湯・つれづれ雑記録(旧20世紀ウラ・クラシック!)

※旧ブログの一部コラム・記事、全画像は移植していません。こちらのコンテンツとして残します。

そろそろお休み一般銭湯めぐり〜谷中・朝日湯(鉱石湯、薬湯)

2021年06月14日 | 東京温泉
清水湯に戻ったところでコロナ沈静化が進まない状況をかんがみ、ふたたび止めようと思っていたのですが、たまたま久しぶりの遠出があり、上野でしたので谷中三崎町まで来ました。近くの全生庵でお盆の幽霊画展をやるときに寄る、ほぼ一年に一回のお湯朝日湯です。ちなみに上野は駅の東側はホテル付属施設やサウナ、とりわけ半露天付がわりとあります。しかし本当の銭湯や温泉となると西側で最近立て続けに廃業となっており、調べてみると日暮里駅か谷中三崎町のここしかありません。朝日湯は古臭くはない設備でリニューアルとまではいきませんが普通にきれいな一般銭湯です。谷中を知っているなら至便といってもいい、千駄木駅からもすぐです。このあたりもだいぶ変わりましたが、ここに銭湯があり続けることで風光明媚な螢沢の料亭から始まり布晒しの藍染川(別の場所で命名された説あり)として付近に開けていった古い町を想像できます。坂の上のほうは寺町で、一見マンションも混ざり震災戦災で歯抜けになりあるいは建て直されたようなところばかりのようですが、開発で地下を深く掘るとかつての江戸の墓地がそのまま出土してあっと言わせたことがありました。いま新しいお墓ばかりだからといって江戸の昔からここは変わらず寺町だったという証拠にもなりました。科学博物館に出土した江戸人が展示されています。

朝日湯はコンパクトな公衆浴場ですが入り口近辺は比較的広めでソファもあります。窓口仕様になっていて風呂用具も買えます。すぐ後ろから男女浴室に入り、脱衣場から浴室に向かいます。浴室も広くはないものの、洗い場より浴槽面積を重視したのか、奥壁に並ぶ3つの浴槽はわりとゆったりしています。高齢者が多い銭湯は温度が高く、ここも慣れない人は浴槽により難儀するかもしれません。一番左が広く、鉱石湯になっています。鉱石は日替わりもしくは週替わりで、わりとぜんぜん違う湯になります。鉱石の効能は人により見解が違うでしょうが、しっかり説明板が取付けられます。おおむね「よくあたたまる系」が多いとかんじます。このときは黄土石湯でした。トルマリン鉱石、ゲルマニウムのときもあり、だいたい毎日やっているようですが、スケジュール表があるので確認すると確実です。

真ん中はやや小さめの白湯。そして右側が薬湯で、このときは奥飛騨温泉の湯の花でした。湯の花は今の家庭用浴槽では詰まったり化学変化したり使えないことが多いと思いますので、こういうのはいいですね。「変わり湯」となっていてこちら変化が多いので、やっぱりスケジュール表で確認していくといです。その他有料サウナもあり、立ちシャワーのみがあります。

変な外連味なくサッパリした公衆浴場で昔からこういう銭湯にお世話になってきていた気がします。天井高く壁絵はタイル、シャワーやカランは昔からのものですがメンテは行き届いています。短時間で汗を流す、まさにこのあたりに用事があったとき立ち寄るのに最適な銭湯でした。やってる時間や曜日も近辺の銭湯に比べ多いと思います。








Comment

たまの一般銭湯~武蔵小山温泉清水湯(塩化物泉、黒湯)

2021年06月04日 | 東京温泉
ここにきて原点に立ち返ります。混雑で有名で、コロナ後急に行かなくなってしまいましたが、昼からやっているため時間の隙をみると余裕で楽しめます。スナックやビールもある共用部にたむろする人は目に見えて減っていますが・・・縁台で狭い和風庭園を見ていると風呂屋は夏もいい、と改めて思います。(二階に広いスペースや女性用のマッサージ?みたいなスペースもありますがコロナ状況では不明)

ここがもともと旧来の公共浴場とは信じられない充実した設備の一般銭湯ビルで、平面積は広くないですが浴槽を内外に立体的に配置して壁面に緑をはわせ、全面的に最新デザイナーズ銭湯として生まれ変わっています。ただとにかく人が風呂に入る時間帯は混みます。近所の人に加え学生が多く、最近はタワマン住民も遠くからのファンも来るので(駐車場有)設備劣化が早い。ロッカーは新しいのにしょっちゅう壊れ(しょっちゅう治している)、洗い場のシャワーもだんだんお湯の出る時間が短くなっていっている(これは意図的かも)。靴箱とロッカーがほとんど100円ロッカーなのもそういうトラブルへの水際対策かもしれない(200円ぶん100円玉を持っていく必要がある、ただ靴箱は不要なロッカーもあり、これは他の100円玉ロッカーのある銭湯でも出てきてますね)。

