見習い百姓のつぶやき

宮仕えも一段落、半農半Ⅹを本格化。農的暮らしとさまざまなⅩを悩んで、楽しんで一歩づつ。

粋なものです

2018-04-11 23:26:19 | 日記

 いけずご王国の隣には、もう一棟古い建物があり、茶室が付いています。
 この茶室が一番厄介だなあ、そんなことを思っていましたが、総取り換えと思っていた床はしっかりしていたし、掃除してみると室内は思ったよりもステキです。

 今日はそんな茶室の床下、大きな窓がたくさん開いていて、獣さんライライ、てな感じになっているので床下に潜って金網張りの作業。
 中からじゃできないところがあり、茶室入り口に当たる床下に潜って作業、そのためには山の如くに押し込められた瓦や飾り石や、花台などを片付けなきゃ。
 と思って作業を始めると、うぬ!?へ~~!こんな粋なことになっているんだ!

 てな感じがあり、長年積み重なった落ち葉や縦横無尽にはい回る蔦類を大型衣装ケース3杯以上、丁寧に片付けると、な、なんと。
 お茶室を設えるようなお宅ですから、沓脱石の周りに敷いた石、置いた石も粋なものです。


 ただ、たったこれだけの作業に2時間近く、、、
 さて、敷地全体でこんな作業をしていたら、、、
 まあ、体には応えるけど、楽しみ切ってやっていますから大丈夫でしょう(#^^#)

コメント (2)