自由民主党 柏市議会議員・円谷憲人 公式ブログ

千葉県柏市議会議員 円谷のりひとの議会・活動報告、政策提言など。記事には政治活動以外の内容(雑記)も含まれます。

【私見】残念な手賀沼花火大会中止=開催すべき3つの理由

2012年04月28日 04時45分25秒 | 柏市情報
 27日、平成24年度の「手賀沼花火大会」中止が柏市から発表された。「限られた予算の中で、最優先事業である放射能対策の経費をより多く確保する必要がある」ことが理由だ。手賀沼花火大会は毎年、柏・我孫子両市の合同開催であり、今回も2市の関係者の協議の下、中止が決定されたという。昨年度も、東日本大震災が起こった昨年度は来場者の安全確保が保障できないとの理由で開催されず、2年連続での中止。今年度は、是が非でも決行すべきだと私は思う。

 理由は3つ。まず、費用対効果。確かに国の除染に対する補助も進まず、緊縮財政であることは確かである。だが、平成24年度の当初予算では、警備費用や会場設営費として1260万円が計上されている。直近の開催である22年度の柏・我孫子両市の総事業費は6200万円だ。それに対し、来場者数は柏市会場26万人、我孫子市会場15万人で合計41万人。これだけ多くの方が手賀沼に足を運んでくれる機会であり、当然経済的な効果も期待できる。上記の理由で自ら放棄することが得策とは思えない。

 2つめは「手賀沼の夏の風物詩」が風化してしまうこと。今年開催しなければ、「不況のため協賛金が集まらない」とのことで中止になった21年度、昨年に続きここ5年で3度目の中止。これでは以前からの住民もしらけるし、新しい住民に花火大会が浸透しない。「手賀沼は貴重な観光資源」という考えとも逆行する。

 そして、除染だけが放射能対策ではない、ということ。前議会で私は「放射能問題でついてしまった柏への悪いイメージを払しょくすることが、今後の大きな課題である」と訴えた。その中で、「イメージ回復のための施策は?」との問いに「イベント等を開く中で「メディアに取り上げていただけるようなイベントを企画し、われわれは安心・安全の中で普通に生活していることを、伝えていけるような形ができればな、と認識している」と答弁があった。これこそ絶好の機会である。(参考:議会報告
 
 以上の理由から、私は開催する方が市と市民の利益になると考える。今後、合同開催であることが影響しているかなど協議の細かい経過も含め、さまざまな角度で市側と議論しなくてはならないと思う。

<了>
『千葉県』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« スポーツと教育について=議... | トップ | 柏市内の断水情報・応急給水... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
手賀沼花火大会 (我孫子市民)
2012-08-25 20:50:26
まさに今現在花火上がってますけど…

柏市情報」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事