入口脇のサウナは有料、赤外線ですがちょっと暗めのまずまずの広さで結構人気です。入口正面にかけ湯があり、サウナの人も使いやすくできてます。左にシャワー。縦に細長い浴室は天井が高く、真ん中の壁を境に洗い場と縦型メイン浴槽に分かれます。メイン浴槽はまあまあ広く、手前に水風呂、壁でジェット三基、電気のある温湯があります。これが共に黒湯。ヌルヌルはなく薄めですが粒度があり、肌に残ります。露天(半露天)階段下にも黒湯がありますが、あちらのほうは何か加工しているのか、わずかに泡もしくは湯の華がわきヌル感の出ることがあります。黒湯のヌルザラは肌への効果と保温効果のようで、別にそういうものを求めず、あがるとき気持ち悪ければ洗い流した方がいいかもしれない。露天は階段で上下に分けられた二つの小さな岩風呂風浴槽と、割と広い涼むスペースとなっており、夜の温泉ホテルのような照明の雰囲気もいいですが、昼の日差しと風は格別です。上の浴槽がここの売りである塩化物泉。加温はしていますが無殺菌源泉かけ流しでヨードを含むため絶対口に入れないよう、とのこと。黄色い塩化物泉はとくに大規模設備で濾過したものはよくありますが、濁り湯のままでかけ流しというのも珍しい。東京にはもう一つくらいしかなかったように思います。塩化物泉は刺激があり体に染みます。マストで流さなきゃならないほどきつい塩分ではないですが無殺菌なので流した方がいいのでしょう。ここは全体的にぬるめですが、この浴槽は中では少し熱めかもしれず、人の滞留はコロナの今はさほどひどくありません(時間帯によります)。

都内最高級の設備と温泉ふたつを備えたスーパー一般銭湯の筆頭株。普通の銭湯とは違う楽しみ方になりますけれど、同じ470円(2021/5現在)使うなら・・・どうでしょう。

久しぶりに来てやっぱりよかった。
Comment

たまの一般銭湯~新生湯(屋内露天、部分露天テラス、洞窟風呂、人工炭酸泉、薬湯)ほか東急大井町線沿線の銭湯

2021年05月30日 | 東京温泉
東急大井町線荏原町(もしくは旗の台)駅から少し歩くと特徴的な二つの銭湯が近接してあります。ひとつがここでもよく取り上げるジャングル露天の中延記念湯、もう一つが宮造り銭湯と最新設備の融合したユニークな新生湯になります。

最近聞いたのですが、最新のエヴァンゲリオン「シン・エヴァ」で生存者の生活する村に湧いた湯を電車に貯めて露天風呂にしている、それが記念湯と新生湯なんだそうです。荏原=エヴァなんですね。新生湯の名前はまさに新しく生まれ変わったということでしょうので、記念湯は古い名前ですが、ちょっと関係はあるのでしょうか。
もともと決して広くない普通の宮造り銭湯だったのを設計に工夫を重ね、浴室部を脇に拡げることも含めて最大限に拡げ、他にない機能を盛り込んだ健康増進湯になっています(喫煙室は議論があるかも・・・)。ご主人一家が懸命にがんばっていて、下足番に若者がいるなんて尾久でしか見なかったし、コロナでも安心です。まあ、残念なのはここもまた岩塩サウナ(有料)目当ての人が多かったでしょうがコロナにより休止(2021/5現在)ゆえ、サウナを目当てにしてない人はいつも混雑しているのがちょっと楽になったと感じるかもしれないです。

この絵があるということは有名銭湯です。男女入れ替えで、洞窟屋内露天と歩行湯のある太陽の湯と、屋内露天&テラスと薬湯のある大地の湯にわかれます。どちらがおすすめということもありませんが薬湯は大地の湯にしかないです(広さはそれなり)。炭酸泉はどちらにもあり、ピンク岩塩をセルフで溶かすことになっていますが、太陽の湯のほうが設備(昔ながらの金属製)も弱く少し狭い気がします。

