見習い百姓のつぶやき

宮仕えも一段落、半農半Ⅹを本格化。農的暮らしとさまざまなⅩを悩んで、楽しんで一歩づつ。

何も決まらなかったけど、大きな前進⁉

2018-04-28 20:52:58 | いけずご王国

 いけずご王国、第1回の打合せ会とワークショップらしきものを行いました。

 ワークショップは、丸太で作った椅子の座面のサンダー掛けと持ち手づくり。
 美魔女の一人が頑張って重いサンダーをかけてくださいましたが、筋肉痛、大丈夫でしょうか?
 また、妙齢のお姉さまが昔取った杵柄とか言いながら、ノミを操り持ち手を掘ってくださいました。

 拠点となる納屋の配置もずいぶん格好がついてきたんじゃないかと思いますが、利用してもらいながら少しづつ配置が変わったり、綺麗になったりしてくるだろうと思います。
 今年度の納屋の主な整備は、バイオトイレの設置と直焚きのお風呂の設置、いずれも間仕切りなどの周辺整備が必要ですが、ワークショップで皆さんの力を借りながら進めたいものです。

 力仕事は、こんなところでしたが、今日のお昼は凄かった!

 子どもたちが摘んできたカラスノエンドウを一緒に和えたサラダをはじめ、タケノコ、ウド、ワカメ、ノビル、フキ、ミツバ、ワラビ、セリなど自然の恵みの野草たちと僕の畑のニンジン、ゴボウ、里芋、菊芋など、エネルギーの高いお野菜で多彩なお料理を堪能させていただきました。
 また、妙齢のお姉さまがお祝いにと赤飯を炊いて持ってきてくださったり、ヤブツルアズキの寝かせ玄米があったりと、免疫力が高まり病気にかかりにくい体づくりができる食の発信という柱にしたい活動の一つが、自然と形になっていました。スゴイ!

 今日の打合せ会、実はほぼ何も決まらなかったのですが、さまざまな意見が出て大きな前進があったかな?

コメント (2)