自由民主党 柏市議会議員・円谷のりひと 公式ブログ

千葉県柏市議会議員 円谷のりひとの議会・活動報告、政策提言など。記事には政治活動以外の内容(雑記)も含まれます。

子供の医療費助成を拡充へ=議会報告

2014年03月31日 19時04分47秒 | 子育て・教育政策
 平成26年第1回定例会(3月議会)において、26年度の一般会計予算ほか47議案が可決・承認されました。予算案以外には、いじめの早期発見・解決を図るために教育委員会だけでなく、警察や有識者を含めた委員で構成する協議会を設置する「柏市いじめ問題対策連絡協議会条例の制定について」などについて、議論が交わされました。私も一般質問を行い、「自治会、ふるさと協議会などに対する補助への考え方」「地域活性に対する考え方と施策」などについて質疑を行いました。それについては、今後発行される広報紙やブログ等で随時ご報告いたします。



■子供の医療費助成を拡大へ 通院を中学3年生までに
 可決された予算案は、一般会計予算が1,143億5,000万円(前年度比3.8%増)と昨年度とほぼ同規模となりました。中身をみると、大きな新事業としては「子供の医療費助成拡大」に約11億2,000万円が計上されています。これは、これまで小学校4年生までが対象だった通院の医療費補助を中学3年生までに拡大するのです。同時に、財源の確保のために、病院で支払う自己負担額を200円から300円とし、小学4年生から中学3年生に関しては、県と同基準の所得制限(給与収入換算で年960万円)を設けることになりました。

■膨れ上がる医療費、今後の課題~病気にならない努力~
 子育て環境の充実という観点から、子供の医療費助成拡大は賛成すべきものです。しかし、一方で問題点を指摘するべきです。高齢化社会の影響もあり、日本全体で医療費がどんどん増加しています。加えて、子供の医療費もできるだけ助成してほしいというのが市民の願いです。それを実現、維持していくためにはどこかで医療費を減らす対策を練らなくてはなりません。今後は、予防医学の推進、スポーツの奨励などで社会全体が「病気にならない努力」をしていくべきだと思います。ただ「助成を拡大しました!」とアピールするのではなく、今後の課題にもしっかり向き合いながら医療費問題と向き合って参ります。




柏市通り魔事件に対する警察、市各部課の対応

2014年03月04日 12時51分22秒 | 柏市情報
※3月4日10:00現在

【警察,市役所各部署がとっている対応】

●警察
 ・職員を招集後,現場周辺を検索中
 ・機動隊を招集し,広範囲の検索を実施予定
 ・市内学校に集団登校,親同伴の登校を要請

●防災安全課
 ・いくくるメール,ツイッター,FACEBOOK,市ホームページで「緊
急情報」を配信,情報提供と注意喚起

●教育委員会
 ・市内公立全小中学校でスクールメール送信(38,000人,
ほぼ保護者全員)し,事件概要,注意喚起,集団登校,保護者
同伴の登校を要請
 ・朝の部活動中止,教職員を通学路に配置
 ・犯人がつかまらない場合は,午後に一斉下校,集団下校,教職
員,市職員を配置,パトロールさせる予定

●こども部
 ・公立,市立,その他保育園での施錠の徹底を指示
 ・とりあえず保育園での外遊びを中止を指示
 ・こどもルームは,原則親の迎えをお願いし,無理な場合は帰り 
  の防災行政無線が鳴る前までに帰宅をさせるよう指示