今は問題ないと思いますが、こういう入り組んだ構造だと見えないところで羽目を外す人もいたようです。太陽の湯の洞窟は大好きなエリアですが(ここは全面井戸水なのですがとても綺麗な湯で洞窟も泉のようです)結構前にちょっと居づらい瞬間があったり、長々と人がいて匂いがこもるように感じることもありました。洞窟の手前の岩風呂アプローチにも入浴出来て(電気もある)風通し露天としては気分のいいエリアなので、それでも十分ですが。大地の湯もかなり広々とした岩風呂のうしろに階段で登るウッドデッキがあり、サウナーにはたまらなく整うであろう部分露天となっています。屋上屋を重ねた銭湯のもともとの屋根を前に体を冷やせますが、ここも下から見えるとはいえあまり気付かれ辛いかもしれない。内湯から見えないということでは屋内露天も広いので、洞窟よりは人の出入りがありますが、人の少ない時はなんとなくすぐ出てしまうこともあります。

太陽の湯の歩行湯は前も書きましたが回転式の波のプールみたいな所で、一般銭湯としては贅沢な設備です。これは好きですね。あと共用部や脱衣所は物凄く広いわけではないですが、昔の設備を残しており、木のぬくもりを感じる柱や天井はそういうものに懐かしい気持ちを抱く人への配慮があります。

リニューアル銭湯はどこもそうですが大変応対がよく、しっかりしています。近ければ通う価値ある銭湯です。

<参考>
東急大井町線沿線の銭湯
~神奈川県まで至るので、銭湯の多寡が極端です。都心の大井町寄りのほうが有名人も住んでいるので、メディアに出やすいです。

大井町駅
おふろの王様大井町店 <人工>炭酸、重曹
:チェーンのスーパー銭湯でお高め
末広湯 薬湯
:一般ビル銭湯ですが設備に配慮が行き届いている
東京浴場 薬湯
:少し歩く。宮造りの中庭式レトロ銭湯、大通りに面していますが中は別世界。近くの大盛湯(下神明駅の方が近い)も同様の見事な銭湯です。

下神明駅
西品川温泉宮城湯 メタケイ酸(微褐色)
:有名な空中露天風呂があるリニューアル銭湯ですが男女入れ替えです

戸越公園駅
がんばって商店街を歩けば
戸越銀座温泉 ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉
:スーパー一般銭湯、男女入れ替えで構造が少し違います。時間によりかなり混む

中延駅
八幡湯 (ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉?)
:黒湯が少ないのかも?薬湯になっていることも。最近は珍しい地下式。
中延温泉松の湯 メタケイ酸
:ドクターXでおなじみ、豪華な日本庭園をのぞむ露天岩風呂(かつて人工炭酸泉でしたが・・・)ロッキーサウナは有名。露天は男女入れ替え。
ピース湯 <人工>軟水
:都内最強級の軟水化設備を持つ。半露天の広い浴槽も全部最強軟水。

荏原町駅・旗の台駅
錦湯 ガリウム鉱石
:レトロ銭湯で撮影に使われることも
中延記念湯 露天風呂、連峰の湯(薬湯)
新生湯 屋内露天風呂、人工炭酸泉、薬湯(本項)

大岡山駅

緑ヶ丘駅・自由が丘駅
:ここから下り方面唯一の銭湯。清潔でサウナあり。

九品仏駅・等々力駅・上野毛駅 なし

二子玉川駅
瀬田温泉山河の湯(黒湯) 閉店(会員制施設の一部に移行)
がんばって歩けば
藤の湯 檜風呂

二子新地駅
湯プラザウェルネス 休業(廃業)

溝の口駅 なし
がんばって歩けば結構あります
Comment

たまの一般銭湯~旭湯(二種薬湯、露天風呂)ほか東急東横線沿線の銭湯たち

2021年05月26日 | 東京温泉
何度か書いています日吉駅から近い旭湯さんです。一般的なレトロ公衆浴場の天井が高くもコンパクトなサイズですが浴室の脇に一般銭湯としては広めの赤外線サウナ(有料)と水風呂があり、ここが人気です。人数制限を設けてコロナ下も稼働しているので神奈川の方はいいですね。

私はその先の屋外、岩風呂風露天風呂が好きです。竹塀が高めですが一階なのでスタンダードでしょう、ベンチスペースも含めるとそれなりのゆったり感。浴槽自体は2,3人でいっぱいですが、露天には珍しく(といっても神奈川に多い気がする)高温なので滞留はしない感じ。ここは屋内全浴槽と屋外露天が違う薬湯というぜいたくさで(これも神奈川にある気がする)薬湯ゆえの温度以上の刺激もあります。でも昼も夜もすいているときはたっぷり空が見えて最高です。

