自由民主党 柏市議会議員・円谷のりひと 公式ブログ

千葉県柏市議会議員 円谷のりひとの議会・活動報告、政策提言など。記事には政治活動以外の内容(雑記)も含まれます。

【内閣改造】櫻田義孝代議士、五輪担当大臣として初入閣

2018年10月02日 16時21分49秒 | 国政・県政・選挙など
今回の内閣改造で柏市・我孫子市選出の櫻田義孝代議士が五輪担当大臣に抜てきされ、初入閣が決定しました。オリンピック担当の文部科学副大臣も歴任しておられ、これまでのキャリアと実力を十分に発揮してくださると思います。お支えいただいた支援者の皆様には、心より御礼申し上げます。また、今後のさらなるご指導をお願いいたします。

思えば8年前、私が秘書としてお仕えした時は落選中で議員ですらありませんでした。そこから見事に返り咲き、コツコツと実績と信頼を積み重ねてきた代議士の姿を、私はよく知っています。門下生として誇りに思います。

これからいよいよ東京五輪が近づき、担当大臣としての手腕が問われますが、必ずや大任をやり遂げてくれると確信しています。さらなるご活躍を期待しています!

■関連リンク
第四次安倍改造内閣 閣僚名簿=首相官邸

【当選御礼】自民、ワン・ツーで2議席獲得=参院選

2016年07月11日 14時32分32秒 | 国政・県政・選挙など
 千葉県選挙区は、わが党の元榮太一郎、猪口邦子両候補が当選いたしました。2人合わせて全体で130万票、柏市だけみても8万4千票近いご支持をいただき、3年前に続くワン・ツー当選を果たすことができました。皆様のご支援に厚く御礼申し上げます。
 3人区の千葉県で3年前に続いての自民党2議席獲得は、歴史的快挙といって過言ではありません。これから沸き起こるであろう改憲議論に向け、千葉は明確な答えを示したということだと思います。

 また、比例区では私の選挙にも応援に駆けつけてくださった片山さつき候補、柏駅前で応援演説をいたしました今井絵理子候補も議席を獲得できました。合わせて御礼申し上げます。

 これからも元榮候補はじめ、自公政権と自民党にご支援お願いいたします。私も市議としての本分を、襟を正して努めてまいりたいと思います。引き続き、ご支援ご指導をお願い申し上げます。

■柏市 千葉県選挙区 選挙結果

猪口   邦子(自民) 45,688 当
もとえ 太一郎(自民) 38,051 当
小西 ひろゆき(民進) 33,530 当
浅野  ふみ子(共産) 25,677
水野 けんいち(民進) 16,007
高橋 正夫 (無所属) 3,802
香取 まさかず(日本) 3,394
古川 ゆうぞう(幸福) 1,677

http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/230100/p036004.html

■柏市 比例代表 選挙結果

自  民 60,165.452
民  進 38,190.483
公  明 23,063.114
共  産 22,268.688
維  新 9,963.848
生  活 4,215.000
社  民 3,923.861
日  本 3,013.516
改  革 2,117.938
支持なし 2,088.00
怒  り 1,791.090
幸  福 878.000

http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/230100/p036005.html



桜田、白須賀両氏が再選=衆議院議員選挙

2014年12月23日 17時05分45秒 | 国政・県政・選挙など
 
 去る12月14日の衆議院議員選挙において、柏市が該当する千葉8区では桜田義孝、13区では白須賀貴樹(いずれも自由民主党)両氏が当選を果たしました。同じ自民党の両議員とともに、今後も国と地域の連携を深めながら諸問題に取り組んで参りたいと存じます。
 
 なお、投票率は59.18%(8区)、57.26%(13区=いずれも柏市内のみ)。前回は両選挙区とも66%超だっただけに、低調な結果となりました。2015年は4月に県議会議員選挙、8月に市議会議員選挙が行われます。国政選挙に比べると、さらに低投票率になることが予想されますが、ひとりでも多くの有権者に意志表示していただけるよう投票しやすい環境づくりや啓発活動を進めてまいります。

 ■衆議院議員選挙 柏市における開票結果
・千葉8区(柏市、我孫子市)      
当選 桜田よしたか=自民  69,286
比当 太田かずみ=維新   48,620
   小野里ていりょう=共産 22,828
・同13区(旧沼南町など)
当選 しらすか貴樹=自民 10,157
若井やすひこ=民主 6,239
中川かつとし=共産 2,709

■関連リンク
衆議院銀選挙結果 千葉8区
同 13区

 

【当選御礼】現職・加藤氏が再選=中島村長選挙

2014年09月08日 14時42分00秒 | 国政・県政・選挙など
 7日、私のふるさと中島村の村長選挙が投開票され、現職の加藤幸一氏が再選いたしました。先日も記したとおり、私は加藤氏を全面的に応援いたしました。ご支援いただいた皆様にまずもって御礼申し上げます。
 開票前は「危ない、危ない」と言われていましたが、「今、村長を変えるべきではない」という正論、加藤氏が1期4年間で積み重ねてきた実績を正々堂々と訴えたことが、有権者の皆様に届いた結果だと思います。

 さて、私は高校を卒業と同時に村を離れました。それがかれこれ14年前ということになります。その間変わらず、自然豊かで、のどかな住みやすい村であると思います。見方を変えれば、さしたる変化が見られないのも事実で、将来に向けた明確なビジョンが必要になってくるでしょう。加藤氏には、これまで以上にご活躍いただき、中島村を、われわれの故郷を更に素晴らしいまちに発展させていただけるよう期待いたします。

■中島村長選挙結果
加藤 幸一 62 無現 2、019票=当選
小室 信一 63 無新 1、608票

投票率90.01%   
        
(選管最終、敬称略) 

■関連リンク
【中島村長選挙】現職・加藤氏を応援

【中島村長選挙】現職・加藤氏を応援

2014年09月03日 13時29分01秒 | 国政・県政・選挙など
 2日、私の故郷・中島村の村長選挙が告示されました。私は、現職の加藤幸一候補の出陣式に出席し、僭越ながら応援のごあいさつをいたしました。
 加藤氏は村長に就任後、1年もしないうちに震災に見舞われ、苦しい村政運営を強いられました。しかし、そのなかでも健全な財政運営で黒字決算を続け、「貯金」を増やしているそうです。氏の堅実な仕事ぶりは、このことからもうかがえます。震災の影響も色濃い今、中島村に必要なのは、苦しいながらもしっかりと、着実に事を進められる実直なリーダーです。その点において加藤候補にもう1期、村長を任せるべきだと確信します。村史以来の苦境を一歩一歩脱していくために、加藤候補をぜひとも押し上げていただきたいと思います。
 私は加藤氏にはちょっとした義理があります。それを果たすために、柏を朝3時に出発し、応援に馳せ参じました。それだけで、加藤候補の実直な人柄についての説明に足りるでしょう。残るは4日間の選挙戦のみ。加藤候補の健闘と勝利を心よりご祈念いたすとともに、多大なるご支援を伏してお願い申し上げます。