自由民主党 柏市議会議員・円谷のりひと 公式ブログ

千葉県柏市議会議員 円谷のりひとの議会・活動報告、政策提言など。記事には政治活動以外の内容(雑記)も含まれます。

【放射能対策】「個人宅の除染作業レポート」を掲載!

2012年01月31日 05時04分49秒 | 政治・議会活動
30日、Twitterにて除染溶剤についてご質問をいただきましたので、
その回答の意味も込めて年末に行った個人宅の除染の様子をまとめました。

Twitterでも書いた通り、30日に行った実験は大量の除染作業を前提とした、
行政向けのものでしたので、少し時間はさかのぼりますが、
年末のものをレポートといたしました。

なお、写真の枚数が多いため、
お手数ですがリンク先でご一読いただければ幸いです。

個人宅除染リポート(柏市議会議員 円谷のりひとHP)

柏レイソルに「市民特別功労賞」

2012年01月16日 15時34分59秒 | スポーツ政策
 柏レイソルに「市民特別功労賞」が授与されました。もちろん、J1優勝という快挙を成し遂げ、市民に感動を与え地域に活気を生んだことに対する表彰です。

 私も12月議会で顕彰について質問・要望をしたので、なんとなく喜び倍増です。おそらく、私が取り上げなくても当然そういう話にはなったと思うのですが、自分にできることで多少なりとも貢献できたのかなー、とうれしい気持ちになりました。今後もどんどんクラブの価値を高め、「柏」の名を世界にとどろかせてほしいと思います。

 さて、チャンピオンとして臨む2012年、個人的には新加入の那須大亮選手に注目しています。どうしてもアテネ五輪のミスのイメージがつきまといますが、Jリーグで見せている持ち前の守備力は魅力。センターバック、サイドバックに加えボランチ、アンカー役までこなす起用さも持っていますから、きっとチームに貢献してくれるはず。年齢も私と同じ1981年生まれ。ぜひともがんばってほしいです。

 今季の戦いは2月26日のちばぎんカップから。今季も素晴らしいプレーを期待しています。

柏レイソル優勝に伴う柏市の対応について(柏市HP)
「市民特別功労賞」を贈呈に関する記述。
ACL出場を含めた柏レイソルへの支援について=議会報告
第2問で顕彰について質問、要望。
那須 大亮選手が移籍加入(柏レイソルオフィシャルウェブサイト)
同選手のプロフィール、移籍に際してのコメントなど。

ファシリティマネジメントにみた「破壊的イノベーション」

2012年01月11日 19時45分49秒 | 政治・議会活動
 本日、千葉県佐倉市にファシリティマネジメント(FM)についての行政視察に行ってまいりました。ファシリティ(facility)とは「施設」「設備」などと訳され、この場合は市所有の不動産のことと思っていただいて差し支えありません。つまり不動産管理から行財政改革を行おうという取り組みがFMです。

 佐倉市は日本でも有数のFM先進自治体で、取り組みのひとつひとつがとても斬新で目からうろこが落ちるような話が次々と出てきました。これには、同行した助川議員とともに、感心するばかりでした。

 ひとつ分かりやすい例を取ると、下の写真。佐倉市内の消防署です。


 どう見ても2階建てですよね。しかしこの建物、もともとは3階建てだったそうです。では、なぜ3階がなくなったのか。 
 老朽化に伴う耐震化の際に、3階建てのまま補強すると約2億円がかかるという見積もりが出ました。佐倉市の担当者は、少しでも経費を節約しようと知恵を絞りました。すると、3階部分はほとんど人の出入りはなく、用具置き場になっているとのこと。建物は2階建てより3階建て、3階建てより4階建てと上が重くなればなるほど地震に弱くなり、耐震化費用もかさみます。そこで、「たいして使ってない3階を削る」という選択をしたのです。これで経費が約6400万円浮いたそうです。

 役所の仕事となると、どうしても「2億円かかります」「必要な工事なので、仕方ないですね」となりがちなところですが、そうならないところがFMの真骨頂です。3階を取ってしまおうという発想にうならされます。こういうのを「破壊的イノベーション」というのでしょう。柏市長は事業仕分けを積極的に行いましたが、FMもまた行財政改革の手段としては有効だろうと感じた視察になりました。視察の成果を、しっかりと市政に生かしていきたいと思います。

空手道場「実武道会館」の顧問に就任

2012年01月09日 07時06分32秒 | 政治・議会活動
 1月8日付で我孫子市、柏市など関東を中心に精力的な活動を行っている空手道場「実武道会館」の顧問を拝命いたしました。

 実武道会館の各道場では、老若男女を問わず、多くの門下生が日々汗を流していらっしゃいます。何度か稽古や演武、大会を拝見したこともありますが、小さな子供達や女性でも迫力があり、道着姿の凛々しさからは武道で心身を鍛錬している方らしい健全な力がにじんでいました。
 
 私も顧問として、礼節ある健康な市民、特に青少年の育成の一助を担えれば幸いです。微力ではありますが、館長はじめとする関係者のみなさまにお力添えできるようにがんばりたいと思います。

実武道会館ホームページ


稽古に励む道場生たち