屋内浴槽も狭くはなく、カプセル式の例のバブル湯なんかもあります。開湯時間など常連時間がありますが学生や若い人が良く来ることもありそんなに困ることもないです。日吉本町の黒湯露天の日吉湯へ行くのがめんどくさいときここに来ます。下手に黒湯しかない銭湯に行くより、二種薬湯ということで湯治にはいいかもしれない。屋内のほうは柑橘系が多い気がします。動線がうまくできていて迷わずストレートに動けるのもいい。アットホームな共用部も含めて良い湯です。住宅街の中奥まっているので迷わないように・・・



行く気の起きない渋谷とか不完全ですが東横線沿線の銭湯について軽くまとめておきます。行ってないところもあります。リンク先が記事です。

渋谷:
改良湯 <人工>炭酸泉、軟水 最新デザイナーズ銭湯(大きなクジラの壁画)狭めですが若者ばっかり。國學院など近所の学校の関係でしょう。まだ古いアパートも残るエリアに突然改装して現れ、今もテレビに登場する。渋谷駅からははっきり言って遠いです。
ほか

代官山:渋谷に準じる

中目黒:
光明泉 <人工>ラドン泉、炭酸泉、入れ替え露天 最新デザイナーズ銭湯 狭小ビル銭湯としては屈指の設備で浴槽の奪い合い。ラドン泉は液体式。男女入れ替えの露天風呂はぜひ、あるときを狙って行ってください。駅至近だけあり高い板塀の向こうから東横線の通過音を楽しめます。立ち寄りも来るのでほんとに混む。昔を知っていたら仰天。

文化浴泉(中目黒・池尻大橋) シルク湯 最新デザイナーズ銭湯 中目黒からは歩きます。有名ですがビル銭湯としては正統派の何も足さない銭湯。

祐天寺:
効明泉 麦飯石湯(温まる石)有料サウナあり 山小屋風銭湯で知られる、わずかに残った下町の雰囲気の中にあります

学芸大学:鷹番の湯、千代の湯(別項

都立大学:旭湯 無料サウナ 清潔で若者が多い、駅チカ

自由が丘:みどり湯 有料サウナ 駅遠だが通りすがりの運動、観光も多い

田園調布:なし
多摩川:なし

新丸子:丸子温泉 黒湯(別項
武蔵小杉:今井湯 炭酸泉、シルク湯(別項

元住吉:橘湯 黒湯、無料サウナ 二階部にも半露天の大きな黒湯があり広々としていますが、駅遠なのが難点

日吉:
旭湯(本稿)
日吉湯(日吉本町まで電車一駅歩くのが難点)

綱島:昭和初期都心からすぐ行ける綱島温泉郷として開発されたものの箱根に奪われ、最近も大きな施設が休止して形骸化してしまっている。当時ラジウムと呼ばれた黒湯はまだあちこちで湧くようです。
富士乃湯 黒湯 駅から歩いて行ける小規模な銭湯。
綱島温泉湯けむりの庄 黒湯 送迎バスで行くスーパー銭湯。きわめて濃い黒湯とこのチェーン独特の黒湯高濃度炭酸泉ほか。おすすめ。

大倉山:
太平館 黒湯 古い宮造り銭湯で完全レトロの設備の大浴槽は全部黒湯。状況によりますが銭湯では関東屈指の濃さと言えます。白い泡、床に広がるざらざらした茶色い湯、かけ流しかな。泥のように濃すぎるのが苦手な人は注意。熱いのが人により入りづらいか。脱衣所も広々。
しのぶ湯 黒湯、有料サウナ 男女入れ替えですがぜひ露天風呂のあるほうに入ってほしい。家屋の一つの大部屋の屋根をぶち抜いて露天にしたような独特の構造で、岩風呂風ですが季節の装飾もありほっこりする。ここは夕方は薄暗くて湯もぬるめなためいくらでも入っていられるゆえ、長話にふける人もかつては多かったようです。老人より中年が目立つような。やめると言わず続けてほしい・・・駅遠注意。

菊名 未踏
妙蓮寺 未踏

白楽:
親松の湯 薬湯・ラジウム泉(ガリウム石)

東白楽:
徳の湯 バイオセラミック軟水(化学配合) 露天風呂

反町 未踏

横浜:たくさん

Comment

たまの一般銭湯~新田浴場(黒湯、薬湯)と東急多摩川線沿線の銭湯たち

2021年05月23日 | 東京温泉
新田浴場(武蔵新田)
新田神社前を通るなんとなく雰囲気のいい商店街の先にあります。下町ですが多摩川のほうに巨大マンションがたくさんできて、その通路になるので若い人で活気があります。新田浴場自体、80年代か90年代のスーパー一般銭湯という風情で鷹番の湯の外装に似ていますが、建物の規模は一般銭湯です。二つの浴室は男女入れ替えです。入口側、左手の「ローマ風」のほうが脱衣所の構造的にも浴槽の空間的にもかなり広く感じます。脱衣場にいくつも椅子があって自販機もテレビもあり休めるほど広く、和風のほうはロッカーと手水2つだけでスペース一杯なのでちょっと差があります。

