (kei)
2016-05-18 22:25:20
ラメンさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

こちらのお店の店主さんはご高齢で、臨時休業は多々あるそうです。なので、兎にも角にも、行ってみるしかないのでは、と思います。屋台ですし、固定電話もなさそうですし…。あまり有益な情報が出せなくて、すみません。。。 でも、是非食べて頂きたいです!
情報ありがとうございます! (ラメン)
2016-06-19 11:49:59
貴重な情報ありがとうございます!

また銚子に行くときは、必ずチェックしたいと思います。
運良く食べれたらいいな。

そういえば自分は幼少期に銚子に行った時は、親に連れられ、わたなべという屋台ラーメンによく行きました。

銚子の屋台ラーメン文化なんとか残って欲しいものです。
屋台のラーメン懐かしい (銚子出身者)
2018-09-11 20:14:08
もう、何十年…正確には40年以上前に親と食べた記憶があります。
屋台≒不衛生的な考えの母のため、何度もということはなかったのですが。
でも、お腹を壊したは聞いたことがないし、やはり美味しかったよな。
みなさまも是非。
東京に長く住んでいて、地元の過疎化が気がかりですので、ぜひお越しください。
Unknown (kei)
2018-09-12 23:47:54
銚子出身者さん

コメントありがとうございます。やはりかつての銚子の「風物詩」だったんですね。その頃の銚子には、まだまだ多数の屋台があったと思いますが、記憶にはおありですか?

40年前というと、恐らくまだたくさんの屋台のラーメン屋さんが夜に営業をしていたと思います。印象に残っている屋台ラーメンはありますか?

銚子市内の「過疎化」、本当にじわりじわりと深刻化しているように思います。ですが、その一方で、「ちょくら」のような新店も登場しています。

千葉の中でも最も素敵な町の一つである銚子ですから、僕もこれからも応援していこうと思っています!!

post a comment

Recent Entries | 千葉 銚子<最強エリア>

Similar Entries