浴室の天井が高く、和風は日本家屋屋根、ローマ風はオブジェが浴槽に斜めにかぶさっています。和風の方は浴室中央部に浴槽があり、細かく分かれています。一つ一つが狭いという評をつける人は立ち寄っただけの感想で、あまり同じ浴槽にみんなでつかりたくないという場合はいいです。ローマ風のほうは細かく分かれるのは同じですが配置が違い、壁際に並ぶほうの浴槽は落ち着きがあり、黒湯は広めです。薬湯は変わった薬湯もやっていて、中には匂いもせず色もない場合もあり、まれに一般銭湯の薬湯で遭遇するほんとは何も入ってないというやつかと思うこともありますが、ここはちゃんとしているのでそんなことはないでしょう。

黒湯はさほど濃くないように感じますが、モール臭が残り、わずかにざらざらが底面にあり、ぬるっとはしていませんが、出て肌に残るほどにはあります。多摩川駅側から来るなら、蒲田まで行かない駅そばで黒湯となると今はここしかないでしょうね。完全地元感で、混むこともあります。ちょっとカランは少なめ。恐らく00年代から10年代に浴室内装をさらに手を入れており、そこで浴室内屋根の際側のカランをなくし竹の壁面にしているかもしれません。さすがに最後のリニューアルから20年くらいたっていそうな器具などもあって、くたびれている感もありますが、地元で愛用され続けた結果というのはよくわかります。新しさと清潔さだけを求めると厳しい部分もあるかな。

でも個人的にはこのくらいがいいですね。肩肘張らないで入れる。最初すごく広い銭湯と思ったのが、ローマ風のほう。今考えるとトータル一般銭湯で同じくらいの広さのところはけっこうある。独特の浴室構造、ちゃんと効能のありそうな黒湯、日替わり薬湯、今はやっていませんが※サウナ(有料)、水風呂は和風側はありませんでしたがシャワーはあります。

何よりここの良さは広い共用部にかもされます。家族でやってらっしゃるフロントから見えないところに大きなソファーセットがあり、薄暗い中で広い空間をながめていると、匂いや空気感から温泉旅館で休んでいる錯覚に陥る。静かです。早めの時間なら独占です。落ち着きます。飲み物はサンガリアを中心に面白いものを入れていたんですが、今は神戸居留地ブランドのものが多いです。風呂道具はひととおり大きな棚で売ってます。シャンプー等備え付けはないので持参のこと。手ぶらセットは高め。

おまけ
東急多摩川線沿線の一般銭湯(470円)についてまとめておきます。リンク先に記事があります。

ざっと言って新田浴場、草津湯にあとは密集地だった蒲田になるのですが、それ以外もここで紹介したものがあります。少し足をのばせば黒湯地帯の池上線沿線まで届くので、苦にならなければどうぞ。スーパー銭湯仕様と書いているところは、単純に広かったり設備が多かったり宴会場でサービスがあったりする一般銭湯(東京470円・2021/5現在)ということで1000円以上のいわゆるスパとは違います。銭湯は居座る人もいるので浴室2時間程度の制限のあるところもあります。
※緊急事態宣言下ではサウナを閉じているところが多いので要確認

・多摩川駅(始発)無し、新丸子駅の丸子温泉(黒湯)に徒歩可能
・沼部駅無し、御嶽山駅の調布弁天湯(褐色メタケイ酸、有料サウナ※)に徒歩可能
・鵜の木駅
第二栗の湯(薬湯:草津の湯、ガリウム鉱石湯)
久が原駅のCOCOFUROますの湯(黒湯、高濃度炭酸泉、有料サウナ※)に徒歩可能
・下丸子駅
都湯(漢方薬湯、無料サウナ※)
・武蔵新田駅
新田浴場(黒湯、薬湯、有料サウナ※)
・矢口渡駅
草津湯(鉱泉湯、無料大サウナ※、半露天打たせ湯、リクライニング休憩室)スーパー銭湯仕様
・蒲田駅
ゆ~シティー蒲田(黒湯半露天、打たせ湯、有料サウナ※)スーパー銭湯仕様
改正湯(最新デザイナーズ銭湯、黒湯、黒湯炭酸泉、シルク湯)
蒲田福の湯(最新デザイナーズ銭湯、食事)
蒲田温泉(黒湯、ガリウム鉱石湯)スーパー銭湯仕様
その他
Comment